ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ヒイラギモチ

今週の高幡不動(12/7)去りゆく紅葉とお地蔵さん

また周回遅れの記事で申し訳ないですが、12月最初の週末の高幡不動尊。

12月初めにして空気と青空はもう真冬と同じ境内。
高幡不動201412-1
秋の諸々の行事が終わって人出も落ち着き、ようやく普段の高幡不動尊に戻った。
 
今回は境内側から山を越えた反対側、方角としては多摩動物公園方向に行ってみた。
高幡不動201412-2
境内側は山の影になってしまうが、こちら側は冬の日差しが入って明るくて
気持ちの良い散策路になっている。

高幡不動201412-3
部分的だけど、まだ色付いた木々が残っている。

高幡不動201412-4
この先には知る人ぞ知る高幡不動尊の富士山のビューポイント。しかしこの日は
雲に隠れて見えなかった。だから富士山の写真はありません(汗)。

明るい山の反対側から山の影になる境内側に戻ってきた。
紅葉も末期で葉の色がかなり変色してしまった木がある。
高幡不動201412-5
日陰でデジカメのカラーバランスがおかしくなったように感じるが、実際もこんな感じ。

高幡不動201412-6
ここまで、去りゆく今シーズンの紅葉とお地蔵さんの写真でした(笑)

下写真の場所は初夏には背の高い西洋アジサイや額アジサイが壁のように咲く四季の道。
高幡不動201412-7
下の方に枯れて見えるのがそのアジサイ。アジサイと紅葉はさすがに両立しないよね。

四季の道入口には大きなサザンカの木がある。ちなみに前の記事とは違う場所。
高幡不動201412-8
背景に五重塔を入れて上手くこの場所のサザンカを撮りたいとトライしているんだけど、
明るさの差が大きくてなかなか思ったように撮れない(汗)。

上の山茶花のそばで咲いていたピンク色で八重咲きのモノ。
高幡不動201412-9
ピンク色で八重咲きの花はすごく綺麗なので、もうちょっと近寄りたかったけど遠かった・・・

あまり目立たないけど交通安全祈願殿の後ろ側の崖に小さな滝がある。
高幡不動201412-10
毎年、崖の上から伸びてきているこのモミジを撮っている。でもこの色を見ると
今年はちょっとタイミングを外してしまった感じ。

駐車場横で見つけたヒイラギモチ、モチノギ科。
高幡不動201412-11
お不動さんには似合わないけど、まさにクリスマス飾りだね。

季節が駆け足で過ぎて行く時期、山に登っても、もうここの写真のような色づいた葉は
ほとんど落葉してしまって見ることができない。

今週の高幡不動Vol.339
(撮影 2014年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園(2014年1月)シモバシラと節分草

前回に続いて1月の昭和記念公園。

イルミネーション後片付けの様子を見たあと、昭和記念公園のホームページで数輪の梅が咲き始めたと書いてあってので、例年一番最初に梅が咲く花木園梅園に向かう。
しかし、この日(1月11日)は梅の花の咲いている姿を見ることができなかった。どうやら咲き始めたのは、ゆめ広場の梅だったようだ・・・

梅のかわりに花木園梅園で見ることができたのはこのサンシュ、ミズキ科の赤い実。
昭和記念公園201401-2
サンシュは別名春黄金花とも呼ばれ、2月後半ぐらいから黄色い花をつけるはずだけど、まだ実がなっている。かなりシワシワになっているけどね。
昭和記念公園201401-3
なんだか枝が光っているように見えるが、このサンシュは赤い実だけでなく枝からオレンジ色の樹液のようなものがたくさん出ていた。

次は節分草を見るために、こもれびの里休憩棟に向かう。その途中でロウバイ、ロウバイ科が咲いていた。
昭和記念公園201401-5
梅はダメでも蝋梅は見頃。
昭和記念公園201401-6
青空に映えるね。

梅に続く2番目の目的にしていた節分草、キンポウゲ科。咲いてはいたものの、この日はまだほんの数輪。
昭和記念公園201401-7
梅の花も見ることができなかったし、もう一度、昭和記念公園に来ることを決意(大げさか・・・)。

次は、この日3番目の目的、シモバシラ、シソ科を探しに、こもれびの丘北西の散策路に向かう。
昭和記念公園201401-9
大分溶けてしまったようだけど、なんとか、シモバシラを見ることができた。
このシモバシラは枯れた茎の根元にこのような氷の結晶ができることからついた名前。花が咲いている時ではなく枯れた冬の様子が名前の由来になっているのは面白い。
昭和記念公園201401-12
これが昨年9月に撮ったシモバシラの花。
昭和記念公園201401-8
枯れた茎に吸い上げられた水分が、茎の割れ目からしみ出て、それが外気に触れて「氷」になり、それが横方向に少しずつ広がってできるとされる。なかなか見ることができない、なんとも不思議な現象。

これはたぶんベニカナメモチ、バラ科。冬は緑色だった葉が春になると赤く紅葉するかわった奴。
昭和記念公園201401-10
下の方の葉が緑で先だけ赤いので遠くから見ると花が咲いているように見えた。花の少ない時期だから期待して近づいてきてしまった(汗)。

これは、ヒイラギモチ、モチノキ科。これはクリスマス飾り用だね。
昭和記念公園201401-4ひいらぎもち

花木園からふれあい広場の途中で見かけたちょっと異様な光景。
昭和記念公園201401-11
これはドライフラワー状態になったアジサイ。これだけの数がこの状態で残っているのはすごいかもしれない。

この木は確かイチョウのはずだけど、幹には葉っぱ、そしてどうみてもギンナンとは違う大きな実がぶら下がって、どこがイチョウなんだかわからない状態に(笑)
昭和記念公園201401-1キカラスウリ
葉っぱはツタ、実はキカラスウリ、ウリ科の実かな。

 昭和記念公園(Vol.104)
(撮影 2014年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ