ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ボタン

京王百草園 アヤメの仲間

京王百草園の藤棚以外の花々。

心字池のそばで咲くアヤメ、アヤメ科。
京王百草園201705
アヤメは葉が細いことと花びらの元の部分に網目の模様があるのが特徴。
京王百草園201705
ここは弁天池のそばだけどアヤメは乾いた土に生える。
ブログを始めた頃はアヤメとカキツバタ、ハナショウブの見分けが全然つかなかったけど、
だんだんとわかるようになってきた(笑)。

こちらはイチハツ(一初)、アヤメ科。アヤメ科の中でいち早く咲くからついた名前と言われる。
京王百草園201705
特徴は、花びらにあるトサカ状の白いヒラヒラ。ハナムグリが蜜を吸っていた。
京王百草園201705
イチハツも乾いた土に生える。

こちらはジャーマンアイリス、アヤメ科。別名ドイツアヤメ、そのまんまの別名。
京王百草園201705
花の上の方が大きくひらひらになっているが特徴でなんとなく洋風に見える。
この日はカキツバタが咲いていなかったけど、カキツバタはもう少し後
から湿地に咲く。百草園では心字池回りに咲く。

こちらはオダマキ(苧環)、キンポゲ科。
京王百草園201705
下も同じくオダマキ。ちょっと色が薄い。
京王百草園201705

新緑の中の赤い色はカエデの花。
京王百草園201705
カエデの花は羽根のような形をしていて、秋に実がなり木から落ちる時に風に飛ばされて
遠くに運ばれるようになっているそうだ。
京王百草園201705

これはボタン(牡丹)、ボタン科。花はシャクヤク(芍薬)に似ているが葉が違う。
京王百草園201705
シャクヤクはもう少し後から咲く。

これは、タツナミソウ(立浪草)、シソ科。
京王百草園201705
花が波立つような形をしているからついた名前だそうだ。もう少しアップで撮って
おけばよかったかな(汗)

京王百草園201705
上はコデマリ、バラ科。下はオオデマリ、スイカズラ科。
名前は手毬の小と大の違いだけど、花はだいぶ違う・・・。
京王百草園201705
オオデマリは白いアジサイに似ているけど、咲く時期がかなり早い。

(撮影 2017年5月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

今週の高幡不動尊(05/05) ツツジと空之介

ゴールデウィーク後半の3連休は、いい天気になった東京多摩地区。

事前の予想では、3日から4日にかけて前線を伴った低気圧の通過で荒れた天気になる
ということだったが、荒れたのが3日の夜中から4日早朝となったので、風は強かったものの、
結局3日間とも昼間はいい天気だった。
高幡不動尊201605-3
春季大祭国宝まつりが終わって参拝者がすくない高幡不動尊の境内。

ツツジと大観音像。緑に囲まれている。
高幡不動尊201605-4

こういう、人が少ない時は高幡不動尊まで空之介と散歩をするチャンス。
高幡不動尊201605-5
六地蔵さんの横から鐘楼に登っていく途中。緑が濃くなってきた。
高幡不動尊201605-6

五重塔の前。4月に毛をトリミングしてもらったばかりなのですっきりしている。
高幡不動尊201605-9
五重塔から境内に降りる階段のところ。相変わらずカメラ目線はない・・・
高幡不動尊201605-7

春の花が次々と咲き出した時期が終わって、いまはツツジがメイン。
高幡不動尊201605-1
3月の終わりから4月にかけては、週末に来るたびに違う花が咲き始めていたけどね。
高幡不動尊201605-8
この時期はいい天気だと強烈な日差しになり、思ったよりもコントラストが強い写真になる。

少し前から弁天池のところでボタンが咲いていたが、このボタンは3日夜から4日早朝の
荒れた天気ですべて散ってしまっていた。この写真は3日に撮ったもの。
高幡不動尊201605-2

いい天気なのはうれしいけど、これからの時期はいい天気にになると、地面(アスファルト)が
熱くなってしまって、空之介の散歩には適さなくなる。
高幡不動尊201605-10

京王線高幡不動駅から高幡不動尊までの参道には、「ひの新選組まつり」の
のぼりがたくさん。
高幡不動尊201605-11
今年の「第19回ひの新選組まつり」は5月7日(土)、8日(日)。
高幡不動尊参道の新選組パレードは8日に予定されている。

晴れると新選組の浅葱色の羽織がきれいに輝くんだけど、週末の天気はどうでしょうね。

今週の高幡不動Vol.396
(撮影 2016年5月3,4,5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園(2015年5月)アイスランドポピー

少し前になってしまうが、ゴールデンウィーク中の昭和記念公園の続き。

緑と水辺の風景が気持ちのよい晴天の日本庭園。
昭和記念公園201505-7

シャクナゲ、ツツジ科。
昭和記念公園201505-6
緑の中で赤色が映える。

日本庭園らしい雰囲気が出るボタン。
昭和記念公園201505-5
ちょうど見頃だった。
昭和記念公園201505-4

みんなの原っぱ東花畑ではまだ菜の花を見ることができた。
昭和記念公園201505-1
奥のソメイヨシノはもう完全に新緑。
昭和記念公園201505-2
今頃はもうこの菜の花も終わってしまっているのだろう・・・ 

 この日はみんなの原っぱ西花畑ではアイスランドポピーが見頃。
昭和記念公園201505-8
 アイスランドポピー、ケシ科は別名シベリアヒナゲシ。

昭和記念公園201505-9
野生種の花は白色と黄色だけで、園芸種として品種改良されて、ピンク、オレンジ、クリームなど
多種の色が創出されたそうだ。
昭和記念公園201505-10

こちらは花の丘。アイスランドポピーに変わって5月中旬からは、この花の丘の
シャーレーポピー、ケシ科が主役になる。
昭和記念公園201505-3
この日は上写真のように、まだまばらな咲き具合だったが、昭和記念公園のホームページでは
もうとっくに見頃になっている。

昭和記念公園(Vol.134)
(撮影 2015年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
  

今週の高幡不動(05/10)ひの新選組まつりの境内

毎年5月に開催されるひの新選組まつり。今年は5月9日(土)と10日(日)に開催された。
 
高幡不動尊参道では新選組パレードが行われる。
高幡不動尊201505-4
前日、母の七回忌法要で三重県まで車で行ったため、朝寝坊して散歩がお昼すぎに
なってしまった。そのため私が参道を歩いた時はパレードが終わってしまった後だった。
一昨年(2013年)昨年(2014年)の新選組まつりとパレードの様子。 

この日は境内の至るところに人がいる感じだったけれども、不動堂の前は思ったよりも人が少ない。
高幡不動尊201505-5
 
土方歳三像と「誠」の旗。土方さんも懐かしく見ているのだろうか。
高幡不動尊201505-6
 
午前中のパレードを終えたあとで境内のいろいろな所に隊士が休憩している。
高幡不動尊201505-10

「沖田総司」と「近藤勇」ののぼり旗。
高幡不動尊201505-8

シャクヤク、ボタン科の花がきれいに咲いていた。
高幡不動尊201505-7
 
六地蔵さん前の木陰で休憩。
高幡不動尊201505-9
 
弁天池前のボタンの花。シャクヤクが咲きはじめるとボタンは終わりの時期となる。
高幡不動尊201505-3
 
弁天池のカキツバタ、アヤメ科。
高幡不動尊201505-2
 
こちらはアヤメ、アヤメ科。
高幡不動尊201505-1
この時期は日差しがすごく強い。

この日も空之介を連れての散歩だったが、アスファルトからの照り返しもあって
そろそろ空之介には暑すぎて昼間の散歩はできなくなってしまうかもしれない。

今週の高幡不動Vol.353
(撮影 2015年5月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動(5/6)いずれ菖蒲か杜若

ゴールデンウイーク最終日の東京多摩地区は冷たい風が吹いてはっきりしない天気。

春季大祭国宝まつりが終わったあとなのでちょっと静かな境内。
高幡不動201405-7

山内はだんだんと緑が濃くなってきている。
高幡不動201405-9
大観音像のまわりにツツジがきれいに咲いていた。
高幡不動201405-8

弁天池で毎年咲くボタン。
高幡不動201405-14
大輪の堂々とした花なので1輪でもしっかり絵になる。
高幡不動201405-6

同じ弁天池で咲いているアヤメ科の花。この花がアヤメ(菖蒲)なのかカキツバタ(杜若)なのか
はっきりさせたくて、事前にインターネットで見分けるポイントを調べて行った。
高幡不動201405-5
わかりやすいポイントは花びらの付け根と葉の幅。
葉の幅が細目で、花びらの付け根に網目の模様。これはアヤメかな。
 高幡不動201405-11
アヤメは濃い青色の花が多く、カキツバタよりも早めに咲くというのもピッタリあっている。

高幡不動201405-13
こちらは上のアヤメよりも葉の幅が広くて、花びらの付け根に白い斑紋、これはカキツバタだろう。
高幡不動201405-12
カキツバタはアヤメよりも少し遅く咲く。この花もまだこれから咲いていく感じだった。 

同じアヤメ科でも全然ややこしくないのが、このシャガ。派手な模様。
高幡不動201405-10
山アジサイがたくさん咲く場所にある句碑「木に石に佛心棲めり紫陽花寺」の前もいまはシャガ。
高幡不動201405-4

 高幡不動尊に行くまでの散歩道、日野向島用水親水路の水車小屋。
高幡不動201405-2
こちらはキショウブ(黄菖蒲)。
高幡不動201405-1
 とても目立つ黄色、この花は間違えることがなさそうだね(笑)。

今週の高幡不動Vol.314
(撮影 2014年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

牡丹

牡丹
 K-5IIs with SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM  2014.4 京王百草園

牡丹は多くの日本画で題材になっている花。

なんだか、わかるような気がします。


工芸作品?

ボタン
    K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2014.3  高幡不動尊

花とは思えない造形美。

 

今週の高幡不動(05/06)境内の花たち

高幡不動尊201205-13
弁天池そばで咲いたボタン。見事な大輪の花。
高幡不動尊201205-14
これからは高幡不動尊でも色々な花が咲き始める。

同じく弁天池まわり。
高幡不動尊201205-11
これはアヤメかカキツバタか?いつも同じことを書いているのでは進歩がない。
高幡不動尊201205-1
花びらに編目状の模様があるので、アヤメではないかと思う。ちょっと進歩

カメの甲羅干しにもいい季節になってきた。
高幡不動尊201205-12
早咲き山あじさい「笛吹錦(斑入り)」
高幡不動尊201205-2
かなり早咲のように思えたが、もうすぐ6月、梅雨そしてアジサイの時期だ。

アメリカロウバイ(別名クロバナロウバイ)、ロウバイ科。
高幡不動尊201205-6
北アメリカ原産でロウバイのアメリカ版。日本のロウバイとは違って香りはほとんどしなかった。
セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)、シソ科。
高幡不動尊201205-5
シラン(紫蘭)、ラン科。まだ咲き始め。
高幡不動尊201205-7
ベニバナトキワマンサク、マンサク科。
高幡不動尊201205-8
トキワマンサクの紅色版、トキワマンサクより多くみられるそうだ。花がちょっとキクモモ(菊桃)に似ている。

高幡不動尊山内の山あじさいが咲く場所には、いまシャガ、アヤメ科が満開。
高幡不動尊201205-10
きれいなんだけど、たくさん咲いているとなんだかちょっと不気味。
高幡不動尊201205-9

不動堂屋根の補修工事は連休中はお休みかな。
高幡不動尊201205-4

来週は「ひの新選組まつり」。なんでこの時期か?それは新選組副長土方歳三の命日5月11日にちなんで、5月の第2土・日曜日に行われる。昔は秋に行われていたんだけどね。
高幡不動尊201205-3
このまつりは土方歳三の菩提寺であり、位牌が安置されている高幡不動尊大日堂の改修され、それを祝う落慶法要の1つとして有志がはじめたそうだ。
高幡不動尊201205-15
良く似た2枚の写真だけど、参道の中程で高幡不動尊側と高幡不動駅側を撮ったもの。5月13日はこの参道で新選組パレードがある。 

今週の高幡不動Vol.213
(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 ツツジとボタン

ゴールデンウィーク頃の京王百草園の楽しみはツツジとボタン、そして藤棚。
京王百草園201204-13

ツツジはこの色が好きだな。
京王百草園201204-10
これはシャクナゲ、同じツツジ科で花はそっくりだけど、咲き方がちょっと違う。
京王百草園201204-9

大輪の花が見事なボタン。中国の国花。
京王百草園201204-4
これはシャクヤクかな?見分けがつかないけど、ボタンは樹木、シャクヤクは草なんだそうだ。
京王百草園201204-5

そして期待の藤棚。でも今年は花がまったく咲かなかったそうだ。
京王百草園201204-6
こんな感じ、新緑がきれい なんて言っている場合ではない
京王百草園201204-7
下は昨年の藤棚。昨年は見事に咲いていた。これを期待して行ったんだけど
京王百草園201204-2
心字池まわりも藤棚が緑だとすごく地味。
京王百草園201204-8
下が昨年の様子。藤が咲いているだけで、ちょっとゴージャス。
京王百草園201204-1
しかし随分と雰囲気に違いが出るモノだね。

ウンナンオウバイ(雲南黄梅)、モクセイ科。
京王百草園201204-12
つる性植物なので、この時期は柵などをきれいに飾っている。
京王百草園201204-11
ここではアーチ状になっている。

オオデマリ(大手鞠)、スイカヅラ科。
京王百草園201204-14
アジサイによく似ているけど、まだアジサイの季節ではない。雨の季節はもう少し先でいい。
京王百草園201204-3
最後は、スミレ。派手さはないけど春の花。

トリミングってどんなもんなんだろうと、そらをトリミングに出してみた。
ちょっと暖かくなってきたので短くしてもらったら・・・毛がモジャモジャで小熊みたいだったそらがなんだかお上品になって出て来た。
さっぱりしたそら
いったいどこの誰?って感じで違和感がいっぱいのそら。お店でしてもらったかわいいスカーフをつけて、雑誌の写真に出ているトイプードルみたい
そらと虹
夕方、虹が出たので一緒に写真

(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 色とりどり

百草園201104-9
この前の週末、晴れた日曜日に散歩で京王百草園に行ってきた。

ミツバツツジは見頃を終えて、いまはいろいろな色のツツジが咲いている。
百草園201104-4
真っ白なツツジ。

ツツジといえばこの色、一番よく見る色じゃないかな。
百草園201104-12

シャクナゲ(石楠花)、これもツツジ科。花を見ればわかるよね。
百草園201104-8


黄色いカタクリ。セイヨウカタクリとかキバナカタクリなどとも呼ばれる。
百草園201104-7
ツツジ科ではなく、ユリ科。

これはウラシマソウ(浦島草)、サトイモ科。
百草園201104-3
上の写真では少し切れてしまっているが、花びらのようなものの先が細長く糸のように伸びている。これが浦島太郎が釣り糸を垂れている姿に見立ててついた名前なんだそうだ。
百草園201104-2
しかし、変わった形の花だ・・・

これはマルバアオダモ、モクセイ科。
百草園201104-1
材質が堅く粘りがあるアオダモは野球のバットなどの材料になるらしい。でも国産は減っているんだろうね。

これはハナズオウ(花蘇芳)、マメ科。
百草園201104-10
ピンク色の花は比較的よく見かけるけど、ここはすぐ隣に白い花のハナズオウもあった。
百草園201104-11
スオウはインド・マレー原産の染料となる植物。この赤い色をスオウ色といい、ハナズオウは花の色がこのスオウ色に似ていることからついた名前。では、白いハナズオウの立場は

ちょっと花が乱れているけど、ボタン(牡丹)、ボタン科。
百草園201104-13
百花の王、花中の王などと言われるだけあって見事な花なんだけど、この日はあまりいい感じに撮れなかった、ちょっと残念。

これはリキュウバイ、バラ科。中国揚子江原産なのに利休梅と書くのは茶花として利用されることにちなむ名前だそうだ。利久梅と紹介されている場合もある。
百草園201104-6

梅も桜も一段落した京王百草園、緑深い心字池。
百草園201104-5
ちょっと奥行き深く撮ってみた

派手さはなく、それほど広くないけど京王百草園は静かでいいところ。でも駐車場はないので、京王線百草園から散策ついでに歩きましょう、途中に急坂があるけどね

(撮影 2011年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

百草園の藤棚と知らない動物

散歩写真(vol.136)京王百草園に行く途中、自然の藤がきれいに咲いていた
百草園藤棚201005-1
百草園はこの山の向こう側にある。ゴールデンウィーク前はまだ早すぎて咲いていなかった百草園の藤棚に期待して向かった

藤棚は茶室「三檪庵」のそばにある。まさに日本の庭園風景って感じ
百草園藤棚201005-3

この日(5月5日)まで新緑まつりが開催されているので、茶席が用意されているが、この敷かれている赤い布がいい雰囲気。
百草園藤棚201005-6

百草園藤棚201005-4
なかなか綺麗にみえるけど、受付で聞いたところでは、今年は少し遅めで満開にはまだ少し早めなんだそうだ。

百草園藤棚201005-5
この藤の木はノダナガフジ(野田長藤)というそうだ

少し離れた別の場所では少し種類の違う藤だろうか、背の低い藤があった
百草園藤棚201005-10
たんぽぽと藤の花というちょっと面白い取り合わせ

白い牡丹、いろいろな色がある花だね。
百草園藤棚201005-2

これは紫色のオダマキかな。
百草園藤棚201005-7
藤棚、牡丹、苧環となんだかこの前の高幡不動尊と同じような種類の花が咲いている

でも、これは高幡不動尊では見れなかった
百草園藤棚201005-8
いったい何百草園の中を歩いていたら、少し離れたところでこちらを見ていた
すぐに逃げるかと思ったら、まわりをキョロキョロみながらゆっくり藪のなかに消えて行った
百草園藤棚201005-9
ひょっとしてタヌキ?でもタヌキってもっと丸顔で愛嬌がある顔しているよね
尻尾は短かったけど、アナグマ?

百草園の回りは結構緑が深いからこういう動物がいても不思議はない感じ
いったい何モノなんでしょうね

(撮影 2010年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.118(05/08)藤棚

ゴールデンウィークをはさんだので、2週間ぶりになったけど、いつもの場所から不動堂や五重塔を見る高幡不動尊に大きな変化はない、当たり前か

晴天なのに参拝の人があまりいないことも変化がなく同じ・・・
高幡不動尊201005-7

しかし、門前のお店に変化があった。ソフトクリームのお隣にたい焼き屋さんが新装開店した
高幡不動尊201005-5
しかしこのところ20℃を越す陽気、たい焼き屋の新規開店には逆風かもついつい「あじさいソフト」の方に目がいってしまうのは私だけ?

この時期、いろいろなところできれいな藤棚(の写真)を見るけど。高幡不動尊にも、あれどこにあるの?っていうぐらい小さい藤棚がさりげなくある
高幡不動尊201005-3

高幡不動尊201005-2
緑が目にやさしい 藤棚のきれいさをほめないといけないんだけど

久しぶりに六地蔵さん、ここも静かな深い緑に囲まれている
高幡不動尊201005-9
お地蔵さんの赤い頭巾とよだれかけがないと、単なる緑の森の写真になってしまうところだった

六地蔵さんのそばで見つけた野鳥、ちょうど虫を捕まえたところだったようだ。
高幡不動尊201005-8
全体的には地味な色あいの鳥だけど、目元にちょっと特徴がある。ネットで調べてみるとこの鳥はガビチョウっていうらしい
このガビチョウは特定外来生物に指定されていて、日本の侵略的外来種ワースト100選定種にもなっている。そういえば、以前ここで見つけたきれいな鳥(ソウシチョウ)も特定外来生物だった

高幡不動尊201005-10
シャガがたくさん咲いているけど、緑深いところに陽射しがあったたシャガが目立った。

高幡不動尊201005-1
これはキンポゲ科のオダマキ(苧環)かな。オダマキっていろいろな品種があるようだけど、この花は青紫がすごくきれいだった

高幡不動尊201005-4
弁天池そばのボタン(牡丹)、この時期はいろいろなところでボタンを見かけるね

毎年5月には「ひの新撰組まつり」が開催される。以前は「ふるさと日野まつり」という名前だったそうだが、1998年(平成10年)から日野市制35周年と土方歳三没後135周年を記念してこの名称になったそうだ
高幡不動尊201005-6
ひの新撰組まつりの「隊士」たちがこの参道をパレードするのは明日(5/9日曜日)の午前中。いろいろなパフォーマンスやコンテストが開催されて大勢の人で賑わう

でも、この写真を撮った前日(5/8土曜日)の午前中は人通りもすくなくいつものように静かな参道だった

新撰組まつりの様子は、にぽぽさんのブログで紹介されています⇒ここ

(撮影 2010年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ