ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ヤグルマギク

昭和記念公園 ミックスフラワーの花畑

昭和記念公園の花の丘が赤いシャーレーポピーに染まっていた日、
みんなの原っぱ西花畑はミックスフラワーの花畑になっていた。

ミックスフラワーの花畑とは・・・以下の看板を。
昭和記念公園201705
一面を1つの色(花)で染めることが多い昭和記念公園にしては、珍しいパターンかもしれない。
昭和記念公園201705
こんな感じでいろいろな花が咲いているけど、割りとオレンジ色(カリフォルニアポピー)が
強い気がする。
昭和記念公園201705

ヤグルマギク(矢車菊)、キク科。英名はコーンフラワー。別名でヤグルマソウ(矢車草)とも
呼ばれるけど、ヤグルマソウというユキノシタ科の別の植物がある。
昭和記念公園201705
色々な色の花を咲かせるが、やはりこの青紫色がこの花の特徴。
昭和記念公園201705
この色の美しさから最高級のサファイアの色をコーンフラワーブルー(矢車菊の青色)と
呼ばれ、ウェブカラーとしてcornflowerblue(#6495ED)が定義されている。

こちらはカスミソウ(霞草)、ナデシコ科。花束のアクセントとして良く用いられる。
昭和記念公園201705
カスミソウには花びらが大きなタイプと小さなタイプがあるようで、こちらは
花びらが大きなタイプ。

下はカリフォルニアポピー、ケシ科。別名ハナビシソウ(花菱草)。
昭和記念公園201705
カスミソウがきれいなオレンジ色を引き立たせている。カスミソウって、
どこで咲いても相手を引き立たせるアクセントの役割を負ってしまう花なんだね・・・

こちらはリナリア、ゴマノハグサ科。和名がヒメキンギョソウ(姫金魚草)。
昭和記念公園201705
よく見ると、ブルーのネモフィラも混ざって咲いている。
昭和記念公園201705
この花畑ではリナリアはあまり目立たない存在だった。

昭和記念公園201705
カリフォルニアポピーがあるとオレンジ一色になってしまうけど、カリフォルニアポピーが
少ないところはヤグルマギクの青色が優勢。
昭和記念公園201705
真ん中でいいアクセントになっている赤い花は花の丘で咲いているシャーレーポピーかな。

昭和記念公園(Vol.212)
(撮影 2017年5月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

コーンフラワーブルー

矢車菊
  K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2014.5   東京都日野市

青い矢車菊はとてもきれいな青。

最高級のサファイアの色をコーンフラワーブルー(矢車菊の青)と呼びます。

昭和記念公園(Vol.11)いろいろな花たち

6月最初に行った昭和記念公園の続き、前回はちょっと変わった花の光景ばかりだったけど、今回は普通(そうでもないか・・・)の花たち

ユキノシタ科のサラサウツギ(更紗空木)。先月高幡不動尊で咲いていたヤエウツギの花びらの外側をうっすら紅色に染めたちょっとおしゃれな花
昭和記念公園201006-3

スイカズラ科のハニーサックル。かわった形の花だね。
昭和記念公園201006-2
別名がニオイニンドウと言っていい香りがかなり強くするそうだが、写真を撮った時は特に匂いは感じなかった。

写真を撮っていてすごく匂いがしたのはこの栗の花。とにかく匂いがすごくて、たくさん写真を撮っていられないほど
昭和記念公園201006-12

かわいいブルーの花、ムラサキ科のボリジ。別名がルリチシャとかスターフラワーとかいうそうだが、星形の花びらがいいね
昭和記念公園201006-1

キク科のダイヤーズ・カモミール。カモミールって花びらが白いマーガレットみたいな花だって思っていたけど、いろいろあるんだね。
昭和記念公園201006-4

マリーゴールド、キク科。名前が「聖母マリアの黄金の花」という意味だけあって、いつもながら元気をくれる力強いオレンジ
昭和記念公園201006-11
マリーゴールドにはフレンチ・マリーゴールド、アフリカン・マリーゴールド、メキシカン・マリーゴールドがあるそうだが、メキシコが原産地でフランスやアフリカで栽培され広まったそうだ

マリーゴールドをバックにスミレ科のビオラ。ビオラはたくさんの園芸品種がある。この青、白、黄色のビオラは「F1ベビーブルー&イエロー」という品種らしい
昭和記念公園201006-5
ビオラがたくさん咲いていると何故かミッキーマウスのように見えるね

これはトケイソウ(時計草)、見たまんまの名前。珍しい花だと思うんだけど、なんとトケイソウ科、トケイソウ属というのがあって500種以上の花があるそうだ
昭和記念公園201006-13
アップにすると、まさに時計
昭和記念公園201006-14
この花については、いつもコメントをいただく、フラワーデザインのレッスンをやっているYumiさんのブログ(Love Flower and Ohana)で、かわいいお子さんと一緒に紹介されていたので、こちらを

キンポウゲ科のラークスパー。この花もいろいろな色があるようだ。
昭和記念公園201006-6
上は紫と赤紫、下はピンク
昭和記念公園201006-7

ヤグルマギク、代表的なブルーの花。一言でブルーというものの、微妙に色味が違っている、いい色だな
昭和記念公園201006-8

ねこじゃらしのようなイネ科のラグラスとカモミール。昭和記念公園201006-10
フサフサした穂の感じがイネ科らしいけど、ラグラスは「野ウサギの尾」という意味を持つそうだ

昭和記念公園バーベキューガーデン横のお花畑。奥の方に紫のネギ坊主(アリウム・ギガンチウム)が咲いている
昭和記念公園201006-9
チューリップのように品種や色ごとにきれいに並べられた花壇だけでなく、こんな自然の原っぱのようなお花畑もあるのが昭和記念公園のいいところ

(撮影 2010年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩道5月の花たち

春がやっと来たとか、なんだか寒いとか言っているうちに5月が終わってしまった
そんな5月の散歩道の写真

これはマメ科のエニシダ。
散歩道5月2010-1
これもエニシダ
散歩道5月2010-2
エニシダはいくつかの品種をまとめてエニシダと言うことが多く、花は黄色がメインで白やオレンジ、ピンクなど色々な種類があるそうだ

この木は上のエニシダと同じマメ科のニセアカシアかな。
散歩道5月2010-4
別名ハリエンジュとも言われる結構大きな木だけど花の形がマメ科って感じ
散歩道5月2010-3
明治時代に導入された時は「アカシア」と呼ばれていたが、その後、本物の「アカシア」が導入されるようになって、区別するために「ニセアカシア」と呼ぶようになったそうだ。人の都合で名前に「ニセ」を付けるっていうのもねぇ

赤くて特徴のあるこの花はブラッシノキ、フトモモ科。形状がビンを洗うブラシに似ているということで付けられたそうだ。確かにそのまんまのネーミング
散歩道5月2010-7

久しぶりに鳥が撮れた、ハクセキレイ。よく見かける鳥なんだけどね
散歩道5月2010-6
細身で精悍なスタイルだなぁって思いながら、ずっと撮っていたら睨まれた。いい加減にしろってことか
散歩道5月2010-5

この時期はいろいろな色のヤグルマギク(矢車菊)が咲いている。
散歩道5月2010-11
青と紫、その中間の色もあるが、ヤグルマギクの野生種は青色。
散歩道5月2010-9
桃色や白も。1輪で撮るよりたくさんで撮った方がいいかな。
散歩道5月2010-8
矢車菊は鯉のぼりの柱の先端につける矢車に似ていることからついた名前なんだそうだが、ヨーロッパ原産でドイツの国花になっている

私は比較的暗め(アンダー気味)で写真を撮ることが多いが、この写真はなぜかちょっと明るく撮れた。でもこういう写真もなかなかいいなぁ
散歩道5月2010-10
ヨーロッパなどの麦畑の中に咲いていたことから英名は「コーンフラワー」。
ヤグルマギクの美しい青色は、最高級のサファイアの色味を「コーンフラワーブルー」(ヤグルマギクの青色)と呼ぶように引き合いに出されるほど。

今年は梅雨入りが少し遅れ気味らしいが、5月が終わると関東地方は雨のシーズンになる
雨が降らないと夏には渇水騒ぎになるので、降らないでというお願いはできないけど、できればちょうどいいぐらいの雨をお願いしたい
虫が良すぎる上に、誰にお願いしていいんだかわからないけど、きっとこのお願いは賛成多数じゃないかな

散歩写真(vol.137)
(撮影 2010年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ