ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ラッパスイセン

昭和記念公園 原種系チューリップ

昭和記念公園、こどもの森の原種系チューリップ。これは3月末の様子。

花壇でみかけるチューリップは品種改良された園芸種。原種系チューリップは
これらのもととなった野生の品種。
昭和記念公園201703

昭和記念公園201703
横で咲いているクロッカスと同じぐらいの背の高さ。チューリップとしては
背が低いね。
昭和記念公園201703

こちらは花壇に咲いているチューリップに近い感じ。
昭和記念公園201703
いわば雑草のように咲いているチューリップなので、植えっぱなしでも
毎年ちゃんと花を咲かせるそうだ。
昭和記念公園201703
回りには春の小さな花もたくさん咲いている。
昭和記念公園201703


昭和記念公園201703
上は白いサフランかタマスダレ、下はクロッカスと見間違えてしまうような
チューリップ。
昭和記念公園201703
クロッカスと花は似ているけど葉が全然違う。クロッカスはアヤメ科、
チューリップはユリ科。

原種系チューリップと一緒に咲いている黄色い花はラッパスイセン。
昭和記念公園201703
こちらの黄色い花もラッパスイセンだけど、クロッカスと同じぐらい背の高さが低い。
昭和記念公園201703
これもラッパスイセン。たぶん1つ1つ品種の名前があるんだろうね。
昭和記念公園201703
背の高いラッパスイセンとミニラッパスイセン。子どもたちを連れている大人の感じ。

この時期は季節がどんどん進んでしまって、昭和記念公園はもう桜の季節(汗)

昭和記念公園(Vol.205)
(撮影 2017年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 梅園とさくら橋

3月の昭和記念公園。梅園はだんだんと梅以外の花が目立ってきた。

奥は紅梅、手前の黄色い花はシナマンサク、マンサク科。
昭和記念公園201703
 
こちらは奥が白梅で手前の黄色い花はサンシュ、ミズキ科。
昭和記念公園201703

別名が春黄金花。春の日差しを浴びて木全体が黄金のように輝く花。
昭和記念公園201703
小さい花の集まり。葉が出る前に花が咲くからさらにきれいに見える。
昭和記念公園201703

かなり背が高くなってきた福寿草。
昭和記念公園201703

ラッパスイセンも咲いていた。ラッパスイセンもいろいろな品種があるね。
昭和記念公園201703

梅、思いのまま。やっときれいに撮れた。
昭和記念公園201703

でも梅園の横にあるさくら橋。名前からしてさくらに囲まれていそうな橋。
昭和記念公園201703

さくら橋のすぐ奥に見えるのがシュゼンジカンザクラ(修善寺寒桜)、バラ科。
昭和記念公園201703
寒緋桜と大島桜の交雑種ではないかとされている。
昭和記念公園201703
きれいなピンク色。

その奥で咲いているがカンヒザクラ(寒緋桜)、バラ科。
昭和記念公園201703
濃いピンク色。沖縄ではこの寒緋桜で花見をするそうだけど沖縄に似合う色の濃さ。
昭和記念公園201703
寒緋桜(カンヒザクラ)は別名緋寒桜(ヒカンザクラ)と呼ばれるけど、
1文字違いの彼岸桜(ヒガンザクラ)と間違いやすいので、寒緋桜にした
そうだ。

 昭和記念公園(Vol.201)
(撮影 2017年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     


今週の高幡不動尊(03/12)  春の花続々と

日差しは暖かいけど、風が冷たく春が足踏み状態の週末となった東京多摩地区。

高幡不動尊交通安全祈願殿奥の河津桜はピンク色に少し違う色が混じった感じに見える。 
高幡不動尊201703
きっと葉が出てきたからだね。
高幡不動尊201703

この日は第2日曜日なので、毎月フリーマーケットが開催される日。
高幡不動尊201703
奥殿横で咲いているミツマタに人が集まっているように見えるけど違う(笑)
高幡不動尊201703
ミツマタ(三叉)、ジンチョウゲ科がかなり咲き始めている。
高幡不動尊201703
まだ中央部分が咲いていない。

ミツマタの足元で咲いているちょっと小さなラッパスイセン。
高幡不動尊201703

これは大日堂前のヒュウガミズキ(日向水木)、マンサク科。
高幡不動尊201703
ちょっと咲いている花があるけどまだこれから。

六地蔵さんの横で咲いているアセビ(馬酔木)、ツツジ科。
高幡不動尊201703

これはマンサク、マンサク科。六地蔵さんの少し上で咲いている。
高幡不動尊201703
枯れた葉が残っているシナマンサクと違って花がよく見る。
高幡不動尊201703
そのためか黄い花が蛍光色のように目立って見えた。

これは大師堂横、虚空蔵院横で咲いているトサミズキ(土佐水木)、マンサク科。
高幡不動尊201703
大日堂前のヒュウガミズキよりも花が大きくオシベが茶色。
高幡不動尊201703
土佐水木も日向水木も名前に水木が付くのにミズキ科ではなくマンサク科。

 最初の写真の河津桜と手前がサンシュ、ミズキ科。
高幡不動尊201703
奥に見えるのが交通安全祈願殿の屋根。
サンシュも見頃。別名が春黄金花と言われるように木全体が輝く感じになる。
高幡不動尊201703
今週は黄色の花が多かったなぁ。

今週の高幡不動Vol.433
(撮影 2017年3月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 菜の花畑咲き始め

3月2週目の週末の昭和記念公園。
 
立川口とその先のカナール・大噴水。ここから見る風景は真冬とさほど
変わらない。
昭和記念公園201703
でも、園内は少しずつ春になっている。
昭和記念公園201703
ハクモクレン(白木蓮)、モクレン科が咲き始めている。その奥の黄色は
サンシュ、ミズキ科。
昭和記念公園201703
ハクモクレンの花は結構でかい。こんなでかい花をたくさん咲かせる木の
エネルギーってすごいよね。

キクザキイチゲ(菊咲一華)、キンポウゲ科。
昭和記念公園201703
花の名札が出ていなければ見逃してしまいそうな小さな花。

みんなの原っぱ東花畑では、菜の花が咲き始めていた。
昭和記念公園201703
ここの菜の花の見頃は4月上旬らしいけど、もう結構咲いている。
昭和記念公園201703
奥は桜の園、ソメイヨシノがたくさん。今年はいい感じで菜の花と桜の
共演を見ることができるかな。

こちらはムラサキハナナ(紫花菜)、アブラナ科。
昭和記念公園201703
別名、ショカッサイ(諸葛菜)、諸葛孔明が兵士の食料のために広めたころから。
ハナダイコン(花大根)、花がダイコンの花に似ているから。
昭和記念公園201703
菜の花と並んで、毎年育てられる。

アセビ(馬酔木)、ツツジ科。この花も春の花。
昭和記念公園201703
葉枝や花に有毒物質を含んでいて、馬が食べると足がしびれて酔ったように
なるからだそうだ。

ラッパスイセン、こちらは1月から咲いているけどまだまだ元気。
昭和記念公園201703

ここは渓流広場。チューリップがきれいに植えられている。
昭和記念公園201703
チューリップの見頃は4月中旬頃らしいので、あと1ヶ月ちょっとでこんな感じに
変わる。下写真は2015年4月撮影。
昭和記念公園201504
チューリップと紫色のムスカリが作る風景が楽しみ。

 昭和記念公園(Vol.200)
(撮影 2017年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 スノードロップほか

1月下旬、昭和記念公園の梅以外の花たち。

まずはスノードロップ、ヒガンバナ科。冬の終わりから春先にかけて咲く花。
昭和記念公園201701
 待雪草、雪の花などとも呼ばれる。
昭和記念公園201701
花が開いた時に見える、緑色の模様が逆さハートマークに見える。 
昭和記念公園201701
同じヒガンバナ科でもう少し春になってから咲く、スノーフレイク(鈴蘭水仙)に
名前も花も似ている。

クリスマスローズ、キンポウゲ科。
昭和記念公園201701
クリスマスの頃に咲く、ローズ(バラ)に似た花というのが名前の由来だけど、
昭和記念公園で咲くのは1月から3月にかけて。クリスマスの頃に咲く品種も
あるらしい。
昭和記念公園201701
うつむきがちに咲く花。しゃがみ込んで撮らないと花がちゃんと撮れない。

日本水仙スイセン、ヒガンバナ科。最もポピュラーなスイセン。
昭和記念公園201701
こちらはラッパスイセン。内側の花びらがラッパのように突き出ている。
昭和記念公園201701
イギリスでは人気があるスイセンのようで、ウェールズの国花になっている。
ウェールズって国だっけ。そういえば、ラグビーやサッカーだとイングランドと
ウェールズが別チームで出ているよね。
FIFAランキング(2017年2月)でもイングランドが13位でウェールズが
12位、イングランドより上。ちなみに日本は52位。
昭和記念公園201701
イギリスをWikipediaを見るとイギリスの国名は英語ではthe United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland、
日本語ではグレート・ブリテン及び北アイルランド連合王国で、イングランド、
ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されるとある。なるほど・・・ 

これはいったい何?
昭和記念公園201701
直径は1m以上ある。
昭和記念公園201701
パンパスグラスの後だった・・・中はこんな感じで生えているんだね。
昭和記念公園

最後に花ではないけれど、アオバト。全身がオリーブ色のきれいなハト。
昭和記念公園201701
テレビでは見たことがあったけど、昭和記念公園で見るのは初めて。

昭和記念公園(Vol.197)
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動尊(03/27) ソメイヨシノの開花具合

天気予報では曇り空で雨もパラつくとのことだったが、思ったより天気は良くて
晴れ間も出た週末になった東京多摩地区。

晴れてはいるが、寒の戻りでまだ少しひんやりとした感じ。
高幡不動尊201603-1

高幡不動尊の桜は五重塔の回りに枝垂れ桜が多く、ソメイヨシノは奥殿の周辺から大日堂に
かけて咲いているが木によって開花の進み具合が随分違う。
高幡不動尊201603-2
この木(上写真)はまだ3分咲き程度だけど、その隣の木(下写真)は8分ぐらい咲いている。
高幡不動尊201603-3

高幡不動尊201603-4

奥殿の向かい側、大観音像前のソメイヨシノ。
高幡不動尊201603-11
これを見るともう高幡不動尊のソメイヨシノは見頃になったと言える咲き具合。

でも、土方歳三像の横のソメイヨシノはまだ咲き始めという状態。
高幡不動尊201603-9
今週は暖かくなるらしいから、急速に開花が進んで週末にはすべて見頃になって
お花見にはちょうどいい咲き具合になるんじゃないかな。

大日堂の前のボケ(木瓜)の花もたくさん咲き始めた。
高幡不動尊201603-7
このボケの木では赤色の花、白色の花、桃色の花が咲いている。
高幡不動尊201603-6
この時は曇ってしまってちょっと暗いけど、白い花びらと赤い花びらが混じった花も咲いている。

大日堂前の山門横で咲いているラッパスイセン。
高幡不動尊201603-5

弁天池ではもうシャクナゲ、ツツジ科が咲き始めた。
高幡不動尊201603-10
ゴールデンウイーク頃の花だけど、ここのシャクナゲはいつも早めに咲く。

この桜はソメイヨシノではなく金剛桜。
高幡不動尊201603-8
この桜は山形県白鷹町高玉の薬師堂前に咲く樹齢1300年の薬師桜(エドヒガン)の
分身を育成し平成14年に植樹されたものだそうだ。
 
 今週の高幡不動Vol.390
(撮影 2016年3月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動尊(03/13) ミツマタ満開

この週末はいつ雨が降ってもいいぐらいのどんより曇り空の東京多摩地区、しかも寒い・・・

高幡不動尊の境内は参拝者もまばら。
高幡不動尊201603-1
 
奥殿横のミツマタが満開、その周辺がちょっと明るく感じるぐらいの咲き具合。
高幡不動尊201603-2
この写真ではちょっとわかり辛いけど、ミツマタはその名前の由来になっているように、
枝が3本ずつ分岐する。
高幡不動尊201603-3
変わった形の花で、中心部分は蜂の巣のようだ。
高幡不動尊201603-4
そしてミツマタは、あの春のいい香りがする沈丁花と同じジンチョウゲ科。 

その沈丁花(ジンチョウゲ)は、ミツマタが咲いている隣にある文永の板碑の横で咲いている。
高幡不動尊201603-6
まだ咲き始めなのか、いい香りがしない・・・

ミツマタの足元で咲いている少し小さなラッパスイセン。
高幡不動尊201603-5

大日堂の大玄関前のボケ、蕾が膨らんできている。
高幡不動尊201603-7
大きなトゲが見えるが、ボケがバラ科である証拠。桜も梅もバラ科だけどね。

これも春になると高幡不動尊で良く見かける花。馬酔木(アセビ)、ツツジ科。
高幡不動尊201603-8
花は同じツツジ科のドウダンツツジそっくり。
高幡不動尊201603-9
六地蔵さんの横や、山内のお地蔵さんのそばなど、いろいろなところで咲いている。
高幡不動尊201603-10
馬酔木は枝葉に有毒成分を含むため、馬が食べると酔ってふらつくことからついた名前。

交通安全祈願殿裏の河津桜が満開になっていた。
高幡不動尊201603-11

できれば、もっといい天気の日に撮りたかったね。
高幡不動尊201603-12

高幡不動尊201603-13
この日もメジロがたくさん蜜を吸いに来ていた。

今週の高幡不動Vol.388
(撮影 2016年3月13日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 ラッパスイセン

ラッパスイセン
   D750 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.1 昭和記念公園
ラッパスイセン
    D750 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2016.1 昭和記念公園

ラッパスイセン、ヒガンバナ科。

内側の花弁がラッパのように突き出ていることが名前の由来。

昭和記念公園の渓流広場下流付近では、これからいろいろなヨウズイセンが咲き始めます。

 昭和記念公園(Vol.148)
(撮影 2016年1月11日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

水中花

水仙
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 2015.04 昭和記念公園

 桜の花びらが散った小川の水面に映る黄色いラッパスイセンの花。
 
 

今週の高幡不動(03/14)いつの間にか春

あまりの忙しさに散歩もできず前回の1月25日から1ヶ月以上経過してしまった今週の高幡不動尊。
ブログを始めてから、これだけ散歩しなかったことはなかったかも(汗)


久しぶり訪れても変わらない風景にちょっと安心感。
高幡不動201503-1
 
いつの間にか境内は春に。
高幡不動201503-2
 奥殿横では毎年咲くここで咲く小さなラッパスイセン。
 
高幡不動201503-3
同じく奥殿横のミツマタ、ジンチョウゲ科も満開。

高幡不動201503-4
 ちょっと来ない間にフキノトウもこんなに育ってしまって、もう食べられないなぁ(笑)

 高幡不動201503-5
奥殿前の枝垂れ梅、もう見頃になっています。

高幡不動201503-7
六地蔵さんの後ろ側ではマンサク、マンサク科がきれいに咲いている。
高幡不動201503-6
 高幡不動尊でマンサクが咲いているのはここだけかなぁ。

六地蔵さんの横で咲いているアセビ、ツツジ科。
高幡不動201503-8
もう少しそばで咲いてくれていた方が写真が撮りやすいんだけどなぁ・・・

高幡不動201503-9
 天然記念物に指定されている、大きなサンシュ(春黄金花)、ミズキ科。

河津桜もすでに満開。今年はいろいろな花の咲き始めから途中経過を見ることなく一気に満開。
高幡不動201503-10
 もう少し天気が良ければきれいだったんだけど、この日がワンチャンスだったので仕方ない。
 
高幡不動201503-11
 五重塔の前の思いのまま。
もう満開でしっかり咲いているんだけど、なぜだか1輪の中で白とピンクの花が見つからない。
高幡不動201503-13
なんだか作り物のように見えるけど、このように同じ枝に白色と桃色が咲いているのが思いのままの姿。

高幡不動201503-12
 なんだか紅白饅頭みたいでおめでたい(笑)

相変わらず忙しい日々がこの先も続きそうだけど少なくとも1週間に1度ぐらいは更新していきたい。
という願望


 今週の高幡不動Vol.347
(撮影 2015年3月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

昭和記念公園(2015年1月)咲き始めた花たち

昭和記念公園、1月3週目の週末の様子。

ロウバイ、ロウバイ科。
昭和記念公園201501-8
青空にロウバイは、この時期らしい光景。
 昭和記念公園201501-9
あたりは独特の甘い香りが漂う。

咲き始めたばかりの、スノードロップ、ヒガンバナ科。
昭和記念公園201501-5
白くて小さいこの花がヒガンバナ科というのは印象と大きく違うが、日本水仙も
ヒガンバナ科だからね。
昭和記念公園201501-10
別名、待雪草。今日は多摩地区は数センチ雪が積もったので、待った甲斐があったね。

ラッパスイセン、ヒガンバナ科。
昭和記念公園201501-1
ラッパスイセンもまだまだこれから。たくさん咲くときれいだ。

ハクモクレン、モクレン科の花芽。
昭和記念公園201501-2
なんだか暖かそう。

節分草、キンポウゲ科。
昭和記念公園201501-6
そろそろ節分が近づいてきて、たくさん咲き始めていた。
昭和記念公園201501-7
小さい花だけど、この時期はまだ下草も少なくて、日差しをいっぱい受けることができる。

葉牡丹、アブラナ科。
昭和記念公園201501-3
牡丹というよりキャベツだろ?と思うが、葉の重なり具合が牡丹の花のように
美しいからついた名前なんだそうだ。

少し咲き始めてはいるもののまだ花の数は少ないなぁ・・・(汗)

昭和記念公園(Vol.130)
(撮影 2015年1月18日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

昭和記念公園(2014年3月) クロッカス

前回に続いて3月の昭和記念公園の様子。

まずは、この日の目的でもあった、こどもの森で咲いているクロッカス。
昭和記念公園201403-1
春の日差しをいっぱいに浴びて咲いている。
昭和記念公園201403-14
黄色や明るい紫の花が多く白いクロッカスは少なめ。
昭和記念公園201403-2
同じ黄色の花、ラッパスイセンも一緒に咲いている。
昭和記念公園201403-13
少し離れた所から見てもこの辺りはパッと明るく見える。

これはチューリップ。
昭和記念公園201403-11
ホームページでは原種系チューリップと紹介されていた。
昭和記念公園201403-12
小さな青色はオオイヌノフグリ。こここどもの森は春の花が勢ぞろいしている。

この花は何だろう?
昭和記念公園201403-10
ブルーがすごくきれいなので思わず撮ったが名前がわからない(汗)

ホームページでこもれびの丘で、カタクリ、ユリ科が咲いたとあったので行ってみた。
昭和記念公園201403-7
カタクリはまさに春の妖精。春の早い時期に花をさかせ周りが緑に埋まる時期には姿を消してしまう。
昭和記念公園201403-6
スプリング・エフェメラルと呼ばれ、春の早い時期に花をさかせ周りが緑に埋まる時期には姿を消してしまう。

アズマイチゲ、キンポウゲ科。この花もカタクリと同じスプリング・エフェメラル。
昭和記念公園201403-8
昭和記念公園は、こうやって名前の表示板を設置してくれているのがうれしい。

オキナグサ、キンポウゲ科。まだ完全に開花していない感じ。
昭和記念公園201403-9
アズマイチゲ、福寿草、節分草など早春はキンポウゲ科の花が目立つ気がする。

道端に咲いていたスミレ。春だね。
昭和記念公園201403-5
ちょっとアップで。
昭和記念公園201403-17

みんなの原っぱ東花畑は、すぐそばにソメイヨシノがある。(これは3月23日の様子)
昭和記念公園201403-4
菜の花は少し咲き始めていたが、ソメイヨシノはまだ開花前。

ここからは残堀川沿い。(以下は3月23日の様子)
昭和記念公園201403-15
この日ソメイヨシノにはまだ早かったが寒緋桜は見頃。

すぐそばの修善寺寒桜も見頃になっていた。
昭和記念公園201403-16
河津桜にはメジロ。春のお決まりの取り合わせ。
昭和記念公園201403-3

お彼岸の3連休からまだ1週間しか経っていないが、季節が急に動き出した感じ。 

3月26日(水)に昭和記念公園のソメイヨシノの基準木が開花したそうだ。
この週末は天気が今一つになってしまったが、ソメイヨシノはまだ少し早め。来週末の天気に期待したい。

 昭和記念公園(Vol.108)
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

色に溶けこむ

ラッパスイセン
  K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2014.3  東京都日野市

黄色い花に黄色いシベは目立たない(笑)


昭和記念公園(2011年3月)元気が出るオレンジ色のクロッカス

昭和記念公園201103-3
3月最初の週末、この時期の昭和記念公園の楽しみはこのクロッカス。
昭和記念公園201103-1
元気の出るオレンジ色
昭和記念公園201103-2

少し濃い紫色のクロッカスも咲いている。
昭和記念公園201103-13
内側には白い線
昭和記念公園201103-10
上品な紫色、いい色だなぁ
昭和記念公園201103-11
紫色のクロッカスはオレンジのシベがきれい。
昭和記念公園201103-12
クロッカスはアヤメ科なんだそうだ。

日本水仙に代わって、いまはたくさんのラッパスイセンが咲いている。
昭和記念公園201103-7
アップで。この花びらがラッパ状に突き出ているのが名前の由来だそうだ
昭和記念公園201103-6
たまには後姿を
昭和記念公園201103-8
ラッパスイセンはヒガンバナ科。

クリスマスローズ、今回は明るい紫色。
昭和記念公園201103-5
いつもうつむき加減なんだけど、ちょっと上を向いてくれた。
昭和記念公園201103-4
クリスマスローズはキンポウゲ科。

3月11日に発生した東日本大震災。被災者の方々に心からお見舞い申し上げます。
昭和記念公園201103-14
私も都心に勤務しているため、一晩会社に泊まることになりましたが、幸いにも家や家族は問題がなく普段通りに過ごしています。
被災地の方々が一刻も早く安全で安心して暮らせる生活に戻れることを願います。

昭和記念公園(Vol.28)
(撮影 2011年3月6日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ