ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ミツマタ

京王百草園 梅まつり

桜の開花のニュースが流れるこの時期に季節外れ感満載の記事(汗)

1ヶ月半ぶりに週末休むことができたので、梅まつり最終日の前日(3/14)に京王百草園に行ってきた。
京王百草園201503-6
 見晴らし台からの眺めはすっかり春色。

京王百草園201503-5
梅まつりは、京王百草園で一番の行事(だと私は思っている)だけあって、園内は華やかな雰囲気。
 京王百草園201503-3
回りを梅に囲まれた園内の通路。この時期らしい光景。
京王百草園201503-4


この黄色い花は、初冬からがんばって咲いているロウバイ。
京王百草園201503-1
 ロウバイはウメ科ではないけど、名前にバイ(梅)がつくから、梅まつりで一緒に愛でましょう(笑)
 
 京王百草園201503-7
梅まつり期間中の週末はお茶がいただける茶室の前。
京王百草園201503-8
 梅は一足早い日本の春を感じることができる。 と、書いているいまはもう桜の時期(汗)
 
京王百草園201503-10
いつも梅らしい花の梅だなぁと思いながら写真を撮る「 紅千鳥」。

京王百草園の花は梅だけではない。
京王百草園201503-2
 福寿草、そしてクリスマスローズ。
京王百草園201503-9
 クリスマスローズという名前は季節に合わないし、日本庭園にも似合わない名前(笑)
京王百草園201503-11
 そしてミツマタ。
このあとは、サンシュやレンギョウ。カタクリも咲き始めているはず。
次はいつ頃、京王百草園に行けるだろうか・・・ツツジの季節かな(汗) 
 
(撮影 2015年3月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

今週の高幡不動(03/14)いつの間にか春

あまりの忙しさに散歩もできず前回の1月25日から1ヶ月以上経過してしまった今週の高幡不動尊。
ブログを始めてから、これだけ散歩しなかったことはなかったかも(汗)


久しぶり訪れても変わらない風景にちょっと安心感。
高幡不動201503-1
 
いつの間にか境内は春に。
高幡不動201503-2
 奥殿横では毎年咲くここで咲く小さなラッパスイセン。
 
高幡不動201503-3
同じく奥殿横のミツマタ、ジンチョウゲ科も満開。

高幡不動201503-4
 ちょっと来ない間にフキノトウもこんなに育ってしまって、もう食べられないなぁ(笑)

 高幡不動201503-5
奥殿前の枝垂れ梅、もう見頃になっています。

高幡不動201503-7
六地蔵さんの後ろ側ではマンサク、マンサク科がきれいに咲いている。
高幡不動201503-6
 高幡不動尊でマンサクが咲いているのはここだけかなぁ。

六地蔵さんの横で咲いているアセビ、ツツジ科。
高幡不動201503-8
もう少しそばで咲いてくれていた方が写真が撮りやすいんだけどなぁ・・・

高幡不動201503-9
 天然記念物に指定されている、大きなサンシュ(春黄金花)、ミズキ科。

河津桜もすでに満開。今年はいろいろな花の咲き始めから途中経過を見ることなく一気に満開。
高幡不動201503-10
 もう少し天気が良ければきれいだったんだけど、この日がワンチャンスだったので仕方ない。
 
高幡不動201503-11
 五重塔の前の思いのまま。
もう満開でしっかり咲いているんだけど、なぜだか1輪の中で白とピンクの花が見つからない。
高幡不動201503-13
なんだか作り物のように見えるけど、このように同じ枝に白色と桃色が咲いているのが思いのままの姿。

高幡不動201503-12
 なんだか紅白饅頭みたいでおめでたい(笑)

相変わらず忙しい日々がこの先も続きそうだけど少なくとも1週間に1度ぐらいは更新していきたい。
という願望


 今週の高幡不動Vol.347
(撮影 2015年3月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動(01/11)真冬の光景

成人の日を含む3連休は冷たい風の吹く晴天となった東京多摩地区。

連休の中日、11日の高幡不動尊の様子。
高幡不動201501-1
 初詣に行った4日ほどの人手ではないが不動堂の階段には参拝者の列ができていた。
高幡不動201501-4

 高幡不動尊の今後の行事予定表(笑)
高幡不動201501-2
次の人出のピークは1月28日の初不動になるのだろう。平日なので確認はできないけど(汗)

大日堂の前はお参りの行列はできていない。
高幡不動201501-5
人が多かった初詣の日と違ってちょっとのんびりした雰囲気。
 
今年の絵馬。
高幡不動201501-6
己未(ツチノトヒツジ)は十干の2番目の乙(キノト)と十二支の8番目の未(ヒツジ)の組み合わせ。

ミツマタ、ジンチョウゲ科の蕾。この花が咲くのは早くて2月下旬。
高幡不動201501-3
ロウバイや日本水仙が咲き始めた京王百草園や昭和記念公園と違って、
高幡不動尊の境内にはまだ花が咲いていない、まさに真冬の光景。

玉こんにゃくの屋台が定位置に。
高幡不動201501-7
 春になると咲く花と同じように、この時期になると必ずここに出る(笑)。
高幡不動201501-8
イカと醤油ダシの香りがあたりに漂っていた。これもこの時期の光景。

高幡不動尊がある東京都日野市の成人式は翌日(12日)だったためか、
この日境内で晴れ着姿をみかけることはなかった。
我が家の長女も今年成人式だったが、晴れ着でお不動さんにお参りという話は
まったく出なかった・・・(笑)

 今週の高幡不動Vol.344
(撮影 2015年1月11日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動(3/23)河津桜に鳥たちが

お彼岸の3連休の東京多摩地区。暑さ寒さも彼岸までと言われるように春らしい週末となった。
高幡不動201403-5
お彼岸でお墓参りに来る人が多く、お線香の香りが漂う。

奥殿前のミツマタ、ジンチョウゲ科が満開。
高幡不動201403-4
今年初めて蝶が撮れた。
高幡不動201403-1
菜の花の周りではモンシロチョウが良く飛んでいるが、動き回るのでなかなか撮れない(汗)。

ミツマタのすぐ下には、しろばなたんぽぽ。
高幡不動201403-2
 しろばなたんぽぽは日本在来種のたんぽぽ。
高幡不動201403-3

 山内のお地蔵さん越しに華やかな場所が見える。
高幡不動201403-6

交通安全祈願殿の後ろに小さな藤棚がある。そのそばで満開になっている河津桜とサンシュ。
高幡不動201403-10
河津桜とサンシュ、それぞれにピントをあわせてみる。
高幡不動201403-13
下の方がなんだか春らしくて好きかな。

このサンシュはかなり大きな木。
高幡不動201403-7
高幡不動尊にはこのサンシュよりもさらに大きな日野市の天然記念物に指定されているサンシュもある。
高幡不動201403-8
樹齢200年。江戸時代生まれか・・・

そしてこの河津桜にはいろいろな鳥が蜜を吸いに来ている。
高幡不動201403-9
これはヒヨドリ。

高幡不動201403-12
これはシジュウカラだろうか。

一番よく見かけるのはやはりメジロ。
 高幡不動201403-11

明るく春らしく撮れているけど、特に明るさを補正したわけではない。
高幡不動201403-8
K-7、K-5、K-5IIsと使い続けているが、たまにこのような露出オーバー気味に撮れることがある。
これはペンタックスのクセ?

これは1週間前の高幡不動尊の様子。最近週刊高幡不動通信が遅延している(汗)

 今週の高幡不動Vol.308
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動(3/3)やっと春の予兆

弥生3月に入った高幡不動尊。特に行事はなく静かな境内。
高幡不動201403-1
 2月の最後にちょっとだけ春を感じる暖かい日があったが、その後はまた寒い日々が続き
除雪された雪がまだところどころに残っている。
高幡不動201403-2
 
弘法大師像前の紅梅は見頃。ここだけは一足早く春が来ている感じ。
高幡不動201403-3
 そして、この紅梅の目の前、奥殿横のミツマタ、ジンチョウゲ科がほんのすこしだけ咲き始めた。
 高幡不動201403-4

大日堂前の枝垂れ梅。4〜5分咲きかな。
高幡不動201403-5
 
そして五重塔前の梅、思いのままも咲き始めた。
高幡不動201403-6
 この白と紅が交ざった花を探すのが高幡不動尊の早春の楽しみ。
 高幡不動201403-7
この日はちょっと遠い場所に1輪だけ見つけた。
 
春黄金花と呼ばれるサンシュ、ミズキ科も咲き始め。
高幡不動201403-8
名前の通り、この花は春の日差しを浴びると輝くように明るくなる。
そんな光景もあと少しで見ることができる。

交通安全祈願殿の後ろ、藤棚の側にある河津桜。蕾が膨らんで開花寸前という感じ。
高幡不動201403-9
先日、このブログで2011年の3月5日の写真をアップしたのはこの河津桜。
ここの河津桜が咲くとメジロがやってくる。

土方歳三像のすぐ後ろ、弁天池そばのアセビ(馬酔木)、ツツジ科。
高幡不動201403-10

そしてこの時期、一番期待している福寿草、キンポウゲ科がやっと顔を出してきた。
高幡不動201403-11
先週までここは雪が覆っていたから、出遅れたのだろか。

同じ弁天池の回りでしっかり咲いている1輪をみつけた。
この時は曇っていて花がしっかり開いていないのが残念。
高幡不動201403-12
昭和記念公園では福寿草はもうとっくに咲いている。高幡不動尊は1ヶ月近く遅い。
逆に昭和記念公園梅園の「思いのまま」はまだ蕾が堅かった。植物によりいろいろだね。

今週の高幡不動Vol.305
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動(12/07)山茶花

とうとう12月に入った高幡不動尊。
菊まつり、万燈会、紅葉まつりと秋の恒例行事が終わって不動堂前ももとの静けさに戻った。
高幡不動尊201312-2
次の週末には年末年始向けの準備が始まっているので、素っぴん(?)の不動堂が見れるのは年内はこれが最後かも。

高幡不動尊201312-1
仁王門の掲示は七五三参りから元旦の大護摩御修行に変わった。

いま高幡不動尊の山の中は落ち葉が一杯。
高幡不動尊201312-10
しっとりした紅葉の道。
高幡不動尊201312-9
結構、いろいろな色が散りばめられている。

晩秋の低い日射しが長い影を作る。逆光に弱いレンズだといろいろ辛い(笑)。
高幡不動尊201312-6

これからしばらくは山茶花の天国。
高幡不動尊201312-7
山内八十八ヶ所巡りのお地蔵さんのまわりでたくさん咲いている。
高幡不動尊201312-13
山茶花っていろいろな種類があるよね。
高幡不動尊201312-8
実は山茶花ではなく椿だったりして。見分け方がよくわかっていないので、木の下を見て花びらが落ちているか花ごと落ちているかで見分けている(汗)
高幡不動尊201312-11
キラキラしていい感じだと思って撮ったが、キラキラが多すぎてちょっとうるさい(笑)

高い木の枝にひっかかっている赤いモノはひょっとしてお地蔵さんの頭巾?
高幡不動尊201312-5
カラスの悪戯かな。

お正月飾りにもよく使われるマンリョウ(万両)、ヤブコウジ科。
高幡不動尊201312-4
同じようにこの時期に赤い実をつけるセンリョウ(千両)、ヒャクリョウ(百両)、ジュウリョウ(十両)がある。
センリョウ(千両)だけはセンリョウ科で他と種類が違っていて、見た目にも赤い実を葉の上につけるので簡単に見分けがつく。

奥殿横のミツマタ、ジンチョウゲ科。
高幡不動尊201312-3
蕾のようなものがたくさん見えたので思わず撮ったけど、この花が咲く頃はもう春。まだまだ先だ・・・

ドウダンツツジだろうか?ヒカゲツツジのようにも見えるけど、花が咲いている時に確認しないとわからないなぁ(汗)。
高幡不動尊201312-12
この紅葉、日影でひっそり色付いていて自らがうっすら発光しているように見えた。
もう高幡不動尊の秋も終わりだね。

今週の高幡不動Vol.293
(撮影 2013年12月07日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   


今週の高幡不動(03/24)桜が見頃

東京の桜が満開になった週末。
土曜日は仕事で、散歩に出ることができた日曜日は生憎の曇り空。
高幡不動201303-3
都心より少し寒いためか高幡不動尊の桜は満開少し手前。

高幡不動201303-4
寺社仏閣と桜は良く似合う。
高幡不動201303-8
土方さんにも桜が似合うかな(笑)
高幡不動201303-13

ここの桜は晴れていると輝いて見えてきれいなんだけどね・・・
高幡不動201303-7

高幡不動尊らしく五重塔を背景に
高幡不動201303-12
こうやって見るとほぼ満開のようにも見える。
高幡不動201303-10
しかし、桜って本当にきれいだ。みんな一斉に咲くからかなぁ。

奥殿横ではミツマタ、ジンチョウゲ科も負けずに満開。
高幡不動201303-5
後ろには桜。
高幡不動201303-6
やっぱり桜の方が強いか(汗)。

高幡不動尊はソメイヨシノだけでなく枝垂れ桜もたくさんある。ひょっとすると枝垂れ桜の方がきれいかも。
高幡不動201303-11
五重塔回りの枝垂れ桜は少し咲き始めている。
入り口の仁王門横の大きな枝垂れ桜はまだ蕾。
高幡不動201303-2
この枝垂れ桜が咲くと境内が明るくなる。楽しみだ。

あじさいの自生地ではショウジョウバカマ、ユリ科が咲いていた。
高幡不動201303-9
明るい上品な紫の花びら。
高幡不動201303-1
でも名前の由来になっているショウジョウは中国の空想上の生き物。大酒飲みで紅色の毛を持つ猿のような顔をしているそうだ。あまり上品とは思えない(汗)

キブシやカタクリなど境内や山内で春の花が一気に咲き始めている。その続きはまた別記事で

今週の高幡不動Vol.259
(撮影 2013年3月24日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(03/10)河津桜が咲いた

春を通り越して初夏を感じるぐらい気温が上がった高幡不動尊の境内。天気がいいが、もうこの時期は冬のような澄んだ青い空ではない。
高幡不動201303-5
この日の午後はさらに空が白く霞んでしまった。黄砂の影響かと思ったら、強い風でほこりが巻き上げられて大気が霞む煙霧(えんむ)という現象なんだそうだ。

東京都心の最高気温は25.3度となり夏日となった。

この暖かさに背中を強く押されたのか、先週はまだ蕾が少しふくらんだ程度だった河津桜が咲いてた。しかもすでに5分咲きを越える咲き具合。
高幡不動201303-8

この河津桜は交通安全祈願殿の後ろ、五重塔に向かって左側にある。
高幡不動201303-9

花の蜜を吸いに来ていた鳥。ここにはよくメジロを見かけるが、これはヒヨドリかな。
高幡不動201303-4
メジロが撮りたかったなぁ(汗)

河津桜のそばに咲く黄色い花はサンシュユ、ミズキ科。高幡不動201303-10
サンシュユは葉をつける前にたくさんの小さな黄色い花を咲かせる。別名、春黄金花(はるこがねばな)とも呼ばれ、日射しを浴びると木全体が黄金色に輝いて見える。
高幡不動201303-11
桃色の河津桜と黄色のサンシュユが春の陽射しの中で共演している。私の写真の腕ではこの輝きの美しさを撮り切れないので、是非実際に行って見てほしい(笑)

毎月第2日曜日の境内ではフリーマーケットが開かれる。
高幡不動201303-6
色とりどりの草履。フリーマーケットはござれ市と違って手作りのモノが並べられていることが多い。
高幡不動201303-7
懐かしい昭和のムードミュージック。東京ナイトクラブはいまでもデュエットで歌われているのだろ。というか、この曲を1人で歌うのはかなり寂しい(涙)。

奥殿横のミツマタは満開状態。
高幡不動201303-13
ミツマタの根もとそばにはラッパスイセンが咲いている。
高幡不動201303-14
奥殿の向かい側、弘法大師像そばの紅梅。紅梅は春らしい風景をつくる。
高幡不動201303-1

大日堂前の大きな枝垂れ梅もやっと見頃になってきた。
高幡不動201303-3
大日堂大玄関前の枝垂れ梅は紅梅。こちらはまだ5分咲き程度かな。
高幡不動201303-2

毎週ずっと撮り続けている五重塔前の梅「思いのまま」も見頃になった。
高幡不動201303-12
白い花が大半を占めるが、写真の真ん中に花びらの色が桃色と白色が半分ずつの花が写っている。

この週末は一気にいろいろな花が咲いたので、この「思いのまま」など続きはまた別記事で。

今週の高幡不動Vol.257
(撮影 2013年3月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(03/03)弥生3月に

東京で春一番が吹いてすごく暖かな日があった週の週末。
高幡不動尊の境内でも春らしい姿を見ることができるのはないかと少し期待して訪れた。
高幡不動201303-1
週末はまた寒さが戻ってきたためだろうか、参拝者は少なめの境内。

先週・先々週は少しだけしか咲いていなかったミツマタ、ジンチョウゲ科がたくさん咲き始めた。
高幡不動201303-2

大日堂前の枝垂れ桜、やっと少し咲き始めた。
高幡不動201303-3

大日堂横のマンサクが一足先に見頃。
高幡不動201303-4

先週、蕾がふくらんで咲き始める寸前だった五重塔前の梅「思いのまま」。
高幡不動201303-5
全体的にはまだこんな感じで少しだけど咲き始めた。
高幡不動201303-6
同じ枝に白・紅・桃の花を咲かせる「思いのまま」らしく、白い花にほんの少しだけ桃色の花びらが交じっている。
高幡不動201303-7

弁天池の福寿草、背が伸びてきた。
高幡不動201303-11
反対側から見ると・・・
高幡不動201303-10
なんだかひょろっと茎が伸びている。

ふきのとう。早く食べないと花が咲いてしまうよ(笑)。
高幡不動201303-8

これはサンシュユ、ミズキ科。別名が春黄金花と呼ばれ、早春を代表する花木。
高幡不動201303-9
もっと花が咲いて、そこに日射しが当たると、木全体が黄金色に輝く。
3月に入ってやっと春らしくなってきた。

今週の高幡不動Vol.256
(撮影 2013年3月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(02/24)春は何処に

先週と同じで天気はいいがとても寒い週末。時期的には1月の終わり頃の感じ。
高幡不動201302-1
この日、この不動堂の前で正月仕様の諸々のモノがなくなったことに気がついた。帰宅して自分のブログを見たら、先週からすでになかった(汗)。

弘法大師像前の紅梅。
高幡不動201302-2
やっと紅梅らしい色がついてきた。
高幡不動201302-3

ミツマタ、先週からあまり花の数が増えていない。
高幡不動201302-4
暖かくなったら、一気に咲くんだろうけど、この1週間もずっと寒かった。

高幡不動尊にもマンサクがある、あまり気がつかない場所。
高幡不動201302-5
六地蔵さんの裏手。午前中は日陰になるので、ちょっと撮りづらい。

福寿草はだんだんと増えて、弁天池のいろいろなところで咲き始めた。
高幡不動201302-9

今にも咲きそうな梅「思いのまま」の蕾。来週には咲くだろうか。
高幡不動201302-8

河津桜の蕾はまだかなり堅そう。
高幡不動201302-7
河津桜の背景に輝く五重塔の相輪。
高幡不動201302-6
一番先端は仏舎利を納める「宝珠」、その下の炎の透かし彫りが「水煙」、その下の輪は9つあって、五大如来、四大菩薩を表すそうだ。

今週は週半ば頃に雨が降り、その雨を境に暖かくなるという予報。期待しよう(^_^)

今週の高幡不動Vol.255
(撮影 2013年2月24日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(03/11)ようやく春の足音が

せっかくの週末なのにまた雨模様かと思ったら、日曜日は少し晴れ間が見えた東京多摩地区。

毎週のようにチェックしていたジンチョウゲ科のミツマタがやっと咲き始めた。
 高幡不動201203-6
撮った角度がちょっとわかり辛いが、(名前の由来になっている)枝が三つに分岐している。

3月とは思えないような冷たい風が吹く日、高幡不動尊の境内も参拝者が少ない。
高幡不動201203-2
不動堂の横に足場が見える。屋根の補修工事が始まるのかな。
高幡不動201203-3
裏に回ってみると、かなり足場が組み上がっている。

毎月第2日曜日はフリーマーケット。翌週(第3日曜日)のござれ市はかなり賑やかに開催されるが、このフリーマーケットは地味。
高幡不動201203-1
この日気になったのはこのきれいな布草履たち。履くのがちょっともったいない。
高幡不動201203-4

弘法大師像前の紅梅、きれいに咲いている。
高幡不動201203-5
弘法大師さんも見頃の紅梅を楽しんでいることだろう。
高幡不動201203-7

ジンチョウゲ(沈丁花)の花もそろそろだ。ミツマタと同じジンチョウゲ科。
高幡不動201203-8
まだあのいい香りはしなかった(^^;)

大日堂前の枝垂れ梅もひらほらと咲き始め。やっとだ
高幡不動201203-9

六地蔵横のアセビ(馬酔木)は薄紅色でかわいい。
高幡不動201203-10

春黄金花とも言われる、ミズキ科のサンシュ。
高幡不動201203-11
この花がしっかり咲くと木全体が明るくなって春が来たって感じになる。あともう少しだ。

こちらも毎週チェックしている梅「思いのまま」。この蕾だけ咲きかけていた。
高幡不動201203-12
こちらも来週が楽しみ。

福寿草はもうずいぶん大きくなってきている。
高幡不動201203-13

弁天堂横のフキノトウ。
高幡不動201203-14
ここまで大きくなったらだめなのかな。

3/14で3ヶ月になる我が家の「そら」(空之介)もちょっと大きくなってきた。
空之介
遊んでいるとなかなか写真を撮る機会がない。トイレ練習中で見た感じがちょっときたないけど、まともに撮れた写真が少ないので失礼
空之介
やっと2回目の予防接種(6種混合ワクチン)を受けたので3週間後には外に出すことができる。

今週の高幡不動Vol.206
(撮影 2012年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(03/20)穏やかな春の日のござれ市

この3連休のうち土曜日と日曜日は春のように暖かくなった東京多摩地区。
高幡不動尊201103-6

第三日曜日は恒例のござれ市。この日は普段より早めに散歩に出たためか、人もお店もちょっと少なめ。
高幡不動尊201103-11

無事帰るという意味で縁起の良いカエル、表情がなかなかいい
高幡不動尊201103-8

きれいなツボ、これは七宝焼きかな?
高幡不動尊201103-7
母が昔よく七宝焼きでこういうのをつくっていたので、ちょっと懐かしい。


いまはもう無くなってしまった上九一色村の消防団の半纏かな?上九一色村は2006年に南北に分割され北部は甲府市、南部は富士河口湖町に編入された。
高幡不動尊201103-12
よく行く本栖湖が上九一色村だったので、この地名が懐かしい。合併後の町字名に旧町村名を使わないことになり、地名から上九一色は消えたがいまでも上九一色中学校が名前を残していると思う。

ミツマタが満開。遠くからみても、ここだけ明るく感じるぐらいくきれいに咲いてる。
高幡不動尊201103-3
アップで撮ってみるとこんな感じ。小さな花が球状に集まっている。
高幡不動尊201103-4

奥殿横にきれいな斑入りの椿。
高幡不動尊201103-2
もう山茶花の季節じゃないから椿だと勝手に思っているんだけど確証はない。
高幡不動尊201103-1

弘法大師堂はもうかなり完成に近い状態。
高幡不動尊201103-9

大師堂そばの八重咲きの椿。八重咲きってなかなかいい。
高幡不動尊201103-10

そして河津桜も満開、葉っぱが出て来ている。
高幡不動尊201103-13

春の高幡不動尊の観光ポスター風

高幡不動尊201103-5

明日から寒くなるらしい・・・
早く春よ来い早く来い!

今週の高幡不動Vol.161
(撮影 2011年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動(03/13)冬来たりなば春遠からじ

3/13の高幡不動尊の様子、いつものように穏やかな境内。
高幡不動尊201103-3
第二日曜日はフリーマーケットの日。きれいな手作りの根付けが売られていた。
高幡不動尊201103-4
作り方なんかを話しながら売っている姿がフリーマーケットらしい。
高幡不動尊201103-5

境内のいろいろな場所で春の花が次々と咲き始めて見頃になってきている。
高幡不動尊201103-6
このところ毎週撮っているミツマタ。

大日堂玄関前の枝垂れ梅。
高幡不動尊201103-7

六地蔵さん後ろのマンサク。
高幡不動尊201103-9

そしてこれはハルコガネバナ(春黄金花)とも呼ばれるサンシュ、ミズキ科。
高幡不動尊201103-10
葉を出す前に鮮やかな黄色の小花を枝一面に咲かせるだけあって、回りが明るくなったように思える。
高幡不動尊201103-12
どんな花かというと、こんな小さな花が集まって咲いている。
高幡不動尊201103-1
高幡不動尊のサンシュは背が高くてここまで近寄って撮れない。この写真は昭和記念公園で撮ったもの。

大日堂前のボケ、この木が咲くとこのあたもパァッと明るくなる。
高幡不動尊201103-8
「冬来たりなば春遠からじ」、「止まない雨は無い」、もう少しの辛抱だ。

河津桜が満開。
高幡不動尊201103-11
陽射しに透けた花びらの姿がいい。
高幡不動尊201103-13

境内では東北関東大震災の義援金を募っていた(下写真の右隅のお坊さん)高幡不動尊201103-2
私も微力ながら協力させていただきました。

散歩道できれいに咲いていた菜の花。
菜の花201103-2
いろいろな困難がいま日本に押し寄せて来ていますが春はもうすぐそこ。
菜の花201103-1
明日は今日より素晴らしいことを信じて

今週の高幡不動Vol.160
(撮影 2011年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動(02/27)いろいろな花が咲き始めたよ

2月25日金曜日は気温が20℃にまでなって春一番が吹いた東京多摩地区。土曜日は一転して肌寒かったが、日曜日はまた気温がぐっとあがった
高幡不動201102-1
いい天気だけど、特に行事もなく静かな境内、これが本来の高幡不動尊って感じで私には心地良い

高幡不動尊にはそれほど本数はないんだけど梅が見頃になってきている。
高幡不動201102-2

ミツマタも先週よりもたくさん咲き始めた。
高幡不動201102-3

ジンチョウゲ(沈丁花)はまだ蕾。この花の香りが漂い始めると完全に春
高幡不動201102-4

毎週楽しみにしている梅「思いのまま」も、いまが見頃
高幡不動201102-9
白梅と紅梅が並んで咲いているのがこの梅の特徴。
高幡不動201102-8
白と紅の花びらが混ざっている花も見られるようになった
高幡不動201102-10
梅に鶯(ウグイス)ならぬ雀(スズメ)。梅雀っていう大物俳優というか歌舞伎役者がいたよね。気になってネットで調べたらあの「遠山の金さん」の中村梅之助(4代目)の息子だった。と、言っても私より年上だけど

ユキヤナギ(雪柳)も少し咲き始めた。
高幡不動201102-7
ここのユキヤナギがきれいに咲くときれいなので楽しみ。

春黄金花(はる・こがねばな)と呼ばれるサンシュ、みずき科。この木は背が高いので、花が咲くと五重塔を背景にいい風景が撮れる
高幡不動201102-6

たぶん高幡不動尊で一番早く咲く桜の木はこの河津桜の木
高幡不動201102-5
この暖かさに誘われたのかパラパラと咲き始めた。

土方歳三像後ろで弁天池の間にあるアセビ(馬酔木)。いつのまにかこんなに咲いている
高幡不動201102-11
いつも弁天池では福寿草ばかり気にしていたから気がつかなかった

この週末、どんどん花が咲き始めたと思ったら、月曜日から寒い雨・・・
春はそう簡単には訪れてくれないってことかな

今週の高幡不動Vol.158
(撮影 2011年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動(02/20)曇り空のござれ市

この週末、2/19土曜日は気温が低かったがよく晴れた
高幡不動201102-1
天気はいいが、特になんの行事もなく参拝者が少ない静かな境内

強風に倒されたのか雪が積もった影響なのか草がなぎ倒されていた
高幡不動201102-4
小枝もたくさん落ちていたが、これはスギかな。まだ花粉が飛んでいない状態のようだ。
高幡不動201102-5
見ているだけで鼻がムズムズしそうだよね

奥殿横のミツマタが少しだけだけどやっと咲き始めた
高幡不動201102-2

大日堂前の枝垂れ梅。
高幡不動201102-3
日陰で相変わらずうまく撮れないけど、枝垂れた枝がすごくいい感じなので、毎回撮ってしまう。
高幡不動201102-9
反対側から撮ると、新しい大師堂が背景に見える。

五重塔前の思いのまま。また少し咲いている花が増えてきた。
高幡不動201102-12
1枚だけピンクの花びらでちょっとオシャレな花だ

先週見かけなかった玉こんにゃくのお店が定位置に復活
高幡不動201102-7
明日は第三日曜日、月に1度のござれ市(がらくた・骨董市)の日。

そしてここからは翌日。2/20日曜日は気温は高くなったが、どんより曇り空。
高幡不動201102-8
この時期は梅の枝の下のござれ市。小さなシンガーミシン、なんだか懐かしい。

曇り空だけど、晴れた土曜日よりも人がたくさん
高幡不動201102-10
このスペースは前日はこんな感じでガラーんとしていたんだけどね
高幡不動201102-6
土曜日の人でだと、お店も開店休業だろうけど、日曜日の人出ならば、玉こんにゃくも売れたかな
高幡不動201102-11
ちょっと寒いぐらいの方が熱々の玉こんにゃくは売れるだろうね

今週の高幡不動Vol.157
(撮影 2011年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち