ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

レンギョウ

雪柳

ユキヤナギ
   K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2014.3  京王百草園

ユキヤナギとレンギョウ。春の日差しを浴びると輝きます。


 

今週の高幡不動(03/17)河津桜が満開のござれ市

4月第3日曜日のござれ市はとても心地よい天気の中で開催された。
高幡不動201303-1
この時期はまだ冬のような寒い日もあるが、この日はまさにござれ市日和。

カエルが顔をだしている。啓蟄が過ぎるのを待って出品されたのだろうか(笑)。
高幡不動201303-3
ちょっといい感じの絵柄が入った古い布きれ。
高幡不動201303-5
何に使うんだろうと思ったら、こういう飾り方にも使えるみたいだ。
高幡不動201303-4
こういう心配りに春を感じる。
高幡不動201303-6
これはいったい何だろう・・・
高幡不動201303-2
日本らしいデザイン、ちょっと高そう。
高幡不動201303-7

境内では先週から咲いている河津桜が見頃。
高幡不動201303-12
いい天気の中、花に囲まれてヒヨドリも気持ちよさそうだね。
高幡不動201303-9
後ろの黄色い花はサンシュユ。
高幡不動201303-13

絵はがきみたいな写真になったので、ポスター風に加工したのがこちら(笑)
高幡不動201303-10

山あじさいの自生地から見ても、河津桜が咲いているあたりがパッと明るく見える。
高幡不動201303-8

レンギョウ、モクセイ科。かなり咲いてきた。
高幡不動201303-11

ユキヤナギ、バラ科。
高幡不動201303-14
このまわりは春の陽射しを浴びたユキヤナギが光って明るくなっていた。

すみれ(菫)、スミレ科。
高幡不動201303-15
小さくてあまり目立たないけど、春を感じるかわいい花。
この1週間で高幡不動尊の境内が一気に春の装いに変わって来た。
さて来週はどうなるかな。

今週の高幡不動Vol.258
(撮影 2013年3月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 梅まつりの様子 最終日

3月17日、京王百草園で開催されている梅まつり最終日の様子。
京王百草園201303-7
この日は晴れたり曇ったりだったけど、太陽が顔を出た時は春爛漫の気分。

京王百草園201303-1
少し前はまだ冬枯れ色だった園内に緑色が増えて春が実感できる。

京王百草園201303-5
きれいな紅色の紅千鳥
京王百草園201303-4

八重咲の梅。
京王百草園201303-8
園内では主に遅咲き系の梅が見頃になっている。
京王百草園201303-9

白、紅、桃色の梅が入り乱れて咲いている。
京王百草園201303-10
下の方に少しだけ黄色が見えるが、これは寒い時期からずっと頑張って咲いているロウバイ。

京王百草園201303-3
枝が上に伸びて、花が枝にそって咲いているのが梅らしい姿。

啓蟄が過ぎて、早咲きの梅の花びらが散る心字池にも蛙が顔を出す。
京王百草園201303-6

梅まつりの中、咲き始めた桜、ケイオウサクラ(啓翁桜)。
京王百草園201303-2
いまでもまだ日本水仙がきれいに咲きそろっている。
京王百草園201303-12
青空に映える黄色はレンギョウ、モクレン科。
京王百草園201303-11
今年は咲き始めが少し遅かったので梅まつりが終わっても、まだしばらく梅を楽しむことができそうだ。

この記事はbabathegiantさんのつながり企画「2013年、梅写真」に参加しています

(撮影 2013年3月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

高幡不動尊の木瓜と目白

この週末は天気もいまひとつ、さらに忙しくて散歩に出ることができず今週の高幡不動はお休み。
1つ前の週末の高幡不動尊大日堂前のボケ(木瓜)。
高幡不動尊201204-5
結構大きなボケの木で1本の木から紅白桃色の花がたくさん咲く。
高幡不動尊201204-6
メジロが蜜を吸いにきいていた。
高幡不動尊201204-1
ボケの花も蜜が多いのかな。
高幡不動尊201204-2
色とりどりのきらいな花を咲かせてくれる偉い木なのにボケって・・・
高幡不動尊201204-7

高幡不動尊のソメイヨシノはもう終わり。
高幡不動尊201204-8
楽しい宴の後。その余韻が漂っている。
高幡不動尊201204-9
花びらが散っている様子ではなく、クモの巣にくっついて止まっている。
ここはサクラの花びらだけではなく椿の花も一緒に落ちている。
高幡不動尊201204-10
同じ赤がたくさんで、お地蔵さんの頭巾が風でそこら中に飛び散らかったようにも見える。
高幡不動尊201204-11

レンギョウ、モクセイ科。この花がたくさん咲いている所はまぶしいぐらいの黄色に染まる。
高幡不動尊201204-3

あじさいの芽から若い葉が出てきた。
高幡不動尊201204-4
でも、あじさいの主役はもう少し先。これから5月にかけては、このシャクナゲ(石楠花)などツツジ科の花が主役になる。
高幡不動尊201204-12
五重塔まわりでも、枝垂れ桜が終わるとすかさずツツジがバトンタッチ。

さて次の週末はもうゴールデンウィーク。例年通りどこにも出かける予定はないけど、せっかくならば気持ちよく散歩したいので天気は気になる
 
(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(04/02)ショウジョウバカマ

4月に入った最初の週末、土曜日は春のようなポカポカ陽気。ん?4月だからもう春か・・・
高幡不動尊201104-5
上の写真で不動堂の前にあるものはこれ、花御堂(はなみどう)。
高幡不動尊201104-7
4月8日の花まつり(灌仏会)にお釈迦様の誕生時の立像を安置する花で飾った小さなお堂。
こうして甘茶をかけるんだよね
高幡不動尊201104-6
花御堂の横には以下のような説明があった
『およそ2500年前の4月8日、お釈迦様の誕生を祝って空より竜王が甘露の香水をそそぎかけ、諸天神が美しい花々を散らしたという言い伝えから花御堂に釈迦誕生仏をまつり、甘茶をかけて誕生をお祝いするものです』

境内を奥に歩くと、やっとソメイヨシノが咲いている姿を見ることができた。この日は3分咲きぐらい、見頃は1週間後ぐらいかな
高幡不動尊201104-8

上杉憲顕堂そばのスイセン。きれいに咲いていた。
高幡不動尊201104-4

レンギョウも咲き始めた。
高幡不動尊201104-9
レンギョウはヒイラギやキンモクセイと同じモクセイ科で生け垣などによく利用される。大きな生け垣のレンギョウが咲くとが全体が光って見える
高幡不動尊201104-10

初夏に山アジサイが見られる場所ではショウジョウバカマが咲き始めた。
高幡不動尊201104-2
きれいな明るい上品な紫色
高幡不動尊201104-1
ショウジョウバカマはユリ科。白い色の花もあるそうだ。ショウジョウバカマのショウジョウ(猩猩)は紅色の毛で猿のような顔をした中国の想像上の動物で「大酒飲み」らしい。ショウジョウバカマの花をこの猩猩に見立て、葉をハカマ(袴)に見立ててつけられた名前だそうだが、その姿のイメージがわかない

大師堂も建物はもう完成かな。
高幡不動尊201104-11

弁天池ではカメが、おや、春かな?と首を伸ばしていた
高幡不動尊201104-3
でも、この翌日の日曜日はまた冬の寒さ、きっとこのカメもまた水の中で静かに寝てしまっただろうね

今週の高幡不動Vol.163
(撮影 2011年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

散歩写真(vol.129)散歩道の花たち(3月その2)

散歩道の春201003-13
青空を背景にコブシの花がきれいに咲いている。今回はまた3月の散歩道の様子

ちょっとだらーんとし始めている花が多かったけど、まともそうな花をアップにしてみるとこんな感じ。
散歩道の春201003-11

違う場所で見つけたちょっと種類が違うコブシ。シデコブシ(四手辛夷)というそうだ
散歩道の春201003-12四手辛夷(しでこぶし)
シデコブシは別名がヒメコブシともいいピンク色を帯びることもあるそうだ。確かにこの写真でも花の中央部分は少しピンク色だね

向島用水親水路(日野市)。こうやって水車小屋と一緒に撮ると、故郷の春って感じが・・・でもここは東京都
散歩道の春201003-15

こちらはモクレン(木蓮)
散歩道の春201003-18
白いハクモクレン(白木蓮)と区別するために別名シモクレン(紫木蓮)と呼ばれることもあるそうだ。

しかしとっても優雅な花だよねぇ。なぜがビーナスを連想してしまった
散歩道の春201003-19

これはもう花が終わりかけのミモザアカシア
散歩道の春201003-22
3月最初の頃は元気をくれましたね

そしてヒガンバナ科のスノーフレーク。別名スズランスイセン(鈴蘭水仙)
散歩道の春201003-24
白い花の先端の緑色の斑点がこの花のチャーミングポイント

かわいい花たちが春を楽しんでいる様子
散歩道の春201003-9
みんなうつむき加減の花たちだけど、1人だけこちらを向いてくれる花がいた

最後にモクセイ科のレンギョウ。
散歩道の春201003-21
レンギョウは川沿いの遊歩道に垣根としてたくさん植えられている。

詩人で彫刻家でもある高村光太郎はこのレンギョウが好きで、彼の命日(4月2日)は連翹忌というそうだ。これは彼の告別式で棺の上にレンギョウが一枝置かれていたことに由来するらしい
散歩道の春201003-17
この写真は青空に鮮やかな黄色が目を引くが、高村光太郎といえば「智恵子抄」。日本文学(国語の授業)は得意ではないけど、「智恵子は東京に空がないという」の一節は強く印象に残っている。

福島県出身の智恵子は、どうしても東京になじめなくて、こんな訴えを光太郎にしたんだろうけど、もし私がそこに居合わせたのならば、上の写真と共に1枚目の青空とコブシの写真を見せてあげたい

このところの暖かかったり寒かったり、雨が降ったり止んだりの不安定な天気と違って、3月半ば頃は本当にいい青空が見れたんだなぁと思ってしまう。
「4月の東京には青空がない」。ちびたのささやかな訴えでした

(撮影 2010年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ


高幡不動尊 お不動さんの日の前日は晴天だった・・・

高幡不動尊のお不動さんの日(3/28)はあいにくの曇天だったが前日はかなりいい天気だった

いい天気なんだけど、特に行事がない日の境内は参拝する人が少ない
高幡不動尊20100327-1

ユキヤナギと五重塔。この場所から見る五重塔もなかなかいい
高幡不動尊20100327-8
桜がもっと咲いてくるとこの景色に桜も加わってさらにきれいになる

このユキヤナギのそばにもレンギョウが咲いていた。日陰でちょっと残念
高幡不動尊20100327-10

先日、河津桜が満開だった所のすぐそばに、今は金剛桜が咲いている
高幡不動尊20100327-6
金剛桜とは、そばの看板によると、この木の原木・薬師桜は山形県白鷹町高玉の薬師堂前にある1300年のエドヒガン。平成14年11月に重要文化財・木造不動明王及び二童子像の保存修理完了を記念して植樹され「金剛桜」と命名されたもの

この桜はこんな感じの花。ほんのりピンクでわりと質素な桜だね
高幡不動尊20100327-7
ソメイヨシノはオオシマザクラとこのエドヒガンの交配種らしいので、ソメイヨシノのうっすらピンクの色あいはこのエドヒガンから受け継いだものかもしれないね。

大日堂前のボケ(木瓜)の花も、青空をバックにした方が全然きれいだ高幡不動尊20100327-5

こうしてみると、梅や桜に負けないぐらい木瓜もきれいな花だ
高幡不動尊20100327-11

たぶん1本の木瓜なんだけど、同じ木に濃い赤の花、白い花、薄い桃色の花が咲いている
高幡不動尊20100327-4
木瓜の花にボケボケって何度も書くなって怒られそう

弁天池そばシャクナゲ。太陽の陽射しを感じる気持ちの良い光景
高幡不動尊20100327-12
右端に土方歳三像の背中がうっすらと見えている。

この花の微妙に紫が入った赤色がちょっとうまく写真に出ていない・・・
高幡不動尊20100327-9

境内で一番きれいに咲いている山門前の桜も晴天だときれいに撮れる
高幡不動尊20100327-2

やはり桜はすっきりとした青空の下で見たいね
高幡不動尊20100327-3
高幡不動尊の桜は山内も含めて、この桜の木だけいち早く咲いている感じで他の木はまだ咲き始めだった

1つ下の記事(翌3月28日の様子)は同じ場所、同じ週末の土曜日と日曜日なんだけど、晴れているか曇っているかの違いがすごい

(撮影 2010年3月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.113(03/28)曇天のお不動さんの日

毎月28日は高幡不動尊のご縁日、地元では「お不動さんの日」と呼んでいる月に1度の特別な日

3月は28日が日曜日になったので、楽しみにして散歩の途中で寄ってみたけど、あいにくの曇天で真冬のような1日だった
高幡不動尊20100328-2

お不動さんの日は年末年始の市と店の内容がちょっと違っていて、こんなものを売っているお店もある
高幡不動尊20100328-10

せっかく晴天だったこの前の3連休は忙しくて散歩できなかったので、この週末は2週間ぶりの散策となった

モクセイ科のレンギョウ。
垣根なんかによく使われていたりするので、この時期は黄色の華やかな垣根になる
高幡不動尊20100328-5
さすがにお地蔵さんのそばでは、しっとりとおとなしめに咲いている。

このお地蔵さんの後ろには大きな椿の木がある。お地蔵さんの後ろに赤く見えるのは落ちた椿の花
高幡不動尊20100328-6

このブドウのように咲いているのはキブシ科のキブシ(木五倍子)。ここでも後ろに椿の赤い花が見られる。お不動さんの山内は椿がすごく多い
高幡不動尊20100328-8
キブシは日が差すと光り輝いて見えるので、またいい天気の時にでも
高幡不動尊よりも百草園の方が陽当たりの良い場所にあるんだけどね。

大日堂前のボケの花も見頃になっている
高幡不動尊20100328-4
ボケ(木瓜)は梅や桜と同じバラ科。天気がいいときれいに輝くんだけど、今日はしっとり大人しめに

弁天池の回りではシャクナゲが咲き始めていた。いまの時期はちょっと見ないあいだにどんどん様子が変わってくる
高幡不動尊20100328-9
シャクナゲ(石楠花)はツツジ科。石楠花は花だけを見るとツツジみたいだけど、花の咲き方(つき方)にちょっと特徴がある感じかな。

曇天にしては参道にたくさんの人がいる。やっぱり月に1度の縁日なんだね
高幡不動尊20100328-3
高幡不動尊の桜はこのところの寒さで開花が止まってしまっていたが、大日堂手前にある山門そばの桜の木だけ見頃な感じで咲いている

同じ桜を前の日(3/27)に撮ったのが下の写真
高幡不動尊20100328-1
天気がいいとこんなに違う。春先のこの時期は晴れた日と曇りの日でこんなに違うのかと思うぐらい景色が違う

3月27日お不動さん縁日の前日、土曜日はすごく晴れてきれいな春の日だった、その日の様子を次にご紹介する

(撮影 2010年3月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ