ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ヒマラヤスギ

昭和記念公園(2015年8月)夏の花

お盆の週末の昭和記念公園の様子。

キキョウ(桔梗)、キキョウ科。秋の七草の1つだけど、咲くのは初夏から真夏。
昭和記念公園201508-1
 ここでは白いキキョウも咲いていたんだけど、すでに枯れかけてしまっていて写真はなし。

ランタナ、クマツヅラ科。花の色が微妙に変わることから七変化とも呼ばれる。
昭和記念公園201508-2
名前の通り、ランタナにはいろいろな色の花があるが、この色が一番落ち着いていて好きかな。

いま見頃のサルスベリ、ミソハギ科。百日紅と書くのは、百日間、紅色の花を咲かせることから。
昭和記念公園201508-4
確かにサルスベリの花期はかなり長く、百日はあながちウソではない。

この花は、千日紅、ヒユ科。百日のサルスベリに対応して、こちらは千日。
昭和記念公園201508-8
でも、千日って約3年だから、どれが昨年の花で、どれが今年の花なのか
わらかなくなるってことだよね。いくらなんで、そこまで花木は長くない(笑)

夏を代表する花、ユリ。その中でもかわいい感じなのが、このカノコユリ。
昭和記念公園201508-6
こちらは、高幡不動尊の弁天池でも咲いていた、タカサゴユリ。 
昭和記念公園201508-7
 
ヒマラヤスギ、マツ科の実。
昭和記念公園201508-5
ヒマラヤスギは名前にスギが付くけどマツ科なので、でかい松ぼっくりだね。

イチョウ並木を見上げてみると、ギンナンの準備中。
昭和記念公園201508-3
 
昭和記念公園201508-9
サギソウまつり。 
昭和記念公園201508-10
8月後半になって、気温が低い雨の日が続いたけど、サギソウの花は大丈夫なんだろうか。
今度の週末、晴れたら昭和記念公園に行って確認したいね。

 昭和記念公園(Vol.138)
(撮影 2015年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

昭和記念公園(2014年8月)夏の実り

8月の昭和記念公園の続き。この第4弾が最後で今回は真夏の昭和記念公園で見つけた夏の実り(?)

この小さなサッカーボールはヤマボウシ、ミズキ科の実。
昭和記念公園201408-3
さらに熟すとボツボツ部分が盛り上がってきて怪獣の卵(←見たことはないけど)のようになる。

この実はカシワ、ブナ科。よく絵に描かれる典型的などんぐりの形。
昭和記念公園201408-4
 葉がまさに柏餅の葉。柏餅は欲しいけど葉だけではねぇ(笑)

なんだかイチジクのようにも見えるこれはトチノキ、トチノキ科の実。
 昭和記念公園201408-7
トチノキという名前はたくさん実がなるという意味なんだそうだ。

この赤いドリアンみたいなのはホオノキ、モクレン科の実。葉は朴葉焼きに使われる。
昭和記念公園201408-9
この実が更に熟すと開いて中から種が出てくる。そのときの見た目がちょっと気持ち悪い(汗)

ヒマラヤスギ、マツ科の実。
昭和記念公園201408-2
名前はスギだけどマツ科で、この実も更に熟すと茶色の大きなマツボックリになる。

ヒョウタン、ウリ科。かわいい形をしている。
昭和記念公園201408-5
こもれびの里で育てられているもの。

ネムノキ、マメ科の花。
昭和記念公園201408-1
花はマメ科らしい形をしていないが、実はまさにマメ科、サヤエンドウにそっくり。
昭和記念公園201408-8
 
 終わりかけのヒマワリ畑。こういう光景を見ると夏の終わりを感じる・・・
昭和記念公園201408-6
この写真を撮った日はまだ暑かったけど、多摩地区はここ数日秋を感じる涼しい日が続いている。

そろそろ8月最後の週末というのに、昭和記念公園のレインボープールは「プールの水温と気温の合計が48℃未満」という条件があるため、29日(金)は終日営業休止になっているようだ。
ちなみにレインボープールは9月7日(日)まで営業。

次は秋の実りだね。
 
 昭和記念公園(Vol.120)
(撮影 2014年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

昭和記念公園 あじさいのドライフラワー

1月後半に行った昭和記念公園の続き
昭和記念公園201101-10
みんなの原っぱの大きなケヤキ。真夏とは違っていまは日陰を作る必要がない

園内のいろいろな場所でニホンズイセンがきれいに咲いていた。
昭和記念公園201101-13
ニホンズイセンの中に何か動く物が・・・良く見たらハトだ
昭和記念公園201101-12
こうして写真を撮る人に回りを囲まれているから、逃げ場を失ったかな
昭和記念公園201101-11

ここはチューリップが植えられた場所。
昭和記念公園201101-7
養生はされていないけど、立ち入らないようにロープが張られて看板が立っていた
昭和記念公園チューリップ
あと3ヶ月でこんなにたくさんのチューリップを見ることができる(2010年4月下旬の様子)

園内に秋らしい景色を作っていたパンパスグラス。冬でもまだ結構元気な様子。
昭和記念公園201101-6
手前の養生はネモフィラを育てているという看板が出ていて、春(4月)をお楽しみに・・・だって

オオイヌノフグリ(ゴマノハグサ科)を見かけた、大きさは違うけどネモフィラ(ハゼリソウ科)と同じ色合い
昭和記念公園201101-8
そばにホトケノザ(シソ科)も。広い昭和記念公園にも小さな春が来ていた。
昭和記念公園201101-9

茶色の球状の植物が並んでいるちょっと変わった光景。
昭和記念公園201101-5
良く見ると球状のものはドライフラワーになったあじさいの花だった
昭和記念公園201101-4
たくさんのあじさいの花がこれだけきれいにドライフラワーになって残っているのも珍しいかも。

これはヒマラヤスギの実(球果)。
昭和記念公園201101-2
松ぼっくりみたいだけど、大きさがかなり大きくて15cmぐらいありそう。
昭和記念公園201101-3
このヒマラヤスギは名前に「スギ」とつくけどマツ科。だからこんな松ぼっくりのような実がなるんだね。

ハクモクレンの花芽
昭和記念公園201101-1
この花が咲いて木全体が真っ白に輝く頃は昭和記念公園も完全に春だけど、もう少し先だね。待ち遠しい

昭和記念公園(Vol.26)
(撮影 2011年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ