ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ヤマユリ

今週の高幡不動(07/15)真夏日のござれ市

連休中日の高幡不動尊は30℃を越える真夏日。暑くて参拝の人もちょっと少なめか・・・
高幡不動尊201207-4
第3日曜日恒例のござれ市。でもちょっと出店が少ない。
高幡不動尊201207-12
いつもお洒落できれいな食器類を置いているお気に入りのお店。
高幡不動尊201207-7
黒地に絵柄が渋い茶器。
高幡不動尊201207-8
こんなところに日光江戸村の「ニャンまげくん」。
高幡不動尊201207-6

あじさいの珠切りが終わっていた。毎年もう少し後だったような気がしたんだけど・・・
高幡不動尊201207-2
境内から山の中まできれいに花が切り落とされている。たまに残っている花もあるけどね
切られた花はこうやって集められて焼かれてしまうようだ。
高幡不動尊201207-13
毎年ここを見てなんという姿・・・と思うけど、きれいなことの陰には大変な労力と見たくない光景もある。

夏はヤマユリ。というか高幡不動尊の山でヤマユリが咲くと夏。
高幡不動尊201207-9
毎年同じ場所で咲く。昭和記念公園では盗採を監視しているようだけど、お不動さんの山の中だけあって誰も採ったりしないよね。
「此処の大明王はその所居なし ただ衆生の心想の中に住し給う」というから監視する必要もない。
高幡不動尊201207-10
ユリにはいろいろな種類があるけど、ユリの王様と言われるだけあってヤマユリが一番堂々とした美しさ。

弁天池まわりではミソハギ、ミソハギ科が咲き始めた。
高幡不動尊201207-3

シオカラトンボ。
高幡不動尊201207-11
気に行った場所があるらしく、そこにとまるとかなり近寄っても平気。

だんだん真夏らしい光景になってきた

今週の高幡不動Vol.223
(撮影 2012年7月15日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2011年7月)いろいろなユリ

7月の昭和記念公園のユリの花を集めた。

まずは、暑い中、立川口から一番遠い場所まで行って撮ったヤマユリ。
昭和記念公園のユリ2011-2
ちゃんと咲いていて良かった。
昭和記念公園のユリ2011-4
山の中を歩いて見るヤマユリは暑さを癒やしてくれる。
昭和記念公園のユリ2011-3
このシベに触ると花粉(?)がべったりと付く、触ってはいけない

これはミスマルコ。ほのかに色がついた八重咲きのユリ。
昭和記念公園のユリ2011-5ミスマルコ

これはなんという品種だろうか。
昭和記念公園のユリ2011-6アスカ
深い紫色がなかなかいい。
昭和記念公園のユリ2011-11

これはアスカ?かと思ったけど、アスカは八重咲きらしいので違う看板を見たかも。昭和記念公園のユリ2011-10

これはコンカドール。白地にうすい黄色がさわやか。
昭和記念公園のユリ2011-7コンカドール
昔のフルーツの缶詰を思い出す。

そしてカサブランカ、やはりユリの主役かな。
昭和記念公園のユリ2011-9
白さが際立つ感じ。
昭和記念公園のユリ2011-8

夏のユリを集めたけど、1つ足らない気がする。オニユリがない
昭和記念公園のユリ2011-1
この写真は近所で撮ったもの。葉の付け根の感じだとコオニユリかも。

もう1つカノコユリ(鹿の子百合)
ゆり201107
この写真も昭和記念公園ではなく、散歩道で撮ったもの。いまはいろいろなところでユリの花が咲いている。

夏休みのためこれは予約投稿です

8月4日追記
台風のため、石垣島から那覇まで戻りましたが那覇で足止めされています

昭和記念公園(Vol.39)
(撮影 2011年7月)

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動(07/18)夏はヤマユリ

夏の三連休最終日の海の日。海とは無縁な高幡不動尊の境内はこの日も静か。
高幡不動尊201107-1
足場もしっかり組まれて、いよいよ五重塔の工事も本格化。
高幡不動尊201107-2
あの高いところに一度登って写真を撮ってみたい
高幡不動尊201107-11
五重塔の手前には2つの看板。左側は以前からあった工事のお知らせ。
高幡不動尊201107-3
そして右側の看板には「あじさいの まり切りは 七月二十日(水)に行います」とある。高幡不動尊のあじさいは季節が終わると花を切って来年に備える

高幡不動尊201107-5
これは、まだきれいに咲いているヤエカシワバアジサイ(八重柏葉紫陽花)。たぶんカシワバアジサイは切られなかったと思う。

藤棚そばの紫陽花の小径にある小さな水路。ここは毎年シオカラトンボの写真を撮っている場所。今年もしっかり撮れた。
高幡不動尊201107-9
アップで狙っているとフっと、どこかに飛んで行って。すぐにその行方を追ってみるとすぐそばをヒラヒラと飛んでいた小さな蛾を捕まえた。
高幡不動尊201107-10
枝に止まって食べている。ムシャムシャと音が聞こえてきそうな光景、昆虫の世界も弱肉強食だ

高幡不動尊の山に咲くこのヤマユリを見るために暑い中、山をのぼる。
高幡不動尊201107-6
この場所は毎年きれいにヤマユリが咲く。緑の中の白いユリの花、少し離れているが風に流されてユリの香りも漂ってくる。

この場所に来てヤマユリを見ると夏だなぁって思う
春はあけぼの、夏はヤマユリ、秋は夕暮れ、冬はつとめて。と清少納言も言っている(嘘、夏は夜)
そういえば冬の「つとめて」っていうのが「朝早い頃」っていうはテストに出たね。
高幡不動尊201107-8
真っ白なカサブランカもきれいだけど、やはり自然の中でみるヤマユリはユリの女王だと思う。ちなみにヤマユリはお隣、神奈川県の県の花。高幡不動尊201107-7
ヤマユリって花が大きくて重いから、最初はしっかり立っているけど、そのうち倒れてきてしまう。公園などでは支柱を立てて支えたりするけど、ここは自然のままなので、そのうち倒れてしまうだろう。

女性の美しさを形容する「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」 という言葉があるので、倒れないでしっかりと立っていてほしい。

紫の頭巾の上に赤い頭巾をかぶっているお地蔵さん発見、これはさすがに暑いかも。
高幡不動尊201107-4
なんだかどこかの画伯に似ているような・・・

今週の高幡不動Vol.176

(撮影 2011年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動Vol.127(07/17)梅雨明けの空とヤマユリ

7月17日梅雨があけた日の高幡不動尊、気のせいか青空が一段ときれいに見えた
高幡不動尊20100717-1

白い雲があると空の青がさらに引き立つ
高幡不動尊20100717-2

夏はヤマユリの季節、少し離れたところからでもユリの花の香りがする。
高幡不動尊20100717-3

梅雨もあけたし新旧交代だ
高幡不動尊20100717-4

背景の丸ボケを意識しすぎて、肝心の花が暗くなってしまった、ちょっと失敗
高幡不動尊20100717-5

これからの季節、炎天下は辛いから、お地蔵さんも木陰を探して少しずつ移動したいよね。
高幡不動尊20100717-6

高幡不動尊五重塔の地下にはクーラーが効いた無料休憩所がある。普段は入ることがないけど、真夏の間だけは、ここに入って水分補給。
高幡不動尊20100717-7
ちょっとクールダウンして散歩再開!でもこうやって出口から外を見ると出たくない気分になる

弁天池回りで見つけたバラ科のカライトソウ(唐糸草)。糸のような花が中国(唐)から渡来した絹糸に見立てたのが名前の由来だそうだ。
高幡不動尊20100717-8
ピンク色のネコジャラシって感じがしないでもない。

せっかくきれいな青空なのに人が少ない。まあ高幡不動尊に青空を見に来る人はほとんどいないし、夏場は暑いだけで特に行事もないからね
高幡不動尊20100717-9

梅雨があけた記念に庭先でちょっとだけバーベキュー
高幡不動尊20100717-10
夏はトウモロコシが安くて、しかも美味しいよね
高幡不動尊20100717-11
お手軽で車での移動がないからアルコールを飲んでもいいし、もちろん渋滞もなし。トイレも風呂もあってバーベキュー場としては最高なんだけど、雰囲気が出ないのがかなりちょっとさみしい

(撮影 2010年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.87(09/12)花から実に

この週末は土曜日が時々雨が降る肌寒い天気、翌日曜日はうって変わって汗ばむほどの良い天気
皆様、体調管理にお気をつけください

高幡不動尊の境内はフリーマーケットも開催されているためか、いままでよりも参拝の人が多い気がした
高幡不動尊090912-2高幡不動尊090912-1
この日はとても空が青かった、秋になってだんだん空や雲がきれいに見える時期になってきた

夏が終わっていくつかの実を見つけたので、以前の花の写真と並べてみた
五重塔横のアガパンサス。サヤエンドウというかシシトウというかちょっと美味しそうな実がなっていた
花と実200909-6花と実200909-1

これはキツネノカミソリ。まだ花が少し残っている状態の実、そういえば咲いている花の下をよく見ると、ここが実になるんだろうなと思われる、小さくふくらんだ部分がある
花と実200909-4花と実200909-3

バックの看板からわかるように、ここはヤマユリが2輪咲いていた場所。花が咲いていた部分がそのまんま2つの実に・・・
花と実200909-5花と実200909-2

これは花と実が同居しているけど、葉っぱの感じがユリ科のヤブラン(薮蘭)とは違う感じなので、同じくユリ科のツルボ(蔓穂)かな?実が黒くなればヤブランかもしれないけど、ちょっと不明
花と実200909-7

これは弁天池まわりのヒオウギ(檜扇)、やはり花と実が同居している
花と実200909-8

こうやって花が実になるのを見るともう実りの秋、収穫の秋って感じがする
高幡不動尊090912-3
これはお不動さんではなく、散歩道の途中の栗の木だけど、やはり秋と言えばこの実だよね

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示される場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち