ゴールデンウィーク前半、4月末の昭和記念公園、みんなの原っぱの様子。

今年の原っぱ西花畑は11品種の花が咲くブーケガーデン。
昭和記念公園201804
ヤグルマギク(矢車菊)、キク科。鯉のぼりの柱の先端につける矢車に似ていることからついた名前。いつみてもこの青紫色はいい色だ。

11品種の花が一度に咲くわけではなく、順番に咲いていくようで、この日はネモフィラが一番きれいに咲いていた。
昭和記念公園201804
写真ではよくわからないけど、ネモフィラの他にジャーマン・カモミール、キク科も一緒に咲いている。

オレンジ色の花は、花菱草(ハナビシソウ)、ケシ科。別名カリフォルニアポピー。
昭和記念公園201804

ヤグルマギクの間で咲いている赤い花はシャーレーポピー、ケシ科。ヒナゲシの一種。
昭和記念公園201804
シャーレーポピーはここではなく花の丘の方が見応えがあるが、この日の花の丘はまだ開花始めだったが、昭和記念公園のホームページによると、ゴールデンウェーク後半から花の丘も見頃になるとのこと。

こちらは原っぱ東花畑の様子。
昭和記念公園201804
青空の下に黄色い絨毯が敷いてあるようだ。
昭和記念公園201804
これは春から咲いている菜の花、アブラナ科。

奥のソメイヨシノはすっかり葉桜になってしまっている。
昭和記念公園201804
下写真は4月最初の週末の様子。この時はソメイヨシノはきれいだけど菜の花は今のほうがより一層濃い感じ。
昭和記念公園201804
まだ1ヶ月も経過していないのにずいぶん違う風景だ(笑)

ソメイヨシノは咲いていないけど、菜の花はいまが見頃なのかもしれない。
昭和記念公園201804
菜の花はアブラナ科アブラナ属の花の総称でいろいろな品種があるようだ。
昭和記念公園201804
菜の花は長〜く楽しめる花だ。

昭和記念公園(Vol.263)
(撮影 2018年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ