ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ミソハギ

昭和記念公園 千日紅と百日紅

7月末に見た昭和記念公園のカナール大噴水そばのサルスベリ(百日紅)。

この日はさらにたくさん咲いて見頃になっていた。
昭和記念公園201708
先日はまだ咲いていなかった白い花のサルスベリ(百日紅)も咲いていた。
昭和記念公園201708
サルスベリが百日紅と呼ばれるのは、100日間花を咲かせることが由来だけど、初夏に咲き始めて
秋まで咲き続けるから、それほど大袈裟な話ではない。
昭和記念公園201708
サルスベリ(百日紅)はミソハギ科。そして下写真がミソハギ。似ている?植物分類はよくわからない・・・
昭和記念公園201708
ミソハギはハギの花に似ていて、禊に使ったことからついた名前。サルスベリ(百日紅)は全然関係なさそう。
上のミソハギのそばで自然の地面に咲いているサギソウ。
昭和記念公園201708
この状況だと写真は撮りずらいね(汗)。

これはセンニチコウ(千日紅)、ヒユ科。
昭和記念公園201708
サルスベリ(百日紅)は100日間だけどこちらは1000日間。1000日って約3年!
実際はドライフラワーなどにすると1000日ぐらい色が変わらないぐらい長持ちするそうだ。
昭和記念公園201708
センニチコウは花に見える紅色の部分はほう(苞)と呼ばれる部分で花ではないらしい。

これはタマアジサイ(玉紫陽花)、アジサイ科。
昭和記念公園201708
上写真のようにつぼみが球状なのが特徴でこれが名前の由来だそうだ。
つぼみはまったくアジサイらしくないけど、花は割りと山アジサイっぽい。
昭和記念公園201708
アジサイの比較的ツルツルの葉と違って、タマアジサイは葉に小さな毛が生えている感じでザラザラ。

昭和記念公園(Vol.226)
(撮影 2017年8月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 サギソウが咲き始めた

7月最後の週末の昭和記念公園。
すごくいい天気になったんだけど、夏は天気が良いと猛暑であまり歩くことができない(汗)

水鳥の池と夏らしい空。
昭和記念公園201607-6
水鳥たちも池から上がって木陰で休憩するぐらい暑い(笑)。
昭和記念公園201607-7
微笑ましい光景だけど、なんだか笑える。

ハニーサックル、スイカズラ科。
昭和記念公園201607-5
突抜忍冬(ツキヌキニンドウ)とも呼ばれる。
昭和記念公園201607-4
歌を歌っているような面白い花の形をしているが、つる性植物で繁殖力が強いそうだ。

秋の七草のナデシコ(撫子)、ナデシコ科。割りと地味な花。
昭和記念公園201607-2
我が子を撫でるようにかわいい花であることからついた名前だそうだ。 

こちらも秋の七草のキキョウ(桔梗)、キキョウ科。
昭和記念公園201607-12
ナデシコ同様、秋の七草だけど夏に咲く。まだ立秋にはなっていないので暦の上でも盛夏。

キンセンカ、キク科の上のバッタ。オンブバッタだろか。
昭和記念公園201607-3
オンブバッタはキク科の草を好んで食べると書いてあったので間違いないと思う。 

ハーブ園で良く見かける猫。
昭和記念公園201607-1
この猫はいつも木陰で寝ている。
 
菖蒲田では少し前からサギソウ、ラン科が咲き始めている。
昭和記念公園201607-8
8月6日(土)から恒例のサギソウまつりが開催される。
昭和記念公園201607-9
サギソウの様子はサギソウまつりの時に。 

菖蒲田でサギソウと同じ時期に咲くミソハギ、ミソハギ科。
昭和記念公園201607-10
別名盆花と呼ばれ、旧暦のお盆にこの花に水をつけておはらいをしたりするそうだ。

カノコユリ(鹿の子百合)、ユリ科。昭和記念公園のユリの中で一番最後に咲く。
昭和記念公園201607-11
赤いツブツブが鹿の斑点を並べた鹿の子模様に似ていることからついた名前。

昭和記念公園からの帰宅途中に激しい夕立があって散歩の途中で雨宿りすることに。
梅雨直後なのに 天気が不安定。首都圏の水ガメとなっているダム付近にも降ってほしい。
 
 昭和記念公園(Vol.174)
(撮影 2016年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

昭和記念公園(2014年8月)サルスベリ

8月の昭和記念公園の続き。
 
ナツズイセン(夏水仙)、サギソウ(鷺草)に続く夏の昭和記念公園の花はサルスベリ(百日紅)かな。
昭和記念公園201408-3
街路樹などでも良く見かけるためか、それほど注目されることが少ないけど、
サルスベリって改めて見るときれいに咲く木(花?)だね。
 
花の色は濃いピンクと薄いピンクと白色。たまに薄い赤紫色にも見えたりする。
昭和記念公園201408-1
サルスベリはミソハギ科。
 
下がミソハギ、ミソハギ科。お盆に飾る花として良く用いられることから別名盆花。
昭和記念公園201408-5
花木園水鳥の池デッキのまわりではサギソウと一緒に咲いている。
昭和記念公園201408-4
植物の分類のことはよくわからないけど、 このミソハギとサルスベリが同じミソハギ科と知ってちょっとびっくり。
昭和記念公園201408-6
上がミソハギの花、下がサルスベリの花。似ている?
昭和記念公園201408-2
木に咲いているので、いつも少し離れて見ているサルスベリの花、良く見るとなんだか変な形だね(笑)

キキョウ、キキョウ科。秋の七草の1つ。
昭和記念公園201408-7
白い花もある。
昭和記念公園201408-8
白に明るい紫色の斑入りの花もあるそうだ、見てみたい。
昭和記念公園201408-12
これはちょっと珍しい八重咲きのキキョウ。

センニチコウ(千日紅)、ヒユ科にとまっている蝶。
昭和記念公園201408-13
タテハチョウかヒョウモンチョウの仲間だろうか。
昭和記念公園201408-10
千日紅ということは百日紅(サルスベリ)よりも更に長く咲く花ってことだね。
しかし1000日って3年以上(笑)

マリーゴールド、キク科にはベニシジミかな。
昭和記念公園201408-11
シジミチョウって小さいけど、その小さいハネにギュッと色が濃縮されている感じできれいに見える。

ブッシュバジル、シソ科には花粉や蜜を食べるハナムグリ。
 昭和記念公園201408-9
じっと見ていると、何も考えずひたすら花を巡っていた。
8月の昭和記念公園の記事はこれが3つ目。盛夏はそれほど花がない割には記事が多いのは何故だろう(笑)

 昭和記念公園(Vol.119)
(撮影 2014年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

昭和記念公園(2014年7月)ハスの花

7月最初の週末の昭和記念公園。前回はユリだったが今回はハスの花。

 まずは花木園菖蒲田の蓮。
 昭和記念公園201407-21

すぐそばにはミソハギ、ミソハギ科が咲いているが毎年の光景。
昭和記念公園201407-29

ハーブ園のフロックス、ハナシノブ科。
昭和記念公園201407-4
花の香りが花魁の白い粉の香りに似ていることから、別名花魁草(おいらんそう)とも呼ばれる。
匂いを嗅いでこなかった(汗)

クロコスミア又はモントブレチア、アヤメ科。別名「姫檜扇水仙」(ひめひおうぎずいせん)。
昭和記念公園201407-3
きれいな花だけど、繁殖力が旺盛すぎて条例により栽培や持ち込みが禁止されている県があるそうだ。

カライトソウ(唐糸草)、バラ科。これがバラ科・・・
昭和記念公園201407-6
外国(唐)からきた糸のように美しいことからついた名前だそうだが、日本特産(笑)


ハンゲショウ(半夏生・半化粧)、ドクダミ科。
昭和記念公園201407-8
初めてこの花を見たときは、誰かが草にペンキをこぼしたのかと思った。

ソバナ、キキョウ科。とモンシロチョウ。
昭和記念公園201407-7
姫沙参 (ひめしゃじん)や釣鐘人参(つりがねにんじん)、岩沙参 (いわしゃじん)など、
こういう紫色で釣鐘型の花はいくつかあるが、みんなキキョウ科。

さざなみ広場でハスの展示がされていた。東京大学より提供された由緒ある園芸品種100種類。
昭和記念公園201407-23
碧血丹心(へきけつたんしん)、割とオーソドックスなハス。

ここからは、ちょっと変わった品種を。
昭和記念公園201407-24
素白蓮(そはくれん)。
 
 昭和記念公園201407-22
天嬌(てんきょう)、こんな八重咲きのハスがあるんだね。

昭和記念公園201407-26
重台蓮(ちょうたいれん)、ハスというよりダリアの花にも見える。

昭和記念公園201407-25
秋水長天(しゅうすいちょうてん)、これも独特なハスだね。

昭和記念公園201407-27
鉢植えなので、目一杯近寄って撮ることができるのが楽しい。

昭和記念公園201407-28
夏の水辺。ハスの花の背景にボートが見える風景って珍らしいかも(笑)

 昭和記念公園(Vol.116)
(撮影 2014年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  


昭和記念公園(2012年7月)アーティチョーク

昭和記念公園の続き。

花菖蒲が終わったあとの菖蒲田の主役はハス。ソクヒレン(即非蓮)と書いてあった。
昭和記念公園201207-2
朝早く咲いて夕方には閉じてしまうそうだ。
昭和記念公園201207-1
ハスの隣で咲いているミソハギ、ミソハギ科、
昭和記念公園201207-3
旧暦のお盆の頃に咲いて、仏前に供えられることから「盆花」とも呼ぶそうだ。

こちらはハーブ園のモナルダ(ベルガモット)、シソ科。
昭和記念公園201207-4
花の形から松明花(たいまつばな)とも呼ばれるそうだが、松明かなぁ・・・

夏らしい、いい色あいのアーティーチョーク、キク科。
昭和記念公園201207-6
チョウセンアザミとも呼ばれ、蕾はイタリア料理などの前菜にとして出されるそうだ。
昭和記念公園201207-5

エキナケア(エキナセア)、キク科。ムラサキバレンギクとも呼ばれる。
昭和記念公園201207-7
ピンクの花びらの1つの花かと思ったら、真ん中の小さい黄色いのが花だと書いてある資料もある、どうなんだろう?

これも初めて見るような花。ブッドレア、フサウツギ科。
昭和記念公園201207-9
全体的な形はカシワバアジサイに似ているが、集まった小さな花を見るとランタナって感じ。
昭和記念公園201207-8

ネムノキの花。緑の葉に優しいピンク色がいい。
昭和記念公園201207-10
いまが満開って感じ。
昭和記念公園201207-11
ネムノキは漢字で合歓木と書くが、中国でネムノキが夫婦円満の象徴とされることから付いたそうだがなんだかわかる気がする。漢字ってすごいね。

これはヒマワリ、この日はまだ花が咲いていなかった。
昭和記念公園201207-12
毎年ここは夏にヒマワリの丘になるが、「植栽のお知らせ」として今年は土壌改善のため「緑肥植物」となる種類(キッズスマイル、ロシア、緑肥用ヒマワリ)を植え、花の見頃を待たずに土壌にすき込む予定です。という掲示が出ていた。

開花時期は7月下旬から8月上旬とあるので、タイミングが合えばきれいなヒマワリが見れるかもしれない。この週末はチャンスだけど出勤

昭和記念公園(Vol.65)
(撮影 2012年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(07/15)真夏日のござれ市

連休中日の高幡不動尊は30℃を越える真夏日。暑くて参拝の人もちょっと少なめか・・・
高幡不動尊201207-4
第3日曜日恒例のござれ市。でもちょっと出店が少ない。
高幡不動尊201207-12
いつもお洒落できれいな食器類を置いているお気に入りのお店。
高幡不動尊201207-7
黒地に絵柄が渋い茶器。
高幡不動尊201207-8
こんなところに日光江戸村の「ニャンまげくん」。
高幡不動尊201207-6

あじさいの珠切りが終わっていた。毎年もう少し後だったような気がしたんだけど・・・
高幡不動尊201207-2
境内から山の中まできれいに花が切り落とされている。たまに残っている花もあるけどね
切られた花はこうやって集められて焼かれてしまうようだ。
高幡不動尊201207-13
毎年ここを見てなんという姿・・・と思うけど、きれいなことの陰には大変な労力と見たくない光景もある。

夏はヤマユリ。というか高幡不動尊の山でヤマユリが咲くと夏。
高幡不動尊201207-9
毎年同じ場所で咲く。昭和記念公園では盗採を監視しているようだけど、お不動さんの山の中だけあって誰も採ったりしないよね。
「此処の大明王はその所居なし ただ衆生の心想の中に住し給う」というから監視する必要もない。
高幡不動尊201207-10
ユリにはいろいろな種類があるけど、ユリの王様と言われるだけあってヤマユリが一番堂々とした美しさ。

弁天池まわりではミソハギ、ミソハギ科が咲き始めた。
高幡不動尊201207-3

シオカラトンボ。
高幡不動尊201207-11
気に行った場所があるらしく、そこにとまるとかなり近寄っても平気。

だんだん真夏らしい光景になってきた

今週の高幡不動Vol.223
(撮影 2012年7月15日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(08/13)静かなお盆の週末

お盆休みの週末、いつものように静かな高幡不動尊の境内。
高幡不動尊201108-1
台風により那覇で足止めされたため2週間ぶりとなった高幡不動尊。でも特に変わったところはなし。
人がすくなくなった分、セミの鳴き声がいままで以上に目立つぐらい。
高幡不動尊201108-3

弁天池まわりにちょっとだけ変化、水面を覆う緑が増えたと思ったら蓮がすごく大きく成長していた
高幡不動尊201108-10
「失礼しまぁ〜す」とアップでのぞいてみる。
高幡不動尊201108-8
この看板、7月末に来たときは確かなかったと思う。
高幡不動尊201108-5

昭和記念公園でも蓮のそばで咲いていたミソハギ、ミソハギ科。
高幡不動尊201108-6

このピンク色のネコジャラシはカライトソウ(唐糸草)、なんとバラ科。
高幡不動尊201108-4
ネコがいたら喜びそう

蓮と同様、高幡不動尊弁天池の夏に欠かせないのがヒオウギ、アヤメ科。
高幡不動尊201108-9
まだあまり多くは咲いていないけど、存在感はある。
高幡不動尊201108-2
トロピカルな色がさらに夏のイメージを高めるからかな
高幡不動尊201108-7

参拝者は少ない。たぶん境内は人間よりハトの方が多い
高幡不動尊201108-11
真夏になるとハトがこんな感じで地面にべったりと寝そべるような姿をよく見かけるけど、何なんだろうか・・・
高幡不動尊201108-12
山の中ではキツネノカミソリが咲き始めていた、その様子は次週にでも

今週の高幡不動Vol.178
(撮影 2011年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園(Vol.18)蝶よ花よ

9月に行った時の昭和記念公園の続き、今回は花と蝶を中心に
昭和記念公園201009-1
センニチコウ(千日紅)とモンシロチョウ。モンシロチョウは一番良く見かける蝶なんだけど、なかなかじっと止まってくれないので、あまり写真がない

昭和記念公園201009-10
コスモスとツマグロショウモン。タテハチョウの仲間かなって思ったんだけど、違うようだ。実はよくわかっていないけどね

昭和記念公園201009-11
マリーゴールドとモンキチョウ。モンキチョウが黄色い花に止まっていると保護色か?って思ったりして
昭和記念公園201009-14
同じくマリーゴールドにベニシジミチョウ。この組み合わせはダメ、オレンジ色のマリーゴールドに止まらないと保護色にならないね。別にどうでもいい話だ

これはミソハギ。旧暦のお盆の頃に咲いて、仏前に供えられることから別名が盆花、たぶんもう時期的に終わりかけかな。ミソハギはそのまんまミソハギ科。
昭和記念公園201009-12
萩に似ているって書かれているのもあるけど、そうかなぁ・・・

このトンボは家の近所でもみかける。カワトンボの仲間のハグロトンボかな、胴体がなかなかきれい。
昭和記念公園201009-9

サギソウが1羽だけ。サギソウもそろそろ終わりだね、ちょっと寂しそう
昭和記念公園201009-8

昭和記念公園バーベキューガーデンそばのお花畑に植えられた一面のクレオメ。
昭和記念公園201009-6
奥のバーベキューガーデンからは肉を焼いた匂いとビールの匂いが合体して漂って来た、ちょっと微妙
秋の花の香りの代表格は金木犀だけど、バーベキューの匂いも秋を感じる
昭和記念公園201009-7
クレオメはピンク色が多いけど、下のようにちょっと赤紫っぽい色もある。
昭和記念公園201009-5
これは白い花。
昭和記念公園201009-4
クレオメはフウチョウソウ科、なんだか初めて聞くような科。フウチョウソウって風蝶草と書くらしく、クレオメの別名が西洋風蝶草。見ればわかるような気もするが熱帯や亜熱帯に分布する植物なんだそうだ

このクレオメ畑のそばに、ちょっとだけいろいろなコスモスが咲いていた。
昭和記念公園201009-3
キバナコスモスの陰にモンキチョウ。
昭和記念公園201009-13
10月中旬の昭和記念公園は「コスモスまつり」の真っ盛り。天気のいい日に行けるといいなぁ

(撮影 2010年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ