ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ハナミズキ

今週の高幡不動尊(04/23) アメリカロウバイ

寒くもなく暑くもない快適な気温だけど、天気がいまひとつはっきりしない週末となった東京多摩地区。

4月27日から始まる春季大祭までは、参拝者が少ない静かな境内。
高幡不動尊201604-1
 
大日堂前の山門横ではアメリカロウバイ(黒花蝋梅)、ロウバイ科が咲き始めていた。
高幡不動尊201604-2
黄色いロウ細工のようなロウバイの花と違って美味しそうなチョコレート色の花。
高幡不動尊201604-13
しっかり咲くのはあと少しだね。

山の中に入って五重塔を振り返る。だんだんと緑が深くなってきた。
高幡不動尊201604-3

久しぶりに山の向こう側にある、彼岸花をたくさん植えている場所に行ってみる。
高幡不動尊201604-4
いつのまにか記念碑のようなものが出来ていた。
高幡不動尊201604-12
彼岸花ってこの時期はこんな感じなんだ・・・(汗)

弁天池回りのアヤメ。こちらは咲き始め。
高幡不動尊201604-5

そして土方歳三像の後ろ姿とツツジ。
高幡不動尊201604-6

八重桜は花期が長い。
高幡不動尊201604-9

春季大祭とひの新撰組まつりの案内が出ている。
高幡不動尊201604-8
新撰組パレードは5月8日(日曜日)。
ハナミズキの背景は土方歳三。新撰組パレードでも主役。
高幡不動尊201604-10
高幡不動尊前の川崎街道沿いに植えられたハナミズキはいまが見頃。
高幡不動尊201604-11
陽射しに輝く白いハナミズキが撮りたかったけど、晴れ間があまり出ない週末だった。

今週の高幡不動Vol.395
(撮影 2016年4月23日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

春の紫色 3種

春の紫色
 D7200 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2016.4 東京都日野市

散歩道で見つけた、1つの庭で春に咲く紫色の花が3種類同時に咲いている様子。

ミツバツツジ
 D7200 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2016.4 東京都日野市

手前下がミツバツツジ、ツツジ科。普通のツツジと違って葉が出る前に花を咲かせる。

ハナズオウ
 D7200 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2016.4 東京都日野市

左上がハナズオウ(花蘇芳)、マメ科。ハナズオウには白い花もある。 

キクモモ
 D7200 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2016.4 東京都日野市
 
ハナズオウの奥がキクモモ(菊桃)、バラ科。名前の通り菊の花に似た桃。

意図して集めたのならば、なかなかオシャレ。

この写真を撮ったのは少し前で、今はミツバツツジが葉の状態になり、少し奥で薄紅色のハナミズキが咲いている。
そこまで揃えたとなると、すごいと思う。

 

今週の高幡不動(10/25) 菊まつり直前の様子

高幡不動尊で秋季恒例の菊まつりが開催される(10月28日から)直前の週末。
気持ちの良い晴れの週末になった。

不動堂前の両側には菊を飾る場所が出来上がり、菊が少し運び込まれている。
高幡不動尊201510-2
いつもよりもアップになっているこの写真。
いつもと同じ位置、同じレンズで撮っているけど、カメラ本体が変わったので、
画角が変わってしまった。

事前にこうなることはわかっていたことだけど、このレンズと本体の組み合わせでは、
これまで撮ってきた、いろいろな場所の定点観測がだめになってしまう。
どうしようかなぁ・・・(汗)

ここは、背が低いダルマ作りや福助作りが飾られる場所。
高幡不動尊201510-3
運び込まれているた小菊のほとんどは、まだ咲き始めの状態だった。
高幡不動尊201510-10

小菊の横のこの大きな葉っぱは何?菊ではないよね?
高幡不動尊201510-5

10月28日から始まる菊まつりを前に、すでに露店がいくつか出ている。
高幡不動尊201510-11
菊を飾る場所で営業中の露店。ここは厚物と呼ばれる大菊の3本仕立てが飾られる場所。
高幡不動尊201510-4

五重塔の回りも準備完了。ここは多摩地区の菊愛好会の菊が飾られる場所。
高幡不動尊201510-7
これからの時期は、七五三祈願の後、菊まつりも楽しめる1粒で2度美味しい高幡不動尊。
でも、男の子だったら菊にはあまり興味がないかもね(笑)

色づき始めた、カシワバアジサイの葉。
高幡不動尊201510-6
カシワバアジサイの名前はこの葉がカシワ(柏)の葉に似ていることが由来。

ハナミズキの実。
高幡不動尊201510-12
赤い実がたくさんついているけど、鳥がこの実を突っついている様子をあまり見ない。

1ヶ月に渡って弁天池を飾ってくれた秋明菊。菊に主役交代を告げるかのように、
菊まつり前に花が急に少なくなった。
高幡不動尊201510-9

弁天池のススキ。ススキを見ると秋らしい気分になるね。
高幡不動尊201510-8

11月7日(土)から14日(土)までブルーライトアップ開催。
高幡不動尊201510-1
これは世界糖尿病デーにちなんで五重塔や境内がブルーの提灯で飾られるイベント。
私ももっと痩せて血糖値を下げないと・・・(涙)。

第45回高幡不動尊菊まつりは10月28日から11月17日までの開催。
例年、飾られた菊が見頃になるのは11月に入ってから。

今週の高幡不動Vol.372
(撮影 2015年10月25日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ       
 

今週の高幡不動(04/26)空之介と一緒に

土曜日は昼前から一気に雲が出てきてい、雨が降り始めた。

このあと雨が降るとは思えない青空。
高幡不動尊201504-4
でも天気予報は午後の天気の急変をしっかりと告げていた。 

アメリカロウバイ、ロウバイ科。
高幡不動尊201504-6
 別名は見たままのクロバナロウバイ。でもロウバイに似ているかな?
ロウバイ(昭和記念公園)
上は1月に昭和記念公園で撮ったロウバイ。花の形は似ているかな。
高幡不動尊201504-5
 
高幡不動尊でもツツジがきれいに咲き始めた。
高幡不動尊201504-7
 
弁天池で咲くアヤメ。
高幡不動尊201504-10
勝手な感想だけど、春の花はピンク色がお似合いで、青色の花は初夏のイメージ。
高幡不動尊201504-9
こちらはカキツバタ、アヤメ科。
高幡不動尊201504-2
花びらの付け根に白い部分があるのが特徴。葉の幅も広い。この白い部分が黄色いのがハナショウブ。

5月9日・10日は恒例の「ひの新撰組まつり」。
高幡不動尊201504-3
高幡不動尊の参道でも新撰組パレードが開催される。

高幡不動尊201504-11
高幡不動尊前の川崎街道はハナミズキがきれいに咲いている。背景は新撰組副長土方歳三。

気候が良くなってきたので、空之介と一緒に散歩。
 高幡不動尊201504-1
でも、相変わらず写真を撮らしてくれないので、この日の散歩で撮ったのはこれ1枚(汗)。

1枚だけだと寂しいので、下は最近、昭和記念公園のドックランデビューをした時の空之介。
 昭和記念公園ドックランにて
ドックランでは他の犬のところにはあまり近寄らず、人間にばかり近寄っていた。
4月の空之介
カワイイでしょ。親ばかです・・・

今週の高幡不動Vol.352
(撮影 2015年4月26日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

今週の高幡不動(4/26)シャガとツツジ

この週末は初夏のような陽気になった東京多摩地区。

4月26日から29日まで春季大祭国宝まつりが開催されている高幡不動尊。
高幡不動201404-1
写真で見てもさわやかな雰囲気の境内(笑)

お鼻井戸の近くで小さな白い花がたくさん咲いている。
高幡不動201404-3
1つの茎から2つの花が咲いているから、これはニリンソウ(二輪草)、キンポウゲ科かな。
高幡不動201404-4
1つの茎に1つの花だとイチリンソウ(一輪草)。
 
大日堂前のベニバナトキワマンサク(紅花常盤満作)、マンサク科。
高幡不動201404-5
ペラペラの花びらが特徴。白い花もある。

日差しを浴びて輝いているのがオウゴンキャラボク(黄金伽羅木)、イチイ科の植物。
高幡不動201404-6
キンキャラとも呼ばれ、庭を明るくするので庭木として人気があるそうだ。
こんな庭木を植える庭がほしい・・・(笑)

この時期に境内や山内で一番目立つのはシャガ、アヤメ科。
高幡不動201404-7
 山アジサイの自生地でも群生して咲いていて、いまはシャガの天下。

高幡不動201404-8
これから5月にかけてどんどんきれいに咲くのはツツジかな。
高幡不動201404-9
場所は交通安全祈願殿の後ろ側。
 高幡不動201404-10
同じツツジを駐車場側から見たところ。
高幡不動201404-13

小さな藤棚。フジの花はもう少し。
高幡不動201404-11
こちらはすごく大きな野生の藤。
高幡不動201404-2
場所は聖天堂の横、お鼻井戸の上を下から見上げる感じ。

弁天池で咲いているこの花はカキツバタ、アヤメ科だろうか。
高幡不動201404-12
アヤメ科の花はツツジと同じ5月を代表する花。

高幡不動尊前を通る川崎街道は街路樹のハナミズキが見頃。
高幡不動201404-14

今週の高幡不動Vol.313
(撮影 2014年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

散歩道の花(4月)その2

もう5月も半ばを過ぎたというのに4月の散歩道の花の続編。

ツツジの仲間ではいち早く咲くミツバツツジ。葉が出る前に花だけ咲くため、特にきれいにみえる。
春の明るさ2012-5
ちょっと明るめに撮ると早春らしい雰囲気になる。

オダマキ、キンポウゲ科。どうも女性の名前のように思えてしまう。
4月の散歩道2012-12
上の青紫色の花をよく見かけるが下のはちょっと色が違う。
散歩道の花

オオツルボ、ユリ科。秋に河川敷などで見かけるツルボと同じ仲間だとは思えない花の形・・・
4月の散歩道2012-8
夏の花のような派手さがある。地中海沿岸が原産だそうだ。
4月の散歩道2012-9

ハナミズキ、ミズキ科。ヤマボウシに似ているから別名アメリカヤマボウシ。
4月の散歩道2012-16
ハナミズキが街路樹になっている道は、この時期なんとも言えない明るく美しい光景になる。
4月の散歩道2012-7
秋にはきれいな赤い実をつける。1年で2度おいしい木だ。

レンギョウ、モクセイ科。ふつうのレンギョウとシナレンギョウ、チョウセンレンギョウがあるそうだが、見分け方は難しいらしいので、これがどれだかはわからない
春の明るさ2012-7
垣根などにも使われているとこの時期は春の陽射しの中できれいに輝く。
春の明るさ2012-8
ちょっと明るめに撮った方が実際の雰囲気に近い感じになる。

ヤグルマギク(矢車菊)、キク科。
4月の散歩道2012-18
ヤグルマソウ(矢車草)とも呼ばれるが、ユキノシタ科に同じ名前のヤグルマソウ(矢車草)がある。それも全然違う花・・・
4月の散歩道2012-19
下の濃い紫色がすごくよかったんだけど、花の状態がいまひとつで残念。
4月の散歩道2012-20

どちらかというと5月っぽい花。ダッチアイリス(オランダアヤメ)、アヤメ科。
4月の散歩道2012-17
ジャーマンアイリスと同じで乾燥した土壌を好むそうだ。

春の代表、レンゲソウ、マメ科。
4月の散歩道2012-10
近所の休耕田が今年は小さなレンゲ畑になっていて、ミツバチがたくさん仕事をしていた。
4月の散歩道2012-11
最近、近所でレンゲソウをみかけることが少なくなっていたので、このレンゲ畑を見つけた時は、ちょっと懐かしかった。

(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(10/16)秋晴れのござれ市

土曜日は1日中雨が降ったり止んだり、日曜日は早朝に強い雨が降った。この週末の散歩はあきらめかなと思ったが、天気が急速に回復。
高幡不動201110-7
少しモヤっとした空気に陽が射して、奥深い山中のように見えるがここは高幡不動尊。

逆さ五重塔。雨上がりで水たまりができた時にだけ見ることができる姿。
高幡不動201110-11
水に映ると直接見るより何故かきれいに見える。
高幡不動201110-10
続きを読む

今週の高幡不動(12/11)大師堂の様子

この週末もいい天気
だんだん冬晴れの時期になってきたんだろうけど、まだ比較的暖かだった
高幡不動尊201012-5
静かな境内、ハトもエサがもらえずかなり暇そう・・・
高幡不動尊201012-3

足場とブルーシートに覆われた新しい大師堂の工事現場を少し覗いてみたら、屋根の銅板葺がすごくきれいに光っていた、まさに銅の輝き
高幡不動尊201012-2
長年使ってきた我が家の炊飯器が壊れかけてきたので、新しい炊飯器を探しているんだけど、思わず銅の内釜を思い出す色艶。
高幡不動尊201012-17
これが完成したらすごくきれいだろうね。来年(2011年)の3月末にはすべての工事・作業が完了する予定だそうだ

弘法大師像の横で毎年秋になると見かけるセンリョウ(千両)、センリョウ科。
高幡不動尊201012-1

センリョウより名前がちょっと高い感じのマンリョウ(万両)、ヤブコウジ科。
高幡不動尊201012-11
センリョウとマンリョウは名前もおめでたく正月の縁起物とされる。このほか、ヒャクリョウ(百両)やジュウリョウ(十両)もあって、名前の通り背も低く実の数も少ないそうだ
(このマンリョウの写真は11月の百草園で撮ったもの

ちょっとマンリョウに似ているなぁと思うのがこのピラカンサス、バラ科。ピラカンサスには黄色やオレンジ色の実もある。
高幡不動尊201012-6
ピラカンサスの実がすごい塊状になったもの。別名タチバナモドキやトキワサンザシと呼ばれ結構高い木に成長するようだ。
高幡不動尊201012-7
これらピラカンサスは11月の散歩道で撮ったもの。

街路樹で使われているので、散歩道で一番よく見かけるのはこのハナミズキ、ミズキ科。
高幡不動尊201012-12
ハナミズキは花が咲いた時もきれいだけど、赤い実がなっている姿もなかなかきれい。
これは昭和記念公園で見たハナミズキ、どんだけ実がなっているのって感じ。
高幡不動尊201012-16

最初のセンリョウの赤い実の写真以外は高幡不動尊ではない写真が続いたので、最後は静けさの中でたたずむ(?)お地蔵さん
高幡不動尊201012-15
いま参拝の人は少ないけど、なぜかこの日は山内八十八ヶ所巡礼をしている人が目立った

今週の高幡不動Vol.147
(撮影 2010年11,12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

輝くハナミズキ

散歩写真(vol.135)ゴールデンウィークは好天が続き、高幡不動尊前のハナミズキが輝いて見えた
はなみづき201004-3
白い花のハナミズキの間に濃いピンク色のハナミズキが混じって、なんだか不思議な立体感を生んでいる
はなみづき201004-6
高幡不動尊の境内を出たところの道路から撮ったので、ハナミズキの奥は赤いノボリ、桃色は八重桜、さらに新緑も入って色が混乱気味
はなみづき201004-4

ハナミズキ(花水木)はミズキ科。北アメリカ原産で秋になる真っ赤な実もきれい
はなみづき201004-2
ここの白い花のハナミズキと濃いピンクのハナミズキをアップではなみづき201004-1
別名はアメリカ山法師。同じミズキ科に良く似た白い花を咲かせるヤマボウシ(山法師)という花木があるので、ちょっとややこしい

スイカズラ科のオオデマリ(大手鞠)。
おおでまり-1
上はまだ花が白くなる前の段階だけど、この状態でもアジサイ(特に薄緑色のアナベル)に似ている。
下は数日後に撮ったもの。花が白くなると遠目では白いアジサイと見分けがつかないぐらい似ている
おおでまり-2
ちなみにオオデマリもアジサイも花のように見えているのはガク(萼)で花ではないそうだ。いつものことながら細かな話なんだけどね

春先からずっと気になって撮っている夏みかん。いまだ衰えずって感じでなっている。背景には八重桜がきれいに咲いていた
夏みかん201004-7

これはバラ科で果実の成分がノドに良いとされるカリン(花梨)の花。ちょうどテントウ虫がいた
かりん201004-9
このカリンの木は秋になると枝の太さに似合わないぐらい大きな実をつける。でもあまり食用には向かないらしく、実はいつまでもそのままの状態になっている。

上の夏みかん、いまだに誰も採らずにずっと実をつけたままってことは、あまり美味しくないってことかな・・・

(撮影 2010年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.117(04/25)桜から新緑へ

この週末は気温は低めだったけど天気は良かった

この日もいつものように境内を撮ろうとしたら、珍しい行列に出会った
高幡不動尊20100425-1

この日は特別な法要行事があるようで五重塔下の法要会場に向かっていた。
高幡不動尊20100425-2
あとで調べたら「五重塔建立30周年記念」と「釈迦三尊泰安5周年記念」の法要だった。この五重塔は完成して30年なんだ

ミズキ科のハナミズキもきれいに咲いている。木全体が花で埋まるのですごくきれいだね
高幡不動尊20100424-3

なんだかコブシの写真と同じ感じがする
高幡不動尊20100425-3

背が高いのでどうしても見上げる角度に
高幡不動尊20100424-4
ハナミズキの花は花びらの端に茶色の斑点がある。これがなんだか花が枯れ始めたように見えてしまう。実はこれ花びらではなく苞(ほう)というらしいが、細かいことはいいよね

八重桜がきれいだけど、そろそろバックに写っている新緑や青空とバトンタッチする時期かな
高幡不動尊20100424-6
この葉っぱの色は、桜餅に使う葉っぱの色だ

少し前まで主役だったサクラ。これは花びらではなく、花ごと落ちてしまったようだ
高幡不動尊20100424-7

新緑と紅葉?いろはもみじの中には何故か葉の色が変わっている木が何本かある
高幡不動尊20100424-8

弁天池の端っこまで行って30歳になった五重塔を見上げてみる
高幡不動尊20100425-6

上を見上げると新緑が輝いているけど、目の前にある弁天池の端は、少し暗くなっている場所
高幡不動尊20100425-4
若葉が輝く緑もいいけど、こういう落ち着いた緑もいい

この週末はいい天気。新旧交代で新緑がきれいになってきた高幡不動尊だった

(撮影 2010年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.48)実りの秋 近所の光景2

河川敷を離れて街中を歩くと、街路樹や庭の木々に実がなっているのを目にする

(下写真)ハナミズキ前回は赤い実のアップだったけど、今回はもう少し全体を撮ってみた
散歩実200810-3散歩実200810-4
赤い実が沢山あってきれいなんだけど、紅葉としてみるのはちょっと残念かな

(下写真)ナンテン。こちらも赤い実が沢山、しかも密集度がかなり高い。ナンテンは常緑樹なので葉っぱの色がかわらず緑のまま。赤の実と緑の葉っぱが青空に溶けこんでいてちょっといい感じ
散歩実200810-2散歩実200810-1
ナンテンは「難が転ずる」として縁起のいい木とされるけど、有名な「南天のど飴」は、もちろんこの赤い実を乾燥させた南天実エキスを使っているとのこと

(下写真左)カリンの実。カリンにはマメ科の別種もあるが、これはバラ科ボケ属の植物、バラ科でボケ属って、男ばかりのお笑い系か
ナンテンと同じように、カリンの果実はのどの炎症に効く成分が含まれている
散歩実200810-5散歩実200810-6
長野が産地なのだろうか?中央高速道のSAでカリン果汁が売られているのをよく見かける。それもスキーなどの帰りだと宿の乾燥した暖房でのどが痛くなっていることも多く、ついつい買いたくなる。なかなかうまい連携だそんなわけないか

(上写真右)カリンの右側の柑橘系は伊予柑かな?八朔かな?まだ緑色で酸っぱそう

(下写真左)近所でも、いろいろなところで柿がたくさんなっている。今年は柿が豊作の年なのかな
散歩実200810-7散歩実200810-8
(上写真右)これは実じゃなけど、ずっと撮っているパンパスグラス真っ青な秋空の下、まだまだ元気そうで、ちょっとうれしかった

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです
このブログは禁止・拒否設定はしていませんが、なぜかコメントが拒否される場合があるそうです、大変もうしわけありません

今週の高幡不動Vol.20(04/19)

今日の高幡不動は、昨日までの大雨はやんで朝から少し青空
気温は暑くもなく寒くなくだけど風がかなり強い

今日の携帯デジカメ写真はピンボケ・・・
高幡不動0419-1高幡不動0419-2


高幡不動前交差点にあったハナミヅキ、もう少し空が青いと白い花が際立ったんだけどちょっと残念
高幡不動0419-3
この時期はハナミヅキの街路樹がきれい
ハナミヅキはアテネ五輪で金メダルをとったマラソンの野口みずきさんの名前の由来になったとのこと(by Wikipedia)
ハナミヅキの花は4月下旬から5月にかけて咲き、4月23日の誕生花になっているけど、野口みずきさんの誕生日は7月3日
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ