ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ベニバナトキワマンサク

今週の高幡不動尊(04/10) 水芭蕉が咲いている

4月10日(日曜日)の高幡不動尊。春はたくさんの花が咲くので今回は同じ日の2回目。

高幡不動尊でも水芭蕉が咲く。
高幡不動尊201604-7
水芭蕉と言えば尾瀬。水のきれいな山の中で咲く花というイメージなので、
初めて高幡不動尊で咲いているのを見つけた時は驚いた。
高幡不動尊201604-6
しかも「夏の思い出」という歌で初夏の花のイメージがあったので、回りにまだ桜が
咲くこの時期に咲いていることも驚きだったが、実際は、春の高山植物なんだそうだ。

季節外れついでにこの光景。秋の紅葉の時期のようだ。
高幡不動尊201604-8
これは葉が新しく出た時から赤く色づいているノムラモミジだと思う。
ノムラモミジの葉は、夏にいったん緑色になり、秋になるとまた赤くなるという1粒で
2度おいしいモミジ。

山の方に入るとこの時期らしい花、スミレが一杯咲いている。
高幡不動尊201604-3
回りに桜の花びらが落ちているのがこの時期らしい。
高幡不動尊201604-4

これはシャガ、アヤメ科。ちょっと早めのような気がする。
高幡不動尊201604-5

これはベニバナトキワマンサク(紅花常磐万作)、マンサク科。
高幡不動尊201604-1
マンサクと言えば、もっと早い時期に咲く普通の(?)マンサクがある。
下の写真は3月に大日堂横で撮ったマンサク。
高幡不動尊201604-12
下の写真は3月の昭和記念公園で撮った色が茶色いマンサク。
高幡不動尊201604-11

このブドウのように咲いているのはキブシ、キブシ科。
高幡不動尊201604-2
ちょっと変わった感じのこの花が木にたくさんぶら下がっている姿はちょっと面白い。

少し前から咲いているシャクナゲ、ツツジ科。
高幡不動尊201604-9
五重塔をバックに。
高幡不動尊201604-10

 今週の高幡不動Vol.393
(撮影 2016年4月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動(04/18)境内の花々

相変わらず天気が安定しない日々が続く東京多摩地区。
それでも18日(土)は午前中はいい天気になった。
高幡不動尊201504-2
 この時期は晴れると爽やかで気持ち良い。

シロバナタンポポ。
高幡不動尊201504-4
 撮ったあとで、なんかもっといい撮り方はなかったものかと反省(汗)

セイヨウジュウニヒトエ、シソ科。
高幡不動尊201504-3
 園芸品種としてはアジュガと呼ばれているそうだ。

ベニバナトキワマンサク、マンサク科。
高幡不動尊201504-5
ピラピラした花びらのマンサクの仲間。 

ハナミズキ、ミズキ科。
高幡不動尊201504-6
爽やかな晴れの日には木全体が輝いて見えるね。 

八重咲きのヤマブキ、バラ科。
高幡不動尊201504-7

シジミソウだと思う・・・
高幡不動尊201504-8
ユキヤナギに似ているけど、花が少し大きい。

枝垂れ桜は花期が長くてまだ楽しめる。いい天気の日に見ると、一段ときれいに見える。
高幡不動尊201504-9

アヤメ、アヤメ科。
高幡不動尊201504-1
もうアヤメの季節。なんだか早いなぁ(笑) 

 今週の高幡不動Vol.351
(撮影 2015年4月18日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動(4/26)シャガとツツジ

この週末は初夏のような陽気になった東京多摩地区。

4月26日から29日まで春季大祭国宝まつりが開催されている高幡不動尊。
高幡不動201404-1
写真で見てもさわやかな雰囲気の境内(笑)

お鼻井戸の近くで小さな白い花がたくさん咲いている。
高幡不動201404-3
1つの茎から2つの花が咲いているから、これはニリンソウ(二輪草)、キンポウゲ科かな。
高幡不動201404-4
1つの茎に1つの花だとイチリンソウ(一輪草)。
 
大日堂前のベニバナトキワマンサク(紅花常盤満作)、マンサク科。
高幡不動201404-5
ペラペラの花びらが特徴。白い花もある。

日差しを浴びて輝いているのがオウゴンキャラボク(黄金伽羅木)、イチイ科の植物。
高幡不動201404-6
キンキャラとも呼ばれ、庭を明るくするので庭木として人気があるそうだ。
こんな庭木を植える庭がほしい・・・(笑)

この時期に境内や山内で一番目立つのはシャガ、アヤメ科。
高幡不動201404-7
 山アジサイの自生地でも群生して咲いていて、いまはシャガの天下。

高幡不動201404-8
これから5月にかけてどんどんきれいに咲くのはツツジかな。
高幡不動201404-9
場所は交通安全祈願殿の後ろ側。
 高幡不動201404-10
同じツツジを駐車場側から見たところ。
高幡不動201404-13

小さな藤棚。フジの花はもう少し。
高幡不動201404-11
こちらはすごく大きな野生の藤。
高幡不動201404-2
場所は聖天堂の横、お鼻井戸の上を下から見上げる感じ。

弁天池で咲いているこの花はカキツバタ、アヤメ科だろうか。
高幡不動201404-12
アヤメ科の花はツツジと同じ5月を代表する花。

高幡不動尊前を通る川崎街道は街路樹のハナミズキが見頃。
高幡不動201404-14

今週の高幡不動Vol.313
(撮影 2014年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動(04/14)緑青は毒ではなかった・・・

4月に入ってから気温が低い日が続いていた東京多摩地区。久しぶりに20℃を越えた日曜日。
高幡不動201304-2
 
 入り口の仁王門横の枝垂れ桜は葉っぱがたくさん出てきている。
高幡不動201304-12
葉が出て来た枝垂れ桜は花がなければ柳のようだ。
高幡不動201304-11

ベニバナトキワマンサク、マンサク科。マンサクの紅花版っところ。
高幡不動201304-4
後ろの黄色いのは何だろう?
高幡不動201304-5

ハナミズキ、ミズキ科。これから街路樹のハナミズキが輝く時期だ。
高幡不動201304-3

藤棚のフジが少し咲き始めた。
高幡不動201304-6

弁天池まわりのシャクナゲ、ツツジ科。
高幡不動201304-10
これはカキツバタかな。
高幡不動201304-9
「いずれあやめかかきつばた」って毎年言っているよ(汗)

春季大祭のことが掲示されている。爽やかで気持ちのいい季節になる。
高幡不動201304-1
そろそろ新緑の季節だよねと思ったら、ちょっと緑ではない色が交じっている。
高幡不動201304-8
その原因はこれ、モミジの花。小さいけどすごい数。
高幡不動201304-7

先週は境内のそこら中でこんな感じにサクラの花びらが積もっていたが、今週はほとんどきれいに掃除されていた。
高幡不動201304-13
ここは大師堂前の古い手水場。
高幡不動201304-14
屋根の緑青がいい感じの雰囲気を作っている。
高幡不動201304-15
何度も訪れいている高幡不動尊にまだあまり見ていない風景があった。

ところで緑青(ろくしょう)って子どもの頃から猛毒だって聞いていたけど、実は特筆すべき毒はないそうだ。ということを今日初めて知った(汗)。
確かに、緑青って生活の中でわりと良く見かけるから、これが本当に猛毒だったら、もっと被害のニュースが出ているはずだよね。

今週の高幡不動Vol.262
(撮影 2013年4月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(05/06)境内の花たち

高幡不動尊201205-13
弁天池そばで咲いたボタン。見事な大輪の花。
高幡不動尊201205-14
これからは高幡不動尊でも色々な花が咲き始める。

同じく弁天池まわり。
高幡不動尊201205-11
これはアヤメかカキツバタか?いつも同じことを書いているのでは進歩がない。
高幡不動尊201205-1
花びらに編目状の模様があるので、アヤメではないかと思う。ちょっと進歩

カメの甲羅干しにもいい季節になってきた。
高幡不動尊201205-12
早咲き山あじさい「笛吹錦(斑入り)」
高幡不動尊201205-2
かなり早咲のように思えたが、もうすぐ6月、梅雨そしてアジサイの時期だ。

アメリカロウバイ(別名クロバナロウバイ)、ロウバイ科。
高幡不動尊201205-6
北アメリカ原産でロウバイのアメリカ版。日本のロウバイとは違って香りはほとんどしなかった。
セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)、シソ科。
高幡不動尊201205-5
シラン(紫蘭)、ラン科。まだ咲き始め。
高幡不動尊201205-7
ベニバナトキワマンサク、マンサク科。
高幡不動尊201205-8
トキワマンサクの紅色版、トキワマンサクより多くみられるそうだ。花がちょっとキクモモ(菊桃)に似ている。

高幡不動尊山内の山あじさいが咲く場所には、いまシャガ、アヤメ科が満開。
高幡不動尊201205-10
きれいなんだけど、たくさん咲いているとなんだかちょっと不気味。
高幡不動尊201205-9

不動堂屋根の補修工事は連休中はお休みかな。
高幡不動尊201205-4

来週は「ひの新選組まつり」。なんでこの時期か?それは新選組副長土方歳三の命日5月11日にちなんで、5月の第2土・日曜日に行われる。昔は秋に行われていたんだけどね。
高幡不動尊201205-3
このまつりは土方歳三の菩提寺であり、位牌が安置されている高幡不動尊大日堂の改修され、それを祝う落慶法要の1つとして有志がはじめたそうだ。
高幡不動尊201205-15
良く似た2枚の写真だけど、参道の中程で高幡不動尊側と高幡不動駅側を撮ったもの。5月13日はこの参道で新選組パレードがある。 

今週の高幡不動Vol.213
(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(04/24)今度は八重桜

高幡不動尊201104-7

連休前の週末、土曜日は上空の寒気の影響で雨が降ったり急に晴れたりの不安定な天気。翌日曜日は朝からいい天気になったものの境内は人が少なくとても静か。
高幡不動尊201104-8

奥殿横に小さな紫色の花。セイヨウジュウニヒトエ(別名アジュガ)、シソ科。
高幡不動尊201104-1
西洋の十二単って何?っていう名前。

大日堂前で咲いている、きれいな明るい紫のベニバナトキワマンサク(紅花常磐満作)、マンサク科。
高幡不動尊201104-3

見上げると、青空の下に葉桜になりつつあるソメイヨシノと明るい緑がきれいなカエデの若葉。季節が少しずつ進んでいる。
高幡不動尊201104-2

枯れた色が多かった五重塔の回りもだんだんと若葉の色が進出してきた。
高幡不動尊201104-4

ここは若葉に下に八重桜が見頃。
高幡不動尊201104-9

でも、この葉っぱと花のかたまりは、まさに桜餅だよね。また食べ物を連想してしまった・・・
高幡不動尊201104-6

まだ藤は咲き始めたばかりで、藤棚のそばも八重桜が主役。
高幡不動尊201104-5

河津桜から始まってソメイヨシノ、枝垂れ桜と続いて、高幡不動尊はいま八重桜の出番。
高幡不動尊201104-12

でも、次に続く(?)花、ハナミヅキ(花水木)もきれいに咲いている。
高幡不動尊201104-11
背景の顔は高幡不動尊前の高幡まんじゅう本店壁に描かれた土方さん。

青空の下で白いハナミズキがきれいに輝く。
高幡不動尊201104-10
ハナミズキはミズキ科。ミズキの仲間で花が目立つことからこの名前になったそうだが、春の花だけでなく、秋には紅葉と赤い実も楽しめる

最後に23日土曜日の虹。雨がやんで急に晴れてきたので、虹が出ているのではないかと、カメラを持って家を出たら見事に出ていた。
虹20110423
ここまで全部見える虹ってなかなか撮れない。単に田舎で遮るモノがないだけかも

今週の高幡不動Vol.166
(撮影 2011年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ