ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ヤマホトトギス

今週の高幡不動尊(09/10) 秋明菊

朝夕が涼しくて秋の訪れを感じる東京多摩地区。
この週末、土曜日はいい天気になって最高気温が30℃を超えたものの風が心地よい。

高幡不動尊弁天池でシュウメイギク(秋明菊)が咲き始めている。
高幡不動尊201609-5
名前に菊がつくものの、キク科ではなくキンポウゲ科。
高幡不動尊201609-6
秋に咲く菊に似た花ということでついた名前。確かに菊に似ているけど、
花の中心部分がちょっと違う。
高幡不動尊201609-7
高幡不動尊では白い花しかないがピンク色の花もある。

大日堂前で咲く紅白の彼岸花。
高幡不動尊201609-3
紅白が咲いているけど、ちょっと離れている。
高幡不動尊201609-2

下は2014年9月撮影の写真。例年、大日堂大玄関前で紅白の彼岸花が
並んで咲く。
高幡不動尊201609-8
この日はまったく影も形もなかったけど、ヒガンバナは、成長がすごく早いので
まだ可能性はある、期待して待とう。

山の中で咲くヤマホトトギス、ユリ科。
高幡不動尊201609-4
もう少し派手で写真映りが良いホトトギス(タイワンホトトギス)が弁天池で
咲くのはもう少し先になる。

暑さが一段落したためか、真夏の頃よりも参拝者が増えた境内。
高幡不動尊201609-1
次の日曜日はござれ市が開催される第三日曜日。暑さも一段落したので、
いい天気になってくれればいいんだけど。

今週の高幡不動Vol.412
(撮影 2016年9月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動尊(08/21) 真夏のござれ市

大雨が降った土曜日と打って変わって晴天になった日曜日。ただ晴天になると猛暑になる(汗)

そんな中で開催された毎月第三日曜日恒例のござれ市。
高幡不動尊201608-2
 
いつもより出ている店が少ない。
高幡不動尊201608-3
まあ、この暑さだから仕方ないよね。
境内のお参りの人も少ない。
高幡不動尊201608-1
前日の雨で空が洗われたのか、今日は青空がきれい。空が青いと雲がきれい。
高幡不動尊201608-7

ヒオウギ(檜扇)、アヤメ科。花が終わって実になり始めている。
高幡不動尊201608-6
下は弁天池で咲いているヒオウギ。
高幡不動尊201608-8
ヒオウギの名前の由来は、この「扇」を広げたような葉の姿。
高幡不動尊201608-11

山の中ではヤマホトトギス、ユリ科。夏の花だけど地味。
高幡不動尊201608-5

これはフユサンゴ(冬珊瑚)、ナス科の実。実の色が緑→黄→橙→赤と変化する。
高幡不動尊201608-12
この暑い時期に冬珊瑚とは皮肉な名前だけど、夏から冬までこういう実をつける。
この鮮やかな実を珊瑚に見立ててつけられた名前。夏珊瑚だと割と当たり前に
感じるから冬珊瑚の方がインパクトがある。
高幡不動尊201608-13
プチトマトっぽいけど、毒があるらしく食用にならないそうだ。

空と雲の感じがちょっと秋っぽいよね。
高幡不動尊201608-9
この陽射しの中で日除けもない状態で良くお店出せているよねぇ。すごいとしか言いようがない。
高幡不動尊201608-10
この日は台風9号が千葉県館山市付近に上陸する前の日。
嵐の前の静けさならぬ、嵐の前の晴天。

今週の高幡不動Vol.410
(撮影 2016年8月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(07/23) コムラサキの花

まだ梅雨が明けない東京多摩地区。この週末は曇り空のため暑さが一段落で散歩にはありがたい。

仁王門を入って右側の枝垂れ桜の足元で、コムラサキ、クマツヅラ科の花が咲いていた。
高幡不動尊201607-3
花は実の色を薄くしたような明るい薄紫色。
もう実になっているものも。
高幡不動尊201607-4
実が熟すと下写真のようにきれいな明るい紫色になる。花よりもずっと目立ってきれい。
高幡不動尊201607-9
これは昨年の9月下旬に撮った写真。

大日堂の前でひっそりと咲くオニユリ。
高幡不動尊201607-5
オニユリは割と群がって咲くことが多いような気がするんだけど、ここでは毎年1,2輪だけ咲く。

ヤマユリの季節もそろそろ終わりかな。まだ梅雨があけていないというのに(笑)
高幡不動尊201607-1

同じユリ科のヤマホトトギス。夏から秋にかけて咲く花なのでまだこれから。
高幡不動尊201607-2

弁天池のハス。今年のハスは咲きかたが今一つのような気がする・・・
高幡不動尊201607-6

花が少なくなってブログネタに困る時期がやってきた。
高幡不動尊201607-7
静かで参拝者がほとんどいない境内を撮ってもね(汗)

高幡不動尊の境内に罰当たりなポケモンがいたので、とりあえず捕獲しておいた(笑)
高幡不動尊201607-8
田舎はポケストップが少なくて困る・・・

今週の高幡不動Vol.406
(撮影 2016年7月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動(09/21)お彼岸の様子

シルバーウィークはお天気に恵まれている東京多摩地区。

屋根修復&耐震工事が終わって、工事用の足場や覆いが取れた仁王門が高幡不動尊の参道から見えた。
高幡不動尊201509-9
久しぶりに昔の光景に戻った感じ。

高幡不動尊201509-10
お彼岸だけあって境内奥の墓地に向かう人がたくさん。

大日堂前で咲く紅白のおめでたい感じがする彼岸花。
高幡不動尊201509-1

高幡不動尊201509-3
山内のお地蔵さんの回りでも彼岸花がきれいに咲いている。
高幡不動尊201509-11
 
最終目標の10万株を目指して彼岸花植栽はいまでも整備が続いている。
高幡不動尊201509-4
 彼岸花の球根を1つ1つ手で植えていくそうです。
高幡不動尊201509-2
 種じゃないからねぇ。

高幡不動尊のホームページでは現在6〜7分咲き程度とアナウンスされている彼岸花植栽地の様子。
高幡不動尊201509-5


高幡不動尊201509-6
赤い彼岸花が一面に咲く様子はすごいけど、白い彼岸花が混じっている方がホットする。
高幡不動尊201509-7
 これはクロアゲハ、それともオナガアゲハ?
高幡不動尊201509-8
 彼岸花って蜜が出るんだろうか・・・

山の中でたくさん咲いているのがこのヤマホトトギス、ユリ科。
高幡不動尊201509-14
よく似たヤマジノホトトギスとは花びらの反り返りが違う。

高幡不動尊201509-12
秋の日差しに弁天池のススキが輝き始めた。

高幡不動尊201509-13
空も秋の雰囲気になってきたかな。
日影に入ると風が涼しく感じたこの日、暑さ寒さも彼岸までとは良く言ったものですね。

そして、お彼岸を過ぎると彼岸花も急に元気をなくしたように枯れていきます。
 
今週の高幡不動Vol.369
(撮影 2015年9月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ       
 

今週の高幡不動(07/25)夏の花

猛暑の週末。こんな日は健康のための散歩が健康を害する散歩になりかねない(汗)。

高幡不動尊201507-1
薄曇りなので見た目はそれほど暑そうに見えないけど、この日の最高気温は34度。
これだけ暑いと外出する気がなくなるよね・・・
 
山内では、真夏の夏の花が咲き始めている。
高幡不動尊201507-2
ヤマホトトギス、ユリ科、ホトトギス属。よく似たヤマジノホトトギスという花もある。
高幡不動尊201507-3
名前の由来は、花の斑点が野鳥のホトトギスの胸の斑点に似ているから。
この由来は下写真のタイワンホトトギスも同じ。こちらの方が色がはっきりしている。
ホトトギス
秋に咲くこのタイワンホトトギスもユリ科ホトトギス属。花の形も同じだね。

こちらは、シュウカイドウ(秋海棠)、シュウカイドウ科。
高4幡不動尊201507-4
 なんだか秋に咲く花のような名前だけど、夏から秋にかけて長く咲く花。
ベゴニアに似ているけど、ベゴニアがシュウカイドウ科だから、こちらが本家かな?
高幡不動尊201507-9
 
これはヤブラン(藪蘭)、ユリ科。
高幡不動尊201507-5
 葉が斑入りのものもあって、そちらは日本庭園でも良く植えられている。

ヒオウギ(檜扇)、アヤメ科。
高幡不動尊201507-7
 夏らしいちょっとトロピカルな色あいの花。
高幡不動尊201507-6
 名前の由来は葉ならびが扇子に似ているからなので、この写真ではわからない(汗)。

高幡不動尊201507-8
 夏になるとこのブログに良く登場する、シオカラトンボ。いま散歩で使っているカメラは
望遠レンズがないから、この夏はどこまで近寄って撮れるだろうか。

 今週の高幡不動Vol.360
(撮影 2015年7月25日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

 

京王百草園 お彼岸の頃の様子

ほぼ月に1度は訪れている京王百草園。
ブログの記事をアップするのは数か月ぶりになるので、お彼岸の頃の様子だけどアップすることに。

この時期はやはり彼岸花だね。
京王百草園201409-1
園内のいろいろなところで見ることができる。
京王百草園201409-10
ここは芭蕉天神。

私のお気に入り心字池の回りでも。
京王百草園201409-8
紅葉にはまだ早く、心字池の奥は深い緑に囲まれている。
京王百草園201409-7

和のテイスト。
京王百草園201409-11

 秋の実り、コムラサキ、クマツヅラ科。明るい紫色の実が秋の庭には良く似合う。
京王百草園201409-2
秋になるとこのブログはコムラサキの登場率が高い(笑)。
 
夏に小さな白い花を咲かせて秋には真っ赤な実をつけるガマズミ、スイカズラ科。
京王百草園201409-6

心字池そばのハギ(萩)、マメ科。
京王百草園201409-12

シュウカイドウ(秋海棠)、シュウカイドウ科。
京王百草園201409-13

たぶんヤマホトトギス、ユリ科。
京王百草園201409-9
夏の花なのでこの時期まで咲いているのは珍しいかな。

京王百草園201409-4
茅葺屋根の松連庵のそばに咲くバラ。
和の雰囲気の京王百草園だけど、いつもここにはバラが咲いている。
京王百草園201409-5

10月に入るとキンモクセイが咲くけど、この時期に咲いている花はこれぐらいで、あとは
紅葉の時期を静かに待つ京王百草園。
京王百草園201409-3
 紅葉の見頃は11月に入ってから。まだ少し先だね。
 
  (撮影 2014年9月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動(8/31)8月最後の週末

8月最後の週末も涼しい週末となった東京多摩地区。

高幡不動201408-1
雲が多い時間帯はあったが雨が降るようなことはなかった。

涼しいので、日曜日は空之助を連れて散歩。
高幡不動201408-9
仁王門から境内に入って不動堂にお参りをしたあと、奥殿の横を通って奥の方に向かい六地蔵さんにお参り。
高幡不動201408-10
いつもの散策ルート。そしていつものようにカメラの方を向かない空之助・・・
高幡不動201408-11
五重塔の前。やっぱり知らん顔(汗)。

8月最後の週は夏の終わりを感じるような涼しい日が多くなってきた。
高幡不動201408-2
 セミの鳴き声を聞くのもあとどれくらいだろうか。
高幡不動201408-3
高幡不動尊ではミンミンゼミやツクツクボウシの鳴く声は聞こえるんだけど、姿を見るのは圧倒的にアブラゼミが多い。

ヤブミョウガ、ツユクサ科。
 高幡不動201408-4
ヤブミョウガってツユクサ科なんだね。
本家のツユクサと比べると少し花のシベが似ているかな?
高幡不動201408-14

ヤマホトトギス、ユリ科。
高幡不動201408-5ヤマホトトギス
花弁が反り返っていることと、花のつき方の違いなどでヤマジノホトトギスと見分ける。
たぶん、これはヤマホトトギス。
 
ヌスビトハギ(盗人萩)、マメ科。
高幡不動201408-6
実の形が盗人の足跡の形に似ているからついた名前だけど、ちょっと写りが悪いのでまた再挑戦(汗)

ヒオウギの蜜を吸うアゲハチョウ。
高幡不動201408-8
このチョウはまだハネがきれい。時々ハネがボロボロのチョウもいるからね。
高幡不動201408-7

一息ついて水を飲んだ後の空之介。
高幡不動201408-12
しつこく名前を読んでカメラを近づけたら、なんだよ〜ぉぉって感じで寄ってきた。
高幡不動201408-13
空之助と散歩すると楽しいんだけど、しっかり写真が撮れない(汗)。

この記事で空之助が入っていない写真は、全部土曜日にいつものように1人で散歩した時に撮ったもの。

今週の高幡不動Vol.328
(撮影 2014年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 
 

今週の高幡不動(7/19)ヤマユリの季節

7月の3連休初日の高幡不動尊のようす。どんより曇っていていまひとつはっきりしない天気。
でも、天気予報では雨だったので、散歩できただけでも良しとするかな。

あじさいまつりが終わって境内の参拝者もぐっと少なくなった。
高幡不動201407-1
でも、これが普段の高幡不動尊(笑)
高幡不動201407-2

17日(木曜日)にあじさいの毬切があって、四季の道のあじさいも緑一色の役満(汗)
高幡不動201407-9
来年またきれいな花を咲かせるためだとはいえ、まだきれいな花を切ってしまうのは
ちょっとさみしい感じもする。
高幡不動201407-6

あじさいの代わりというわけではないが、 7月の中旬を過ぎると高幡不動尊では
いろいろなところでヤマユリが咲き始める。
高幡不動201407-3
ヤマユリは夏の山の花。
高幡不動201407-4
いい香りがして、しかも見映えも最高。
高幡不動201407-5

 こちらは同じユリ科でも小さくて地味なヤマホトトギス。
高幡不動201407-7
ヤマホトトギスとヤマジノホトトギスはこの部分が見分けるポイントかな?
高幡不動201407-8
この花はうす暗い所に咲いているから写りがいまひとつ・・・

弁天池まわりではカサブランカが咲いていた。
高幡不動201407-10
これは植えられたんだろうね。

蓮とシオカラトンボ。
高幡不動201407-11
それぞれをアップで。
高幡不動201407-13
この時期のシオカラトンボは塩気がまだ足らない。
高幡不動201407-12
 
今週の高幡不動Vol.322
(撮影 2014年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    

今週の高幡不動(08/11)普段と違うカメラ(EOS Kiss X7i)で

猛暑、・・・毎週のように書いているが、この週末はさらに強烈だった。

普段使っているデジタル一眼(PENTAX K-5)が故障したレンズと一緒に修理に出ているので、久しぶりに最新のデジタル一眼(CANON EOS Kiss X7i)をレンタルしてみた。
レンズの差をなくすためにあえて普段使っているレンズと同じTAMRON AF18-270mm F3.5-6.3Di II(キヤノン用)を一緒にレンタルした。

なので、この週末にカメラをレンタルしてしまったことをちょっと後悔しつつ、強烈な猛暑の中、散歩に出た。

今回の記事はすべてこのカメラで撮った写真。
高幡不動201308-4
当然だけど少し色あいが違う。同じなのはあまりの暑さで参拝者がすくないこと(笑)。

先週は1株だけだったキツネノカミソリは予想通りたくさん咲きはじめていた。
 高幡不動201308-7
この写真、あとでExifデータを見て知ったんだけどISO4000。ISO感度AUTOで上限が6400の設定になっていたようだ。

ISO4000なんてK-5では使うことがない高い感度、K-5では上限1600が精一杯。2009年に購入する機種を決めるために何台かデジタル一眼をレンタルして使ってみた時もEOS Kiss(その時はX3)は高感度に強いイメージ。

K-5ではISO感度の上げ方を早め、普通、遅めに設定できるが、EOS Kissにはそういう設定はないようで、躊躇なく高い感度を使ってくるようだ(笑)。

ヤマホトトギス、ユリ科。まだ咲き始め。高幡不動尊ではもう少し涼しくなってから見頃になる花。
高幡不動201308-8
ひょっとするとヤマジノホトトギスかもしれない。

いつもカシワバアジサイだと思って素通りしていた、山門の大日堂側のそばにあるこの白い花。
高幡不動201308-2
何かのきっかけでしっかり見るとカシワバアジサイとは違うことに気がついた。
高幡不動201308-1
どうやらノリウツギ、アジサイ科またはユキノシタ科のようだ。

いい感じの木漏れ日を探していて見つけた影。
高幡不動201308-5
こんな感じの場所。
高幡不動201308-6
この2枚のISOは5000と2000。事前に設定がわかっていたら使わない感度だ(笑)

この時期はお馴染みのシオカラトンボ。 
高幡不動201308-3
今回撮っている時、ピントがあった瞬間に被写体のゆれがビシッと止まる感覚を何度も感じたが、これってレンズ側で手振れ補正している利点だろうか?
PENTAX K-5ではファインダーを通して見る被写体が合焦の瞬間にこんな感じになることはない。ボディ側で手振れ補正をしているためだろうか?

ヒオウギ、アヤメ科もたくさん咲いてきた。
高幡不動201308-9
花の写り具合を見る限りではレンズの影響の方が強く出ている。やはり単焦点マクロレンズで撮りたいなぁって感じ。

シュウメイギク(秋明菊)はまだ準備中。例年咲き始めるのは9月の後半。
高幡不動201308-10

境内には人も少なく露店も出ていない。
高幡不動201308-11
でも、普段の高幡不動尊はこんな感じ(笑)。

さらにKiss X7iの性能を試すために、この猛暑の中、昭和記念公園に向かった。正直なところ行きたくない気温だったけど・・・

今週の高幡不動Vol.278
(撮影 2013年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

今週の高幡不動(07/22)涼しい週末

真夏日、猛暑日のあと、急に涼しくなった週末。でも天気がいまいち・・・

高幡不動尊弁天池のハスが咲いた。
高幡不動尊20120722-10
仏像の台座がハスをかたどっていたり、ハスは仏様と縁が深くいろいろなところで見かけるが、よく見ると大師堂にもハスの花が。
高幡不動尊20120722-7

同じく弁天池で咲いているヒオウギスイセン(檜扇水仙)、アヤメ科。
高幡不動尊20120722-9
モントブレチアやクロコスミアなどとも呼ばれ、この時期は水に近いところを中心に色々な所でこの鮮やかなオレンジ色の花を見かける。

鐘楼近くで咲いていたヤマユリ。背景の鐘楼が木々であまり見えず絵にならないのがちょっとさみしい。
高幡不動尊20120722-2
このヤマユリは山を上る道に大きくはみ出て咲いている。
高幡不動尊20120722-3
誰も邪魔にしたりしないのが高幡不動尊の山内らしい。

たくさんのヤブミョウガ、ツユクサ科。夏の地味な花。
高幡不動尊20120722-4

ヒヨドリバナ、キク科。秋の七草のフジバカマに似ている。
高幡不動尊20120722-5

ヤマホトトギス、ユリ科。弁天池まわりで初秋の頃に咲くタイワンホトトギスより地味。
高幡不動尊20120722-6
同じユリ科のヤマユリを背景にしたヤマホトトギスって珍しいかも。
高幡不動尊20120722-8

特に行事がない週末だったけど、涼しくて参拝しやすい週末になった。
高幡不動尊20120722-1

<閑話休題>
今年初めて(?)アウトドアブログらしい内容。

突然ブログをやめてFaceBookに移行した某方にいただいたトウモロコシ。週末に炭火で焼くために3本だけ冷蔵庫に入れて保存しておいた。
以前ブログで教えてもらったように、最初は皮付きで焼く。
高幡不動尊20120722-11
私もこの週末は仕事だったりして家族と予定がまったく合わず、結局他の家族が全員お出かけの時にやることになった。いままでは一人でこういうことをやるのはなんだかさみしくて嫌だったけど、今はそらがいる
皮が焼け焦げてきたら皮を剝く。軍手をしていてもかなり熱い。
高幡不動尊20120722-12
そらは単に回りをウロウロしているだけだけど、それでも一人じゃない感がする。
名前を呼ぶとこうしてちゃんと振り向くしね
高幡不動尊20120722-13
ハケでしょう油を塗ってこんがり焼けたトウモロコシには冷たいビールが一番。ありがとうございました、とっても美味しかったです。
高幡不動尊20120722-14
最後はなんだかビールの宣伝みたいになった(汗)

今週の高幡不動Vol.224
(撮影 2012年7月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(09/18)残暑の中でござれ市

残暑が厳しい中、秋の気配も感じる高幡不動尊の山内。
高幡不動201109-4

少し前から弁天池回りで咲き始めたシュウメイギク(秋明菊)。
高幡不動201109-9
キンポウゲ科でアネモネの仲間なのに、秋に菊のような花を咲かせるためついた名前。

これはシュウカイドウ(秋海棠)。中国からの帰化植物で、中国名の「秋海棠」がそのまま和名になっているが、やはり秋に咲くのでついた名前だろうか。
高幡不動201109-6
花がベゴニアに似ているが、ベゴニアもこのシュウカイドウも同じシュウカイドウ科。

続きを読む
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ