ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ヒヨドリ

今週の高幡不動尊(02/26)  河津桜が見頃

比較的穏やかな天気の週末になった東京多摩地区。
冬ほど寒くはないが、春というにはまだちょっと寒い感じの気温。

先週1〜2分咲きだった河津桜がもう見頃になっていた。早いね。
高幡不動尊201702
 
奥殿の横のミツマタ(三叉)、ジンチョウゲ科もだんだんと咲き始めた。
高幡不動尊201702

 このミツマタの向かい側で咲いているのが、弘法大師像前の紅梅。
高幡不動尊201702
咲き始めて見頃になるまでかなり時間がかかったけど、見頃の状態も
長く続いている。

サンシュ、ミズキ科もかなり咲いてきた。
高幡不動尊201702
ちなみにこのサンシュの木は、日野市の天然記念物に指定されている。

穏やかな天気だったためか、お参りの人が多い。
高幡不動尊201702

 さて河津桜。場所は駐車場から見ると交通安全祈願殿の奥になる場所。
高幡不動尊201702
ちょうど五重塔が背景になる場所。
高幡不動尊201702
メジロを待っていたんだけど、この日はヒヨドリだった。
高幡不動尊201702


高幡不動尊201702
一生懸命、桜の蜜を吸っている。
高幡不動尊201702
くちばしの咲きが花粉で黄色くなっている。

高幡不動尊201702
やっぱり桜の花はいいなぁ。

高幡不動尊201702
玉こんにゃくが定位置についた。まだそれほど気温は高くないので稼ぎ時だ。

今週の高幡不動Vol.431
(撮影 2017年2月25,26日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     


 

今週の高幡不動(3/23)河津桜に鳥たちが

お彼岸の3連休の東京多摩地区。暑さ寒さも彼岸までと言われるように春らしい週末となった。
高幡不動201403-5
お彼岸でお墓参りに来る人が多く、お線香の香りが漂う。

奥殿前のミツマタ、ジンチョウゲ科が満開。
高幡不動201403-4
今年初めて蝶が撮れた。
高幡不動201403-1
菜の花の周りではモンシロチョウが良く飛んでいるが、動き回るのでなかなか撮れない(汗)。

ミツマタのすぐ下には、しろばなたんぽぽ。
高幡不動201403-2
 しろばなたんぽぽは日本在来種のたんぽぽ。
高幡不動201403-3

 山内のお地蔵さん越しに華やかな場所が見える。
高幡不動201403-6

交通安全祈願殿の後ろに小さな藤棚がある。そのそばで満開になっている河津桜とサンシュ。
高幡不動201403-10
河津桜とサンシュ、それぞれにピントをあわせてみる。
高幡不動201403-13
下の方がなんだか春らしくて好きかな。

このサンシュはかなり大きな木。
高幡不動201403-7
高幡不動尊にはこのサンシュよりもさらに大きな日野市の天然記念物に指定されているサンシュもある。
高幡不動201403-8
樹齢200年。江戸時代生まれか・・・

そしてこの河津桜にはいろいろな鳥が蜜を吸いに来ている。
高幡不動201403-9
これはヒヨドリ。

高幡不動201403-12
これはシジュウカラだろうか。

一番よく見かけるのはやはりメジロ。
 高幡不動201403-11

明るく春らしく撮れているけど、特に明るさを補正したわけではない。
高幡不動201403-8
K-7、K-5、K-5IIsと使い続けているが、たまにこのような露出オーバー気味に撮れることがある。
これはペンタックスのクセ?

これは1週間前の高幡不動尊の様子。最近週刊高幡不動通信が遅延している(汗)

 今週の高幡不動Vol.308
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動(3/16) やっと河津桜が咲いた

3月16日(日曜日)の高幡不動尊の様子。いい天気だけど気温は低め。

今日はお参りの人が少し多い。
高幡不動201403-1
先月は大雪のため中止になったござれ市。
高幡不動201403-2
梅が見頃で春らしい雰囲気になってきた。
高幡不動201403-3

大日堂横のヒュウガミズキ(日向水木)が咲き始めた、名前にミズキが付くがミズキ科ではなくマンサク科(笑)。
高幡不動201403-4
ヒュウガミズキはトサミズキより丸っこくて小さくオシベが黄色。

高幡不動201403-9
五重塔前の梅「思いのまま」、見頃になった。高幡不動201403-8
同じ花に白い花びらと紅色の花びら。そして同じ枝に白梅と紅梅。
高幡不動201403-7

上を見たらちょうど飛行機が飛んでいた。
高幡不動201403-10
これだけきれいに見えるということは、まだ空気が冬ってことだね。

河津桜が咲き始めた。今年はちょっと遅い。
高幡不動201403-5
高幡不動尊の河津桜は交通安全祈願殿の裏側にある藤棚のそば。
高幡不動201403-6
「さくらさく」合格通知のようだ。

 弁天池のところにヒヨドリが。
高幡不動201403-12
高幡不動尊の山の中では一番よく見かける鳥。
高幡不動201403-13
弁天池の鯉にあげるエサをもらっていた。

サンシュがきれいに咲いている。このサンシュはミズキ科。
高幡不動201403-11
春黄金花という別名があるけど、さすがに五重塔の金色には負けるね・・・

 今週の高幡不動Vol.307
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動Vol.105(01/16)久しぶりに六地蔵さん

冷たい風が吹く冬晴れの東京多摩地区この日(1/16)も平年より気温が低く日だまりでも寒い
高幡不動尊20100116-3

この寒さのためか、こんなによく晴れていても参拝客が少なく出店もちょっと暇な様子
高幡不動尊20100116-4
でも、この翌日、17日は今年最初のござれ市で大勢の人が訪れていた

散歩で高幡不動尊にお参りした時は毎回この六地蔵さんの写真を撮っているんだけど、ブログにアップするのは久しぶりかな。
高幡不動尊20100116-5
この日はちょと珍しいお参り風景が見られた。一番奥のお地蔵さんの足元に注目
高幡不動尊20100116-6
ヒヨドリは高幡不動尊の山内ではよく見かけるけど、ちゃんとお参りまでしていたとは義理堅い
高幡不動尊20100116-12
お地蔵さんもそんなヒヨドリを優しく迎えてくれている感じだ
高幡不動尊20100116-9
お地蔵さんのこの優しい微笑みは永遠だね、特にふくよかなアゴの部分に親しみを感じてしまう

六地蔵さんの横から山の中を登っていくと、まだ実が残っている柿の木があって、そこにたくさんのシジュウカラがいた。ちょっと晩秋の光景にも見える
高幡不動尊20100116-10
でもまともに撮れたのはこの1匹だけ

この日は天気晴朗なれど波高しならぬ、天気晴朗なれど人少なしだね
高幡不動尊20100116-7
タイムマシンに乗って、翌日のほぼ同じ時間のこの場所を見るとこんな様子
高幡不動尊20100116-11
やっぱりござれ市の日はたくさんの人が集まるんだね

高幡不動尊20100116-13
ピアノの丸いイスの上に置かれた置物。なんだか縁起と威勢が良さそうだ

(2010年1月撮影 PENTAX K-7)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.111)散歩道の鳥たち

きれいな鳥1
いきなりですが、この鳥はなんという鳥でしょう・・・?
この鳥はソウシチョウ(相思鳥)というそうです。yasunosukeさん情報ありがとうございます!
後ろ姿はこんな感じ。結構きれいな鳥
きれいな鳥2
お正月に高幡不動尊の山内を散歩しているときに見つけて撮ったんだけど、ルリビタキを緑色にしたような、ウグイスをかなり派手にしたような、メジロの目を黒く塗ったような感じの鳥
なんと特定外来生物に指定されていて、日本の侵略的外来種ワースト100選定種にもなっているそうだ

いままでも鳥を見つけて撮ろうとしたことが何度もあったけど、コンパクトデジカメだとピントがなかなか合わず、その間に飛んで行ってしまった
デジタル一眼だとピントがすぐに合うので、こうして撮れる

でも鳥って撮るのが難しいこれも同じような場所で見つけたヒヨドリだけど、もうちょっとしっかり撮らないとね、これからがんばろう
ヒヨドリ

これはハトだけど、ちょっと羽根がキジっぽいからキジバトかな。別名ヤマバトともいうそうだ
キジバト

これは浅川の河川敷、なぜかスズメと目があった瞬間ひょっとして睨まれている?
スズメ

冬になると浅川でよくみかけるサギの群れ。少し大きくて真ん中で首を伸ばしているがアオサギ。アップで見ると結構鳥相が悪い回りにたくさんいるのがコサギ
アオサギとコサギ

こちらは単独行動のコサギ。やっぱりちょっと鳥相が良くない
コサギ

こちらはいままでも時々ブログに登場したカモ。くちばしの先端が黄色いのでカルガモかな。
カルガモ1
寒い中で水浴び、「全身羽毛」に囲まれているから寒くないんだろうね
カルガモ2
ちょっとだけ見える青い羽根がおしゃれ

これは鳥ではなくて猫。みればわかるか・・・
ネコ
ちょっと機嫌悪そうにこちらを見ているけど、日だまりで昼寝しているのを邪魔してしまったかな

(2010年1月撮影 PENTAX K-7)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ