ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ヒマワリ

7月の花 グラジオラスとダリア

7月の近所の畑のまわりに植えられている花。

グラジオラス、葉っぱを見ると納得のアヤメ科。
夏の花201107-11
名前の由来は、葉っぱがとがった剣の形をしていることからなんだそうだ。
グラジオラスはいろいろな色がある。
夏の花201107-3
夏らしい鮮明な色は黄色かこのオレンジ色。
夏の花201107-4
でも、ちょっと涼しげなこのブルーがいいかも。
夏の花201107-5

キク科のダリア。花がボタンに似ていることから和名はテンジクボタン(天竺牡丹)。
夏の花201107-6
バラやチューリップと同じぐらい、色にバリエーションがある花。夏の花201107-7
この紫は菊にもありそう。
夏の花201107-8
ダリアはメキシコ原産で、メキシコの国花。

アガパンサス、ユリ科。これも夏はよく見かける花、別名ムラサキクンシラン(紫君子蘭)
夏の花201107-1
白色の花もあるそうだ、見て見たい。

これはユリ科のキスゲの仲間。明るい黄色が輝く花。
夏の花201107-10
この花が高原にたくさん咲いているとすごくきれいだろうなぁ。

ユリ科、ノカンゾウ。八重咲きのヤブカンゾウよりスラッとしたイメージ。
夏の花201107-2

夏の花ヒマワリ、キク科。ニチリンソウ(日輪草)、ヒグルマ(日車)などとも呼ばれる。ロシアの国花。
夏の花201107-9
今年はなかなか青空をバックにしたヒマワリの写真が撮れない。

今回の記事は内容がちょっとあっさりですが、これは前に下書きしてあった記事を
台風で足止めされている那覇のホテルからアップしました。

(以下、暇なのでつぶやき)
8月4日の昼過ぎからずっとホテルから出られずのところ、ホテルでノートPCを
借りることができたので暇つぶしになっています。1日1000円は安いよね(^^)

いま6日に日付が変わる少し前ですが、この1日半、まったく風雨が衰えることが
なく沖縄の台風の元気さを実感しています。移動速度がゆっくりすぎるよね(^^;)

沖縄で台風で足止めって、沖縄旅行が少し延びてちょっとラッキーかもとちょっと
思いますが、とんでもないです。島内の交通はストップ、お店も観光施設も閉まって
いますし、そもそもホテルから出ることができません。

時間があるので、ANAの臨時便の情報がTwitterでアップされるたびに電話を
するのですが、ぜんぜんつながらず。臨時便受付開始から20分後にやっと
つながっても、すでに満席。。。
eチケットなどかなり便利になったけど、安いツアーのチケットではネットでの予約
変更もできず、臨時便情報はTwitterですぐにGetできても、結局予約変更できるのは、
デスクか電話のアナログのみ。
というわけで、まだ那覇での待機が続く週末です

(追記)7日(日)の昼前の便で羽田空港に戻り、帰宅できました

(撮影 2011年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園(2011年7月)夏の花たち

7月の昭和記念公園の花たち。暑い日でした・・・

やはりこの時期は水辺に咲くハス(蓮)から。ソクレヒン(即非蓮)と書いてあった。
昭和記念公園201107-1そくひれん
つい先日までここはスイレンだけだったのに、いつのまにかハスだらけになっていた。
昭和記念公園201107-2
夏の早朝をイメージするする花だけど仏様の花でもある。
昭和記念公園201107-4
柔らかな色あいを撮るのが難しい。

同じ湿地にミソハギ、ミソハギ科。
昭和記念公園201107-3ミソハギ
「みそぎ」は水を注いで邪気や悪魔を祓うことで、お盆のときにこのミソハギの枝を水に浸して仏前のお供物にみそぎをしたそうだ。そもそもこの「みそぎ」という言葉も「みそはぎ」を略したものという説もあるそうだ

これはフロックス。オイランソウ(花魁草)とも呼ばれる。ハナシノブ(花忍)科。
昭和記念公園201107-5オイランソウ
この花の香りが花魁の白い粉の香りに似ていることからこの名前になったらしい。
昭和記念公園201107-6フロックス

熱帯のイソギンチャクのようなこの花、アーティチョーク(朝鮮アザミ)、キク科。
昭和記念公園201107-7アーティチョーク
花の最盛期を少し逃したようだった。
昭和記念公園201107-8
イタリア料理などでは、開花前のつぼみゆでて食用にするそうだ。

サマーラベンダー、ヒユ科ケイトウ属。見た目がラベンダーだったり、夏に咲く花だったりしてサマーラベンダーと呼ばれる花はほかにもいくつかある。その中でこれはラベンダーのような鶏頭(ケイトウ)だね。
昭和記念公園201107-9サマーラベンダー
少し離れて見るとロウソクに灯火が点いたような花。
昭和記念公園201107-10

真っ白なくちなしの花。
昭和記念公園201107-11
これだけ真っ白なくちなしの花はなかなか見かけませんね、渡哲也さん

昭和記念公園のひまわりはまだこれからのようだった。
昭和記念公園201107-12ヒマワリ
ひまわりは盛夏らしい花。これはバレンタインという品種なんだそうだ。
昭和記念公園201107-13バレンタイン

ひまわりの咲く花畑のすぐ横には長く続く雰囲気の良いイチョウ並木。
昭和記念公園201107-14
遠近感がわからないので人を入れた。秋の紅葉の時期には人が列をつくるこの場所も、いまは人が少なくてここを歩いてくれるまで結構待って撮った。

昭和記念公園(Vol.38)
(撮影 2011年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

夏の散歩道はトロピカル

ちょっとトロピカル2011-5
7月に入ると散歩道のあちらこちらで夏らしい花を見ることができる。
TOPの写真はノウゼンカズラ、ノウゼンカズラ科。バックがとてもきれいな青空だから、さらに南国っぽい写真になった

普通に撮るとこんな感じ。なんだかキスマークのようにも見える。
ちょっとトロピカル2011-4
これはひょっとするとアメリカノウゼンカズラという品種かもしれない。
ノウゼンカズラでもオレンジ色だと南国度が少し下がる
ちょっとトロピカル2011-3
ノウゼンカズラはとても寿命の長い木で豊臣秀吉が朝鮮半島から持ち帰ったといわれるものが金沢市にまだ健在らしいというが、樹齢400年以上。ほんまかいな

東京でちょっと南国風な花となるとアオイ科の花が一番。しかしアオイ科ってよく似ていて、特にフヨウとムクゲとタチアオイの区別がいまいちわからない・・・
これはタチアオイかな?
ちょっとトロピカル2011-1
これはムクゲ?
ちょっとトロピカル2011-6
これはわかりやす、ハイビスカスだ。オレンジ色が美味しそう
ちょっとトロピカル2011-7
これを撮ったのは高幡不動駅のすぐそば、東京でもちゃんと育てればハイビスカスがきれいに咲くんだね。
ちょっとトロピカル2011-8
うれしくてアップも撮った。あまり代わり映えしない写真だけど・・・

これも高幡不動駅のすぐそばで撮った花。ひょっとして八重咲きのブーゲンビリア?さすがに違うかな、八重咲きのムクゲかな。
ちょっとトロピカル2011-9
真ん中に見えている白い部分が花だったらブーゲンビリアなんだろうけど。もうちょっと良く見てくればよかった。

これはユリ科のトリトマ(トーチリリー)。まるで松明のような花なので日本名で松明ユリと言った方がイメージに近い。
ちょっとトロピカル2011-10
アロエの花にも似ているけど、アロエは普通は寒い時期に咲くからね、アフリカ原産なのに。

ちょっと地中海風なヒマワリって感じの花
ちょっとトロピカル2011-2
でも名前がわからない、そもそもヒマワリではないかも

暑い夏なので、トロピカルな花を探して集めてみました。余計に暑くなったかな

(撮影 2011年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園(Vol.13)とても暑い1日

梅雨があけていきなりの猛暑
そんな中、月に1度は訪れるようにしている昭和記念公園に行った。よりによってこんな暑い日に・・・
昭和記念公園201007-1
立川口から入るとすぐにあるカナール。写真で見る分にはよく晴れた青空と木々の緑がきれいだった。なんて冷静に言えるけど、実際はとっても暑くてひたすら木陰を選ぶようにして歩く
昭和記念公園201007-2
こんないい天気なのに歩いている人がほとんどいない。そりゃあそうだ。いい天気すぎる。
昭和記念公園201007-3
カモたちは水面に日陰がないため上陸して木陰に避難していた。本当かな

昭和記念公園201007-4
6月は花菖蒲や睡蓮がきれいに咲いていた水辺のあたりには、蓮が咲いていた。
昭和記念公園201007-5

花木園の方に行くと花を写生している人がいた。ちょっとのぞいてみたら、こんなきれいな色の花
昭和記念公園201007-6
水族館で見る南の海のイソギンチャクのようだ。
昭和記念公園201007-7
これはキク科のアーティチョーク。和名はチョウセンアザミ(朝鮮アザミ)。ヨーロッパでは蕾を食用とするため野菜として栽培され広く出回っているそうだが、日本では野菜としては広まっていない

昭和記念公園でいままで足を踏み入れていなかった立川口から一番遠い森のゾーンこもれびの丘の散策路。気持ちの良い木陰の散策路だけど、今日は暑い。
昭和記念公園201007-8
いまは、自然の野山でもヤマユリがきれいに咲いているんだろうね
昭和記念公園201007-9
なぜこんな暑い日にわざわざ一番奥の方まで歩いて来てしまったのか・・・
園内に入ってスポーツ飲料を2本飲んだけど、トレイには一度も行かず。全部汗になった

今回の目的の1つはこのヒマワリの丘を見ることだったんだけど、まだ咲き始めだった、残念
昭和記念公園201007-10
このあと、来るときに乗ってきたモノレールの立川北駅までとても歩く気になれず、一番近い出口からJR西立川駅に出て、隣の立川駅まで電車に乗った。そのあと立川の駅ビルの中をウロウロしながらクールダウン。

この日の夕方、家の庭先にずっと同じ場所にいて逃げないトンボを発見
トンボ201007-2
これはムギワラトンボ(シオカラトンボのメス)かな、なかなかピントがあわない・・・
トンボ201007-3
逆光で撮ると夕陽で羽根がキラキラと光ってきれい
トンボ201007-1
シルエットで見ると、なんだか鉄棒で懸垂しているエイトマンのように見えた。
なぜ急にエイトマンが頭に浮かんだんだろう、古〜ぅ

(撮影 2010年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.89)散歩道の近況 百日紅やヒマワリ

このところ天気が安定しないため、散歩写真も湿り気味・・・そんな7月から先週までの間で撮ったものを集めて近況としてみた
散歩写真0908-3
これは7月初旬に撮ったユリ科のヤブカンゾウ、この花はちゃんと咲いたタイミングで撮ることがなかなかできなかった花。もともと八重咲きの花なので、しっかり咲いている状態がつかみ辛いんだけどね

調べてみると、この花はワスレグサ(忘れ草)とも言われていて、その名前の由来は花が1日でしぼんでしまうことから、とあってなるほどと思った。なかなかきちんと咲いている花に出会えないわけだ。また別の由来には、花が美しいので物を忘れてしまうというのもあった

(下写真左)近所の川辺にガマの穂を見つけた。ガマの穂ってこんな身近なところにあるんだなぁと思いながら、頭の中には因幡の白ウサギがピョンピョンと海を渡っている姿が
散歩写真0908-2散歩写真0908-1
(上写真右)これは少し前にみつけたぶどう。いつ熟すのだろうかと思ってみていたら、勝手に干しぶどうになりつつあった。そんなことはないか

(下写真)今回のメインがこのミソハギ科の百日紅(サルスベリ)。名前が百日の紅って言われるだけあって、本当に咲いている期間が長い。1日でしぼむと言われるノカンゾウとは対照的だね
散歩写真0908-6散歩写真0908-5
ところでミソハギ科ってあんまり聞かない。さらに漢字の「百日紅」を普通は「サルスベリ」とは読めないよね、カナ漢字変換はきちんとされるけど。百・日・紅のどれが猿でどれが滑るんだか

そんなくだらないこと考えているからではないが、なぜか曇り空の時の写真ばかりちょっと色の具合が鮮明ではないけれど、百日紅の花って紅色がベースで微妙に違う色の花がいくつもある。
散歩写真0908-8散歩写真0908-7

それでいて必ずしも紅色ベースだけではなく、白色ベースの花もあったりして、街路樹として何本も並んでいると、色とりどりな感じでなかなかきれいに見える
散歩写真0908-10散歩写真0908-9
後ろは多摩モノレール。せっかくだからモノレールが走っているのをバックに入れて撮ろうと構えて待っていたんだけど、そういう時に限ってなかなかモノレールが来ない・・・

最後は近くの畑で撮った2枚まずはマリーゴールド、すごくきれいなオレンジ色に咲いていた。
散歩写真0908-11
この時はあまりに日差しが強すぎて、オレンジの花の色が白っぽくなってしまうので、少し絞って暗めに撮ったら、ちょっとオレンジ色の元気さが減ってしまったかも

そして夏はやっぱりヒマワリ(向日葵)、このヒマワリはすごくきれいに輝いていた
散歩写真0908-12
はっきりしない日が続いていても、こういう青空が出る日もあるんだよね。なんだかよくわからない夏だけど、まあそんな年もあるでしょう

あれ、今回は百日紅をメインにしたつもりなんだけど、やっぱり夏の主役はヒマワリだったかも

ぶろこみゅ☆ブロガーのコミュニティ広場のバナーができました
ぶろこみゅ☆

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示されてしまう場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち