ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ムラサキハナナ

昭和記念公園 菜の花畑咲き始め

3月2週目の週末の昭和記念公園。
 
立川口とその先のカナール・大噴水。ここから見る風景は真冬とさほど
変わらない。
昭和記念公園201703
でも、園内は少しずつ春になっている。
昭和記念公園201703
ハクモクレン(白木蓮)、モクレン科が咲き始めている。その奥の黄色は
サンシュ、ミズキ科。
昭和記念公園201703
ハクモクレンの花は結構でかい。こんなでかい花をたくさん咲かせる木の
エネルギーってすごいよね。

キクザキイチゲ(菊咲一華)、キンポウゲ科。
昭和記念公園201703
花の名札が出ていなければ見逃してしまいそうな小さな花。

みんなの原っぱ東花畑では、菜の花が咲き始めていた。
昭和記念公園201703
ここの菜の花の見頃は4月上旬らしいけど、もう結構咲いている。
昭和記念公園201703
奥は桜の園、ソメイヨシノがたくさん。今年はいい感じで菜の花と桜の
共演を見ることができるかな。

こちらはムラサキハナナ(紫花菜)、アブラナ科。
昭和記念公園201703
別名、ショカッサイ(諸葛菜)、諸葛孔明が兵士の食料のために広めたころから。
ハナダイコン(花大根)、花がダイコンの花に似ているから。
昭和記念公園201703
菜の花と並んで、毎年育てられる。

アセビ(馬酔木)、ツツジ科。この花も春の花。
昭和記念公園201703
葉枝や花に有毒物質を含んでいて、馬が食べると足がしびれて酔ったように
なるからだそうだ。

ラッパスイセン、こちらは1月から咲いているけどまだまだ元気。
昭和記念公園201703

ここは渓流広場。チューリップがきれいに植えられている。
昭和記念公園201703
チューリップの見頃は4月中旬頃らしいので、あと1ヶ月ちょっとでこんな感じに
変わる。下写真は2015年4月撮影。
昭和記念公園201504
チューリップと紫色のムスカリが作る風景が楽しみ。

 昭和記念公園(Vol.200)
(撮影 2017年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 菜の花畑

昭和記念公園のチューリップを何度かアップしたけど、同じ時期にみんなの原っぱ東花畑では菜の花が見頃になっていた。
昭和記念公園 菜の花畑
奥は桜の園。さすがにもうソメイヨシノは散ってしまっている。 
昭和記念公園 菜の花畑
この写真は4月中旬に撮ったものなので、もう今頃は桜の木も葉がたくさん出て新緑と菜の花になっているだろう。
昭和記念公園 菜の花畑
 菜の花の独特な香りにつつまれながらの写真撮影。
昭和記念公園 菜の花畑
 
みんなの原っぱの端の方では、ムラサキハナナ(紫花菜)、アブラナ科もたくさん咲いている。
昭和記念公園 菜の花畑
 ムラサキハナナは花が大根に似ているから花大根、諸葛孔明が兵士の食料となるように栽培したから諸葛菜などとも呼ばれる。
昭和記念公園 菜の花畑
実はオオアラセイトウという名前が本名のようだけど、なんだかなじめない名前だ(汗)

 昭和記念公園(Vol.163)
(撮影 2016年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

昭和記念公園 スイセン

昭和記念公園のスイセン。1月から咲いていてもう終わりかと思ったら、次々と咲き続けている。

青空を背景に咲くラッパ水仙。
昭和記念公園201603-4
真冬と違うのは背景がほんのりピンク色になっているところ。ここは梅園、このピンク色は梅の花。

昭和記念公園201603-2
春の陽射しを浴びて咲く様子、これも真冬の頃とはちょっと違う感じだね。
昭和記念公園201603-3
          ↑
 センサーにゴミがついてしまっている・・・(涙)

昭和記念公園201603-8
親子のように背丈が違うラッパ水仙が一緒に咲いている。
昭和記念公園201603-5

スイセンだけなく他の花が一緒に咲いている光景も真冬とは違うところ。
昭和記念公園201603-10
遠くに咲くスイセン。手前の赤い花は原種系チューリップ
昭和記念公園201603-6
こちらの手間はムラサキハナナ(紫花菜)、アブラナ科。
昭和記念公園201603-7
ハナダイコン(花大根)、ショカッサイ(諸葛菜)などと呼ばれる花。
昭和記念公園では、菜の花畑よりも一足早く、ムラサキハナナ畑が見られる。

昭和記念公園201603-1
たくさん集まって咲いているスイセンだけど、なぜか何もないところでポツンと咲いているスイセンも(笑)

昭和記念公園(Vol.159)
(撮影 2016年3月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

昭和記念公園(2014年4月) 桜の園と菜の花畑

4月6日の昭和記念公園の様子。
ホームページを見るといろいろな桜が満開・見頃になったと書いてあったので昭和記念公園に行ってみた。

この日は午前中は晴れ間があるものの、午後からは雷雨や突風が吹くなど変わりやすい天気になるという予報。
普段よりも朝少し早めに散歩に出て高幡不動尊をお参りした後、急いで昭和記念公園に来たが、すでに怪しい雲が・・・
昭和記念公園201404-1
立川口から園内に入って、最初の桜のビューポイントである、ふれあい橋に来た頃にはポツポツ雨が降り始めた。
昭和記念公園201404-2
この時11時30分、まだ午前中だよなぁ・・・なんて思っても天気は待ってくれない。

だんだん雨が激しくなり、傘なしで歩いていられないぐらいになったので、しばらく花木園の展示棟で雨宿り。
そして約20分後、雨がほとんど止んだので、みんなの原っぱ北側の桜の園に向かう。
昭和記念公園201404-3
桜の園のソメイヨシノと原っぱ東花畑の菜の花のコラボ。これが見たかった。
昭和記念公園201404-4
桜の園に近づきながらいろいろ撮って見る。
昭和記念公園201404-5
菜の花もソメイヨシノもちょうどいい状態。
昭和記念公園201404-6

雨が降った後で水滴なんかも(笑)
昭和記念公園201404-7

桜の園のソメイヨシノの下は花見の人が大勢。さっきの雨はどうやってしのいだのだろうか・・・
昭和記念公園201404-8
 青空も見えて、さっき雨だったのが嘘のようなお花見日よりになった。

渓流広場の方に向かうとこちらはソメイヨシノとムラサキハナナのコラボ。
昭和記念公園201404-10
 
ムラサキハナナとラッパズイセン。
昭和記念公園201404-11
ムラサキハナナも菜の花と同じアブラナ科。
昭和記念公園201404-12
花大根とも呼ばれるだけあって、花の形が大根の花に似ている。

いま残堀川沿いはソメイヨシノと少し色が濃い陽光の2種類の桜がコラボ。
 昭和記念公園201404-14
手前の黄色はレンギョウ、モクセイ科。もう少し天気がいいと輝いてくれたんだけど。

遠くに見えている橋は最初に残堀川を撮ったふれあい橋。橋の上からこちらの写真を撮っている人がいっぱい。
昭和記念公園201404-13

立川口から帰るため、ふれあい橋のところまで戻ってきたら、また空が怪しくなってきた。
昭和記念公園201404-15
結局はここは曇り空でしか撮れなかった(涙)
昭和記念公園201404-16
雨に濡れたしっとりとした桜もいいものだけど、人間は雨には濡れたくないよね・・・

昭和記念公園はソメイヨシノが終わると、次は渓流広場のチューリップが見頃になってくる。

 昭和記念公園(Vol.109)
(撮影 2014年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

昭和記念公園(2012年4月)チューリップとアイスランドポピー

ゴールデンウィーク初日、4月28日の昭和記念公園の様子。
昭和記念公園20120428-7

渓流広場のチューリップ。渓流にチューリップとムスカリで絵を描いたような風景。
昭和記念公園20120428-12
こうして少し離れて景色として見るとすごくきれいだけど、残念なことに多くのチューリップは見頃は過ぎていた。

まだ見頃だったチューリップだけをいくつかアップで撮ってみた。濃い紫色が特徴的なブラックヒーロー。
昭和記念公園20120428-9
こちらは洗剤のコマーシャルに使えそうなぐらい真っ白で輝いて見えるマウリーン。
昭和記念公園20120428-14
バラかカーネーションのようにも見えるフィノラ。昭和記念公園20120428-15
白と紫のまざり具合がいい感じのシャーリー。
昭和記念公園20120428-8

みんなの原っぱ東花畑ではアブラナ科のストックが咲いている。ストックという花を初めて知ったが、なんだかヒヤシンスみたいな花だ。
昭和記念公園20120428-4
紫色、白色、ピンク色のストックがたくさん咲いている様子はこんな感じ。
昭和記念公園20120428-3
ストックの遠方に見える黄色い絨毯は菜の花。
昭和記念公園20120428-5
菜の花の奥の緑はサクラなので、いい時期に来るとバックがピンク色

紫色の菜の花(と、勝手に私が思っている)、ムラサキハナナも見頃。
昭和記念公園20120428-6
うっそうと茂っていて「ムラサキハナナの森へようこそ」って感じ。

みんなの原っぱのシンボルツリーの大きなケヤキ。日射しが強い時期は大きな木陰に人が集まる。
昭和記念公園20120428-1
遠くに見えるのははらっぱ西花畑のアイスランドポピー。
望遠でアップで撮ってみるとこんな感じ。みんな楽しそう
昭和記念公園20120428-2
アイスランドポピーも見頃になってきた。
昭和記念公園20120428-10
アイスランドポピーの和名はシベリアヒナゲシでケシ科。
昭和記念公園20120428-11

規模は小さいけど昭和記念公園にも芝桜があって見頃になっている。
昭和記念公園20120428-13
連休初日は気温はちょっと暑いけど風が涼しい散歩日和。久しぶりに1日2万歩、10Km以上歩くことができた。

ウコンやギョイコウなどのサクラやムサシアブミ、レンゲ、オオデマリなんかも咲いていたが、それらの写真はまたの機会に

昭和記念公園(Vol.56)
(撮影 2012年4月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年4月)お花見の様子

昭和記念公園201204-1
昭和記念公園の桜も咲き始めて春らしい色になっている。これは「ふれあい橋」から園内を流れる残堀川上流方向を見たところ。先に見えるのは「さくら橋」かな。

すごい色合い、春の色が満ちあふれている、こんなところでお花見なんて最高だろうなぁ。人が一杯だけど・・・
昭和記念公園201204-15
ピンク色がソメイヨシノや河津桜、紅色っぽいのはカンヒザクラだろうか、黄色がレンギョウ、白が雪柳だろう。春の花が勢揃い。

こちらはゆっくりカンヒザクラ(寒緋桜)の下でお花見。
昭和記念公園201204-13
ソメイヨシノや河津桜とはちょっと違った感じの花。
昭和記念公園201204-14

みんなの原っぱ東花畑の菜の花。
昭和記念公園201204-4
例年だとこの黄色い菜の花の先で桜が満開になってピンク色に染まっているんだけど、今年はこのあたり(桜の園)の桜がまだあまり咲いていない。
昭和記念公園201204-5
近づいて良く見てみるとまだこんな感じ。3〜5分咲程度かな。
昭和記念公園201204-6

紫色の菜の花とも言える、ムラサキハナナ(紫花菜)もきれいに咲いている。
昭和記念公園201204-9
奥の黄色の花はラッパ水仙。
昭和記念公園201204-7
まさに春の小川。黄色い水仙が水面に映る姿を熱心に撮っている人がいた。
昭和記念公園201204-8

渓流広場のチューリップも咲き始めていた。
昭和記念公園201204-10
ムスカリがいいアクセントになっている。
昭和記念公園201204-11
渓流広場のチューリップの見頃は4月後半ぐらいだろうか。

みんなの原っぱ西花畑のアイスランドポピー(別名シベリアヒナゲシ)、ケシ科はまだ少し早いね。
昭和記念公園201204-12

この日もメジロが撮れた
昭和記念公園201204-3
青空の下で気持ちよさそうだった。
昭和記念公園201204-2
河津桜とメジロの写真は毎年高幡不動尊で撮るんだけど、今年は昭和記念公園でも撮ることができた。

昭和記念公園のソメイヨシノはまだそれほど咲いていなかったので、今日の雨は花散らしの雨にはならなかったのではないかな。週末の天気が良ければまたいいお花見ができると思う。

 昭和記念公園(Vol.54)
(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年3月)やっと春が来た 菜の花編

昭和記念公園201203-6
昭和記念公園の春は梅、桜、そしてこの菜の花。暖かい日射しでみんなの広場にもたくさんの人。

春になって活動を開始したのは人間だけじゃない。
昭和記念公園201203-5
いろいろな花を求めてハチ達も大忙しの様子。
昭和記念公園201203-9
足に花粉をたくさんつけているのが、働きバチらしい姿。
同じ椿でもこちらの椿にはあまり虫が付かいていない。きれいな花ほど虫が付かない?
昭和記念公園201203-4

クリスマスローズもやっと咲き始めた。
昭和記念公園201203-3
クリスマスローズはバラ科ではなくキンポウゲ科。
クリスマスの時期に咲くバラに似た花ということでついた名前らしい。
昭和記念公園201203-2
クリスマスローズってみんなちょっとうつむき加減の花が多い。
昭和記念公園201203-1
たまに、こういう前向きの花を見つけると、ちょっとうれしくなったりして

ピンク色が口紅っぽいイメージでかわいいアセビ。
昭和記念公園201203-8

マンサク科のヒュウガミズキ(日向水木)
昭和記念公園201203-7
「日向」の由来は、宮崎に多く植栽されたという説と明智日向守光秀の所領だった丹波地方に多く植栽されていたという説があるそうだ。

早春から咲いていた日本水仙に変わって、いまはラッパスイセンが見頃。
昭和記念公園201203-12

ショカツサイ、ハナダイコンなどの別名がある菜の花と同じアブラナ科のムラサキハナナ(紫花菜)も咲き始めていた。
昭和記念公園201203-10
この花が一面に咲いて見頃になるのは、もう少し先。その頃はこのチューリップもきれいに咲くだろう。
昭和記念公園201203-11
咲くとちゃんと絵柄になるように仕込んである。どんな絵柄になるんだろうね。

この大きな切り株はパンパスグラス。
昭和記念公園201203-13
今年1月中旬に撮ったのが下の写真。パンパスグラスは秋にはまたこの姿になる。
昭和記念公園201203-15
1月の写真は曇り空だったが、菜の花には青空が似合うね。
昭和記念公園201203-14
写真の左上、花に隠れて頭らしきものが少し写っているが、この写真の続きがこちら

 昭和記念公園(Vol.53)
(撮影 2012年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2011年4月)まさに春爛漫

たくさんの花が咲いていることを期待して、4月の昭和記念公園に行って見た。
立川口の様子を見ると、本当に園内に花が一杯なのか、ちょっと心配になるぐらい冬の景色とあまり変わらない・・・大丈夫か?
昭和記念公園201104-1

少し歩くと輝き始めた緑の中でヤマザクラがきれいに咲いていた。ちょっと期待が持てるようになった。
昭和記念公園201104-2

もう少し先に行くときれいな枝垂れ桜とモクレンが並んで咲いていた。青空とピンクの背景がとても春らしい。
昭和記念公園201104-3

上ばかりではない、下を見ると同じユリ科のムスカリとハナニラ。青い花と白い花が混じって一緒に咲いている姿もなかなかいい。
昭和記念公園201104-4
気持ちがどんどん前に行くので歩く速度もかなり速くなる

みんなの原っぱに出ると菜の花畑の奥に桜がきれいに見えた。
昭和記念公園201104-5
よーく見ると実は桜は散り始めているんだけどね

みんなの原っぱの西側に行くとアイスランドポピー(別名シベリアヒナゲシ)、ケシ科が咲き始め。昭和記念公園201104-9
奥に見えるサクラの下では、たくさんの人が花見をしている。

ムラサキハナナ(別名ショカッサイ、ハナダイコン)、アブラナ科。奥に見えるのは黄色いラッパスイセン。
昭和記念公園201104-6
園内の表示では天候の影響で生育が遅れ気味とのことだったけど、きれいだよね。

いま昭和記念公園で一番の見所はこの渓流広場のチューリップ
昭和記念公園201104-7
まさに見頃、素晴らしい眺め。ムスカリがいいコントラストになっている。
昭和記念公園201104-10
ダベンポート、チャイナピンク、ブラッシングアペルドーン。
昭和記念公園201104-8
どれがどれだかわからないぐらい、たくさんの種類のチューリップが咲いている。

渓流広場すぐそばの芝桜もいまが見頃。
昭和記念公園201104-11
小さな花でできたきれいな絨毯。
昭和記念公園201104-13
でも、上に座ることはできない。無理に座るとたぶん小枝が刺さって痛い・・・・

そして見頃はじめで、これからが楽しみなのがこのネモフィラ、ハゼリンソウ科。
昭和記念公園201104-14
アップで見るとオオイヌノフグリがたくさん咲いているようにも見えるけど、こちらの花の方がかなり大きい。
昭和記念公園201104-12
白い花や少し濃い青の花もあるけど、また別の記事で

秋は黄色に燃え上がるアーチを作る立川口の銀杏並木はまだ少し緑が付いた程度。
昭和記念公園201104-15
まだ小さな葉っぱだけど、よく見るとちゃんとイチョウの葉の形をしているのがなんだかすごく可愛いい

この日はひさしぶりにたくさん写真を撮った。半日ちょっとで約750枚、ファイルサイズは5GB以上にもなっていて、不要な写真を削除するのが大変。
菜の花と桜やチューリップなどの様子はまた別の記事で

昭和記念公園(Vol.30)
(撮影 2011年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園(Vol.9)いろいろな花たち(4月)

4月に行った昭和記念公園の続き

チューリップと芝桜以外の花を・・・って思ったんだけど、変わり種チューリップもある
あ、変わり種だって思っているのは私だけかも
昭和記念公園の花201004-7
アブラナ科のムラサキハナナ(紫花菜)に囲まれてしまったチューリップ。
こぼれ種ってよくあるけど、こぼれ球根が咲いたのかな

この花びらの先が尖ったのはマリリン
昭和記念公園の花201004-3
ユリ咲きっていうそうだけど、突っつかれると痛そう。マリリンってマリリンモンロー?
花びらの先がギザギザなのはプレスタンスフシリエ
昭和記念公園の花201004-9
フリンジ咲きっていうそうだけど、毛が生えたみたいに見える・・・
色と名前がなんかいいなぁって思ったブルーダイヤモンド
昭和記念公園の花201004-6
これは八重咲き、ちょっと牡丹の花っぽいかな。
ホアンゴー。私にはこの花がチューリップだとはとても思えなかった
昭和記念公園の花201004-4
写真ではわかり辛いけど、枝咲き(スプレー咲き)と言って、1つの茎から複数の花が咲く品種らしい、チューリップもいろいろあるんだね
いろいろあるチューリップの中で、これはまさに見たまんまの名前、アイスクリーム
昭和記念公園の花201004-8
これはいったいどんな花びらなんだろうか

ここからはチューリップ以外の花で、これはキンポウゲ科のアネモネ。
昭和記念公園の花201004-10
いろいろな色があったけど、紫色の花は矢車菊に似ている気がした

これは忘れな草。花も名前もとっても可憐だね
昭和記念公園の花201004-5
ムラサキ科で別名 が「フォーゲットミーノット」、そのまんま「私のこと忘れないでね」だ

花は可憐な感じだけど、これは変わった名前、スイカズラ科のオトコヨウゾメ。
昭和記念公園の花201004-2

これも変わった名前、セイヨウバクチノキ。なんとバラ科サクラ属なんだそうだ
昭和記念公園の花201004-1
ネットで調べると、名前を漢字で「西洋博打の木」と書き、樹皮がバクチで身ぐるみをはがされたように落ちる様子から付いた名前ということだが、ちょっと命名が安易ではないか

ちゃんとバクチノキ(博打の木)っていうのもあるそうだ

(撮影 2010年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ