ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ハイビスカス

今週の高幡不動(08/05)珊瑚樹

土曜日は午後からかなり強い雨が降った東京多摩地区。
日曜日は朝からいい天気となって、外を歩くには日射しが厳しすぎるぐらい。
高幡不動201208-7
もう少し雲がいい感じに出てくれると暑中見舞い写真に使えそう。とは言ってももう立秋(今年は8月7日)なので残暑見舞いかな。
高幡不動201208-1
お不動さんの境内にハイビスカス。きっと鉢植えなんだろうけど、暑い夏の演出

ヤブラン(薮蘭)、ユリ科又はスズラン科。
高幡不動201208-8
夏から秋にかけて咲く花なのでまだこれから。

サンゴジュ(珊瑚樹)、スイカズラ科。花は白いのになぜ珊瑚樹かというと、珊瑚のように見えるのはこの実。
高幡不動201208-5
南の島のきれいなサンゴ礁の海で見る造礁サンゴと、宝石としてのサンゴはかなり違っていて、この実のような赤や桃色をしている。
高幡不動201208-11
もともと珊瑚と言えば紅珊瑚や桃色珊瑚など宝石として扱われていた珊瑚のことで、これらは造礁サンゴと違って海の深いところで生息する。

学生時代(かなり昔)、沖縄の国際通りを歩いたときに見た、きれいな珊瑚細工を思い出すが、紅珊瑚や桃色珊瑚なんかは乱獲で絶滅寸前なんだそうだ。

弁天池では甲羅干しの場所を求めてカメが岩登り・・・
高幡不動201208-3

少し前ブログにアップした時は雨に濡れてしょんぼりしていた、カライトソウ(唐糸草)、バラ科。
高幡不動201208-2

ヒオウギ、アヤメ科も咲き始めてきた。南国をイメージする夏の花。
高幡不動201208-10

ハスに止ったシオカラトンボ。
高幡不動201208-9
体操選手なら床で同じ姿勢ができるかな。なんて思ってしまうのはオリンピックの見過ぎ。

この青を見るとつい撮ってしまうツユクサ。いい青だ
高幡不動201208-4

暑い日だったけど、境内は思ったよりも参拝の人がいたような気がする。
高幡不動201208-6

今週の高幡不動Vol.226
(撮影 2012年8月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

2011年沖縄 羽田から西表島まで

沖縄20110801-11
8月1日から4日まで3泊4日の予定で沖縄西表島に行った。結果は6泊7日の長旅になったけど

羽田空港、ポケモンジェットを見るとカメラを向けたくなる。
沖縄20110801-1
離陸するところ望遠で撮ったので、ポケモンの絵柄がよくわからない(^^;)

定刻通り羽田7:45発、沖縄那覇空港10:15到着、この日はまだいい天気。
沖縄20110801-2

那覇空港10:50発、石垣空港に向かう機内。宮古島上空を通過(11:30)。
沖縄20110801-3
宮古島通過後に着陸態勢に入り約20分後には石垣空港に着陸。
沖縄20110801-4
石垣島までの飛行機ボーイング737-700。ANA導入1号機と2号機だけに施された特別塗装機「ゴールドジェット」だそうだ。金色もなかなか格好いいね

機内誌(翼の王国)の航空機材一覧によると、このボーイング737-700は全幅35.8m、全長33.6m、全高12.5m航続距離4,900km座席数120席。
ちなみに羽田から那覇まで乗ったボーイング747-400Dは全幅59.6m、全長70.7m、全高19.4m航続距離3,830km座席数565席、ずいぶん大きさが違う。

空港からタクシーで石垣港に移動中、台風について聞くと「台風は来てみないとわからないねぇ」、東京に帰る日(8月4日)を言うと「4日ごろが一番危ない」と言われた。実はこのあとも何人かの現地の人に今回の台風の話を聞くとほとんどが「来てみないとわからない、でも4日は危ない」という答え。やっぱり4日は危ないのかぁ・・・(実際この「でも4日は危ない」が現実になることに)
沖縄20110801-5
このドリーム観光の高速船で西表島の大原港に向かう。昨年初めて西表島まで高速船に乗って、その速度と激しい揺れに驚いた。その時のブログがここ

大きな雲が浮かんでいた。右側の平たい島が竹富島。
沖縄20110801-7
竹富島をはじめ西表島や黒島など八重山諸島の多くの島は八重山郡竹富町に所属する。ただし町内の島々への航路の起点が石垣島(石垣市)なので、竹富町役場は石垣市美崎町にある。

高速船は相変わらず水しぶきを上げて突っ走っているいるが、後ろから猛スピードで追いついてきた安栄観光の高速船。
沖縄20110801-8
あとで西表島の人に聞いたところ、西表島航路は3社が運航しているが、この安栄観光の高速船は漁師出身の船長が多く、運転も上手で一番スピードを出すのだそうだ。

ちょっと怪しい雲が西表島まで続いていた。西表島に到着した後で聞いたら、海岸沿いの一部が局地的な豪雨だったようだ。
沖縄20110801-9

石垣港から40分弱で西表島大原港に到着。船の窓ごしに撮ったのでちょっと暗く撮れている。
沖縄20110801-16
いまは立派な港湾設備が整っているが、30年前にこの港に来た時はホバークラフト(八重山観光が1972年から1982年まで運航)だったので、海からコンクリートの上陸用スロープを上って駐車場みたいな場所に到着した。

ホバークラフトは高速で港湾設備がない海岸(まさに沖縄八重山向き)でも直接上陸できる利点があったが、燃費が悪く、悪天候に弱いなどの欠点もあり日本では徐々に廃止され、いまではもうホバークラフトの定期航路はないそうだ。

西表島の道路。人通りも車通りも少ない。

沖縄20110801-10


昨年、石垣島に渡った時、那覇は大都会だなぁって感じたが、西表島に渡ると、石垣島は都会だなぁって感じる。

なかなかいい色のハイビスカス。沖縄に行くとどうしてもハイビスカスに目がいきたくさん写真を撮ってしまう。
沖縄20110801-12

この花は何だろう?
沖縄20110801-13

ここが3泊する予定(だった、ホテル ラ・ティーダ西表。3階建の建物の1階にフロントとロビー、2階が厨房とレストラン、3階は客室スペース。
沖縄20110801-14
私が泊まったのは下のコテージ棟。いい感じのコテージだが、台風の直撃を受けるとこのコテージから出られなくなる。さらに西表島は台風でよく停電するそうで、停電するとエアコンもテレビも温水シャワーもない状況で缶詰になるそうだ。おいおい本当かぁって感じ
沖縄20110801-15
本来の予定では到着したこの日(8月1日)は、このままのんびりする予定だったが、台風が接近しいつまでここに居ることができるかわからないので、ホテルのフロントで、いまからでも観光できる場所を聞いて、そこに向かためにタクシーを呼んでもらった(続く)

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

夏の散歩道はトロピカル

ちょっとトロピカル2011-5
7月に入ると散歩道のあちらこちらで夏らしい花を見ることができる。
TOPの写真はノウゼンカズラ、ノウゼンカズラ科。バックがとてもきれいな青空だから、さらに南国っぽい写真になった

普通に撮るとこんな感じ。なんだかキスマークのようにも見える。
ちょっとトロピカル2011-4
これはひょっとするとアメリカノウゼンカズラという品種かもしれない。
ノウゼンカズラでもオレンジ色だと南国度が少し下がる
ちょっとトロピカル2011-3
ノウゼンカズラはとても寿命の長い木で豊臣秀吉が朝鮮半島から持ち帰ったといわれるものが金沢市にまだ健在らしいというが、樹齢400年以上。ほんまかいな

東京でちょっと南国風な花となるとアオイ科の花が一番。しかしアオイ科ってよく似ていて、特にフヨウとムクゲとタチアオイの区別がいまいちわからない・・・
これはタチアオイかな?
ちょっとトロピカル2011-1
これはムクゲ?
ちょっとトロピカル2011-6
これはわかりやす、ハイビスカスだ。オレンジ色が美味しそう
ちょっとトロピカル2011-7
これを撮ったのは高幡不動駅のすぐそば、東京でもちゃんと育てればハイビスカスがきれいに咲くんだね。
ちょっとトロピカル2011-8
うれしくてアップも撮った。あまり代わり映えしない写真だけど・・・

これも高幡不動駅のすぐそばで撮った花。ひょっとして八重咲きのブーゲンビリア?さすがに違うかな、八重咲きのムクゲかな。
ちょっとトロピカル2011-9
真ん中に見えている白い部分が花だったらブーゲンビリアなんだろうけど。もうちょっと良く見てくればよかった。

これはユリ科のトリトマ(トーチリリー)。まるで松明のような花なので日本名で松明ユリと言った方がイメージに近い。
ちょっとトロピカル2011-10
アロエの花にも似ているけど、アロエは普通は寒い時期に咲くからね、アフリカ原産なのに。

ちょっと地中海風なヒマワリって感じの花
ちょっとトロピカル2011-2
でも名前がわからない、そもそもヒマワリではないかも

暑い夏なので、トロピカルな花を探して集めてみました。余計に暑くなったかな

(撮影 2011年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

雪の週末に沖縄の写真でも

沖縄201008-12
東京都心でもうっすら雪が積る週末
こんな日には沖縄の暖かい景色と南国の花の写真で目だけでも暖かに

石垣島川平湾のグラスボート乗り場の様子。冬はどんな風景になっているんだろうね
沖縄201008-11

南国の花と言えばこのハイビスカス
沖縄201008-8
八重咲きの花はなんだか柔らかそう。
沖縄201008-5

青空とブーゲンビリア、オシロイバナ科。ちょっとオシロイバナに似ているかも。
沖縄201008-10
ブーゲンビリアの伝説っていう映画があったような気がして検索したらなかった。プルメリアの伝説だった

この色はトロピカルだ、食べものだったらきっと美味しいだろうね
沖縄201008-9
なんでも食べ物に見ないように・・・

サンタンカ(山丹花)、アカネ(茜)科。
沖縄201008-7
アカネ科ってあまり聞かないけど、コーヒーの木がアカネ科なんだそうだ。毎朝お世話になっています

アラマンダ、キョウチクトウ科。
沖縄201008-6
いま見ると黄色い花に元気をもらえる感じだけど、写真を撮った時は暑くてそれどころではなかったかも

石垣空港。ジェットエンジンって正面から見たら真円じゃないんだね。
沖縄201008-4
本当は真円だったんだけどゴツンとぶつけたみたいないびつな形
沖縄201008-3
これは宮古島の北部と池間島。サンゴ礁の部分がきれいに見えている。
沖縄201008-2
宮古島には30年前に那覇から乗った石垣島行きの船が1時間ほど停泊した時に少し上陸したことがあるだけ、1度ちゃんと訪れたい島だ

石垣島で買ったお土産、泡盛ゼリー。
沖縄201008-1
食べようとすると泡盛の匂いがして、口の中に入れるとザクザクした食感のゼリーで、ほんのり甘いけど後味が泡盛。独特な大人のデザート

雪国の人にしてみれば、東京っていつもこの程度の雪で大騒ぎだって思うでしょうね。確かにその通り
人も建物も道も何もかも密集しているので、ちょっと普段と違う状態になると、それがネックに滞りが生じて、その影響がまさに雪だるま状に膨らんでしまうのです。
明日は仕事。朝、電車がちゃんと動いてくれていますように

(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

石垣島 川平湾

石垣島川平湾201008-10
沖縄石垣島の景勝地、日本百景にも選ばれている川平湾。南の島の楽園ってきっとこういう場所のことを言うんだろうね

はじめてここを訪れたのは学生時代の夏。たまたまその数ヶ月前のゴールデンウィークに日本三景(松島、天橋立、宮島)を1度に見ようと思い立ち、本州を電車で1周して見に行ったあとだった。その時に見た日本三景の素晴らしさに1歩も引けを取らないこの川平湾も日本三景に加えるべきだって思った記憶があるでも日本四景になってなんだか語呂が悪いけど・・・

思わず泳ぎたくなるが、この川平湾は潮の流れが速く遊泳禁止なんだそうだ。
石垣島川平湾201008-4

泳ぐことができないので、グラスボートなどで湾内のサンゴを巡る。手前のボートはどこかダイビングポイントに出かける船かもしれない。石垣島川平湾201008-3

もちろん素晴らしいのは海だけではない。
石垣島川平湾201008-5
こんな場所に住んでみたいなぁ

昼食に食べた八重山そば。沖縄県のそばはそば粉が使われておらず、その麺はどちらかというと、うどんやラーメン(中華麺)に近い。
石垣島川平湾201008-6
左上は青パパイヤのシリシリ(千切り)。特にクセもなくニンジンのようなレンコンのような食感で美味しかった。まあ何でも美味しく食べる奴なんですけど

赤いハイビスカスってやっぱり青い空や青い海に映えるね
石垣島川平湾201008-11
ピンク色のハイビスカス。これもよく見る色かな。
石垣島川平湾201008-7
この色はきれいだ、なんだかトロピカルフルーツのイメージで美味しそうな色。
石垣島川平湾201008-8

同じく青空に映えるブーゲンビリア
石垣島川平湾201008-9
ブーゲンビリアはオシロイバナ科、子供の頃、実をつぶして遊んだあのオシロイバナの仲間。和名はイカダカズラ。なんだかどんどん南の島のイメージから離れてしまう

これは川平観音堂。石垣島に観音堂ってなんだか珍しいような気がするが、新しいものではなく17世紀に創建されたものなんだそうだ
石垣島川平湾201008-2
なぜここに観音堂があるのかが記された看板。
石垣島川平湾201008-12
ざっとまとめると、「風待ちのために船から下りた小僧が、自分をおいて出航してしまった船を呼び戻すために神仏に祈ったら、その祈りが通じて風が吹き無事乗船ができた。数年後、和尚となって帰島して自分の祈願した地に観音堂を建てて祀った」ということらしい

こんなに素晴らしい景色の場所なのに、お土産物店もそれほど多くなく、昔と変わらない質素な観光地。
石垣島川平湾201008-1
この日は早朝に自宅を出て石垣島に到着した日なので、このあとホテルにチェックイン、家族揃ってお昼寝タイムとなった

次は、この翌日の午後に行った白保サンゴ礁でのシュノーケリングをアップする予定です。

(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ