ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ハギ

今週の高幡不動尊(10/01)  秋明菊

9月から10月に移り変わりこの週末は秋らしい爽やかな晴れの日になった東京多摩地区。

高幡不動尊でも夏の花から秋の花へ衣替え。
高幡不動尊201710
一番象徴的なのは弁天池回りで咲くこのシュウメイギク(秋明菊)、キンポウゲ科。

高幡不動尊201710
秋にキクに似た花を咲かせることでついた名前。でもキンポウゲ科、花の中心の雄シベ雌シベの部分が菊とはちょっと違う。
高幡不動尊201710
花は白色だけでなくピンク色の花もあるけど、高幡不動尊で咲いているのは残念ながら白色だけ。ピンク色は昭和記念公園などで見かけるが、別名キブネギク(貴船菊)と呼ばれ、京都の貴船でよく見られるためだそうだ。

これは奥殿横で咲く秋の七草の1つハギ(萩)、マメ科。草冠に秋と書く萩はまさに秋の花。
高幡不動尊201710
明るい紫色の萩と白花の白萩が並んで咲いている。
高幡不動尊201710
まさに秋の花なんだけど結構地味・・・

秋の到来を告げる香りを漂わせるキンモクセイ(金木犀)、モクセイ科。ちなみに春はジンチョウゲ(沈丁花)。
高幡不動尊201710
いい香りを漂わせる期間は割りと短くて1週間程度。花も結構早く落ちてしまう。

そしてツユクサ(露草)、ツユクサ科。今年はあまりこの花の写真が撮れなかった。
高幡不動尊201710

だんだんと色づいてきた、コムラサキ(小紫)、クマツヅラ科の実。色の変わり方がわかる枝を撮ってみた。
高幡不動尊201710
ホントいい色だよねぇ。

高幡不動尊201710
第47回菊まつりの案内看板。今年は10月28日(土)から11月17日(金)まで。
今年の菊の育ち具合はどうなんだろう、8月は雨ばかりだったからちょっと心配。

今週の高幡不動Vol.462
(撮影 2017年10月1日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 秋の七草花壇

昭和記念公園の秋の七草花壇。立川口から前記事のひまわり畑に行く途中にある。

写真入りで秋の七草を紹介した看板とその回りに七草が植えられていると思う。
と思うと書いたのは、すべての七草を確認できなかったから(汗)
昭和記念公園201707
秋の七草って「おすきなふくは」と覚えるらしいのでその順番で紹介する。

「お」オミナエシ(女郎花)、オミナエシ科。
昭和記念公園201707
「おみな」は女性で「えし(へし)」は圧倒するで、美女を圧倒するぐらいの
美しさという意味で名付けられたとか。

「す」ススキ(薄)、イネ科。オバナ(尾花)とも呼ばれる。
昭和記念公園201707
まだ花は咲いていない。ススキの花というか穂は秋の風景に欠かせない。

「き」キキョウ(桔梗)、キキョウ科。
昭和記念公園201707
梅雨時から咲いている夏の花(笑)。

「な」ナデシコ、ナデシコ科。
昭和記念公園201707
これはカワラナデシコ(河原撫子)でナデシコの中で一番よくみかける種だそうだ。

「ふ」フジバカマ(藤袴)、キク科。この花は夏ではなくて秋に咲く花。
「く」クズ(葛)、マメ科。ツル性植物で木に巻きついて咲いているイメージがある。
上の2つはこの日は見つけることができなかった、そんなに真剣に探していないけど(笑)

「は」はぎ(萩)、マメ科。
昭和記念公園201707
この日は咲いていなかったけど、そろそろ咲く頃。高幡不動尊では咲き始めていた。

立川口カナールのイチョウ並みではギンナンが成っていた。
昭和記念公園201707
まだ緑色しているけど、このギンナンが熟したら完全な秋。

こもれびの里で咲いているハス(蓮)、スイレン科。蓮は夏(特に朝)の花。
昭和記念公園201707
鉢植えの蓮をたくさん見たけど、これは自然に咲いている蓮。

ハナイカダ(花筏)、ミズキ科。筏に人が乗った姿に見立てた名前。
昭和記念公園201707
実が黒くなった。よく見ると茎のようなものが葉の中心まで伸びている。
昭和記念公園201707
いつみても不思議な光景。

ひまわり畑を見たあとで、せっかく立川口から遠いところに来たので、こもれびの丘
を回ってヤマユリを見て来た。
昭和記念公園201707
ヤマユリはそろそろ終わりの時期だったけど、なんとか見ることができた。
昭和記念公園201707
ヤマユリは1年ごとに花を1つずつ増やすというが、これで来年に花が1つ増えたら
その重さに耐えきれずに倒れそうだ(笑)

昭和記念公園(Vol.221)
(撮影 2017年7月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

京王百草園 お彼岸の頃の様子

ほぼ月に1度は訪れている京王百草園。
ブログの記事をアップするのは数か月ぶりになるので、お彼岸の頃の様子だけどアップすることに。

この時期はやはり彼岸花だね。
京王百草園201409-1
園内のいろいろなところで見ることができる。
京王百草園201409-10
ここは芭蕉天神。

私のお気に入り心字池の回りでも。
京王百草園201409-8
紅葉にはまだ早く、心字池の奥は深い緑に囲まれている。
京王百草園201409-7

和のテイスト。
京王百草園201409-11

 秋の実り、コムラサキ、クマツヅラ科。明るい紫色の実が秋の庭には良く似合う。
京王百草園201409-2
秋になるとこのブログはコムラサキの登場率が高い(笑)。
 
夏に小さな白い花を咲かせて秋には真っ赤な実をつけるガマズミ、スイカズラ科。
京王百草園201409-6

心字池そばのハギ(萩)、マメ科。
京王百草園201409-12

シュウカイドウ(秋海棠)、シュウカイドウ科。
京王百草園201409-13

たぶんヤマホトトギス、ユリ科。
京王百草園201409-9
夏の花なのでこの時期まで咲いているのは珍しいかな。

京王百草園201409-4
茅葺屋根の松連庵のそばに咲くバラ。
和の雰囲気の京王百草園だけど、いつもここにはバラが咲いている。
京王百草園201409-5

10月に入るとキンモクセイが咲くけど、この時期に咲いている花はこれぐらいで、あとは
紅葉の時期を静かに待つ京王百草園。
京王百草園201409-3
 紅葉の見頃は11月に入ってから。まだ少し先だね。
 
  (撮影 2014年9月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

今週の高幡不動(9/13)萩と彼岸花

東京多摩地区の3連休はお天気に恵まれた。

これは連休初日9月13日の高幡不動尊の境内。 
高幡不動201409-3
思ったよりも参拝者が少ない。いい天気でどこかに遊びに行ってしまったのだろうか(笑)。

奥殿横のハギの花。まだこれからだけど少しづつ咲いてきている。
高幡不動201409-9
明るい紫色の花。
高幡不動201409-11
こちらは白い花。白萩というのかな。
高幡不動201409-10
マメ科らしい花。

お彼岸を前に彼岸花が咲き始めていた。
高幡不動201409-6
大日堂の前は白い彼岸花。
高幡不動201409-5
ここは確か紅白の彼岸花が並んで咲く場所だったと思うけど、今年は白が先行。
昨年9月の写真(下)を探してみたらちゃんと紅白が並んでいた。
高幡不動201309-1
できればタイミングを合わせて咲いてください(汗)

奥殿の横、納札所前の大きなイチョウの木。まだ銀杏は落ちていなかった。
高幡不動201409-4
咲いているのはヤブラン(薮蘭)、ユリ科。
ヤブランは葉に白い線が入った品種もある。
高幡不動201409-8
こちらのほうが庭園には似合うような気がする。

連休の1週間ほど前にトイレに行った時に、キンモクセイのようないい香りがしたので、
まわりを見渡すと、トイレのすぐそばでギンモクセイが咲いていた。
高幡不動201409-2
ここにギンモクセイがあるなんて、いままで知らなかったなんて、何年この高幡不動尊に
散歩に来ているんだか・・・(汗)
高幡不動201409-1
ギンモクセイ、モクセイ科。香りはキンモクセイと同じだけど、香りの強さはキンモクセイほどではない感じ。
しかもキンモクセイよりも花期が短いようなので、ちょうどいいタイミングでこの場所を通らないと発見できないかもしれない。

高幡不動201409-13
晴れていても真夏のような暑さは感じない。まさに秋晴れという感じの光景。
高幡不動201409-7
快適な散歩日和だった。

 今週の高幡不動Vol.330
(撮影 2014年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    

昭和記念公園(2014年8月)サギソウまつり

これも前回の昭和記念公園の続きで8月最初の酷暑の週末。

多摩都市モノレールの立川北駅から昭和記念公園に向かうと、あけぼの口から入って無料エリアを歩いて立川口に向かう。 
昭和記念公園201408-11
これがその途中で立川口とその先のカナールを見たところ。暑さでこの距離を歩くのがちょっとイヤになる。
それでもこの時期に昭和記念公園に来る理由は、前回のナツズイセンとサギソウを見るため。

特にサギソウは、ボランティアの方が1年間丹精込めて育てたサギソウが花壇や鉢植で見ることができるサギソウまつりが開催されるぐらい力が入っている。
ちなみに、昭和記念公園のサギソウまつりは8月2日(土)から8月31日(日)まで。

まずは花木園水鳥の池デッキのまわりで咲いているサギソウ。
昭和記念公園201408-3
花壇や鉢植えと違って、花の密度は高くないが、まわりに草花があって自然な感じで咲く姿を見ることができる。
昭和記念公園201408-4
まだ咲いている花が少ないような気がする。
ここからは西立川口さざなみ広場の鉢植のサギソウ。
昭和記念公園201408-7
サギソウ、ラン科。サギが羽根を広げたような姿からついた名前で姫路市と世田谷区の花に指定されている。
別名白鷺城とも呼ばれる姫路城がシンボルになっている姫路市ではそのシンボルにふさわしい花として昭和41年に市の花に制定。昔は大規模な自生地が存在し、悲しい伝説が残る世田谷区では昭和43年に区民の公募により区の花に制定している。
昭和記念公園201408-8
悲しい伝説とは、『吉良頼康公の側室「常盤姫(ときわひめ)」が悪い噂話のために追放され、身重で逃亡し、自害して身の潔白を証明しようとした。その際、飼っていた白鷺の足に遺書をくくり付け飛ばしたのだが、白鷺は途中で力尽きて死んでしまう。死因は飛び続け力尽きたとも、鷹狩の鷹や弓矢に落とされたともいわれている。その白鷺が多摩川のほとりでサギソウになったという御伽噺(おとぎばなし)である。現代、世田谷区にはサギソウの自生地は残っていない。(Wikipediaより)』
昭和記念公園201408-12
花壇ではたくさん咲いている姿を見ることができるが、まだちょっと早いかも。

これはカノコユリ、ユリ科。
昭和記念公園201408-1
鹿にある斑点のような模様を「鹿の子模様」というが、花びらのつぶつぶが鹿の子模様に似ているからついた名前。
昭和記念公園201408-2

ノウゼンカズラ、ノウゼンカズラ科。
昭和記念公園201408-9
ノウゼンカズラは漢字で書くと凌霄花。「凌」はしのぐ、「霄」はそらの意味。
ノウゼンカズラはつる性植物で木にまといついて天空をしのぐほどの高さにまで登ることからついた名前。
昭和記念公園201408-10
ノウゼンカズラも夏の花だ。
昭和記念公園201408-5

ハギ(萩)、マメ科が咲き始めていた。
昭和記念公園201408-6
萩の字が意味するように秋の花で秋の七草でもある。それでも8月初旬から咲き始めるようだ。
早く萩が似合う季節になってほしいものだね。 

  昭和記念公園(Vol.118)
(撮影 2014年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

今週の高幡不動(09/22)お彼岸には彼岸花

台風が上陸した前の三連休と違って、お彼岸の三連休は比較的天気に恵まれた。

高幡不動201309-6
お彼岸だけあって人は多いが、不動堂を通過して境内奥に向かうお墓参りの人が多かったようだ。

実は高幡不動尊の境内と山の中は、それほど彼岸花が咲いているわけではない。
そんな中で毎年一番注目しているのは大日堂大玄関前のこの紅白の彼岸花。
高幡不動201309-1
上が21日(土)、下が22日(日)の様子。まだ白い花が咲き始め。
高幡不動201309-9
三連休最終日、23日(月・祝)に白い花も見頃になった。
高幡不動201309-12

大日堂正面の燈籠そばにも紅白の彼岸花が咲いている。
高幡不動201309-10

山あじさいが咲くあたりでは、1輪の彼岸花がヤマホトトギスと並んで咲いていた。
高幡不動201309-2

比較的、彼岸花が密集して咲いているのは八十八ヶ所巡り入り口手前の紅葉之碑あたり。
高幡不動201309-3

秋の花、シュウカイドウ(秋海棠)、シュウカイドウ科。
高幡不動201309-4
緑色の葉を背景にするとピンク色が目立つ。

秋の七草、ハギ(萩)、マメ科。
高幡不動201309-8
こちらは白萩、奥殿横で並んで咲いている。
高幡不動201309-7

弁天池横のこの花はひょっとしてヌスビトハギ(盗人ハギ)かな?
高幡不動201309-11
実が盗人の忍び足の足跡の形に似ていて花が萩に似ているからついた名前だそうだ。

 8月からいまでも次々と咲いているカキツバタ。季節外れもとうとうここまで来たか(笑)
高幡不動201309-14

ツユクサ(露草)、ツユクサ科。この花、花期は長いけど露草の露が「朝露を受けて咲く」ことに由来することからも秋であるが見頃。
高幡不動201309-13
でも6月ぐらいから咲いているからツユクサは梅雨草?って思ってしまうよね。

高幡不動201309-5
弁天池のススキ。こうしてみるともう風景が秋色になってきている。

今週の高幡不動Vol.283
(撮影 2013年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動(09/08)雨の中・・・

日曜日は朝からはっきりしないぐずついた天気。
しかも涼しいかと思ったら蒸し蒸しして梅雨時みたいな不快感。

昼前に雨がやんで少し空が明るくなったように思えたので、散歩に出てみたら・・・
 高幡不動201309-2
高幡不動尊に到着する前にまた弱い雨が降り始めた。

大日堂前のヒオウギ、アヤメ科。いままで花だけのアップだったので今回は全体を。
高幡不動201309-3
葉が扇状に広がっているところが名前の由来。名前の由来はちゃんと見せておかないとね(笑)
でもやっぱりこの派手な花はアップも撮りたい。
高幡不動201309-9

シュウカイドウ(秋海棠)、シュウカイドウ科。この花も高幡不動尊では秋の花。
高幡不動201309-5
ベゴニアの花に似ているが、ベゴニアはシュウカイドウ科、仲間だ。

これはカラスウリ、ウリ科の花。花よりも橙色の実の方がお馴染み。
高幡不動201309-6
もうちょっといい感じに咲いている花が撮りたかったよね、これじゃあよくわからん・・・
 
弁天池で咲いていたハギ、マメ科。ん?花というより色だけだ(笑)
高幡不動201309-7
 だんだん雨が強くなってきた。きれいな水滴を探したんだけど雨が強くなると、しっかり濡れてしまって水滴としてはいまひとつ。

弁天池で1輪だけヒガンバが咲いているのを見つけた。 
高幡不動201309-8
来週はもっとたくさん咲き始めるだろう。今年は大日堂前で紅白の彼岸花を見ることができるかな。

仁王門では鳩が雨宿り。 
高幡不動201309-10
そこまで強い雨ではないんだけどね。

高幡不動201309-11
雨に濡れてしっとり落ち着いた風景。

これは珍し土方さんの絵馬。しかも縦型。
高幡不動201309-1
 だんだん合格祈願の絵馬が増えてきた。夏を越えてそろそろ受験勉強も本腰かな。

昨年ダブル受験で静かな夏を過ごした我が家。
今年は二人とも毎日どこかに出かけていて、やっぱり静かな我が家。
次に合格祈願を絵馬に託すのは再来年。

次の週末はあちらこちらで秋祭り、せっかくだからすっきり晴れて欲しいものだ。
 
今週の高幡不動Vol.281
(撮影 2013年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

今週の高幡不動(06/01)あじさいまつり初日の様子

高幡不動尊で第30回あじさいまつりが6月1日(土)からはじまった。
6月初旬のこの時期は境内から山内にかけて咲く可憐な山アジサイが中心。

あじさいまつりが始まって普段の週末より参拝客が多くなったような気がする。
高幡不動201306-8

奥殿の正面に新しい階段ができたので丈六不動三尊像にお参りしやすくなった。
高幡不動201306-9

奥殿横では秋の七草の1つハギ、マメ科が咲きはじめた。
高幡不動201306-10
秋の七草とはいうものの撫子や桔梗のように夏から秋にかけての植物が多い。

見た目がまさにマメ科という実をつけ始めた藤棚はちょっと秋っぽい(笑)
高幡不動201306-4

人気がある大日堂前のスミダノハナビ(墨田の花火)は咲き始め。
高幡不動201306-11

これは大師堂から奥殿前に通じる通路付近、背景は稲荷神社。
高幡不動201306-5

いろいろな花が咲く弁天池回り。
高幡不動201306-6
スカシユリとアジサイ。ここの西洋アジサイは早い。
高幡不動201306-7
例年通り、オレンジ色のスカシユリも咲き始めた。
高幡不動201306-13
このスカシユリにアゲハチョウがとまった様子や可憐な山アジサイの写真は、私の別ブログ「ちびたのはぐれもの写真」で。よろしければ

これは新宿御苑で見たことがあるアルストロメリアの仲間。
高幡不動201306-14
アルストロメリアの仲間はユリズイセンとも呼ばれるそうで、確かにユリのようなスイセンのような花。

比較的よく咲いているアジサイばかりを紹介したが、背丈より高いアジサイの壁が続く人気の四季の道入り口付近はまだこれから。
高幡不動201306-12
上写真の右隅にちょっとだけ見えている赤紫のアジサイは毎年人気があって写真を撮る人が多い。
高幡不動201306-3
この鮮やかな紅色のアジサイは高幡不動尊の境内にはあまり見かけない色。

四季の道の奥の方に行くと背が高いガクアジサイが少し咲き始めている。
高幡不動201306-2
でも咲いているのはまだ少ない。

毎年あじさいまつりの時に見かける露店。
高幡不動201306-1
今年も同じように見ることができて、ちょっと安心した。

この週末のあじさいの開花状況としては、山アジサイはもうほとんど咲いているが、大きな珠状の花をつける西洋アジサイはまだこれからという状態。

高幡不動尊の第30回あじさいまつりは6月1日(土)から7月7日(日)まで。
今年のあじさいの開花は比較的順調(少し早め)な感じ。

今週の高幡不動Vol.268
(撮影 2013年6月1・2日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今日、サッカー日本代表がブラジルW杯出場を決めた!
これでコンフェデレーションズカップを落ち着いて見ることができる。
イタリア、ブラジル、メキシコとの試合が本当に楽しみ。早朝だけど・・・

今週の高幡不動(09/22)秋分の日から秋

祝日なんだけど土曜日なのが、ちょっと  かなりもったいない気がする秋分の日。
高幡不動201209-3
この翌日の日曜日はほとんど1日中雨が降って散歩に出ることができなかった。なんだかこのところ毎日、雨が降っているような気がする。

東京多摩地区は秋分の日を境に季節が夏から秋に変わった感じ。
高幡不動201209-4
ハギ、マメ科。ご存じ秋の七草。
上が紅萩、下が白萩。なんて簡単に書くけどハギにもいろいろな品種があるようだ。
高幡不動201209-6
区別がつかずに悩むことになりそうだから、これ以上品種を追求するのはやめておく

ヒヨドリバナ(鵯花)、キク科。
高幡不動201209-8
上のヒヨドリバナは下の秋の七草の1つフジバカマ(藤袴)、キク科と花がすごく似ている。
高幡不動201209-13
上写真は高幡不動尊ではなく、散歩道で撮ったもの。高幡不動尊にはヒヨドリバナはよく見かけるが、フジバカマは見かけない。

この週末はお彼岸。お彼岸は春・秋分の日を中日としその前後3日を含む7日間。
そしてお彼岸と言えばこの彼岸花。これは弁天池のまわりで咲いていたもの。
高幡不動201209-12
高幡不動尊の大日堂前では紅白の彼岸花が咲くが、今年はまだ。確か昨年は紅白のどちらかしか咲かなかったような気もする。

この時期あちらこちらで見かけるヤブラン(薮蘭)。そろそろ緑や黒の丸い実を付け始めているヤブランも多い。
高幡不動201209-5
これは日本庭園にお似合いの葉が白い斑入りのヤブラン。
高幡不動201209-7

変な感じに色づいた葉っぱ・・・
高幡不動201209-9

これはヤマホトトギス、それともヤマジノホトトギス?
高幡不動201209-10
ネットで調べると、花被片の反り返りぐあい、花の付き方、中央の花柱の紫の斑点の有無などでヤマジノホトトギスと見分けるそうだが、なかなか違いがわからない。
高幡不動201209-11
ヤマホトトギスのような気がするんだけど、まあいいか。

もうしばらくすると弁天池のそばではもう少し派手なホトトギス(タイワンホトトギスとも呼ばれる)が咲く。下は2010年10月撮影。
高幡不動201209-14
こちらの方が色がはっきりしていて写真が映えるので好きなんだよね。

今週の高幡不動Vol.233
(撮影 2012年9月22日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(10/02)キンモクセイの香り

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、このところめっきり涼しくなった東京多摩地区。

高幡不動尊の境内にはどこからかキンモクセイの香りが漂ってくる。
高幡不動201110-9

この週末は境内に大きなクレーン車が出ていた。
高幡不動201110-3
続きを読む

秋の七草 1つ足らず・・・

そろそろ秋も終わりになるので、季節外れにならないうちに秋の七草。紅葉やライトアップの写真が続いていたので、散歩道の花はなんだかちょっとお久しぶり

秋の野に  咲きたる花を  指折りかき数ふれば  七種の花
萩の花  尾花葛花  撫子の花  女郎花  また藤袴  朝貌の花

秋の七草は、山上憶良が詠んだ万葉集のこの2首の歌が由来とされて今に至っているそうだ
                          
この歌の順番に、まずは萩(はぎ)、マメ科。
秋の七草2010-4

続いて尾花(おばな)→ 薄(すすき)、イネ科。
秋の七草2010-6
多摩川の河川敷で輝くススキの写真を入れたかったんだけど、この秋はタイミングがうまく合わず撮ることができなかった

葛花(くずばな)→ 葛(くず)、マメ科。
秋の七草2010-8
葛は生命力が強く、1年で10mぐらい成長するそうだ。
秋の七草2010-7
この葛の撮影は9月の初旬。まだ真夏日だったころ

次は撫子(なでしこ)、ナデシコ科なんだけど、撫子だけ写真が撮れず、代打のアオサギ。
BlogPaint
なんだ撫子の写真はないんだ・・・だったら秋の七草じゃない、これはサギだ!っていう意味ではない

女郎花(おみなえし)、オミナエシ科。
秋の七草2010-5

藤袴(ふじばかま)、キク科。
秋の七草2010-1
日本の秋の花といえば菊の花だと思うが秋の七草にキク科はこれ1つ。
秋の七草2010-2
キク科と言っても普通の菊の花からは、ちょっと離れた感じの花だけどね
                     
朝貌(あさがお)→ そのまま「朝顔」ではなく「桔梗」とするのが定説だそうだ
秋の七草2010-9
桔梗以外では木槿(ムクゲ)やヒルガオ(昼顔)など諸説あるようだ。
秋の七草2010-10
この桔梗の撮影は8月のお盆の頃。猛暑日が続いた頃、暑かったねぇ・・・

しかし春の七草と違って秋の七草は生薬になるものはあってもあまり食べることに縁がないね。せっかくの食欲の秋なのに

秋の七草はひっそりと秋の到来を告げる地味な花ばかりだけど、これも日本人の風情というものかな。きれいな着物や紅葉ばかりを追いかけている場合ではないね

(撮影 2010年7~10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動Vol.137(10/02)萩の花

10月に入って最初の週末は秋らしい爽やかなお出かけ日和になり高幡不動尊の境内もだんだんと人が増えてきた
高幡不動尊20101002-9
もう七五三の季節なんだね、早いなあ
高幡不動尊20101002-10

いま境内で一番きれいなのは奥殿横のハギ(萩)の花。草かんむりに秋だから、まさに秋を代表する花だね。
高幡不動尊20101002-6
白いハギの花は枝に雪が積ったように見える。
高幡不動尊20101002-5
5月はまだこんな感じだった。今年は2週間ぐらい遅いけど、いつのまにかしっかり大きくなって、きれいな花を咲かせている
高幡不動尊20101002-11
萩はやっぱりこの明るい紫色の花。
高幡不動尊20101002-7
白い花もある。ちょっと紫が交じった花を見つけた。
高幡不動尊20101002-8
ハギはマメ科。本当はマメ科ハギ属の総称でヤマハギとかミヤギノハギなどという品種があるそうだ

弁天池まわりのシュウメイギク。キンポウゲ科でアネモネの仲間。
高幡不動尊20101002-3
秋の日射しで真っ白な花が輝いて見える
高幡不動尊20101002-1

これはたぶんホトトギス。蕾が少しふくらんできている、例年ならばそろそろ咲いている時期なんだけど、ちょっと遅れている感じ
高幡不動尊20101002-4

ちょっと園芸品店で売っているような花、シソ科のコバルトセージかな。このブルーはいい色だなぁ
高幡不動尊20101002-2
この日は高幡不動尊の境内で彼岸花を見ることができなかった。たまたま2週間ぶりになってしまったので彼岸花が終わってしまったのかな?昨年は大日堂前の灯籠そばに紅白の彼岸花が咲いていたのに、枯れた花どころか、まったくその気配がなかった
高幡不動尊20101002-12
代わりに高幡不動尊の境内ではなく、散歩道の紅白の彼岸花。
赤い彼岸花だけがたくさん並んで咲いていると、ちょっと不気味な感じがするけど、こうして紅白の花が並んでいると、ちょっと賑やかでおめでたい感じ

(撮影 2010年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.92)散歩道の花も夏から秋に

散歩道200909-11
マメ科のハギ(萩)、桔梗や撫子などと共に秋の七草のひとつ。
この写真はちょっとピンボケなのが逆に幸いしてソフトトーンな雰囲気に撮れた、偶然なんだけど

秋のお彼岸に供える「おはぎ」は、秋を代表する花の「萩」にちなんで「萩餅」から「御萩餅」で「御萩」と呼ばれるようになったそうだ
ちなみに春のお彼岸に供える「ぼたもち」は「牡丹」にちなんで同様に「牡丹餅」から呼ばれるようになったそうだ。萩は秋の七草のひとつだけど牡丹は春の七草ではないけどね
散歩道200909-9散歩道200909-10

クマツヅラ科のコムラサキ(別名コシキブ)。実が紫色で美しいので観賞用として庭木で栽培される。同じ仲間によく似たムラサキシキブというのがあるが、庭木は多く密集して実がつくため見映えがするこのコムラサキがであることも多いそうだ
見分け方としてはコムラサキは葉の先端半分にだけ鋸歯があるが、ムラサキシキブは葉全体に鋸歯があることらしいが、変種や園芸品種も多く明確な判断は難しいとのこと
散歩道200909-8散歩道200909-12
秋にきれいな紫の実をつけるから風流なイメージで「紫式部」というような名前をつけたのかな?同じ仲間で白い実をつけるシロシキブというのもあるようだが、そうなると紫式部から少し離れてしまうなぁ

ヒユ科のケイトウ(鶏頭)。見ての通りその形状がニワトリの鶏冠(とさか)に似ていることからこの名に。花の色は赤、黄、ピンクなど、形も丸くなるもの槍のようにとがるものなど、いろいろな形がある
散歩道200909-1散歩道200909-3
散歩道200909-7散歩道200909-6
下の写真の花は見た目が鶏冠というより脳みそって感じ。サンゴにも脳に似ていることから名前がついたキクメイシ科ノウサンゴ属というのがあるけど、そちらに似ている

(下写真)アップで撮ってみたらベルベットのような雰囲気。なんだかすごく柔らかで暖かそうに見える花だが実は寒さには弱いらしい。見た目と強さは関係ないのか・・・
散歩道200909-5
なんだか久しぶりに散歩道の花の写真をアップしたような気がする

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示されてしまう場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ