ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ノカンゾウ

京王百草園 あじさい

久しぶりの京王百草園。この時期はここでもやはりあじさい(笑)

京王百草園201606-1
 百草園らしく東屋とあじさい。
京王百草園201606-2

京王百草園201606-4
京王百草園は高幡不動尊と違って西洋あじさいと額あじさいがメイン。
京王百草園201606-6
背景に竹林があるのも百草園らしいかも。
京王百草園201606-7
日本庭園らしく竹垣とのコラボ。これは竜安寺垣と呼ばれる垣根かな。
京王百草園201606-8
高幡不動尊と違って人が少ないのでゆっくりあじさいを鑑賞できる。

真夏の花というイメジーがある、ノカンゾウ、ユリ科が咲いていた。
京王百草園201606-3

秋にはきれいな紅葉を見せてくれるモミジの実。
京王百草園201606-5

見上げると梅の実がなっていた。まさに梅雨の時期だ。なかなか雨が降らないけど・・・
京王百草園201606-10
受付にも梅の実が置いてある。
京王百草園201606-9
百草園で採れた梅を売り出さないかなあ。

ゴールデンウイークにも京王百草園に来たけど、その時はブログの記事にしなかった。
京王百草園201606-12
いつもこの藤棚のそばに赤い番傘や赤い布がかけられた縁台が置かれていて
雰囲気がいいんだけど、この日は風が非常に強かったので置かれていなかったのが残念。
京王百草園201606-11
何年か前に藤の花が咲かない年があった。それ以来だろうか、残念なことに
いまひとつ藤の花に迫力がなくなったように思う。
そんなこともあって記事にしなかったのかな・・・

心字池の水辺に咲くカキツバタの花。
京王百草園201606-13
花菖蒲などアヤメ科の花はいまでも咲いている。
京王百草園201606-14
緑が深まってきた心字池。

(撮影 2016年6月18日ほか)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

野萱草(ノカンゾウ)

ノカンゾウ
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.6 京王百草園

漢方薬のカンゾウ(甘草)はマメ科、このノカンゾウはまったく別の植物でユリ科。

忘れ草として、古今集や万葉集にも詠まれている花。

夏の季語で、忘れたいことがあったときの心境を詠む言葉とされる。

よく似た花で八重咲の花はヤブカンゾウ(藪萱草)。


9月の散歩道 ちょっと小雨模様・・・

久しぶりに散歩道の様子。
そろそろカラッと晴れた日に写真が撮りたい季節なんだけど、週末があいにく雨が降ったりやんだりで写真を撮るには今ひとつ。

ちょっとカラフルなこの場所は、いつもたくさんの花が育てられている団地の花壇。 
散歩道201309-1

遊歩道を歩いていると何やら赤紫色の花びらがたくさん落ちている。
散歩道201309-3
 たぶんこの葛、マメ科の花びらだろう。葛は秋の七草、季節ももう秋。
散歩道201309-4

夏の花ノカンゾウ、ユリ科とニラの花。
散歩道201309-8
ニラの花はミツがたくさんでるんだろうか、アリがたくさんいた。
散歩道201309-2

キバナコスモス、キク科。普通のコスモスより少し早く咲く。
散歩道201309-5
オレンジ色のキバナコスモだからオレンジバナコスモスだよね。白い花のヤマブキと同じ乗り(笑)
散歩道201309-7

キバナコスモスのミツを吸うアゲハチョウ。
散歩道201309-10
止まらずに飛びながら吸っていたのでシャッター速度をあげて撮った。
散歩道201309-9
飛んでいる時はわからなかったけど、こうして写真で見ると羽根がボロボロ。

水滴。雨上がりで太陽が出てくればもう少し・・・
散歩道201309-6

近所のパンパスグラス、イネ科、別名シロガネヨシ。
散歩道201309-11
後ろに秋祭りのしめ縄。そろそろ秋祭りの季節だね。

でもこの3連休は台風接近、また雨の週末か晴れた日の風景はまたおあずけ(涙)
 
 
(撮影 2013年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園(2012年7月)ユリの花

夏の昭和記念公園を飾るのはユリの花。

ユリの王様(女王?)は2人いるが、まずはその1人のヤマユリ(あくまでも私感です)。
昭和記念公園201207-2
堂々とした大輪の花が豪華でしかも少し離れたところからいい香りがする。
暑いなか立川口から一番遠いこの場所(こもれびの丘)まで歩いて来た甲斐があった。
昭和記念公園201207-3
発芽から花が咲くまで5年以上かかり数が減っているそうだ。盗採されるのを防ぐため監視員が巡回している旨の看板があった。

ヤブカンゾウ(藪萱草)。ヤマユリと違って河川敷や田んぼのあぜ道でよく見かける庶民派。
昭和記念公園201207-1
これはノカンゾウ(野萱草)。ヤブカンゾウが八重咲き、ノカンゾウは一重咲き。
昭和記念公園201207-4
この花の色をもっと黄色にしたら同じユリ科ワスレグサ科のニッコウキスゲになる。

ここからはオリエンタルハイブリッドというヤマユリなどを交配してつくられた大輪で香りの良い品種が育てられている「さざなみ広場」近くのユリ。
オリエンタルハイブリッドでは珍しい八重咲きのユリ、ミスマルコ。
昭和記念公園201207-5
コンカドール、黄色いカサブランカとも言われているそうだ。
昭和記念公園201207-6
なぜかちょっと懐かしいリリーの缶詰を思い出す花。
シルクロード、この花は背が高かった。180cmぐらいありそう。
昭和記念公園201207-9
最後はオリエンタルハイブリッドの代表品種、カサブランカ。
昭和記念公園201207-7
2人いるユリの王様のもう1人がこのカサブランカ(あくまでも私感です)。
昭和記念公園201207-10
純白の大輪で香りも良いとなると人気になるのも当然。昭和記念公園201207-8
これだけのカサブランカのすべてに支柱を立てて、手入れをしながら育てるのはすごい手間なんだろうなぁ。

夏の昭和記念公園、ヤマユリとカサブランカの次は8月のサギソウ(鷺草)。

昭和記念公園(Vol.64)
(撮影 2012年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 あじさい散策

京王百草園201206-4
久しぶりに京王百草園へ散歩。今年は藤棚のフジがまったく咲かなかったので5月は1度も行っていなかった。
京王百草園201206-1

あじさいの見所としては、百草園からひと駅のところに高幡不動尊があるため、あまり目立たないが、高幡不動尊とはまた違った雰囲気であじさいを楽しむことができる。
京王百草園201206-14

これは見晴らし台を越えたところにある「おちばたき会場」と呼ばれる広場の脇に咲くあじさい。
京王百草園201206-6
もったいないことに、これだけあじさいが見頃なのに人がほとんどいない。
京王百草園201206-7

里山の中で勝手に咲くあじさい。
京王百草園201206-8
草藪の中で咲いているので、そばによることができない。

京王百草園にもスミダノハナビ(墨田の花火)が咲いていた。どこで見ても見映えがするあじさい。
京王百草園201206-13
これはスターマイン。上のスミダノハナビを品種改良したものなので名前が花火つながり。
京王百草園201206-2

あじさいシーズンの京王百草園の催し物、アジサイコンサート。
京王百草園201206-9

梅雨は梅の熟す時期の雨が由来という説がある、その通りに熟した梅の実。
京王百草園201206-3
梅と実の横で咲くあじさいを見ることができるのが、京王百草園らしい。
京王百草園201206-11
そんなに風情がある光景とは言えないけどね・・・

ブラシノキ、フトモモ科。5月頃に咲く花なので、もうほとんど終わりかけだった。
京王百草園201206-10

ホタルブクロ、キキョウ科。
京王百草園201206-5
ノカンゾウ、ユリ科。ホタルブクロもノカンゾウも夏の花。
京王百草園201206-12
園内の売店やそば処はこの週末7月1日(日)までの営業。その後、9月末までお休みになり、とても静かな京王百草園になる。
もちろん京王百草園は休園日以外は入ることができるので、夏の花や山野草をゆっくり見ることができる。

(撮影 2012年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩道の花(7月)

今回は7月の散歩道の花

この時期、あぜ道に咲くヤブカンゾウ。なんだかこの花がとても好きで、ついついたくさん撮ってしまう。
散歩道の花201107-1
あぜ道や田んぼの周りで急にたくさん咲くのが秋のヒガンバナに似ている。
散歩道の花201107-4
このグシャグシャした八重咲きの花びらが質素なイメージ。でも近くでよく見るより遠目で見る方がいい。
ノカンゾウの一重咲き版がノカンゾウ。ノカンゾウは下の写真のように花の色が濃い花が多い。
散歩道の花201107-11
ヤブカンゾウもノカンゾウもユリ科。見ればわかる科

この時期にいい香りを漂わせるのがクチナシ
散歩道の花201107-9
♪いまでは指輪もまわるほどっていう歌詞が浮かぶ人は私と同年代以上?

緑が増えてくるとこのオレンジ色の花はすごく目立つ。
散歩道の花201107-5モントブレチア
これはモントブレチア、別名ヒオウギズイセン(檜扇水仙)。アヤメ科。
散歩道の花201107-3モントブレチア

秋のコスモスのようだけどちょっと違うので調べてみるとハルシャギク(波斯菊又は春車菊)のようだ。
散歩道の花201107-6波斯菊 (はるしゃぎく)
クジャクソウ(孔雀草)、ジャノメソウ(蛇の目草)、ジャノメギク(蛇の目菊)など、いろいろな別名がある。
チョコレートコスモスのようだけど、これもきっと波斯菊 (はるしゃぎく)
散歩道の花201107-2波斯菊 (はるしゃぎく)
ハルシャ(波斯)はペルシャのことらしいが、原産地は北アメリカ。なぜペルシャ

ムギワラギク(別名ヘリクリサム)、キク科。これは昨年も撮った記憶があるが、昨年の写真の方が出来が良かった
散歩道の花201107-10ヘリクリサム
よく似ていてムギワラギクの色違いかと思って撮ったが、これはエゾギク(別名アスターなど多数)のようだ、やはりキク科。
散歩道の花201107-7アスター
秋に向けてだんだんキク科の花が目立ってきたような気がする。

そしてダリア(テンジクボタン)、キク科。花びらの色や形状の違う様々なバリエーションの花を見ることができ、その種類は3万品種以上と園芸植物の中でも突出した品種数があるそうだ
散歩道の花201107-8ダリア
メキシコ原産でメキシコの国花。メキシコの高原地帯に自生していたものがヨーロッパに渡り、日本には1842年にオランダから渡来。しっかり記録が残っているものだね。

(撮影 2011年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園 アジサイ散策

梅雨の晴れ間の京王百草園、こちらのアジサイはどんな感じかな
京王百草園201106-5
少しだけまだサツキが咲いてた。

心字池の花菖蒲。雨がよく降るので心字池の水もかなり濁ってしまっている。
京王百草園201106-6

大勢の人が来る高幡不動尊と違って、ここは静かにアジサイを楽しむことができる。
京王百草園201106-12
高幡不動尊のアナベルはまだ薄緑色だったけど、ここのアナベルはもう真っ白。京王百草園201106-14
見晴台の奥にもアジサイがたくさん咲いている。でも園内を手入れしている人にヤブ蚊に注意してと言われた。
京王百草園201106-8

この日は松蓮庵で茶そばをいただく。こういう縁側は、風が心地よい。
京王百草園201106-4
クーラーはもちろん、扇風機もなかったけど、全然気にすることなく美味しく食べることができた。
京王百草園201106-2

外がちょっと騒がしいので見てみると、梅の実の収穫作業をしていた。
京王百草園201106-3
木の下にブルーシートを敷いて枝を竹の棒で叩くという方法。
採れた梅たちはこうして天日干しに。
京王百草園201106-9
この南高梅も収穫するのかな?
京王百草園201106-13

これはフェイジョア、フトモモ科。熱帯果実なので果実は食用になるそうだが、日本ではあまり普及していない。
京王百草園201106-1
ブラッシノキ、これもフトモモ科。でも花はもう終わり。このブラシではコップはきれいに洗えない
京王百草園201106-10

ホタルブクロ、キキョウ科。小学生のとき夏休みの宿題で押し花を作った花。
京王百草園201106-7

ノカンゾウ、ユリ科。このノカンゾウは一重の花、八重咲きだとヤブカンゾウ。
京王百草園201106-11
夏になると近所の田んぼのあぜ道に咲くこの花も、私には夏を感じさせてくれる花。

今年の夏は電力不足もあって、あまり暑くなってほしくないんだけど、すでにかなり暑い
この京王百草園の松蓮庵のように、池のある庭に面した縁側がある昔ながらの日本家屋ならば、この暑さの中でも電力に頼ることなく過ごすことができるんだろうけど、夢のような話だね

(撮影 2011年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

クリクルミユリ・・・

なんだかわけのわからないタイトルだけど、漢字で書くと栗・胡桃・百合

まずはクリ(栗)、まだ実り秋ではないので若い緑色だけど、なんだかそれが夏って感じ。
ゆりくりくるみ-8
クリはブナ科。ブナ科の実のことを総称してドングリと呼ぶそうなので、このクリもドングリの仲間らしいが、ちょっとドングリっぽくない。でもドングリを漢字で書くと「団栗」なので、やっぱり仲間なんだよね
ゆりくりくるみ-14
イガイガのドングリ、ゆっりく熟してね。ちなみに狭義ではクヌギの果実をドングリというそうだ

次はクルミ(胡桃)。クルミは素直にクルミ科、結構背が高い木だった。
ゆりくりくるみ-5
日本で自生しているのはオニグルミが多いそうなので、これもそうなのかな?
ゆりくりくるみ-6
この緑のクルミの実が茶色でゴツゴツした堅い実になるとはちょっと思えない感じ・・・

最後にユリ。これはオニユリ、花の色や形が赤鬼を連想させるからついた名前だそうだが、確かに赤と黒い斑点がちょっと恐い感じもする
ゆりくりくるみ-9
オニユリとよく似たコオニユリというのがあるそうだ。

ユリって種類もすごく多くて、いろいろな名前がついている。植物園と違って散歩道でみかけるユリには名札がついていないので名前はよくわからない
ゆりくりくるみ-1
このうすピンクは良く見る色だけどかわいいね。
ゆりくりくるみ-4
このうすい透明感のある黄色は光が当たると輝く感じ
ゆりくりくるみ-2
この白は花びらに黒い斑点もなくすごく清楚な感じ。名前はわからないけどユリを並べてみた

いま田んぼあぜ道でよく見かけるのがこのヤブカンゾウ。これもユリ科。
ゆりくりくるみ-3
花が1日限りで終わると考えられたためワスレグサ(忘れ草)と呼ばれる。
ゆりくりくるみ-11
花びらが八重なため、こうやって近くでみると、ちょっとグチャグチャな感じだけど・・・
ゆりくりくるみ-13
これぐらいの距離で見ると、イネが育って緑が濃くなってきた田んぼの中にオレンジが映えてすごくいい感じに見える

ヤブカンゾウは八重。同じような花で一重なのがノカンゾウなんだそうだが、これってノカンゾウかな
ゆりくりくるみ-12
花の色がオレンジ色というよりも赤っぽいので違うかもしれないけど、咲いている場所も咲いている感じもヤブカンゾウに近い気がする。
ゆりくりくるみ-10
今日(7/17)、気象庁から九州北部、四国、中国、近畿、東海、関東甲信、北陸で梅雨明けしたとみられるという発表があった

各地で30度を超える真夏日となり、これから夏本番
梅雨があけてうれしいんだけど、猛暑はちょっとね。あ〜なんだか微妙だ

散歩写真(vol.143)
(撮影 2010年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.89)散歩道の近況 百日紅やヒマワリ

このところ天気が安定しないため、散歩写真も湿り気味・・・そんな7月から先週までの間で撮ったものを集めて近況としてみた
散歩写真0908-3
これは7月初旬に撮ったユリ科のヤブカンゾウ、この花はちゃんと咲いたタイミングで撮ることがなかなかできなかった花。もともと八重咲きの花なので、しっかり咲いている状態がつかみ辛いんだけどね

調べてみると、この花はワスレグサ(忘れ草)とも言われていて、その名前の由来は花が1日でしぼんでしまうことから、とあってなるほどと思った。なかなかきちんと咲いている花に出会えないわけだ。また別の由来には、花が美しいので物を忘れてしまうというのもあった

(下写真左)近所の川辺にガマの穂を見つけた。ガマの穂ってこんな身近なところにあるんだなぁと思いながら、頭の中には因幡の白ウサギがピョンピョンと海を渡っている姿が
散歩写真0908-2散歩写真0908-1
(上写真右)これは少し前にみつけたぶどう。いつ熟すのだろうかと思ってみていたら、勝手に干しぶどうになりつつあった。そんなことはないか

(下写真)今回のメインがこのミソハギ科の百日紅(サルスベリ)。名前が百日の紅って言われるだけあって、本当に咲いている期間が長い。1日でしぼむと言われるノカンゾウとは対照的だね
散歩写真0908-6散歩写真0908-5
ところでミソハギ科ってあんまり聞かない。さらに漢字の「百日紅」を普通は「サルスベリ」とは読めないよね、カナ漢字変換はきちんとされるけど。百・日・紅のどれが猿でどれが滑るんだか

そんなくだらないこと考えているからではないが、なぜか曇り空の時の写真ばかりちょっと色の具合が鮮明ではないけれど、百日紅の花って紅色がベースで微妙に違う色の花がいくつもある。
散歩写真0908-8散歩写真0908-7

それでいて必ずしも紅色ベースだけではなく、白色ベースの花もあったりして、街路樹として何本も並んでいると、色とりどりな感じでなかなかきれいに見える
散歩写真0908-10散歩写真0908-9
後ろは多摩モノレール。せっかくだからモノレールが走っているのをバックに入れて撮ろうと構えて待っていたんだけど、そういう時に限ってなかなかモノレールが来ない・・・

最後は近くの畑で撮った2枚まずはマリーゴールド、すごくきれいなオレンジ色に咲いていた。
散歩写真0908-11
この時はあまりに日差しが強すぎて、オレンジの花の色が白っぽくなってしまうので、少し絞って暗めに撮ったら、ちょっとオレンジ色の元気さが減ってしまったかも

そして夏はやっぱりヒマワリ(向日葵)、このヒマワリはすごくきれいに輝いていた
散歩写真0908-12
はっきりしない日が続いていても、こういう青空が出る日もあるんだよね。なんだかよくわからない夏だけど、まあそんな年もあるでしょう

あれ、今回は百日紅をメインにしたつもりなんだけど、やっぱり夏の主役はヒマワリだったかも

ぶろこみゅ☆ブロガーのコミュニティ広場のバナーができました
ぶろこみゅ☆

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示されてしまう場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ