ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ブラシノキ

京王百草園 初夏の花々

梅雨入り間近の京王百草園の様子。初夏の花々が咲いていた。

ブラシノキ、フトモモ科。ビンを洗うブラシに似ていることでついた名前。
京王百草園201806
下は少し色が違う品種。こちらの写真の方がブラシらしい姿がわかる。
京王百草園201806

心字池ではスイレン、スイレン科が咲いている。
京王百草園201806
下はあまりみかけない黄色いスイレン。
京王百草園201806
春先はたくさんオタマジャクシが泳いでいたので、そのうちカエルが葉の上にいるところが撮れるかもしれない。

ホタルブクロ、キキョウ科。
京王百草園201806

これはキスゲ(黄菅)、ユリ科。ニッコウキスゲだろうか・・・?
京王百草園201806

アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)、アカバナ科。夕方に花が咲くことからついた名前だけど、昼間に咲くこともあるそうだ。
京王百草園201806
この時期はわりとよく見かけるすごく小さな花。

もちろんアジサイも咲いている。
京王百草園201806
竜安寺垣だろうか、こういう竹垣越しのアジサイを見ると日本庭園らしさを感じる。
京王百草園201806

東屋とアジサイ。これも京王百草園らしい風景。
京王百草園201806
すでに西洋アジサイがかなり咲いている。
京王百草園201806
大勢の人がアジサイを見に訪れる高幡不動尊と違ってここは訪れる人がかなり少ない。
山アジサイも咲いている。中心部分の花もしっかり咲いている。
京王百草園201806
これは墨田の花火。
京王百草園201806

ここは梅の名所だけあって、見上げるとたくさん梅がなっている。
京王百草園201806

そして梅の天日干し。
京王百草園201806
売り出さないのかなぁ。

(撮影 2018年6月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 


京王百草園 ブラシノキ

ゴールデンウィークにきれいな藤棚を見ることができた京王百草園。今回訪れた時は藤の花は終わって新緑の季節になっていた。
京王百草園201305-1
キショウブ、アヤメ科がきれいに咲いている。
京王百草園201305-3
こちらは心字池のキショウブ。やはり水辺が似合う花。
京王百草園201305-7

アジサイ、シチダンカ(七段花)、八重の装飾花がきれい。
京王百草園201305-2
京王百草園のアジサイは見晴らし台を越えた奥の方(おちばたき会場回り)にたくさん咲く。でもアジサイにはまだちょっと早い。

アザミ、キク科。夏休みのイメージがする花。
京王百草園201305-8
もちろん、このあとしばらく頭の中は中島みゆきの「アザミ嬢のララバイ」が流れる(笑)。

タツナミソウ(立浪草)、シソ科。
京王百草園201305-9
「波立つような」上に飛び出す感じの変わった花の形が名前の由来だそうだ。

カルミア、ツツジ科。この花もちょっと変わった形。別名アメリカ石楠花。
京王百草園201305-10
この花を見ると、アポロというチョコレートを思い出す。でもそれほど形が似ているわけではない(汗)

ブラシノキ、フトモモ科。名前は見たまんま、ビンを洗うブラシにそっくり。
京王百草園201305-6
オーストラリア原産で明治時代に渡来。ブラシのような赤い糸は雄しべなんだそうだ。
京王百草園201305-14
ブラシが木にたくさん付いているようで、なんだか見ていて笑えてくるぐらい変な光景。
京王百草園201305-13

足元にたくさんの梅の実が落ちていた。
京王百草園201305-11
見上げるとまだたくさんの梅の実がなっている。
京王百草園201305-12
京王百草園は梅の名所だけあって、よく見ると園内の至るところに梅の実がなっている。

昨日の近畿・東海地方に引き続き、関東甲信地方も今日(5月29日)に梅雨入り。梅の雨とはよく言ったもので、しっかりと梅の実がなっている。

今年の梅雨入りは平年より10日も早く、統計開始以来3番目に早い梅雨入りになったそうだが、早く入れば早くあけるというものではないのが残念・・・
京王百草園201305-4
これから緑が一層深くなる。
人間にはあまり喜ばれることがない梅雨だけど、木々や草花には大切な雨なんだろう。そして都会に住む人間にとっては夏に備えて水ガメを一杯にする貴重な雨でもある。

(撮影 2013年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 あじさい散策

京王百草園201206-4
久しぶりに京王百草園へ散歩。今年は藤棚のフジがまったく咲かなかったので5月は1度も行っていなかった。
京王百草園201206-1

あじさいの見所としては、百草園からひと駅のところに高幡不動尊があるため、あまり目立たないが、高幡不動尊とはまた違った雰囲気であじさいを楽しむことができる。
京王百草園201206-14

これは見晴らし台を越えたところにある「おちばたき会場」と呼ばれる広場の脇に咲くあじさい。
京王百草園201206-6
もったいないことに、これだけあじさいが見頃なのに人がほとんどいない。
京王百草園201206-7

里山の中で勝手に咲くあじさい。
京王百草園201206-8
草藪の中で咲いているので、そばによることができない。

京王百草園にもスミダノハナビ(墨田の花火)が咲いていた。どこで見ても見映えがするあじさい。
京王百草園201206-13
これはスターマイン。上のスミダノハナビを品種改良したものなので名前が花火つながり。
京王百草園201206-2

あじさいシーズンの京王百草園の催し物、アジサイコンサート。
京王百草園201206-9

梅雨は梅の熟す時期の雨が由来という説がある、その通りに熟した梅の実。
京王百草園201206-3
梅と実の横で咲くあじさいを見ることができるのが、京王百草園らしい。
京王百草園201206-11
そんなに風情がある光景とは言えないけどね・・・

ブラシノキ、フトモモ科。5月頃に咲く花なので、もうほとんど終わりかけだった。
京王百草園201206-10

ホタルブクロ、キキョウ科。
京王百草園201206-5
ノカンゾウ、ユリ科。ホタルブクロもノカンゾウも夏の花。
京王百草園201206-12
園内の売店やそば処はこの週末7月1日(日)までの営業。その後、9月末までお休みになり、とても静かな京王百草園になる。
もちろん京王百草園は休園日以外は入ることができるので、夏の花や山野草をゆっくり見ることができる。

(撮影 2012年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち