ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ハクモクレン

昭和記念公園 菜の花畑咲き始め

3月2週目の週末の昭和記念公園。
 
立川口とその先のカナール・大噴水。ここから見る風景は真冬とさほど
変わらない。
昭和記念公園201703
でも、園内は少しずつ春になっている。
昭和記念公園201703
ハクモクレン(白木蓮)、モクレン科が咲き始めている。その奥の黄色は
サンシュ、ミズキ科。
昭和記念公園201703
ハクモクレンの花は結構でかい。こんなでかい花をたくさん咲かせる木の
エネルギーってすごいよね。

キクザキイチゲ(菊咲一華)、キンポウゲ科。
昭和記念公園201703
花の名札が出ていなければ見逃してしまいそうな小さな花。

みんなの原っぱ東花畑では、菜の花が咲き始めていた。
昭和記念公園201703
ここの菜の花の見頃は4月上旬らしいけど、もう結構咲いている。
昭和記念公園201703
奥は桜の園、ソメイヨシノがたくさん。今年はいい感じで菜の花と桜の
共演を見ることができるかな。

こちらはムラサキハナナ(紫花菜)、アブラナ科。
昭和記念公園201703
別名、ショカッサイ(諸葛菜)、諸葛孔明が兵士の食料のために広めたころから。
ハナダイコン(花大根)、花がダイコンの花に似ているから。
昭和記念公園201703
菜の花と並んで、毎年育てられる。

アセビ(馬酔木)、ツツジ科。この花も春の花。
昭和記念公園201703
葉枝や花に有毒物質を含んでいて、馬が食べると足がしびれて酔ったように
なるからだそうだ。

ラッパスイセン、こちらは1月から咲いているけどまだまだ元気。
昭和記念公園201703

ここは渓流広場。チューリップがきれいに植えられている。
昭和記念公園201703
チューリップの見頃は4月中旬頃らしいので、あと1ヶ月ちょっとでこんな感じに
変わる。下写真は2015年4月撮影。
昭和記念公園201504
チューリップと紫色のムスカリが作る風景が楽しみ。

 昭和記念公園(Vol.200)
(撮影 2017年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

昭和記念公園(2012年4月) 盆栽園とチューリップ

これは4月初旬の昭和記念公園の様子。
コブシ、モクレン科。大きさが少し小さいぐらいしか、ハクモクレンと区別がいまひとつわからない。
昭和記念公園201204-2
これがハクモクレン、モクレン科。こうやって並べるとなんとなく花びらの幅や付き方が違う気もするけど・・・
昭和記念公園201204-3
これはモクレン、モクレン科。もう少し開くと色が濃くなる。
昭和記念公園201204-1

今回は昭和記念公園の日本庭園の中にある盆栽苑に行ってみた。
この盆栽苑は日本初の公営盆栽展示施設なんだそうだ。どれくらい古いんだろう?と思ったらオープンは平成16年。案外最近
昭和記念公園201204-10
タンチョウソウ(丹頂草)、ユキノシタ科。小さい花が密集して咲いている。
昭和記念公園201204-11
ヒナソウ、アカネ科。この花も小さい。
昭和記念公園201204-12
薄青と黄色の色あいが良く、花の形がしっかりしているのが気入って思わず撮った。

これは寒グミ、グミ科。推定樹齢80年と書いてあった。私より年上
昭和記念公園201204-6
寒グミって秋に花が咲いて、春の実が熟すそうだ。なんかズレてない?
昭和記念公園201204-7

モミジ、せいげん(清玄)。こちらは推定樹齢100年、すごい。
昭和記念公園201204-4
紅葉しているのではなく、新芽がこういう赤色なんだそうだ。
昭和記念公園201204-5
赤い新芽なんて珍しいなぁと思ったけど、バラなんかも赤い。わりとたくさんあるそうだ。

ヤマモミジ、推定樹齢70年。みんな年上だなぁ。
昭和記念公園201204-8
こちらも赤い新芽。なぜ赤いかというと、生まれたての細胞をこの時期の強い紫外線から守るためなんだそうだ。
ヤマモミジの足もと。味わいがあるというか、なんだか鳥の足のようでもある。
昭和記念公園201204-9

4月後半の昭和記念公園はチューリップがメイン。
昭和記念公園201204-14
ムスカリとチューリップってすごく相性がいい。
昭和記念公園201204-15
チューリップがメインでムスカリがアクセントって感じに植えられているけど、ムスカリもメインになりたいよね。
昭和記念公園201204-13
昭和記念公園の渓流広場はチューリップの本場オランダのキューケンホフ公園のチューリップにまけないぐらい見事な光景が広がっている。

チューリップの見頃は例年4月後半。オランダには行ったことがないので私は比較ができないが、間違いなく行って損はない

2012年4月28日追記
本日の様子では渓流広場のチューリップはもう見頃過ぎになっていました。

昭和記念公園(Vol.55)
(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

高幡不動から百草園経由で調布まで歩いてみた

3月の3連休の中日、この日は高幡不動尊にお参りしたあと京王百草園にやってきた。
百草園201103-1
梅まつりは終わっているが、梅の花は急には散らない、まだまだきれいに咲いている梅もある

春の小さな野草、スミレとオオイヌノフグリ。
百草園201103-2

ボケもきれいに咲き始めた。
百草園201103-3

カタクリ。この日はまだ2輪だけだったけど、4月に入った現在ではたくさん咲いている。
百草園201103-5
京王百草園を出て、まずは府中(東京)競馬場ぐらいまで歩いてみようかと、聖蹟桜ヶ丘に向かって歩きはじめる。この時、昼の12時少し前

百草園のすぐ近くのモグサファーム。川崎街道沿いのジェラード店はここの直営。
百草園201103-8
百草ファームの方に聞いたら、震災の日はここもかなり揺れたけど、牛たちはそれほど騒ぐこともなかったそうだ。
今年1月に生まれた子牛、かわいいね
百草園201103-7
関東大震災の時は、この裏の山沿いに地割れが出来たけど、ここはその時も比較的無事だったとのこと。すごくお元気そうだったけどお幾つなんだろうか

ひたすら歩き続けていると、いつのまにか分倍河原駅前に到着。ロータリにある「新田義貞公之像」。
分倍河原201103
これは新田義貞と北条泰家の軍勢が鎌倉幕府の興亡をかけて火花を散らした分倍河原合戦を題材に武士の情熱と夢をモチーフとして制作されたもの。

ここまで百草園から1時間弱。まだまだ歩けそうなので府中競馬場ではなく京王線府中駅を目指して歩きはじめたら、10分ほどでついてしまった。

駅前で昼でも食べてから電車で帰ろうと思ったら、昼ご飯を食べたら疲れが回復。iPhoneで調べると調布駅まで約6Km1時間20分の表示。6Kmならばがんばれば1時間ほどで歩けるはずなので調布駅まで歩くことにした。

疲れも出てきたので歩きに専念していたつもりだけど、途中できれいな花を見つけて何枚か写真を撮った。この細い花びらがたくさん垂れ下がったコブシはシデコブシ(四手辛夷)かな。
調布201103-1

これは薄紫色なのでベニコブシ(紅辛夷)か?
調布201103-4

ハクモクレンがきれいに咲いていた、ここは調布市内に入ったころだったかな。
調布201103-3

あれ?こんなところに近藤さん。こんなところでゆっくり座っている場合じゃないですよ調布201103-2
新撰組局長 近藤勇は天保5年(1834年)武蔵国多摩郡上石原村(現調布市野水1−6)宮川久次郎の三男として生まれ、幼名勝五郎。天然理心流近藤周助に入門、その後、近藤家の養子となる。

慶応3年、甲陽鎮撫隊を編成し、甲州街道を甲府に向けて出陣した際に途中、この故郷上石原の西光寺境内で休息し多くの村人に見送られたそうだ。でもその後の展開は悲しいのでやめておく
調布201103
ここ調布市「近藤勇と新撰組の会」は没後百三十年を記念し、近藤勇座像建立委員会を設け、この甲陽鎮撫隊所縁の地西光寺に座像を建立することとなり、それがこれだった。

こんなところで近藤さんを見るとは思わなかったけど、調布市は近藤さんの生まれ故郷なんだね。だんだん新撰組大好きのにぽぽさんのブログっぽくなってきたので、これ以上の探訪はやめて最後のひと踏ん張り、15時少し前に京王線調布駅到着
調布駅
いつの間にか調布駅の改札が高架になっている、知らなかった

帰宅後、距離を測って見ると京王百草園から調布まで約15Km、昼食の時間も入れて3時間ちょっとで歩けた。実はこの日は震災の日に帰宅できなかった経験から都心から歩いて帰宅することを想定して、まずは歩けるところまで行ってみようと思って歩いた

高幡不動尊では副長の土方さんがお待ちですよ、近藤局長。
高幡不動尊201003
土方歳三像、こうして改めて見てみるとかなり格好いい

いつも散歩で履き慣れているウォーキングシューズだったので最後まで割と軽やかに歩けたし、翌日以後にひどい筋肉痛になることもなかった。
この距離ではまだ職場のある五反田から自宅までの半分ほどだけど、到底無理だと思っていた徒歩での帰宅ができるかもしれないと思えてきた。いつか一度トライしてみよう

(撮影 2011年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園(2011年3月)寒緋桜が見頃

昭和記念公園201103-13
桃色が濃い桜、寒緋桜(カンヒザクラ)が見頃。背景には菜の花が見える、ちょっと春らしい景色

震災後、閉園していた昭和記念公園がこの週末の2日間開園した。
昭和記念公園201103-1
今後は計画停電の影響を考えて開園されるそうだ。

節電のため噴水が出ていない でも、たまにはこういうカナールもいいんじゃない。
昭和記念公園201103-2

自販機ぐらい販売休止中でも平気、開園さえしてくれれば、ゆっくり散策ができる。
昭和記念公園201103-5

いまはハクモクレンとサンシュが園内を賑やかにしている。
昭和記念公園201103-3

この花は桃。名札があって気がついたけど、よく見るとまさに桃色。
昭和記念公園201103-4

実は一番楽しみにしていた菜の花畑は、ちょっと早かった。
昭和記念公園201103-7
でもよかった。閉園中に見頃を迎えていたら、誰にも見られないなんて淋しいからね。

チューリップも準備万端。だけどまだ早い
昭和記念公園201103-8
ムスカリといろいろな品種のチューリップで描く模様は、こうやって、早くから整備するんだね。
昭和記念公園201103-9
普段、水が流れているところも、節電のため水がなくなっている。

ムスカリは一足早く咲き始めている。ムスカリは別名がブドウヒアシンスやグレープヒアシンスと言われるだけあって、花がブドウの実のように見える。
昭和記念公園201103-12
少しだけ咲いているチューリップもあった。
昭和記念公園201103-10
緑のなかで、1つだけ咲いていたこのチューリップは色が目立つね
昭和記念公園201103-11

最後にまた寒緋桜(カンヒザクラ)。
昭和記念公園201103-14
寒緋桜(カンヒザクラ)はバラ科サクラ属、緋寒桜(ヒカンザクラ)とも呼ばれが、彼岸桜(ヒガンザクラ)と混同されやすいため、寒緋桜(カンヒザクラ)と呼ばれることが多い。
昭和記念公園201103-6
沖縄で桜といえば、このカンヒザクラを意味する。この濃い桃色が空の青さを強調するね

昭和記念公園(Vol.29)
(撮影 2011年3月26日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 


昭和記念公園(Vol.3)クロッカスとハクモクレン

昭和記念公園20100314-2
2月に続いて今年2度目の昭和記念公園。前回黄色いクロッカスが咲いていた場所とは全然違う所で見つけた、真っ白な花と紫に白い筋が入った花のクロッカス

ここは花壇や柵で囲まれた場所ではなく、普通の歩ける場所なので、気がつかずに花を踏んづけてしまうような場所。春の人気者オオイヌノフグリとクロッカスが並んで咲いている
昭和記念公園20100314-3

黄色のクロッカスではそれほど目立たなかった黄色いメシベがよく目立つ
昭和記念公園20100314-4
こうやって間近かで見ると、かわいいクロッカスのイメージよりも、ちょっと派手な熱帯植物っぽい感じにも
クロッカスはアヤメ科で原産地は地中海沿岸から西南アジア。高温多湿は苦手らしいので熱帯植物ではないんだけどね

これは白い筋がない淡い紫色の花。逆光で撮ると天気がいいので輝いて見える
昭和記念公園20100314-8

ちょっとローアングルで
昭和記念公園20100314-7
地面に半分寝転んで撮ったら、数日前の雨でまだ地面が湿っていたらしく、肘や膝が少し湿ってしまった

すぐそばにはモクレン科のハクモクレン(白木蓮)。花芽が割れてもうすぐ咲きそう
昭和記念公園20100314-1

見上げるとほとんどが花芽の状態でまだあまり咲いていない。それよりも上空の飛行機雲の方が気になる
昭和記念公園20100314-5

飛行機にピントをあわせると、思ったよりもきれいに飛行機が写った。尾翼から2本の飛行機雲ができている様子まで見ることができる。(写真はクリックすると大きくなります
昭和記念公園20100314-6
今回の写真はすべてK−7に100mmのマクロレンズ(D FA マクロ 100mm F2.8 WR)をつけて撮ったもの

この100mmの単焦点望遠マクロレンズ(35mm換算で約150mm)はすごく使い勝手がよかった
花に近寄るとき、少し離れた花を撮るとき、普通の景色を撮るときなど、私が撮る写真のすべての場面で使えるレンズだということがわかった

(撮影 2010年3月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ