ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

マリーゴールド

昭和記念公園 夏から秋に咲く花々

昭和記念公園の秋はコスモスがメインだけど、当然それ以外の色々な花も咲いている。

まずはツユクサ(露草)、ツユクサ科。この青色がお気に入りの花。
昭和記念公園201709
初夏の頃から咲いているけど、梅雨草ではなく露草と書くだけあって、いまの時期が最盛期。

ゲンノショウコ(現の証拠)、フウロソウ(風露草)科。
昭和記念公園201709
生薬として下痢止の薬として用いられ、煎じて飲めばしっかり(薬効が)効くことから付けられてた名前だそうだ。
こちらはピンク色のゲンノショウコ。
昭和記念公園201709
ピンク色は西日本、白色は東日本に多いそうだ。

これはマリーゴールド、キク科。花壇などでとてもよく見かける花。
昭和記念公園201709
春から秋までずっと咲き続けて、水がない状態でも枯れない強い花。
マリーゴールドは黄色、オレンジ色、そして下のように黄色とオレンジ色が混じった色の花がある。
昭和記念公園201709
根に防虫効果があるらしい。

これはペンタス、アカネ科。夏から秋にかけて花壇できれいに咲いている花。
昭和記念公園201709
白色、赤色、ピンク色、紫色などがあるそうだ。
昭和記念公園201709
別名が草山丹花。沖縄など熱帯で咲いているサンタンカ(山丹花)に似ているからついた名前だそうだ。
昭和記念公園201709

これはヌスビトハギ(盗人萩)、マメ科。
昭和記念公園201709
実が盗人の忍び足の足跡に似ていて、さらに花が萩の花に似ていることからついて名前だそうだ。
昭和記念公園201709
確かに花は萩の花に似ているけど、この実は足跡に似ているかな。

日本庭園の池の回りではたくさんの赤とんぼが飛んでいた。
昭和記念公園201709
赤とんぼって本当に全身真っ赤っ赤だね(笑)

昭和記念公園(Vol.233)
(撮影 2017年9月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

富良野 ファーム富田(2)

ファーム富田
 K-5IIs with SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM  2014.7 富良野ファーム富田

 遠くの大雪山系の山々にかかった雲が積雪に見えてヨーロッパアルプスの麓に行ったような風景。
行ったことないけど・・・(汗)

ファーム富田

 K-5IIs with SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM  2014.7 富良野ファーム富田ファーム富田
 K-5IIs with SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM  2014.7 富良野ファーム富田 

色鮮やかな花畑。
青はラベンダー、赤がサルビア、黄色とオレンジがマリーゴールド、黄緑っぽいのがメランポジューム。
遠くにまたラベンダー畑が広がっているのがまたいい感じ。

ファーム富田
   K-5IIs with SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM  2014.7 富良野ファーム富田 
 

マリーゴールド

マリーゴールド
   K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2014.6  昭和記念公園

マーリーゴールドは「聖母マリアの黄金の花」という意味。
 
元気が出る色合いの花が多い品種です。

 

昭和記念公園(2012年8月)ナツズイセン

昭和記念公園201208-2
8月の昭和記念公園、サギソウひまわりに続く第3弾がナツズイセン。
これは8月最初の週末の様子だけど、ナツズイセンは今でもまだ咲いているそうだ。

夏に咲くスイセンに似た花というのがナツズイセンの名前の由来。
昭和記念公園201208-1
上の写真のように花をアップで見るとスイセンに似ているが、
下の写真のように全体としてみると彼岸花に似ている。
昭和記念公園201208-3
ナツズイセンはヒガンバナ科。ちなみにスイセンもヒガンバナ科(分類体系によってはユリ科)。

カノコユリ(鹿の子百合)、ユリ科。土用百合、七夕百合などとも呼ばれる。
昭和記念公園201208-5
鹿の子は鹿の背中にある斑点が由来。花びらのツブツブが鹿の子模様に似ているからついた名前。
昭和記念公園201208-4

オオバギボウシ、ユリ科。オオバギボウシって花が白だけだと思っていた。
昭和記念公園201208-6
花の色が濃い紫色で葉が小さめのコバギボウシという品種があるそうなので、ひょっとするとこれがそうなのかもしれない。
昭和記念公園201208-7

マリーゴールド、キク科。この花は春からずっと咲いている。
昭和記念公園201208-8
きれいな花の下からの旅立ち。
昭和記念公園201208-9

ムクゲ、アオイ科。
昭和記念公園201208-10
この花を見ていると昭和記念公園も気温とムードは南国になる。

昭和記念公園(Vol.68)
(撮影 2012年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年8月)ひまわりの丘

昭和記念公園201208-6
8月最初の週末の昭和記念公園の様子。先日のサギソウに続いて第2弾のひまわり。

この日、渓流広場南の丘(ハーブの丘)がひまわりの丘になっていた。
昭和記念公園201208-9
ひまわりは皆同じ方向を向くので写真が撮りやすい。一番バラバラなのは秋のコスモス。
昭和記念公園201208-10
でも変な場所から撮ると当然すべてが後ろ向きに・・・
昭和記念公園201208-7
ここのひまわりはもともと緑肥として育てられたので8月16日に土壌にすき込まれてしまうようだ。
昭和記念公園201208-11
従って、いま昭和記念公園に行っても、この光景は見ることができない。

ホオノキ(朴の木)の実。熟すともっと赤くなっていく。
昭和記念公園201208-8

このアナベルは中途半端な咲く具合だけど、このままドライフラワーになってしまうのだろうか。
昭和記念公園201208-1

マリーゴールド、キク科とアンゲロニア、ゴマノハグサ科。公園の花壇って感じ。 
昭和記念公園201208-4

これはカレープラント、キク科。名前の通りカレーの香りがする植物。
昭和記念公園201208-2
ここでカレーでも煮込んでいるのではないかと思うぐらい、かなり強いカレーの香りがする。
昭和記念公園201208-3
苦味が強くて食用には適さず香り付けに使われるぐらいなんだそうだ。でも香りは本格的なカレーの香り。

先日、じゃがいもがゴロゴロしたカレーを作ろうとして、溶けづらいメイクイーンを大量に買ってきた。でも結局は煮込みすぎてすべて溶けてしまいポテトサラダのようなカレーに・・・食べるが辛かった

昭和記念公園(Vol.67)
(撮影 2012年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2011年6月)タイサンボクとハナショウブ

雨が降りそうなどんよりとした曇りの日、昭和記念公園にタイサンボクを見に行った

タイサンボク(泰山木、大山木)はモクレン科。北米中南部原産でアメリカ合衆国南部を象徴する花木だそうだ。
昭和記念公園201106-10
はじめて見るタイサンボク、大きな木に大きな花が咲いている。
昭和記念公園201106-2
花も葉もすべてが大きい。芳香があるそうだが、高い木の上の方なので匂いもしないし、大きさもこの写真ではよくわからないかも
昭和記念公園201106-11
これはつぼみかな。この姿を見ると確かにモクレンの仲間だとわかる。

ここは花木園菖蒲田。ハナショウブ(花菖蒲)が見頃。
昭和記念公園201106-1
入れ替わり立ち替わりたくさんの人が訪れている。
昭和記念公園201106-5
なんか白い花が目立つような・・・
昭和記念公園201106-4
この色が花菖蒲の典型的な色かな。花びらの付け根に黄色い斑紋があるのがハナショウブの特徴。
昭和記念公園201106-9
この薄い水色が浴衣のイメージで夏らしい、いい色だ。
昭和記念公園201106-6
ちゃんと名前が書かれた立て札がある。これは「源氏蛍」とあるが、ネットで確認すると「源氏蛍」はこんな青紫色の花ではなく、明るい紫に白い絞りの花のようなので、実はこの立て札の右側に咲いている花(写っていない)だったようだ。
昭和記念公園201106-3
花と立て札が離れていてなかなか一緒に撮れない。
昭和記念公園201106-7
せっかく撮った「利根川」だけど、「利根川」も真っ白な花ではないようなので、これも撮り間違い
昭和記念公園201106-8
この菖蒲田、どう撮ってもみんな同じような写真に見えてしまう。まだまだ未熟

菖蒲田そばのアナベルはまだ薄緑。
昭和記念公園201106-14
アナベルが真っ白になると輝いてすごくきれいになる

昼はこの渓流広場レストランで。
昭和記念公園201106-13
薬膳カレーと多摩黒やきそば。
昭和記念公園201106-12
器にはまったく雰囲気がないけど味は美味しい。特に多摩黒やきそばは麵がモチモチ

最後に元気が出るオレンジ色の花、マリーゴールド。
昭和記念公園201106-14
曇り空で照りつける日差しもなく、ちょっと涼しい風が吹いていた。雨に降られなかったこともあって梅雨時に、なかなか快適な散歩ができた

昭和記念公園(Vol.36)
(撮影 2011年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園(2011年5月)ハーブ園にて

5月の昭和記念公園は花の丘だけではない。園内ではたくさんの花を撮ることができたので、
今回はハーブ園を中心に
昭和記念公園201105-11
フレンチラベンダー、シソ科。ウサギの耳のような花に向かってハチが飛んでいる。
昭和記念公園201105-12
ハチが止まった。スパイシーな蜜が集まるのかな

サルビア・ブルークイーン、シソ科。この青もいい青だ。
昭和記念公園201105-10
白いのはサルビア・シュネーフューゲル。爽やかな白。
昭和記念公園201105-9

フォックスグローブ、ゴマノハグサ科。別名がジギタリス、和名がキツネノテブクロ、そのまんま直訳。
昭和記念公園201105-1
ゴマノハグサ科って、この前レンゲソウと一緒にみかけたムラサキサギゴケと同じ。

きれいなオレンジ色のマリーゴールド、キク科。
昭和記念公園201105-2
マリーゴールドは聖母マリアの黄金の花という意味、元気がもらえる花だ。

キンレンカ(金蓮花)、別名ナスタチウム、ノウゼンハレン科。
昭和記念公園201105-6
ちょっとノウゼンカズラに似ているような気がしていたが、調べたらノウゼンハレンとは花がノウゼンカズラに似て、葉がハスににているから付いた名前なんだそうだ

これはチャイブ、ネギ科又はユリ科。エゾネギ、セイヨウアサツキなどとも呼ばれる。
昭和記念公園201105-3
葉っぱは確かにアサツキ(薬味ネギ)に似ている。
昭和記念公園201105-4
ネギ坊主に似ているけど、ムラサキツメクサにも似ているような気がする。

カモミール、キク科。ハーブティーとしてすごく有名。
昭和記念公園201105-5
この花はマーガレットに似ている。

これはポリジ、和名ルリジサ、ムラサキ科。青い星形の花がすごくかわいくていい色。こんな花があるんだね。
昭和記念公園201105-8
見ているだけで気持ちが落ち着きそうだが、ポリジティーは古くから熱を下げ、血液を浄化する薬草として利用されてきたそうだ。
昭和記念公園201105-7
「勇気をもたらすポリジ」という言い伝えがあるように、ポリジの粘液には抗うつ作用があり、悲嘆やさみしさを緩和する働きもあるそうだ。

昭和記念公園201105-13
いつも利用している昭和記念公園の立川口。この場所はいつも何か花が植わっている。

昭和記念公園(Vol.34)
(撮影 2011年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園(Vol.11)いろいろな花たち

6月最初に行った昭和記念公園の続き、前回はちょっと変わった花の光景ばかりだったけど、今回は普通(そうでもないか・・・)の花たち

ユキノシタ科のサラサウツギ(更紗空木)。先月高幡不動尊で咲いていたヤエウツギの花びらの外側をうっすら紅色に染めたちょっとおしゃれな花
昭和記念公園201006-3

スイカズラ科のハニーサックル。かわった形の花だね。
昭和記念公園201006-2
別名がニオイニンドウと言っていい香りがかなり強くするそうだが、写真を撮った時は特に匂いは感じなかった。

写真を撮っていてすごく匂いがしたのはこの栗の花。とにかく匂いがすごくて、たくさん写真を撮っていられないほど
昭和記念公園201006-12

かわいいブルーの花、ムラサキ科のボリジ。別名がルリチシャとかスターフラワーとかいうそうだが、星形の花びらがいいね
昭和記念公園201006-1

キク科のダイヤーズ・カモミール。カモミールって花びらが白いマーガレットみたいな花だって思っていたけど、いろいろあるんだね。
昭和記念公園201006-4

マリーゴールド、キク科。名前が「聖母マリアの黄金の花」という意味だけあって、いつもながら元気をくれる力強いオレンジ
昭和記念公園201006-11
マリーゴールドにはフレンチ・マリーゴールド、アフリカン・マリーゴールド、メキシカン・マリーゴールドがあるそうだが、メキシコが原産地でフランスやアフリカで栽培され広まったそうだ

マリーゴールドをバックにスミレ科のビオラ。ビオラはたくさんの園芸品種がある。この青、白、黄色のビオラは「F1ベビーブルー&イエロー」という品種らしい
昭和記念公園201006-5
ビオラがたくさん咲いていると何故かミッキーマウスのように見えるね

これはトケイソウ(時計草)、見たまんまの名前。珍しい花だと思うんだけど、なんとトケイソウ科、トケイソウ属というのがあって500種以上の花があるそうだ
昭和記念公園201006-13
アップにすると、まさに時計
昭和記念公園201006-14
この花については、いつもコメントをいただく、フラワーデザインのレッスンをやっているYumiさんのブログ(Love Flower and Ohana)で、かわいいお子さんと一緒に紹介されていたので、こちらを

キンポウゲ科のラークスパー。この花もいろいろな色があるようだ。
昭和記念公園201006-6
上は紫と赤紫、下はピンク
昭和記念公園201006-7

ヤグルマギク、代表的なブルーの花。一言でブルーというものの、微妙に色味が違っている、いい色だな
昭和記念公園201006-8

ねこじゃらしのようなイネ科のラグラスとカモミール。昭和記念公園201006-10
フサフサした穂の感じがイネ科らしいけど、ラグラスは「野ウサギの尾」という意味を持つそうだ

昭和記念公園バーベキューガーデン横のお花畑。奥の方に紫のネギ坊主(アリウム・ギガンチウム)が咲いている
昭和記念公園201006-9
チューリップのように品種や色ごとにきれいに並べられた花壇だけでなく、こんな自然の原っぱのようなお花畑もあるのが昭和記念公園のいいところ

(撮影 2010年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.89)散歩道の近況 百日紅やヒマワリ

このところ天気が安定しないため、散歩写真も湿り気味・・・そんな7月から先週までの間で撮ったものを集めて近況としてみた
散歩写真0908-3
これは7月初旬に撮ったユリ科のヤブカンゾウ、この花はちゃんと咲いたタイミングで撮ることがなかなかできなかった花。もともと八重咲きの花なので、しっかり咲いている状態がつかみ辛いんだけどね

調べてみると、この花はワスレグサ(忘れ草)とも言われていて、その名前の由来は花が1日でしぼんでしまうことから、とあってなるほどと思った。なかなかきちんと咲いている花に出会えないわけだ。また別の由来には、花が美しいので物を忘れてしまうというのもあった

(下写真左)近所の川辺にガマの穂を見つけた。ガマの穂ってこんな身近なところにあるんだなぁと思いながら、頭の中には因幡の白ウサギがピョンピョンと海を渡っている姿が
散歩写真0908-2散歩写真0908-1
(上写真右)これは少し前にみつけたぶどう。いつ熟すのだろうかと思ってみていたら、勝手に干しぶどうになりつつあった。そんなことはないか

(下写真)今回のメインがこのミソハギ科の百日紅(サルスベリ)。名前が百日の紅って言われるだけあって、本当に咲いている期間が長い。1日でしぼむと言われるノカンゾウとは対照的だね
散歩写真0908-6散歩写真0908-5
ところでミソハギ科ってあんまり聞かない。さらに漢字の「百日紅」を普通は「サルスベリ」とは読めないよね、カナ漢字変換はきちんとされるけど。百・日・紅のどれが猿でどれが滑るんだか

そんなくだらないこと考えているからではないが、なぜか曇り空の時の写真ばかりちょっと色の具合が鮮明ではないけれど、百日紅の花って紅色がベースで微妙に違う色の花がいくつもある。
散歩写真0908-8散歩写真0908-7

それでいて必ずしも紅色ベースだけではなく、白色ベースの花もあったりして、街路樹として何本も並んでいると、色とりどりな感じでなかなかきれいに見える
散歩写真0908-10散歩写真0908-9
後ろは多摩モノレール。せっかくだからモノレールが走っているのをバックに入れて撮ろうと構えて待っていたんだけど、そういう時に限ってなかなかモノレールが来ない・・・

最後は近くの畑で撮った2枚まずはマリーゴールド、すごくきれいなオレンジ色に咲いていた。
散歩写真0908-11
この時はあまりに日差しが強すぎて、オレンジの花の色が白っぽくなってしまうので、少し絞って暗めに撮ったら、ちょっとオレンジ色の元気さが減ってしまったかも

そして夏はやっぱりヒマワリ(向日葵)、このヒマワリはすごくきれいに輝いていた
散歩写真0908-12
はっきりしない日が続いていても、こういう青空が出る日もあるんだよね。なんだかよくわからない夏だけど、まあそんな年もあるでしょう

あれ、今回は百日紅をメインにしたつもりなんだけど、やっぱり夏の主役はヒマワリだったかも

ぶろこみゅ☆ブロガーのコミュニティ広場のバナーができました
ぶろこみゅ☆

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示されてしまう場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ