ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ホトトギス

今週の高幡不動尊(10/22) 菊まつり直前

いまひとつはっきりとしない天気の週末となった東京多摩地区。

高幡不動尊できれいに咲いていたサザンカ(山茶花)、ツバキ科。
高幡不動尊201610
こちらは別のサザンカ。
高幡不動尊201610
サザンカもいろいろと品種があるんだろうね。

高幡不動尊の境内は菊まつりの準備が着々と進んでいて、あとは主役の菊が
運び込まれるのを待つばかりとなっている。
高幡不動尊201610
次の週末(というよりもこの記事をアップした翌日)は菊まつりが始まっているからね。
高幡不動尊201610

境内には七五三参りの人も。菊まつりが始まると人が多くなるから今のうち。
高幡不動尊201610
この日の午前中はいい天気だったんだけど、午後は急に曇ってきてしまった。

少しずつ紅葉も始まっている。
高幡不動尊201610
いい感じにちょっと色が良くなくて残念。
高幡不動尊201610

ヤブミョウガ、ツユクサ科の実。
高幡不動尊201610

秋明菊、真っ盛り。菊まつりまでがんばって弁天池を飾ってくれた。
高幡不動尊201610

弁天池横のホトトギス(タイワンホトトギス)、ユリ科。
高幡不動尊201610
このホトトギスは下写真のように昨年までは大きな株だったのに剪定されてしまった。
高幡不動尊201610
10月28日から第46回高幡不動尊 菊まつりが始まる、11月17日まで。
次の週末はいい天気になるといいな。

今週の高幡不動Vol.417
(撮影 2016年10月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園 ホトトギス

秋の昭和記念公園、コスモス以外に見たかったのはホトトギス。
ホトトギス、ユリ科は鳥のホトトギスの胸にある模様と花の斑点模様が
似ていることからつけられた名前。

こちらは、みんなの原っぱ近くで咲いていた、ホトトギス(タイワンホトトギス)。
昭和記念公園201610
高幡不動尊で咲いているホトトギスと同じで割りとよく見かけるホトトギス。
昭和記念公園201610

ところが、こもれびの丘南側斜面の園路沿いに咲いているホトトギスはちょっと違う。
これもタイワンホトトギスだと思うけど、微妙に花の色が違う。
昭和記念公園201610
これもタイワンホトトギスと同じような色なんだけど、蕾の色がちょっと違う。
昭和記念公園201610
こちらは色は同じだけど花びら全体に色がついている。
昭和記念公園201610
これは、全体的に色が薄い感じで、ヤマホトトギスに近いかな。
昭和記念公園201610

いろいろ微妙に違っていて面白い。
昭和記念公園201610
ここには白い花のホトトギスも咲いている。
昭和記念公園201610
白花のホトトギスはきれいだけど、ホトトギスの名前の由来となっている、
花びらの斑点模様がほとんどわからない。
昭和記念公園201610
ホトトギスはここまで。

ヤマラッキョウ、ユリ科。花火のように見える。
昭和記念公園201610
上は蕾で下が花。逆さにすると線香花火みたいにみえるだろう。
昭和記念公園201610
地下に球根があるが食用にはしないそうだ。

イヌショウマ、キンポウゲ科。
昭和記念公園201610
上が蕾、下が花。
昭和記念公園201610
そして下は少しずつ花が枯れているものかな。
昭和記念公園201610
みんなの原っぱのコスモスのところには人がたくさんいるけど、こもれびの丘は
地味な山野草ばかりなので、人が少なくてのんびり散歩ができる。

昭和記念公園(Vol.185)
(撮影 2016年10月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動尊(10/15) ホトトギスが咲き始めた

この週末、15日(土)はこの秋一番の晴れと言っていいほどきれいに晴れた東京多摩地区。

真夏はきれいに晴れても富士山が見えることがなかったが、見えるようになったということは
空気も秋になってきたということだろう。
富士山201610

着物を着た子どもたち。いい天気でまだ人も少ないから絶好の七五三参り日和。
高幡不動尊201610
菊を飾る場所も囲いが作られて先週より準備が進んでいる。
高幡不動尊201610

弁天池横。白い秋明菊は天気がいいと輝いて見える。
高幡不動尊201610

秋明菊の反対側のホトトギス(タイワンホトトギス)、ユリ科が咲き始めた。
高幡不動尊201610
昨年まではすごく大きな株だったが、きれいに刈られて小さな株になってしまった。
高幡不動尊201610
それでも花は変わらずきれい。派手な柄で見映えが良い花。

弁天池の秋明菊の横にはススキ。
高幡不動尊201610
秋らしい光景を作ってくれる。
高幡不動尊201610
だんだん涼しくなってきて、Tシャツ1枚での散歩は少し肌寒く感じる。

秋になってだんだん寒くなるのはなんだか寂しいけど、夜寝やすくなるのはいい!
空之介201610
久しぶりの空之介。
空之介はいつでも寝ているけどね・・・(笑)
空之介201610
犬の体温は人間より高いから、空之介と一緒に寝るとその暖かさが気持ち良い
季節になってきた。

今週の高幡不動Vol.416
(撮影 2016年10月15日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

京王百草園 秋の入口

久しぶりに京王百草園に行ってみた。紫陽花の時期以来。

咲き始めのホトトギス、ユリ科。この花はわりと派手でたくさん咲くと見映えがする
のでこれからが楽しみな花。
京王百草園201610
この咲き始めのホトトギスのように、この日はまだ夏から秋の装いに衣替え途中
という感じ。
京王百草園201610

高幡不動尊でも咲いていたカキツバタ、アヤメ科。
京王百草園201610
この花は狂い咲きが多い花なんだろうか・・・

シモバシラ、シソ科。
京王百草園201610
冬にこのシモバシラが枯れた茎の根本に霜柱のような氷の柱ができるのを
初めて見たのはここ京王百草園だった。

アザミにとまっているシジミチョウ。
京王百草園201610
とまっているというより頭を突っ込んでいる感じで全然動かなかった。

咲きかけのオミナエシ、オミナエシ科に止まったツマグロヒョウモン。
京王百草園201610
昭和記念公園で見たツマグロヒョウモンと違って地味な色合いなのでオスかな。

キンモクセイ、もう香りは終わってしまっていた。高幡不動尊も近所のキンモクセイも
もう香りが終わっている。キンモクセイって一斉に香りを放って、一斉に終わるような
気がしてならない。
京王百草園201610
後ろは若山牧水歌碑。京王百草園にはこういう歌碑や句碑がいくつかある。
全然ブログで紹介していないけど(笑)

ガマズミ(蒲染)、スイカズラ科の実。
京王百草園201610
ガマズミは夏の白い花を咲かせて秋は真っ赤な実をつける。
京王百草園201610
ここのガマズミもう少し実が密集して成っていたような気がするんだけど。

これはいままで見たことがない花。カシワバハグマ(柏葉白熊)、キク科。
京王百草園201610
花はコウヤボウキ(高野箒)に似ているけど葉の感じが違う。
京王百草園201610
こういう名前がわからない花を見つけたときは、葉も撮っておかないと後で
見分けがつかなくなる。

京王百草園の秋はやはりモミジの紅葉。さすがにまだ早いね。11月まで我慢。
京王百草園201610

ここは年明けの頃にたくさん日本水仙が咲く場所。ただいま準備中。
京王百草園201610

京王百草園の松連庵はお休み処になっていて、蕎麦などを食べることができた
けれど閉店してしまった。ちょっと残念。
京王百草園201610

ブログ更新の間隔があいてしまったけど、雨の週末が続いてブログネタ切れ状態(涙)。

(撮影 2016年10月2日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

京王百草園 竜胆

京王百草園の記事は久しぶりかな。それもそのはず7,8月は暑くて行っていなかった。

久しぶりに訪れたが、変わらない入口(笑)
京王百草園201510-1
 
茅葺の東屋にバラ。合うような合わないような。
京王百草園201510-2
そういえば、秋バラのシーズンかな。

明るい紫色で八重咲きの秋明菊、キンポウゲ科。
京王百草園201510-11
一重咲きよりもさらに菊に似る。

ホトトギス(タイワンホトトギス)、ユリ科。
京王百草園201510-3
 いま、いろいろなところで見頃になっている。
京王百草園201510-4
鳥のホトトギスの胸にある模様と、この花の斑点模様が似ているということだけど、
そもそも鳥のホトトギスを見たことがないのでわからない。
京王百草園201510-5
派手な花だから、写真を撮りやすくて、ついついたくさん撮ってしまう。 

今回の一番の目的はこのリンドウ(竜胆)、リンドウ科を見ること。
京王百草園201510-6
でも、まだ早くて、ほとんど蕾・・・残念。
京王百草園201510-7
 
アザミ、キク科。アザミっていろいろな種類があるみたい。これは何かな?
京王百草園201510-8
アザミって真夏の花かと思ったらこの時期でも咲いているだね。

吉祥草、ユリ科。
京王百草園201510-10
先日、高幡不動尊で咲いているのを見たけど、実は最初に見たのはこの京王百草園。
京王百草園201510-9
薄暗い湿った場所を好む花なので、高幡不動尊の時と同じで写真写りが今一つ。

京王百草園201510-12
これは、初冬を待つ日本水仙たち。

次に京王百草園に来るときは、紅葉がきれいな頃になるだろうね。


(撮影 2015年10月11日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 


昭和記念公園(2015年10月12日)日本庭園のようす

10月12日の昭和記念公園日本庭園の様子。

これからの時期にこの日本庭園に期待するのは、やはり紅葉。
昭和記念公園201510-2
 少し色づいている木々もあるけど、まだ少し早い。
昭和記念公園201510-4
 
部分的に撮ると、ちょっといい感じに見えたりもするけど、まだ早いよね。
 昭和記念公園201510-8
昭和記念公園のモミジ類の紅葉は10月下旬から。

コムラサキの実。そろそろ終わり。
昭和記念公園201510-5

シュウメイギク、キンポウゲ科もそろそろ終わり。
昭和記念公園201510-7
いつも高幡不動尊で白い秋明菊ばかり見ているので、この赤紫色は新鮮に見えるけど、
もともとの秋明菊の色はこの赤紫色だったそうだ。

昭和記念公園201510-1
この時期一番良く咲いているのは、ホトトギス(タイワンホトトギス)、ホトトギス科。
昭和記念公園201510-6

ツワブキ、キク科。キャラブキはこのツワブキの葉っぱで作られているそうだ。
昭和記念公園201510-3
私には、その名前から妻夫木(聡)が連想される。

サンシュ、ミズキ科。この実は食べられるらしい。
昭和記念公園201510-9
春黄金花と呼ばれ、早春には黄色い花が咲き、木全体が輝いて見える木。 

立川口、カナールのイチョウ並木、少し色が変わったかな?という程度。
昭和記念公園201510-10
イチョウ並木の黄葉は11月中旬から。お楽しみはもう少し先です(笑)。

 昭和記念公園(Vol.143)
(撮影 2015年10月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

杜鵑草

ホトトギス
  K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2014.10  高幡不動尊

ホトトギス(タイワンホトトギス)、ユリ科。

鳥のホトトギスの胸の模様に似ているというのが名前の由来。

鳥のホトトギスは不如帰と書きますが、花のホトトギスは杜鵑草と書くそうです。

 

今週の高幡不動(10/19)今週はiPhoneで

この週末、土曜日ははっきりしない曇天、日曜日はずっと雨の東京多摩地区。

これは19日(土)午前中の高幡不動尊の様子。
高幡不動201310-9
デジカメにSDカードを入れるのを忘れて散歩に出てしまったため、この日はすべてiPhoneの写真。
SDカードが入っていないことに気がつくまで何枚も普通に撮っていた。
高幡不動201310-10
目立つデジタル一眼と違って、さり気なく写真が撮れるiPhoneもたまにはいいかなと開き直って(笑)
高幡不動201310-6
境内では着々と26日(土曜日)からの菊まつりの準備がすすんでいる。
高幡不動201310-2

五重塔手前のカエデ。当然だけど色付くのはまだ先。
高幡不動201310-3

六地蔵さんの場所は結構暗いけど問題なく撮れる。
高幡不動201310-4
iPhoneは割と広角なので、こういう場面では引いた写真より近づいた方がいいかも。
高幡不動201310-5

弁天池回りのシュウメイギク。見頃です。
高幡不動201310-8
ホトトギスもちゃんと撮れた。見頃です。
高幡不動201310-7
明るさの調整はしているけど、iPhoneもなかなかいい写り。少し鮮やかさが足らないのは曇天のためかもしれない。
 
コンパクトデジカメと同じで地面に近づいた写真はデジタル一眼よりもずっと撮りやすい。
高幡不動201310-1
 
iPhoneらしくスクエアな土方さんの写真も。
高幡不動201310-11

今年の万燈会は11月23日(土)・24日(日)。
高幡不動201310-12
高幡不動尊参道にロウソクが並ぶもみじ灯路は雨天順延なので、是非晴れてほしい。

それよりも2つの台風が近づいてきているこの週末。26日(土)に菊まつりは開催できるのだろうか・・・
この週末は土・日曜日とも予定が入っていて散歩はできないんだけど(涙)

今週の高幡不動Vol.287
(撮影 2013年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

京王百草園 秋の風景

好天に恵まれた3連休の京王百草園。
紅葉にも早く特に何か見所があるわけではないが、しっとりした秋の雰囲気が楽しめる。
京王百草園201310-2
ススキっていい雰囲気の光景をつくるね。
京王百草園201310-8

 いま園内で一番目をひくのはこのホトトギス。
京王百草園201310-5
ヤマホトトギスよりちょっと派手なタイワンホトトギス、ユリ科。
京王百草園201310-6
秋の日射しに輝いて見える。
京王百草園201310-7
 
見たとおり(笑)紅葉の時期にはまだ早い。
京王百草園201310-11
爽やかな晴天時に静かな園内を独り占めできる。
京王百草園201310-4

道路脇や垣根などで良く見かけるこの小さな白い花はアベリア、スイカズラ科。
京王百草園201310-9
 花園衝羽根空木(はなぞのつくばねうつぎ)という長い別名があるそうだ。

京王百草園201310-10
この花、ネットでいろいろ調べてみたら、葉がギザギザならばカシワバハグマ(柏葉白熊)、葉にギザギザがなければコウヤボウキ(高野箒)、キク科らしいけど、この葉ってギザギザ?微妙だ・・・

京王百草園201310-3
 こういう形の花はたくさんあってネットで調べてもよくわからないが、ユウガギク(柚香菊)だろうか。
柚香菊ならば柚子の香りがするそうなので、再度行って確認したかったが、この週末は天気が悪くて散歩に出られなそう
 
(撮影 2013年10月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

今週の高幡不動(09/28)お不動さんの日

毎月28日は高幡不動尊で市がたつお不動さんの日。

9月28日(土)は暑くもなく、寒くもなく、そして空には雲もない絶好の行楽日和となった。
高幡不動201309-1
さすがに境内の人が多い。この日だけは多摩地区の巣鴨と誰かが言っていたが、年齢層が高い。

だから、お不動さんの日の露店はふだんの縁日の店とはちょっと趣が違っている。

高知産の根生姜や漬け物の店。
高幡不動201309-3

青森にんにくとシイタケの店。
高幡不動201309-6

ドライフルーツの店。
高幡不動201309-5

佃煮の店。「子持ちわかさぎ」「小ブナ」「フナ甘ろ煮」「あさり」「しじみ」。
高幡不動201309-2
真ん中の赤い看板に、つくだに たておき1000円、よこおき500円と書いてあるけど、意味がよくわからない。

いろいろなカゴを売っている店。
高幡不動201309-4
孫の手と肩たたき。
高幡不動201309-7
かわいいフクロウの置物。
高幡不動201309-8
ござれ市でも初詣でもない品揃え(笑)

高幡不動201309-9
お不動さんのイチョウは先日の台風でも銀杏はあまり落ちなかったようだ。

弁天池まわりでは、秋明菊の花がだんだん増えてきた。
高幡不動201309-12
 次に咲く花はこのホトトギス(タイワンホトトギス)。
高幡不動201309-13

とても秋らしい焼き栗。年中売っているような気もするけど・・・・
高幡不動201309-10

秋のメインイベント、第43回菊まつり。今年は10月26日から11月17日まで。
高幡不動201309-14
菊まつりが終わると、引き続きもみじまつり、そして萬燈会。
高幡不動201309-11
 もみじまつりが11月18日(金)から11月30日(水)まで。あれ?この看板の曜日っておかしくない?
萬燈会が11月22日(火)と23日(水・祝)。こちらも曜日が・・・(汗)
ホームページで確認すると日付も違う。本当は23日(土・祝)と24日(日)のようだ。

 今週の高幡不動Vol.284
(撮影 2013年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

今週の高幡不動(10/21)秋晴れのござれ市

この週末は土曜日・日曜日とも秋晴れになった東京多摩地区。

七五三参りにはすごくいい週末になったかもしれない。
高幡不動201210-4

先週末は枠組みの撤去工事中だったが、それも終わって屋根が姿を見せた。
高幡不動201210-5
定位置からちょっとさがって撮ってみる。でも正面からはまだよく見えない
高幡不動201210-6
裏に回って見ると、真新しい屋根がよく見えた。
高幡不動201210-9

この日は第3日曜日、恒例のござれ市の開催日。
高幡不動201210-8
不動堂回りは工事中で菊まつり用のスペースにも出店。

このチェス・チェッカーとニュー・バンカース。両方とも子どもの頃の我が家にあった。
高幡不動201210-7
箱だけでもすごく懐かしい。昔はよくこういうゲームをして遊んだ。

高幡不動尊の境内にもキンモクセイが何本かあってこの時期らしい香りが漂う。
高幡不動201210-1

これは前日の写真。土曜日は作業をしていた。
高幡不動201210-2
さすに慣れている、足場がなくなったあとでも普通に作業しているのがすごい。

下は境内の入り口にある仁王門の屋根。いま修復中の不動堂のピカピカ屋根は、どれくらい経つとこんな渋い風合いになるんだろうか。
高幡不動201210-11

弁天池まわりのホトトギスが盛んに咲いている。
高幡不動201210-3
シュウメイギクもたくさん咲いて、この場所だけ明るくなったように見える。
高幡不動201210-10

不動堂の屋根は工事が終わったらすご〜く目立ちそう。
高幡不動201210-12

少し前から日野市の浅川河川敷からも富士山が見える時期になってきた。山頂付近に雪がある姿が見えたのはこの週末が今シーズン初めてかもしれない。
高幡不動201210-13

さて、次の週末は高幡不動尊の第42回菊まつり開催(10月27日から11月18日)。
今年は菊の出来具合はどうなんだろうね。

今週の高幡不動Vol.237
(撮影 2012年10月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(10/13)不動堂の屋根に変化

すっかり秋になって、散歩するのが気持ちよい季節。ただし天気がいい日に限るけどね。

青空に白い雲がいい感じ。散歩していて空を見上げることが多くなったような気がする。
高幡不動尊201210-3

ずっと長い間ネットで完全に覆われていた屋根の部分に変化が
高幡不動尊201210-1
屋根の上の骨組みを撤去しはじめているようだ。
高幡不動尊201210-2
不動堂の裏からクレーンで吊り上げて撤去していた。さすがに正面からはやらないね。
高幡不動尊201210-9
すごくピカピカの屋根が出現しそう。
高幡不動尊201210-8

少しだけ咲き始めたキンモクセイ。この日はまだほとんど香りはしなかった。
高幡不動尊201210-5

10月27日(土)からはじまる菊まつりを前にして、いまは弁天池回りが一番華やか。
高幡不動尊201210-7
シュウメイギク(上)とホトトギス(下)。
高幡不動尊201210-6
ホトトギス(タイワンホトトギスはユリ科。
葉や花にある斑点模様が鳥のホトトギスの胸にある模様と似ていることが名前の由来だけど、鳥のホトトギスを見たことがない・・・

フリーマーケットで見つけたカラフルな飾り物。
高幡不動尊201210-11
これは沖縄をイメージしたカラーなんだそうだ。赤、紺、黄が確かに沖縄っぽい。
高幡不動尊201210-13
こちらはメキシコのイメージ。黄と緑がメキシコなんだね。
高幡不動尊201210-12
この飾りは1つ100円だったかな。買うよりも色のイメージを考えながら自分で作る方が楽しそう。

まだ紅葉には早いが大師堂の前で色づく葉。
高幡不動尊201210-4
境内もだんだん秋らしい風景になってきた。
高幡不動尊201210-10
クレーンのある境内がちょっと珍しい。

来週末のござれ市が終わると、境内のいろいろなところで菊まつりの準備が始まる。それまでに屋根の回りのネットや足場が外されるといいね。

今週の高幡不動Vol.236
(撮影 2012年10月13日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(09/30)台風前の青空

9月30日(土)、翌日の夜に台風が再接近した東京多摩地区。前日は穏やかないい天気。
高幡不動201209-3
きれいな青空の下、昨年新しくなった五重塔の相輪が輝く。
高幡不動201209-2
特に行事がなくても境内に参拝者が多いのは、気候が良くなってきた証拠かな。

大日堂前でも彼岸花が咲いた。
高幡不動201209-4
普段何もない場所から1週間で伸びて花まで咲かせる生命力。
今年はお彼岸から1週間遅れたけどね
高幡不動201209-5
待ってました。高幡不動尊大日堂前の紅白の彼岸花。
高幡不動201209-6

弁天池回りで咲く彼岸花も増えた。これぐらいの密度で咲いている方がいい。
高幡不動201209-7
シュウメイギク(秋明菊)、キンポウゲ科もかなり咲いてきた。
高幡不動201209-8
ホトトギス(タイワンホトトギス)はまだ蕾。
高幡不動201209-9
セージの仲間。この色はコバルトセージ?
高幡不動201209-10
コバルトと言えば、思い出すのが「コバルトの季節の中で(沢田研二)」。1976年発売のこの曲、彼の曲の中でかなり好きな1曲。
「秋風がよく似合いますね」という歌詞があるので、コバルトは秋なんだね

ちなみに1976年のレコード大賞は「北の宿から(都はるみ)」、オリコン年間シングル1位は「およげ!たいやきくん(子門真人)」。懐かしい・・・

秋になると恒例の菊まつりが始まる。
高幡不動201209-1
昨年は震災や計画停電・節電の影響などがあって今ひとつだったが、今年の菊の出来具合はどうなんだろう。

第42回 高幡不動尊 菊まつりは10月27日(土)から11月18日(日)まで。

今週の高幡不動Vol.234
(撮影 2012年9月29日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(09/22)秋分の日から秋

祝日なんだけど土曜日なのが、ちょっと  かなりもったいない気がする秋分の日。
高幡不動201209-3
この翌日の日曜日はほとんど1日中雨が降って散歩に出ることができなかった。なんだかこのところ毎日、雨が降っているような気がする。

東京多摩地区は秋分の日を境に季節が夏から秋に変わった感じ。
高幡不動201209-4
ハギ、マメ科。ご存じ秋の七草。
上が紅萩、下が白萩。なんて簡単に書くけどハギにもいろいろな品種があるようだ。
高幡不動201209-6
区別がつかずに悩むことになりそうだから、これ以上品種を追求するのはやめておく

ヒヨドリバナ(鵯花)、キク科。
高幡不動201209-8
上のヒヨドリバナは下の秋の七草の1つフジバカマ(藤袴)、キク科と花がすごく似ている。
高幡不動201209-13
上写真は高幡不動尊ではなく、散歩道で撮ったもの。高幡不動尊にはヒヨドリバナはよく見かけるが、フジバカマは見かけない。

この週末はお彼岸。お彼岸は春・秋分の日を中日としその前後3日を含む7日間。
そしてお彼岸と言えばこの彼岸花。これは弁天池のまわりで咲いていたもの。
高幡不動201209-12
高幡不動尊の大日堂前では紅白の彼岸花が咲くが、今年はまだ。確か昨年は紅白のどちらかしか咲かなかったような気もする。

この時期あちらこちらで見かけるヤブラン(薮蘭)。そろそろ緑や黒の丸い実を付け始めているヤブランも多い。
高幡不動201209-5
これは日本庭園にお似合いの葉が白い斑入りのヤブラン。
高幡不動201209-7

変な感じに色づいた葉っぱ・・・
高幡不動201209-9

これはヤマホトトギス、それともヤマジノホトトギス?
高幡不動201209-10
ネットで調べると、花被片の反り返りぐあい、花の付き方、中央の花柱の紫の斑点の有無などでヤマジノホトトギスと見分けるそうだが、なかなか違いがわからない。
高幡不動201209-11
ヤマホトトギスのような気がするんだけど、まあいいか。

もうしばらくすると弁天池のそばではもう少し派手なホトトギス(タイワンホトトギスとも呼ばれる)が咲く。下は2010年10月撮影。
高幡不動201209-14
こちらの方が色がはっきりしていて写真が映えるので好きなんだよね。

今週の高幡不動Vol.233
(撮影 2012年9月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(10/23)山茶花サザンカ咲いた道

2週連続で土曜日が雨模様、そして日曜日も雨は降らなかったがはっきりしない東京多摩地区。

もう山茶花が咲き始めている。さすがに焚き火はしていなかったけど、早いなぁ・・・ 
高幡不動201110-12

今日の高幡不動尊の境内は、なんだか人が多いなと思ったら、そろそろ七五三参りの季節。
高幡不動201110-1
普段あまりみかけないきちんとした服装をしている人が多い。
高幡不動201110-2
まだ千歳飴は売っていなかった、残念
続きを読む
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ