ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ヤマユリ

昭和記念公園 秋の七草花壇

昭和記念公園の秋の七草花壇。立川口から前記事のひまわり畑に行く途中にある。

写真入りで秋の七草を紹介した看板とその回りに七草が植えられていると思う。
と思うと書いたのは、すべての七草を確認できなかったから(汗)
昭和記念公園201707
秋の七草って「おすきなふくは」と覚えるらしいのでその順番で紹介する。

「お」オミナエシ(女郎花)、オミナエシ科。
昭和記念公園201707
「おみな」は女性で「えし(へし)」は圧倒するで、美女を圧倒するぐらいの
美しさという意味で名付けられたとか。

「す」ススキ(薄)、イネ科。オバナ(尾花)とも呼ばれる。
昭和記念公園201707
まだ花は咲いていない。ススキの花というか穂は秋の風景に欠かせない。

「き」キキョウ(桔梗)、キキョウ科。
昭和記念公園201707
梅雨時から咲いている夏の花(笑)。

「な」ナデシコ、ナデシコ科。
昭和記念公園201707
これはカワラナデシコ(河原撫子)でナデシコの中で一番よくみかける種だそうだ。

「ふ」フジバカマ(藤袴)、キク科。この花は夏ではなくて秋に咲く花。
「く」クズ(葛)、マメ科。ツル性植物で木に巻きついて咲いているイメージがある。
上の2つはこの日は見つけることができなかった、そんなに真剣に探していないけど(笑)

「は」はぎ(萩)、マメ科。
昭和記念公園201707
この日は咲いていなかったけど、そろそろ咲く頃。高幡不動尊では咲き始めていた。

立川口カナールのイチョウ並みではギンナンが成っていた。
昭和記念公園201707
まだ緑色しているけど、このギンナンが熟したら完全な秋。

こもれびの里で咲いているハス(蓮)、スイレン科。蓮は夏(特に朝)の花。
昭和記念公園201707
鉢植えの蓮をたくさん見たけど、これは自然に咲いている蓮。

ハナイカダ(花筏)、ミズキ科。筏に人が乗った姿に見立てた名前。
昭和記念公園201707
実が黒くなった。よく見ると茎のようなものが葉の中心まで伸びている。
昭和記念公園201707
いつみても不思議な光景。

ひまわり畑を見たあとで、せっかく立川口から遠いところに来たので、こもれびの丘
を回ってヤマユリを見て来た。
昭和記念公園201707
ヤマユリはそろそろ終わりの時期だったけど、なんとか見ることができた。
昭和記念公園201707
ヤマユリは1年ごとに花を1つずつ増やすというが、これで来年に花が1つ増えたら
その重さに耐えきれずに倒れそうだ(笑)

昭和記念公園(Vol.221)
(撮影 2017年7月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動尊(07/23) コムラサキの花

まだ梅雨が明けない東京多摩地区。この週末は曇り空のため暑さが一段落で散歩にはありがたい。

仁王門を入って右側の枝垂れ桜の足元で、コムラサキ、クマツヅラ科の花が咲いていた。
高幡不動尊201607-3
花は実の色を薄くしたような明るい薄紫色。
もう実になっているものも。
高幡不動尊201607-4
実が熟すと下写真のようにきれいな明るい紫色になる。花よりもずっと目立ってきれい。
高幡不動尊201607-9
これは昨年の9月下旬に撮った写真。

大日堂の前でひっそりと咲くオニユリ。
高幡不動尊201607-5
オニユリは割と群がって咲くことが多いような気がするんだけど、ここでは毎年1,2輪だけ咲く。

ヤマユリの季節もそろそろ終わりかな。まだ梅雨があけていないというのに(笑)
高幡不動尊201607-1

同じユリ科のヤマホトトギス。夏から秋にかけて咲く花なのでまだこれから。
高幡不動尊201607-2

弁天池のハス。今年のハスは咲きかたが今一つのような気がする・・・
高幡不動尊201607-6

花が少なくなってブログネタに困る時期がやってきた。
高幡不動尊201607-7
静かで参拝者がほとんどいない境内を撮ってもね(汗)

高幡不動尊の境内に罰当たりなポケモンがいたので、とりあえず捕獲しておいた(笑)
高幡不動尊201607-8
田舎はポケストップが少なくて困る・・・

今週の高幡不動Vol.406
(撮影 2016年7月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 ヤマユリなど

昭和記念公園のこもれびの丘にはヤマユリが咲いている。

立川口から一番遠い場所にあるので、真夏に歩いて行くのは大変なんだけど、
この日は梅雨空で涼しかったおかげで、楽に行くことができた。
昭和記念公園201607-7

倒れかけたヤマユリが木切れで支えられている。
昭和記念公園201607-6
高幡不動尊と同じで、倒れてしまったヤマユリ。
昭和記念公園201607-3
花が重いから支柱を立てないとダメだね。昭和記念公園201607-4
ちょっとかわいそうな姿だけど、この姿でもいい香りがする。

ヤブラン、キジカクシ科又はユリ科。
昭和記念公園201607-5
晩夏からの花だから、ちょっと咲くのが早いよう気がする。

ツユクサ、ツユクサ科。いい色の花、私のお気に入り。
昭和記念公園201607-2
梅雨の草ではなく、朝露の露の草なので、これから秋にかけてたくさん咲く花。 

カリガネソウ(雁金草)、シソ科。花の形が雁(ガン)に似ているからついた名前だそうだ。
昭和記念公園201607-8
別名がホカケソウ(帆掛草)。帆掛け船の方が近いような気がする。

ネムノキ、マメ科。あじさいの花とのコラボ。
昭和記念公園201607-10
昭和記念公園はあじさいの珠切りをしないので、まだあじさいが咲いている姿を
たくさん見ることができる。

 この花はムクゲ。タチアオイ(立葵)やフヨウ(芙蓉)、ハイビスカスと同じアオイ科。
昭和記念公園201607-11
ムクゲはかなり大きな木になる。

クチナシ、アカネ科。
昭和記念公園201607-9
この花はなぜこんなにいい香りがするんだろうというぐらいいい香りがする。 

今年初めての赤とんぼ。
昭和記念公園201607-1
まだ梅雨があけていない東京だけど、赤とんぼがたくさん飛んでいて秋の雰囲気。

 昭和記念公園(Vol.173)
(撮影 2016年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    

今週の高幡不動尊(07/16)ヤマユリが見頃

雨が降りそうになったり、太陽が少しだけ顔を出したり。
まさに梅雨空の週末となった東京多摩地区。

いま高幡不動尊では夏の花、ヤマユリが見頃になっている。
高幡不動尊201607-4
ヤマユリが咲く時期に高幡不動尊の山の中を歩くと、ユリのいい香りが漂ってくる。
高幡不動尊201607-3

見た感じはカサブランカなど、オリエンタルハイブリッド系ユリにそっくり。
高幡不動尊201607-5
それもそのはず、ヤマユリは日本に自生するユリの中で園芸種的には一番重要な
原種となっているユリでオリエンタルハイブリッド系の原種。
ヤマユリの花びらの内側の赤い斑点を取ったらそのままカサブランカだね。
高幡不動尊201607-11
上の写真は我が家で咲いているカサブランカ。
このカサブランカは神代植物公園で買った球根を植えて4回目の夏、何も手入れ
することなく毎年良く咲いてくれる。

ヤマユリは茎の太さと長さに比べて花が大きいので、何か支えてあげないと
強い風が吹いたりしてこんな感じになってしまうことがある。
高幡不動尊201607-2
大日堂と大師堂の間で咲いているヤマユリは、竹の支柱で支えられている。
高幡不動尊201607-8

高幡不動尊ではあじさいまつりが終わると、来年もまたきれいな花を咲かせるために
花を切り落とす「あじさいの珠切り」が行われる。
高幡不動尊201607-7
先月まであじさい見物で人がたくさん訪れていたこの場所もきれいに花が刈り取られている。
高幡不動尊201607-6
たまにポツンと花が残っていたりもするんだけど。まあ人間がすることだからね。

珠切りの前までは、あじさいとヤマユリの両方が楽しめたんだけどいまはもう
こういう光景を見ることができないのは少し残念。
高幡不動尊201607-10
上写真は先週の日曜日7月10日に撮ったもの。

あじさいまつりも終わって境内は人が少ない。
高幡不動尊201607-1
これからしばらくはこんな感じが続くだろけど、これが本来の高幡不動尊。

高幡不動尊201607-9
弁天池では蓮の花が咲いて真夏らしい感じになっている。
猛暑日にはなっていないものの、湿度が高く蒸し暑い日だった。

今週の高幡不動Vol.405
(撮影 2016年7月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

本栖湖キャンプ場

富士五湖の1つ、本栖湖の湖畔にある本栖湖キャンプ場。
我が家でキャンプに行くと言えばほぼこのキャンプ場。
本栖湖キャンプ場201508-9

キャンプサイトはどこにテントを張っても自由なフリーサイト。直火もOKでとにかく
自由度が高い。

さらに、出入り口に柵などもなく、いつでもキャンプ場に入ることが可能なのが
一番のお気に入り。夜中に到着してもいいので、夜に自宅を出発すれば中央高速の
渋滞を回避できる。
本栖湖キャンプ場201508-1
前回のキャンプは2013年11月だったので、約2年ぶり。キャンプ場が全然
変っていなかったのが少しうれしい。

テントやタープの張り方をなんとかギリギリ覚えている感じなので、最低2年に1度は
キャンプをしないとセッティングを忘れてしまうかも(笑)

一応、テントとタープを連結したんだけど、このセットでは最近のゲリラ豪雨に
耐えられるようなしっかりとした連結にはならない。

前回のキャンプは、この空之介の初キャンプだったので、空之介にとって2回目のキャンプ。
本栖湖キャンプ場201508-3
今回は空之介のお守り役の娘が来なかったので、どうなることかと少し心配したが、
どこかに逃げていくようなことはなく、タープやテントの中や回りをウロウロと歩き回っていた。
本栖湖201508-12
あれ?どこに行った?と思って探すとこんな感じ。
本栖湖201508-11

そばに近づく男性がいるとちょっと警戒して唸ることもあるが、近づくのが女性の
場合は、うれしそうに自分から近寄って行く。
 本栖湖キャンプ場201508-2
ドッグランに行ってもそうなんだけど、犬よりも女の人が大好きな空之介

この日はどこかの犬愛好家の集団がイベントをやっていたようで、それを目当てに
した、臨時の露店がいくつか出ていた。
本栖湖キャンプ場201508-7
キャンプ場でトリミングサロンなんてすごいなぁ。
本栖湖キャンプ場201508-8
この露店も、イベントが終わるといつの間にか居なくなっていた。

管理棟前ではヤマユリがきれいに咲いていた。
本栖湖キャンプ場201508-4
奥に見えるのは売店、板氷やアイスクリーム・酒類・パン・お菓子、薪などを売っている。
最近は直火がダメなキャンプ場もあるので、ここで薪を買って、焚き火をすることを楽しみに
このキャンプ場に来る人も多いだろうね。

これだけたくさん咲いているとすごくいい香りがあたりに漂う。
本栖湖キャンプ場201508-6
アジサイがちょうど見頃の感じだった。
本栖湖キャンプ場201508-5

湖畔で水遊びをして、道の駅あさぎり・あさぎりフードパークへ行ったあとは
特に何もすることがないので、夕方のまだ明るい時間から、のんびり炭火を
つけて炎を見て過ごす。
本栖湖キャンプ場201508-10
何もせずにこうしている時間がキャンプらしくていい。
本栖湖キャンプ場201508-11

少し遅いおやつとして、焼きトウモロコシ。そしてビール。
本栖湖キャンプ場201508-12
黒焦げになっているのはトウモロコシの皮。こうやって皮付きで焼いたほうが
蒸し焼きになって美味しく焼ける。

ボーっとしているうちにあたりが暗くなる。
本栖湖キャンプ場201508-13
ランタンの灯りがアウトドアらしくていいんだよね。

昔の本栖湖キャンプ場のホームページは1枚だけの質素なページだったが、
数年前にちゃんとしたホームページになったー>ここ
さらにFaceBookでも情報発信をしている。イマドキだね。

今度はいつこの本栖湖キャンプ場に来ることができるだろうか。
できれば来年の夏か秋には・・・
 

今週の高幡不動(07/19)ヤマユリ

3連休中日の日曜日。この日、気象庁が関東甲信地方の梅雨明け宣言があった。

梅雨が明けたのはうれしいけど、いきなり酷暑となった。
高幡不動尊201507-5
 毎月第3日曜日はござれ市が開催される日。
高幡6不動尊201507-6
この酷暑の中での露店はきつい。さすがにこの日は人出も少ない感じだった。

7月17日にアジサイの花を剪定する「毬切り」が行われたので、境内にアジサイの花はない。
高幡不動尊201507-9
上がこの日の四季の道の様子。
下が毬切前の様子。
高幡不動尊201507-4

来年またきれいな花を咲かせるためだとしても、ちょっとこの姿は見たくない感じ。。。
高幡8不動尊201507-8

 でも、こういう札がかけられたアジサイの花がちらほらと残っている。
高幡不動尊201507-7
特別な種類のアジサイが選ばれて残されているようだ。

アジサイまつりの終わりを待つかのように、咲き始めたヤマユリ。
高幡不動尊201507-3
 汗をかきながら暑いなか山を登る道にこうして咲いているヤマユリの姿を見るとホットする。
高幡不動尊201507-2
 昭和記念公園では、咲いたヤマユリを盗む人がいて、ボランティアの人が
見回りをしているそうだが、お不動さんのヤマユリを盗む人はいないようだ。
高幡不動尊201507-1
1つのヤマユリの球根から咲く花は、毎年すこしずつ増えていくそうだが、
このヤマユリは1つの球根から10輪以上咲いている。

境内から山を登り高幡城址になっている頂上部分を越えた側に彼岸花植栽予定地が作られている。
高幡不動尊201507-12
最終目標は10万本。高幡不動尊の新しい見所になるだろうね。 
高幡不動尊201507-11
 今は何本植えられているのかはわからないけど、秋が楽しみ。
高幡不動尊201507-10
 気の早い彼岸花がパラパラと咲いていた(笑)。
 
  今週の高幡不動Vol.359
(撮影 2015年7月19日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

我が家でヤマユリが咲きました

ヤマユリ
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 2015.07 東京都日野市
 
昨年の秋、高幡不動尊境内の露店で球根で買ったヤマユリが咲きました。

ヤマユリは、なかなか見ることができないので、本当に我が家で咲かせることができるだろうかと
心配だったですが、露店のおやじさんが、肥料さえ忘れずにあげたら絶対大丈夫!という誘い文句に
騙されて買いました(笑)

境内で会うと、「おい、いい写真撮れたか?」とか「今日は愛犬は一緒じゃないのか?」と声をかけて
くれる、話し好きのおやじさん。

秋から冬にかけて毎週末、境内で花や球根を売る露店を出していたんだけど、春先からまったく
見かけないんだけど、身体を壊していたりしないかちょっと心配です。

おやじさん、言われた通り育てたら、ヤマユリがちゃんと咲きました。
来年もちゃんと咲かせたいので、このあとどうすればいいか教えてください。

このブログ、読んでいるわけはないんだけどね(笑)


今週の高幡不動(7/19)ヤマユリの季節

7月の3連休初日の高幡不動尊のようす。どんより曇っていていまひとつはっきりしない天気。
でも、天気予報では雨だったので、散歩できただけでも良しとするかな。

あじさいまつりが終わって境内の参拝者もぐっと少なくなった。
高幡不動201407-1
でも、これが普段の高幡不動尊(笑)
高幡不動201407-2

17日(木曜日)にあじさいの毬切があって、四季の道のあじさいも緑一色の役満(汗)
高幡不動201407-9
来年またきれいな花を咲かせるためだとはいえ、まだきれいな花を切ってしまうのは
ちょっとさみしい感じもする。
高幡不動201407-6

あじさいの代わりというわけではないが、 7月の中旬を過ぎると高幡不動尊では
いろいろなところでヤマユリが咲き始める。
高幡不動201407-3
ヤマユリは夏の山の花。
高幡不動201407-4
いい香りがして、しかも見映えも最高。
高幡不動201407-5

 こちらは同じユリ科でも小さくて地味なヤマホトトギス。
高幡不動201407-7
ヤマホトトギスとヤマジノホトトギスはこの部分が見分けるポイントかな?
高幡不動201407-8
この花はうす暗い所に咲いているから写りがいまひとつ・・・

弁天池まわりではカサブランカが咲いていた。
高幡不動201407-10
これは植えられたんだろうね。

蓮とシオカラトンボ。
高幡不動201407-11
それぞれをアップで。
高幡不動201407-13
この時期のシオカラトンボは塩気がまだ足らない。
高幡不動201407-12
 
今週の高幡不動Vol.322
(撮影 2014年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    

昭和記念公園(2013年7月)ヤマユリとカサブランカ

海の日の昭和記念公園。散歩している場合じゃないぐらいの酷暑。

明るい紫色が清々しい夏の花、キキョウ、キキョウ科。でも秋の七草。
昭和記念公園201307-1
そばに白いキキョウも咲いていた。白い花の方がさらに夏っぽい。
昭和記念公園201307-2


みんなの原っぱのシンボルツリー、大けやき。
昭和記念公園201307-7
こうやって写真で見ると、気持ちの良い緑が広がる空間だけど、実際には暑くてとても歩いていられない(汗)。だから人がほとんどいない。

いま昭和記念公園に来る人の99%はここに居るといっても過言ではない。レインボープール。
昭和記念公園201307-11
子ども達の歓声が聞こえる。子どもたちが小さい頃は良く来たんだけどね。

涼しげな色の花、アーティチョーク、キク科。
昭和記念公園201307-6
ちょっと旬を過ぎてしまっていた、残念。

これもこの時期らしい花、ハス、スイレン科。お盆やお釈迦様を連想させる姿と色。
昭和記念公園201307-3
見頃時期を外したみたいでいい感じの花があまりなかった。
昭和記念公園201307-8
そして、こもれびの里の白い蓮。こちらはお盆のイメージがない。

花木園菖蒲田では昭和記念公園の8月の花、サギソウ、ラン科が少し咲いていた。
昭和記念公園201307-4
本格的に咲くのはまだこれから。
昭和記念公園201307-5
8月にはサギソウまつりが開催され鉢植えのサギソウがたくさん展示される。
サギソウについてはまた8月に(笑)。

今日の目的は立川口から最も遠いこもれびの丘南斜面で咲いているこのヤマユリ。
昭和記念公園201307-9
すごくいい香りあたりに漂っている。高幡不動尊のヤマユリより少し色が濃いような気もする。
昭和記念公園201307-10
この日は園内を歩いていて2回ほどこのヤマユリが咲いている場所を聞かれた。
こもれびの丘の行き方は的確に説明はできないけど、「咲いてましたか?」の質問に「咲いています、暑い中行く甲斐はあります!」と答えると、うれしそうな顔をしてくれたのが救い。

そして同じ大輪のユリ、カサブランカ。今年はあまり咲き具合が良くないような気がしたが、ホームページを見ると、その後恵みの雨が降って元気なカサブランカになったそうだ。
昭和記念公園201307-12
ここではカサブランカが最後に咲くので、ほかのユリはほとんど終わっている。

以下は6月最後の週末に撮った写真。
黄色の大輪、コンカドール。ユリらしい色と姿。
昭和記念公園201307-17

シルクロード。
昭和記念公園201307-16

八重咲のユリ、ミスマルコ。
昭和記念公園201307-14

白色がさわやかなテッポウユリ。
昭和記念公園201307-13

これから時期は暑すぎて散歩どころではなくなる。特に広い昭和記念公園は途中の売店・自販機で水分補給しながらでないと倒れてしまいそう(汗)

昭和記念公園(Vol.91)
(撮影 2013年7月15日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

今週の高幡不動(07/15)アジサイの珠切り

連休最終日7月15日は海の日。以前1996年〜2002年まで7月20日が海の日だった時のイメージが強く残っていて少し早すぎる感じ。

さらに昔、祝日になるまでは、7月20日は海の記念日と呼ばれ。横浜港の花火大会が開催されていた。
そもそも海の記念日は1876年(明治9年)に明治天皇が東北地方巡幸の際、7月20日に横浜港に帰着したことにちなむ記念日。
高幡不動20130715-10
人がいない。これだけ暑いと仕方ないかも。

山の方にあがると、先週よりたくさんのヤマユリが咲いている。
高幡不動20130715-6
これだけ咲くと少し離れたところから、いい香りがする。
高幡不動20130715-7
ヤマユリは発芽から開花までに少なくとも5年以上かかり、その後、1年に1つずつ花を増やすという。そうだとするとこのヤマユリは10年近い古株だ。

ここから大師堂を眺める視界がなんだかすっきり。そう言えばアジサイの花がない・・・
高幡不動20130715-2
花が切られて(珠切り)しまったようだ。来年もきれいな花を咲かせてもらうためには仕方ないかな。
高幡不動20130715-5
場所によっては地面に花が落ちていたりするけど、ほとんどのところはきれいさっぱり片付けられてココに集められる。
高幡不動20130715-1
ここまで撮らなくてもいいんじゃないの?と思いながら毎年撮ってブログにアップしている(汗)。

「この花は切らないで下さい」と書かれて花が残されているアジサイもある。
高幡不動20130715-3
石化八重アジサイ。八重咲なのは見ればわかるが「石化」っていうのは何だろう?調べて見ると「帯化」とも言われ茎が帯状・リボン状になることなんだそうだが、そこまでちゃんと見てこなかった(汗)。
高幡不動20130715-4
「葉の付き方にご注意ください」とあるので、また今度良く見てくることにしよう。

弁天池の蓮が少し咲き始めた。
高幡不動20130715-9
蓮も暑くて日陰を求めているのか(笑)
高幡不動20130715-8

この日はスマフォ充電のため6月に購入したダンボ−君(ダンボ−バッテリー)持参の散歩だった。せっかくなので高幡不動尊参りの記念撮影。
高幡不動20130715-11
こういう撮影はちょっと恥ずかしいんだけど、人が少ないので撮りやすかった。
高幡不動20130715-12
このダンボ−君の本名は「cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD version」という、大容量のモバイルバッテリー。
私は運良く6月4日の初回販売で購入できたが、その後生産が追いつかず販売停止状態だった。次回は7月18日に販売されるそうだ。詳しくはこちら

なんだか今回は海の日とかダンボ−君とか高幡不動尊に関係ない話題が多かったね(笑)

今週の高幡不動Vol.274
(撮影 2013年7月15日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

撮っている最中にいきなり「MFモード」になってピンぼけ写真になってしまうトラブルは、修理窓口で見てもらったところ、レンズDA 18-270mm F3.5-6.3ED SDMの故障ということで今月末まで入院となった

今週の高幡不動(07/08)ヤマユリが咲いた

平年より15日も早く7月6日に梅雨があけて、その後は猛烈な暑さが続く東京多摩地区。
15日も早くても統計開始以来4番目の早さってことは、もっと早い梅雨明けの年が過去にあったんだね。
高幡不動201307-1
この暑さで境内は誰もいない・・・

日陰の多い山の中へ行くと、夏の花、ヤマユリが咲いていた。
高幡不動201307-2
ユリにはいろいろな品種があるけど、ヤマユリが一番きれいで格好いい。

まだアジサイも咲いているので、この時期だけの貴重なコラボレーション。
高幡不動201307-4

山内の山アジサイが咲いていたあたりは、もう完全に新緑の世界。
高幡不動201307-7

それでも日陰にある西洋アジサイはまだ比較的きれいに咲いている。
高幡不動201307-5
がんばって咲いているアジサイには青色が目立つような気がする。
高幡不動201307-9

これは割と有名なカシワバアジサイ。葉の形がカシワ(柏)に似ていることが名前の由来。柏餅をつつんでいるあの葉っぱだね、ちょっと似ているかな。
高幡不動201307-6
八重咲きと一重咲きがあるそうだが、高幡不動尊では八重咲きばかりが目立つ。

ハイエス スターバースト。八重咲きのアナベルと言われているだけあって、他のアジサイより少し遅めに見頃になっている。
高幡不動201307-3

四季の道の入り口付近。まだたくさん咲いているように見えるが見頃の峠は越している。
高幡不動201307-8

弁天池のハスはまだこんな感じ。
高幡不動201307-10
週末に行った京都では、嵯峨野の天龍寺、放生池にハスの花を撮りに行ったが、ここもまだ少し早かった。
京都の様子は近いうちに(^^;)

今週の高幡不動Vol.273
(撮影 2013年7月8日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

7月に入って、PENTAX K-5 と DA 18-270mm F3.5-6.3ED SDMの組み合わせで、撮っている最中にいきなり「MFモード」になってしまうトラブルに悩まされています。
近いうちに、修理窓口に持って行こうと思っていますが、フォーカスモードなど変更することなく、普通に撮っている最中にいきなりMFになるので、ちゃんと撮れたと思って後から確認したら、全部ピンぼけ写真だったということが多発してテンションダウン
 

今週の高幡不動(07/22)涼しい週末

真夏日、猛暑日のあと、急に涼しくなった週末。でも天気がいまいち・・・

高幡不動尊弁天池のハスが咲いた。
高幡不動尊20120722-10
仏像の台座がハスをかたどっていたり、ハスは仏様と縁が深くいろいろなところで見かけるが、よく見ると大師堂にもハスの花が。
高幡不動尊20120722-7

同じく弁天池で咲いているヒオウギスイセン(檜扇水仙)、アヤメ科。
高幡不動尊20120722-9
モントブレチアやクロコスミアなどとも呼ばれ、この時期は水に近いところを中心に色々な所でこの鮮やかなオレンジ色の花を見かける。

鐘楼近くで咲いていたヤマユリ。背景の鐘楼が木々であまり見えず絵にならないのがちょっとさみしい。
高幡不動尊20120722-2
このヤマユリは山を上る道に大きくはみ出て咲いている。
高幡不動尊20120722-3
誰も邪魔にしたりしないのが高幡不動尊の山内らしい。

たくさんのヤブミョウガ、ツユクサ科。夏の地味な花。
高幡不動尊20120722-4

ヒヨドリバナ、キク科。秋の七草のフジバカマに似ている。
高幡不動尊20120722-5

ヤマホトトギス、ユリ科。弁天池まわりで初秋の頃に咲くタイワンホトトギスより地味。
高幡不動尊20120722-6
同じユリ科のヤマユリを背景にしたヤマホトトギスって珍しいかも。
高幡不動尊20120722-8

特に行事がない週末だったけど、涼しくて参拝しやすい週末になった。
高幡不動尊20120722-1

<閑話休題>
今年初めて(?)アウトドアブログらしい内容。

突然ブログをやめてFaceBookに移行した某方にいただいたトウモロコシ。週末に炭火で焼くために3本だけ冷蔵庫に入れて保存しておいた。
以前ブログで教えてもらったように、最初は皮付きで焼く。
高幡不動尊20120722-11
私もこの週末は仕事だったりして家族と予定がまったく合わず、結局他の家族が全員お出かけの時にやることになった。いままでは一人でこういうことをやるのはなんだかさみしくて嫌だったけど、今はそらがいる
皮が焼け焦げてきたら皮を剝く。軍手をしていてもかなり熱い。
高幡不動尊20120722-12
そらは単に回りをウロウロしているだけだけど、それでも一人じゃない感がする。
名前を呼ぶとこうしてちゃんと振り向くしね
高幡不動尊20120722-13
ハケでしょう油を塗ってこんがり焼けたトウモロコシには冷たいビールが一番。ありがとうございました、とっても美味しかったです。
高幡不動尊20120722-14
最後はなんだかビールの宣伝みたいになった(汗)

今週の高幡不動Vol.224
(撮影 2012年7月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年7月)ユリの花

夏の昭和記念公園を飾るのはユリの花。

ユリの王様(女王?)は2人いるが、まずはその1人のヤマユリ(あくまでも私感です)。
昭和記念公園201207-2
堂々とした大輪の花が豪華でしかも少し離れたところからいい香りがする。
暑いなか立川口から一番遠いこの場所(こもれびの丘)まで歩いて来た甲斐があった。
昭和記念公園201207-3
発芽から花が咲くまで5年以上かかり数が減っているそうだ。盗採されるのを防ぐため監視員が巡回している旨の看板があった。

ヤブカンゾウ(藪萱草)。ヤマユリと違って河川敷や田んぼのあぜ道でよく見かける庶民派。
昭和記念公園201207-1
これはノカンゾウ(野萱草)。ヤブカンゾウが八重咲き、ノカンゾウは一重咲き。
昭和記念公園201207-4
この花の色をもっと黄色にしたら同じユリ科ワスレグサ科のニッコウキスゲになる。

ここからはオリエンタルハイブリッドというヤマユリなどを交配してつくられた大輪で香りの良い品種が育てられている「さざなみ広場」近くのユリ。
オリエンタルハイブリッドでは珍しい八重咲きのユリ、ミスマルコ。
昭和記念公園201207-5
コンカドール、黄色いカサブランカとも言われているそうだ。
昭和記念公園201207-6
なぜかちょっと懐かしいリリーの缶詰を思い出す花。
シルクロード、この花は背が高かった。180cmぐらいありそう。
昭和記念公園201207-9
最後はオリエンタルハイブリッドの代表品種、カサブランカ。
昭和記念公園201207-7
2人いるユリの王様のもう1人がこのカサブランカ(あくまでも私感です)。
昭和記念公園201207-10
純白の大輪で香りも良いとなると人気になるのも当然。昭和記念公園201207-8
これだけのカサブランカのすべてに支柱を立てて、手入れをしながら育てるのはすごい手間なんだろうなぁ。

夏の昭和記念公園、ヤマユリとカサブランカの次は8月のサギソウ(鷺草)。

昭和記念公園(Vol.64)
(撮影 2012年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(07/15)真夏日のござれ市

連休中日の高幡不動尊は30℃を越える真夏日。暑くて参拝の人もちょっと少なめか・・・
高幡不動尊201207-4
第3日曜日恒例のござれ市。でもちょっと出店が少ない。
高幡不動尊201207-12
いつもお洒落できれいな食器類を置いているお気に入りのお店。
高幡不動尊201207-7
黒地に絵柄が渋い茶器。
高幡不動尊201207-8
こんなところに日光江戸村の「ニャンまげくん」。
高幡不動尊201207-6

あじさいの珠切りが終わっていた。毎年もう少し後だったような気がしたんだけど・・・
高幡不動尊201207-2
境内から山の中まできれいに花が切り落とされている。たまに残っている花もあるけどね
切られた花はこうやって集められて焼かれてしまうようだ。
高幡不動尊201207-13
毎年ここを見てなんという姿・・・と思うけど、きれいなことの陰には大変な労力と見たくない光景もある。

夏はヤマユリ。というか高幡不動尊の山でヤマユリが咲くと夏。
高幡不動尊201207-9
毎年同じ場所で咲く。昭和記念公園では盗採を監視しているようだけど、お不動さんの山の中だけあって誰も採ったりしないよね。
「此処の大明王はその所居なし ただ衆生の心想の中に住し給う」というから監視する必要もない。
高幡不動尊201207-10
ユリにはいろいろな種類があるけど、ユリの王様と言われるだけあってヤマユリが一番堂々とした美しさ。

弁天池まわりではミソハギ、ミソハギ科が咲き始めた。
高幡不動尊201207-3

シオカラトンボ。
高幡不動尊201207-11
気に行った場所があるらしく、そこにとまるとかなり近寄っても平気。

だんだん真夏らしい光景になってきた

今週の高幡不動Vol.223
(撮影 2012年7月15日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2011年7月)いろいろなユリ

7月の昭和記念公園のユリの花を集めた。

まずは、暑い中、立川口から一番遠い場所まで行って撮ったヤマユリ。
昭和記念公園のユリ2011-2
ちゃんと咲いていて良かった。
昭和記念公園のユリ2011-4
山の中を歩いて見るヤマユリは暑さを癒やしてくれる。
昭和記念公園のユリ2011-3
このシベに触ると花粉(?)がべったりと付く、触ってはいけない

これはミスマルコ。ほのかに色がついた八重咲きのユリ。
昭和記念公園のユリ2011-5ミスマルコ

これはなんという品種だろうか。
昭和記念公園のユリ2011-6アスカ
深い紫色がなかなかいい。
昭和記念公園のユリ2011-11

これはアスカ?かと思ったけど、アスカは八重咲きらしいので違う看板を見たかも。昭和記念公園のユリ2011-10

これはコンカドール。白地にうすい黄色がさわやか。
昭和記念公園のユリ2011-7コンカドール
昔のフルーツの缶詰を思い出す。

そしてカサブランカ、やはりユリの主役かな。
昭和記念公園のユリ2011-9
白さが際立つ感じ。
昭和記念公園のユリ2011-8

夏のユリを集めたけど、1つ足らない気がする。オニユリがない
昭和記念公園のユリ2011-1
この写真は近所で撮ったもの。葉の付け根の感じだとコオニユリかも。

もう1つカノコユリ(鹿の子百合)
ゆり201107
この写真も昭和記念公園ではなく、散歩道で撮ったもの。いまはいろいろなところでユリの花が咲いている。

夏休みのためこれは予約投稿です

8月4日追記
台風のため、石垣島から那覇まで戻りましたが那覇で足止めされています

昭和記念公園(Vol.39)
(撮影 2011年7月)

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ