ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ベニバナトチノキ

昭和記念公園 なんじゃもんじゃの木

これもゴールデンウィーク前半の昭和記念公園、春の花のつづき。

これは一つ葉田子、モクセイ科。
昭和記念公園201804
別名のなんじゃもんじゃの木の方がなじみがある名前かもしれない。
昭和記念公園201804
明治時代、道路沿いにこの木が植えられていて名前がわからなかったので「何の木じゃ?」と呼ばれているうちに「なんじゃもんじゃ」という名前になったとか・・・
昭和記念公園201804
細かい白い花がたくさん咲いて、まるで木の枝に雪が積もったように見える。

この時期らしい花、ボタン(牡丹)、ボタン科。
昭和記念公園201804
牡丹のすぐ後に咲く、同じボタン科のシャクヤク(芍薬)と見分けがなかなかつかない。下の写真も牡丹。
昭和記念公園201804
ボタンは樹木、シャクヤクは草に分類されるそうだが、よくわからない・・・

これはハマナス、バラ科。浜茄子又は浜梨と書くそうだ。
昭和記念公園201804
主に海岸の砂地に咲き、甘酸っぱい実がなるので、「ハマナシ」と言われたのが訛って「ハマナス」となったそうだ。だからナスは関係ない。

トチノキ(栃の木)、トチノキ科。
昭和記念公園201804
セイヨウトチノキはマロニエとも呼ばれるが、この写真では葉の回りにギザギザがないのでマロニエではなく栃の木だと思う。
昭和記念公園201804

こちらはベニバナトチノキ(紅花栃の木)、トチノキ科。
昭和記念公園201804
花が紅色の栃の木。
昭和記念公園201804
青空が背景だときれいに見える花ばかりだ。

昭和記念公園(Vol.265)
(撮影 2018年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

神代植物公園 芝生広場周辺から府中へ

ゴールデンウィーク後半5月5日に行った神代植物公園の続き。
今回はバラ園から離れて芝生広場周辺の様子。
神代植物公園201305-1
ホオノキ、モクレン科。いい香りがするらしいが、高いところにあってわからなかった・・・

ベニバナトチノキ、トチノキ科。
神代植物公園201305-2
聖蹟桜ヶ丘の街路樹がこのベニバナトチノキ。

フレンチラベンダー、シソ科。
神代植物公園201305-3
ウサギの耳のような姿がかわいい。

オオアマナ、ユリ科。質素だけど品格を感じる花。
神代植物公園201305-4
英名がStar of Bethlehem。キリストの生誕を知らせたベツレヘムの星に例えられた名前。

これは変わった木というか花、ハンカチの木、オオギリ科。
神代植物公園201305-5
名前の通り、木にハンカチがたくさんかかっているように見える。
神代植物公園201305-6
この白いのが花。平成3年に開園30周年を記念して植えられたそうだ。

神代植物公園201305-7
深大寺門から出て深大寺に向かう。いつものルート。

神代植物公園201305-8
さすがにゴールデンウィークだけあって人が多い。
神代植物公園201305-9
どこの蕎麦屋も長蛇の列だったので、残念だけどこの日の蕎麦はあきらめる。

いい天気だったので調布からの帰りに府中で途中下車。
神代植物公園201305-10
府中で降りたのは大國魂神社でくらやみ祭りが開催されているから。
神代植物公園201305-11
予想通り、ここもたくさんの人を見に行った感じ。
神代植物公園201305-12
とりあえずお参りだけはしないとね。
神代植物公園201305-14
気温があがってアメもなんだかすごい状態に(笑)
神代植物公園201305-13
植木市では、神代植物公園でほとんど咲いている姿を見ることができなかったシャクヤク、ボタン科を売っていた。

普段の高幡不動から少し離れた散歩。バラより人を鑑賞した感じだったけど、天気も良く気持ちの良い散歩だった。

(撮影 2013年5月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ