ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ライトアップ

高幡不動 万燈会の様子(11/23)

11月23日、高幡不動尊の万燈会の様子。

万燈会の時の仁王門には「萬燈會」と書かれた大きな提灯が下げられる。
高幡不動尊万燈会201411-2

万燈会は16時からなので、少し前に行ってまだ明るい夕方の紅葉を撮ってみた。
高幡不動尊万燈会201411-3
割と早い時間から提灯には灯りがつきはじめている。

境内の宝輪閣前に並べられた夢灯篭。昨年は普通の白い灯篭だった気がする。
高幡不動尊万燈会201411-7

日が落ちて間もない頃、まだ明るさが残る空を背景にした五重塔、空の色がいい時間帯。
高幡不動尊万燈会201411-4
できれば雲が少し出て、赤く染まってくれればもっと良かったんだけどね。

紅葉まつり期間中でもあり万燈会と時は紅葉もライトアップされる。
高幡不動尊万燈会201411-5
鐘楼を眺めるこの場所は、昼間と全然違う雰囲気。
高幡不動尊万燈会201411-6
ライトアップされた紅葉の中の五重塔。手前が完全に紅葉でないところが逆に自然(笑)。

境内のこの位置は毎週散歩で撮っている場所。夜だとまたちょっと違う感じだよね。
高幡不動尊万燈会201411-8

五重塔の回りを囲む御燈明(みあかし)にも火が灯って五重塔全体が夜空に明るく浮き上がる。
高幡不動尊万燈会201411-9
この御燈明は、普通のロウソクと違って多少の風では消えないぐらい太い炎で燃える。
高幡不動尊万燈会201411-10
万燈会(まんどうえ)は御仏に七難即滅・七福即生並びにご先祖様の追福菩提をお祈りする会。
この五重塔で塔婆供養が行われる。下写真はその様子の一部。
高幡不動尊万燈会201411-14
この御燈明には1本1本名前が書かれている。御燈明料は1000円。
高幡不動尊万燈会201411-12
こういう場面を見ると単なるライトアップ行事とは違うなぁと感じる。
 
高幡不動尊万燈会201411-11
 こちらはいろいろな願い事を書いて浮かべることができる。浮燈明500円。
高幡不動尊万燈会201411-13
 
高幡不動尊万燈会201411-15
五重塔の回りがロウソクの炎で囲まれるこの姿は 1年で万燈会が行われる2晩だけ見ることができる。

高幡不動尊で万燈会が開催される日、高幡不動尊参道とその商店街では「たかはたもみじ灯路」が開催されている。その様子はまた別に。

 (撮影 2014年11月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

京王百草園 竹灯籠と紅葉鑑賞の宵

秋の京王百草園で一番楽しみにしているイベント、「竹灯籠と紅葉鑑賞の宵」。
今年は11月23,24、30日、12月1日の4日間開催された。

京王百草園201311-13
昼間の京王百草園とはちょっと違った雰囲気。
 
京王百草園201311-6
入り口から石段を登ると竹灯籠がお出迎え。
いい雰囲気だけど、昼間見るとこんな感じ。
京王百草園201311-3
こうやってみると、いろいろと準備の苦労が忍ばれる。

京王百草園201311-7
ライトアップされた紅葉。ここはたくさんの人が足を止めて写真を撮っていた。

茶室そばの大きなオオサカズキ。
京王百草園201311-1
ライトアップされた様子。
京王百草園201311-9
雰囲気がかなり違う。

この茶室とオオサカズキを見上げる場所からの様子。
京王百草園201311-5
同じ場所の昼間の様子。
京王百草園201311-4
竹林の緑、モミジの赤と黄色が並んで信号のようだ。でも順番が違う(笑)。
そう言えば信号も緑色だけど青、竹も緑色だけど青竹と言うね。

京王百草園201311-2
昼間はきれいに並べられて竹細工が、夜に明かりが灯るとまた別の光景に変わる。
京王百草園201311-10
竹に穴をあけて富士山が浮き出るように細工されている。
京王百草園201311-8
裏はこんな感じにロウソクが置かれている。
京王百草園201311-11
 この日は風もなく静かな夜だったが、これならば多少風が吹いても消えないかな。

京王百草園201311-12
京王百草園の秋の終わりを飾る光景。
人もあまり多くなくゆっくり鑑賞することができた。

最後は京王百草園から府中市、小金井市方面の夜景。
京王百草園201311-14
真ん中の明かりがないところが多摩川。真ん中のタワーが田無のスカイタワー西東京かな。

(撮影 2013年11月24日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 


秋の京都 清水寺 夜の特別拝観

1泊2日の秋の京都旅行。初日最後は夜の特別拝観。
京都清水寺201211-1
夜の特別拝観は一旦通常の拝観を終了し、準備をしてから再度開門するそうだ。この日は18時から入ることができるらしい。
バスツアーなので駐車場に止めたバスの中で時間待ちができる。だいぶ冷え込んで来ているので、ちょっとうれしい。
京都清水寺201211-2
京都タワーがいろいろな場面で見えた。いいランドマークになっている。

清水寺につながる参道には長蛇の列ができていたが。ツアー客の我々はその列を横目にほとんど並ぶことなく団体専用入り口からすんなり入る。これはすごくラッキー。バスツアーも捨てたものではない
京都清水寺201211-11
入るのはすんなりでも中は人が一杯。それでもこの場面を見ただけで、アドレナリンが
これだけでも大満足なんだけど、とにかく「あの風景」が見たくて清水の舞台を目指す。
京都清水寺201211-3
清水の舞台からの眺め、下のモミジが燃えているようだ。想像力が乏しいが、バーベキューコンロで炭火がメラメラと燃えている感じ。
京都清水寺201211-4
フラッシュを使って撮って見た。とにかくすごい人・・・。
上写真に写っている奥のライトアップはそばで見るとこんな感じ。
京都清水寺201211-8
サーチライトはここから放たれているのか。これはサーチライトではなく「観音慈光」というそうで、観音様の慈悲をあらわすそうだ。
京都清水寺201211-5
人の流れに乗るまま、奥の院を目指す。通勤時間帯の新宿駅通路のような人の列に従って到着。やっと「あの風景」を見ることができた。
清水の舞台と燃えるようなモミジ。遠くに京都市街の夜景も見えて最高。
京都清水寺201211-6
なんとか最前列に向かうその様は、朝の山手線の電車の中で「降りま〜す」といいながらドアを目指す感覚。
これは三重塔が見える位置から。
京都清水寺201211-7
舞台を下から見上げる。
京都清水寺201211-9
三重塔と紅葉のライトアップ。夜空には月とサーチライト。月の横には飛行機雲も少し見える。
京都清水寺201211-10
参道に出てやっとあのすごい人並みから開放された。お土産屋でキティちゃんの着物姿を見てホッとする。
京都清水寺201211-12
一度、実際に見たかった清水の舞台の「あの風景」を見ることができて大満足だった。

(撮影 2012年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

さて、明日(12/23)の第57回有馬記念の予想

◎ゴールドシップ
○ダークシャドウ
▲トレイルブレイザー
△スカイディグニティ
×ルーラーシップ

実際の馬券は◎ゴールドシップを軸にエイシンフラッシュ、ネヴァブション、オーシャンブルー、トゥザグローリー、ナカヤマナイト、ルルーシュにも流します。
買いすぎだね(汗)。

京王百草園 竹灯籠と紅葉鑑賞の宵

11月の3連休(23日から25日)に開催された京王百草園の紅葉ライトアップ。

今年は「竹灯籠と紅葉鑑賞の宵」というタイトルで開催。
百草園紅葉ライトアップ201211-13
夜の百草園を楽しめるのはこういうイベントのときだけ。
百草園紅葉ライトアップ201211-2

ライトアップされた紅葉は昼間に見る紅葉とはまた違った味わい。
百草園紅葉ライトアップ201211-8
ライトアップされた方が赤が強く見える。
百草園紅葉ライトアップ201211-4

「小さな和散歩」なるほど京王百草園らしい。
百草園紅葉ライトアップ201211-9

和傘の演出。
百草園紅葉ライトアップ201211-3
夜の暗さでライトアップされた赤いモミジが映える。
百草園紅葉ライトアップ201211-10

園内の竹を利用して職員が手作りしたという竹燈籠。
百草園紅葉ライトアップ201211-6
竹に穴を開けて中のロウソクを点灯することで絵を浮かび上がらせている「梅にうぐいす」。
百草園紅葉ライトアップ201211-5
竹細工がいいね。
百草園紅葉ライトアップ201211-11
この梅の竹細工はすごく手間がかかっていそうだ。
百草園紅葉ライトアップ201211-12

これは今年はじめて見る演出。
百草園紅葉ライトアップ201211-1
今年はこの催しが終わった後もまだ紅葉の見頃が続いているようだが、秋もそろそろ終わり。

次の京王百草園の楽しみは、ロウバイと日本水仙。でもさすがにもう少し先だね。

(撮影 2012年11月25日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

高幡不動尊 万燈会2012

2012年11月23日、高幡不動尊の万燈会の様子。

万燈会(まんどうえ)は御仏に七難即滅・七福即生並びにご先祖様の追福菩提をお祈りする会。
高幡不動尊万燈会201211-13
仁王門前には、同じ日に開催されている、たかはたもみじ灯路と同じような灯篭が並べられている。
(たかはたもみじ灯路の様子はまた別記事で)

高幡不動尊万燈会201211-10
不動堂の両脇の菊飾り。

高幡不動尊万燈会201211-8
境内をHDR(ハイダイナミックレンジ)撮影。いくつか露店が出ている。
高幡不動尊万燈会201211-9
ブルーライトアップに続き、今回も五重塔が主役。
高幡不動尊万燈会201211-5
万燈会では五重塔前で塔婆供養が行われる。
高幡不動尊万燈会201211-6
滅多に使わない内蔵フラッシュでの撮影。

五重塔の周りにはたくさんのロウソク(御燈明)が灯されて雰囲気を盛り上げる。
高幡不動尊万燈会201211-7
この御燈明(1本1000円。)は、ちょっとぐらいの風では消えずしっかりと燃える。
高幡不動尊万燈会201211-3

この日は昼過ぎまで雨が降っていたが、夕方前に止んでくれた。
高幡不動尊万燈会201211-2

浮燈明(500円)。願い事を書いて五重塔の周りに浮かべる。
高幡不動尊万燈会201211-4
やぱり「家内安全」だよね
高幡不動尊万燈会201211-12

入り口の仁王門と反対側からHDR撮影。
高幡不動尊万燈会201211-11
紅葉のライトアップもされている。
高幡不動尊万燈会201211-1
万燈会が終わると高幡不動尊の秋も終わりに近い。
11月末でもみじまつりが終わると冬はもうすぐそこ。

(撮影 2012年11月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ