ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ルピナス

昭和記念公園 ルピナス

ゴールデンウィーク前半(4月28日)の昭和記念公園。
今年はアジサイの開花が早くて、ブログにアップしそびれた写真を今頃・・・(汗)
昭和記念公園201804
きれいに咲いているのはルピナス、マメ科。別名、昇藤(ノボリフジ)、藤に似た花が逆さに立って咲くことから。
昭和記念公園201804
いろいろな色があってなかなかきれいな花。明治時代に食料や肥料として導入されたが、現在では観賞用となっている。まあこれだけきれいならそうなるよね。
昭和記念公園201804
そう言えば今年のゴールデンウィークは天気が良かったね。
昭和記念公園201804

セイヨウシャクナゲ(西洋石楠花)、ツツジ科。日本のシャクナゲより花が大きくて色が鮮やか。
昭和記念公園201804

ムギワラギク、キク科。別名、テイオウカイザイク(帝王貝細工)。
昭和記念公園201804

フレンチラベンダー、シソ科。うさぎみたいでかわいい花。
昭和記念公園201804

ドイツスズラン、キジカクシ科。名前の通りヨーロッパ原産のスズラン。
昭和記念公園201804
比較するものがないからわかりづらいけど、かなり小さな花で1cmぐらい。それでも日本原産のスズランより大きいんだそうだ。
昭和記念公園201804
こんなかわいい姿の花だけど有毒。球根や茎だけでなく、花や花粉にも毒があるらしく食卓には飾ってはいけないそうだ。

オオデマリ(大手毬)、スイカズラ科。アジサイに似た花だけど、アジサイよりも1ヶ月ぐらい早く咲くので、ゴールデンウィーク前半ですでに見頃。
昭和記念公園201804

ゴールデンウィークの1週間前の渓流広場の様子。チューリップがきれいに咲いていた。
昭和記念公園201804
ほぼ同じ場所のゴールデンウィーク前半の様子が下写真。なんだかすごい変わり様・・・
昭和記念公園201805
例年ゴールデンウィーク前半まではチューリップが咲いているのを見ることができるんだけど、今年はすべての花が早く咲いて早く終る。そのあとに草が生えるのもすごく早い。

昭和記念公園(Vol.273)
(撮影 2018年4月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園(2012年5月)原っぱ西花畑

5月の昭和記念公園の続き。
昭和記念公園201205-16

きれいな5月晴れで気持ちの良い、みんなの原っぱのシンボルツリー(大ケヤキ)と西花畑。

この原っぱ西花畑は、4月にアイスランドポピーがきれいに咲いていた場所。いまはアイスランドポピーとシャーレーポピー、そしてカモミールが混じって咲いている。
昭和記念公園201205-11
ここのシャーレーポピーは赤が中心。
昭和記念公園201205-10
白く見えるのがジャーマン・カモミール、キク科。赤いポピーの間にうまく溶け込んでいる。
昭和記念公園201205-9
カモミールはハーブの代表格だけあって、花の写真を撮っていると甘くてスパイシーな香りが漂ってくる。

こちらはハーブ園のポリジ、ムラサキ科。ちょうどハチがお仕事中だった。
昭和記念公園201205-1
光が花びらを通過するようなアングルから見るとすごくきれいなブルーに見える。
昭和記念公園201205-2
色あいはツユクサにも似ている。
ここでは少ないけど白いポリジも咲いていた。
昭和記念公園201205-12

これはフレンチラベンダー、シソ科。
昭和記念公園201205-5

これはルピナス、マメ科。昨年はもっとたくさんのルピナスが咲いていてんだけど、今年は少し少ない。
昭和記念公園201205-13
いろいろな色があり、見た目が派手なので、たくさん咲いている姿が見たかったんだけど。ちょっと残念。

立川口に近い、みどりの文化ゾーンゆめひろばでは開催されていた「まんパク(満腹博覧会)」。全国のご当地グルメが揃う「食」の祭典なんだそうだ。(5月26日から6月3日まで開催)
昭和記念公園201205-14
この日、モノレールの立川北駅から昭和記念公園までの道に普段よりもかなり人が多く歩いていたのは、このイベントに来た人たちだったのだろう。
昭和記念公園201205-15
5月末は人間ドック。最後の悪あがきとして、2週連続して昭和記念公園に歩きに来たのに、ここで満腹になってしまっては、元も子もない。
幸い別途に入場料(500円)が必要なイベントだったので、中の様子を見ることもなく帰ってくることができた

年末年始にデブった身体を春から少しずつ減らしきた。あと2Kgちょっと減量できれば目標に達するんだけど、毎年だいたいこの最後の2〜3Kgが減らない

昭和記念公園(Vol.59)
(撮影 2012年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2011年5月) 5月の花

5月の昭和記念公園。いままでアップしてきた花の丘、ハーブ園以外の花。
昭和記念公園201105-1
くりの花、とにかく香りがすごい。一瞬風に乗ってこの香りがする分には新緑の時期を感じさせてくれるが、5秒以上継続すると辛い

これはエゴノキ、エゴノキ科。果実を口に入れるとえぐい(えごい)刺激があることに由来するそうだ。
昭和記念公園201105-2
この時期、街路樹や庭木などところどころで木の下にこの白い花がたくさん落ちている姿を見かける。

ルピナス、マメ科。別名でノボリフジ(昇藤)と呼ばれるようにフジに似た花が下から咲き上がる。
昭和記念公園201105-7
いろいろな色があり、大きくなるのですごく派手やかな感じがする。
昭和記念公園201105-10
もう少し後の方が見頃になったかな。

これもまたネギ坊主に似たアリウム、見た目の通りネギ科。
昭和記念公園201105-8
以前、昭和記念公園の別の場所でこのアリウムを二回りぐらい大きくした、アリウム・ギガンチウムを見たことを思い出した。
昭和記念公園201105-9
前回ハーブ園そばで見たチャイブにも似ている。

日本庭園で見事に咲いてたシャクヤク(芍薬)、ボタン科。
昭和記念公園201105-13

暑くなると水回りが恋しい季節、きれいに咲いていたスイレン(睡蓮)、スイレン科。
昭和記念公園201105-3
上が淡いピンク色、下は少し赤っぽいピンク色。
昭和記念公園201105-5
高幡不動尊や京王百草園ではあまり見かけない白いスイレン。
昭和記念公園201105-6

これは白いカキツバタ?
昭和記念公園201105-4
アヤメ科の花で白色はあまり見たことがないけど、これから色が付くのだろうか。

アヤメにバッタがいた。
昭和記念公園201105-12

こちらはアカトンボ。
昭和記念公園201105-11
「赤とんぼ」って体の赤いトンボの総称で狭義では秋に見かけるアキアカネを指すそうだが、さすがにまだ秋ではないよね

草かげに咲いていた百合の花。
昭和記念公園201105-14
バッタにトンボに百合の花、もう夏だなぁなんて思うけど。関東地方を含めこれから本格的な梅雨の時期
早々に梅雨明けした沖縄がうらやましい

昭和記念公園(Vol.35)
(撮影 2011年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち