ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ノウゼンカズラ

昭和記念公園 スカシユリ

昭和記念公園で咲き始めた夏の花。

まずはノウゼンカズラ、ノウゼンカズラ科。つる性の植物。
昭和記念公園201706
ノウゼンカズラは漢字で凌霄花と書く。つるが木にまとわり付いて天空(霄)を
しのぐ(凌)ほど高く登ることからついた名前だそうだ。
昭和記念公園201706
なんとなく南国ムードを感じる花。

花木園の菖蒲田となりでたくさん咲いているスイレン、スイレン科。
昭和記念公園201706
回りで咲いている花菖蒲は見頃を過ぎた状態。でも遠目で見る分にはまだきれい。
昭和記念公園201706

クロコスミア、アヤメ科。別名モントブレチア、ヒメヒオウギスイセン。
昭和記念公園201706
南アメリカ原産。鮮やかなオレンジ色が目立つ花。
昭和記念公園201706
花が咲く前の蕾が並んだ姿も面白い。

そしてこのさざなみ広場南西花壇周辺は、これから真夏にかけて次々とユリが
咲き始めるエリア。
昭和記念公園201706
まずはスカシユリ(透百合)、ユリ科。
昭和記念公園201706
スカシユリは花びらが重ならず隙間があることからついた名前。
昭和記念公園201706
黄色だけでなくオレンジ色のスカシユリも咲いている。
昭和記念公園201706
最初に黄色が咲いて、次にオレンジ色が咲き始めるのは高幡不動尊弁天池周辺と
順番が同じだ。
昭和記念公園201706
ユリがたくさん咲いている様子は涼やかな夏の高原のイメージ。
次はカサブランカなどオリエンタルハブリッド系のユリが咲き始める。

昭和記念公園(Vol.216)
(撮影 2017年6月18日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

凌霄花

ノウゼンカズラ
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.7 東京都日野市
ノウゼンカズラ
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.7 東京都日野市
ノウゼンカズラ
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.7 東京都日野市

凌霄花(ノウゼンカズラ)、ノウゼンカズラ科。つる性植物でオレンジ色の南国っぽい花を咲かせる。

凌は「しのぐ」、霄は「そら」で、つるが木にまとわりついて天高く登ることからついた名前。

丈夫で育てやすいことから、庭木として育てられ、この近所の凌霄花も見上げるぐらいの高さになっている。

昭和記念公園 夏の花々が咲き始めた

6月の昭和記念公園、あじさい以外に夏の花が咲き始めていた。

キキョウ。キキョウ科。秋の七草なんだけど、初夏の頃から咲き始める花。
昭和記念公園201606-1
明るい紫以外に白い花も咲いていた。

ノウゼンカズラ(凌霄花)、ノウゼンカズラ科。木にまとわりついて天高く登ることからついた名前。
昭和記念公園201606-2
この写真では、そんな名前の由来を全然実感できない・・・(笑)

クロコスミア、アヤメ科。ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙)やモントブレチアとも呼ばれる。
昭和記念公園201606-3
緑の葉に鮮やかなオレンジ色が目立つ、この時期はよく見かける花。

ダイヤーズカモミール、キク科。
昭和記念公園201606-4

ネムノキ(合歓の木)、マメ科。
昭和記念公園201606-5
葉が夜になると閉じる。それがまるで眠るようなので「眠りの木」が「ねむの木」になったそうだ。
昭和記念公園201606-12
花はマメ科っぽくないが、実がサヤエンドウに似ていてマメ科であることがわかる。

ナツツバキ(夏椿)、ツバキ科。
昭和記念公園201606-6
沙羅の木とも呼ばれる。花の形が椿に似ていて夏に咲くから夏椿。
昭和記念公園201606-7
お寺によく植えられ、高幡不動尊でも大日堂の横に植わっている。

ユリがたくさん植えらているところ。
昭和記念公園201606-8
この日はまだこれからだったけど、いまではもうかなり咲いていることだろう。
昭和記念公園201606-9
夏はユリの季節でもあるから、次にここを訪れるのが楽しみ。

毎年恒例の100株、100品種のハス鉢展示。
ちゃんと品種名が書かれているが皆すごく難しい名前。
昭和記念公園201606-10
玄武湖紅蓮 (げんぶここうれん)
昭和記念公園201606-11
紅舞妃蓮 (こうまいひれん)
昭和記念公園201606-13
小寿星(しょうじゅせい)

ハスの花って癒されるいい色していると思う。

 昭和記念公園(Vol.171)
(撮影 2016年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

今週の高幡不動(08/08)盛夏の光景

暑さと体調不良であまり長く散歩に出ることができなかった先週末。

薄曇りになったおかげでも、少し涼しく感じる。
高幡不動尊201508-2
連日、最高気温が35℃を超える猛暑日が続くから、最高気温が32℃と聞いただけで、
今日は少し涼しく感じるね。なんていう会話に・・・
32℃のどこが涼しいんだ?と思うけど確かに涼しく感じるところがおそろしい(笑)
 
 高幡不動尊201508-3
いつもブログの最初の写真に小さく登場する高幡不動尊の香炉。
高幡不動尊201508-4
子供たちと一緒に来たときは、このお線香の煙を頭にかけて、賢くなりますように
なんてよくやるよね。

涼しい光景がないものか・・・
高幡不動尊201508-6
この趣ある屋根は、大師堂前の手水場の屋根。

今年最初のキツネノカミソリ(狐の剃刀)、ヒガンバナ科。お盆過ぎからたくさん咲き始める。
高幡不動尊201508-5
六地蔵さんの横から山に登っていくところで咲いていた。ここは境内で一番先に
キツネノカミソリが咲く場所。

シオカラトンボもだんだん増えてきた。
高幡不動尊201508-7
この場所が気に入っているのか、かなり近寄っても逃げなかった。

高幡不動尊201508-8
セミの抜け殻もたくさんみかける。盛夏だね。

高幡不動尊に向かう途中で咲いていたノウゼンカズラ、ノウゼンカズラ科。
高幡不動尊201508-1
夏らしい派手なオレンジ色の花。夏の青空をバックに撮りたくなる花だ。

 今週の高幡不動Vol.361
(撮影 2015年8月8日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

昭和記念公園(2014年8月)サギソウまつり

これも前回の昭和記念公園の続きで8月最初の酷暑の週末。

多摩都市モノレールの立川北駅から昭和記念公園に向かうと、あけぼの口から入って無料エリアを歩いて立川口に向かう。 
昭和記念公園201408-11
これがその途中で立川口とその先のカナールを見たところ。暑さでこの距離を歩くのがちょっとイヤになる。
それでもこの時期に昭和記念公園に来る理由は、前回のナツズイセンとサギソウを見るため。

特にサギソウは、ボランティアの方が1年間丹精込めて育てたサギソウが花壇や鉢植で見ることができるサギソウまつりが開催されるぐらい力が入っている。
ちなみに、昭和記念公園のサギソウまつりは8月2日(土)から8月31日(日)まで。

まずは花木園水鳥の池デッキのまわりで咲いているサギソウ。
昭和記念公園201408-3
花壇や鉢植えと違って、花の密度は高くないが、まわりに草花があって自然な感じで咲く姿を見ることができる。
昭和記念公園201408-4
まだ咲いている花が少ないような気がする。
ここからは西立川口さざなみ広場の鉢植のサギソウ。
昭和記念公園201408-7
サギソウ、ラン科。サギが羽根を広げたような姿からついた名前で姫路市と世田谷区の花に指定されている。
別名白鷺城とも呼ばれる姫路城がシンボルになっている姫路市ではそのシンボルにふさわしい花として昭和41年に市の花に制定。昔は大規模な自生地が存在し、悲しい伝説が残る世田谷区では昭和43年に区民の公募により区の花に制定している。
昭和記念公園201408-8
悲しい伝説とは、『吉良頼康公の側室「常盤姫(ときわひめ)」が悪い噂話のために追放され、身重で逃亡し、自害して身の潔白を証明しようとした。その際、飼っていた白鷺の足に遺書をくくり付け飛ばしたのだが、白鷺は途中で力尽きて死んでしまう。死因は飛び続け力尽きたとも、鷹狩の鷹や弓矢に落とされたともいわれている。その白鷺が多摩川のほとりでサギソウになったという御伽噺(おとぎばなし)である。現代、世田谷区にはサギソウの自生地は残っていない。(Wikipediaより)』
昭和記念公園201408-12
花壇ではたくさん咲いている姿を見ることができるが、まだちょっと早いかも。

これはカノコユリ、ユリ科。
昭和記念公園201408-1
鹿にある斑点のような模様を「鹿の子模様」というが、花びらのつぶつぶが鹿の子模様に似ているからついた名前。
昭和記念公園201408-2

ノウゼンカズラ、ノウゼンカズラ科。
昭和記念公園201408-9
ノウゼンカズラは漢字で書くと凌霄花。「凌」はしのぐ、「霄」はそらの意味。
ノウゼンカズラはつる性植物で木にまといついて天空をしのぐほどの高さにまで登ることからついた名前。
昭和記念公園201408-10
ノウゼンカズラも夏の花だ。
昭和記念公園201408-5

ハギ(萩)、マメ科が咲き始めていた。
昭和記念公園201408-6
萩の字が意味するように秋の花で秋の七草でもある。それでも8月初旬から咲き始めるようだ。
早く萩が似合う季節になってほしいものだね。 

  昭和記念公園(Vol.118)
(撮影 2014年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

京王百草園 紫陽花散策

6月最後の週末に京王百草園でアジサイ散策。(以下の写真はすべて6月30日の様子)
京王百草園201306-2
茅葺き屋根が背景にあるだけで日本庭園らしい光景に見える。
京王百草園201306-12

ヤブカンゾウとアジサイ。緑と青の中でオレンジが映える。
京王百草園201306-3
このあたりのアジサイは青系が多い。
京王百草園201306-4
京王百草園のアジサイは日陰に咲いているので花色もよく、長く鑑賞できるんだそうだ。

ノウゼンカズラ(凌霄花)、ノウゼンカズラ科。
京王百草園201306-5
なんとなく、南国を感じる花。でも原産は中国で平安時代に渡来したそうだ。

心字池のスイレン。葉っぱの上にカエルがいないか探したんだけど・・・
京王百草園201306-6

見晴らし台から見た風景。当然だけど、いまは若い緑で一杯。
京王百草園201306-7

京王百草園のアジサイは見晴らし台を越えた奥でもたくさん咲いている。
京王百草園201306-8
ここは、おちばたき会場の横あたり。
京王百草園201306-9
せっかくアジサイが咲いているのに誰もいないのは少しもったいない気がする(汗)。

きれいな梅の実。梅酒のコマーシャルに使えそう。
京王百草園201306-11
京王百草園のイメージはやはり「梅」。でもアジサイも鑑賞できる。人が多くないのでゆっくり鑑賞できるのがいい。

ホームページによると今年のアジサイは7月最初の週末あたりまで楽しめるようだが、6日に梅雨明けしてから酷暑が続いているので、さすがにもう終ってしまっているかもしれない。

京王百草園の松連庵売店は7月から営業休止中なので注意が必要。

(撮影 2013年6月30日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 静かな園内(9月)

真夏に引き続き9月の京王百草園もひっそり静か。この日は園内で他の来園者には1人しか会わなかった。
京王百草園201209-2

松蓮庵の前に咲く花。この場所はバラが数本植わっているところだけど。
京王百草園201209-3
これもバラかな?

ノウゼンカズラ(凌霄花)。
京王百草園201209-8
ほぼ緑に埋め尽くされた園内に色を添えてくれるありがたい存在。
京王百草園201209-9

ブラッシノキ、フトモモ科。梅雨時に咲く花だと思っていたら、また咲いていた。
京王百草園201209-10
ネットで調べると秋にも少し開花することもあると書いてあった。

ヤブラン(藪蘭)、ユリ科。
京王百草園201209-4
ヤブランは白い斑入りの葉の方が庭のアクセントになるような気がする。

ツユクサ(露草)、ツユクサ科。
京王百草園201209-7
この花は梅雨の頃からずっと長く咲く。別名がたくさんあるけど、蛍草、月草なんていう名前があって、秋の季語とされている。私がツユクサに持つイメージとちょっと違う。

この日は見晴らし台からスカイツリーが良く見えた。風も強く空気が入れかわった?
京王百草園201209-5
木の幹にキノコ、秋だね。
京王百草園201209-6
この3連休は土砂降りになったり晴れ間が出たりというめまぐるしい天気。
京王百草園201209-1
この時も危ない雲行き。散歩から帰宅した後、土砂降りになってしまった。

京王百草園のすぐお隣の百草八幡神社は秋祭り。
京王百草園201209-13
この八幡神社は源頼義が奥州征伐の折に再建されたといわれる。戦勝祈願に旗をかけた高幡不動尊の旗かけの松といい源頼義を身近に感じる秋
京王百草園201209-12
奥に脚立が見える。まだ準備中だったようだね・・・

(撮影 2012年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 夏のイベント開催中

久しぶりの京王百草園。
京王百草園201208-1

つる性植物のノウゼンカズラ、ノウゼンカズラ科。真夏で花が少なくなる時期に咲く。
京王百草園201208-2
この花は色と形が南国の雰囲気だね。
京王百草園201208-3
ノウゼンカズラは漢字で凌霄花と書く。「凌」はしのぐ、「霄」はそらという意味で青空をしのぐほど高く登ることからついた名前だそうだ。

空を見上げると背の高いサルスベリの花越しに灼熱の太陽。
京王百草園201208-4
暑いこの時期に京王百草園を訪れる人は少なく、私が散歩で行ってもほとんど誰にも会わないことが多い。
でも、この日は違った
京王百草園201208-5
先頭の黄色い車両のハンドルを手で回すと走る手動トロッコ(手トロ)に乗れるイベントが開催されていたから。

さらに松漣庵の中ではGゲージの京王線の電車(8000系と5000系)が運転できる。
先頭車両にはCCDカメラが設置されていて、運転しながらその画像を見ることができる。これは鉄ちゃん予備軍にはたまらない体験。
京王百草園201208-6
子ども向けイベントには当然同伴の大人も一緒に来るから人が多くなる。夏の子ども向けイベントは最強だね。

シュウカイドウ(秋海棠)、シュウカイドウ科。ベゴニアにすごく似ている。ベゴニアも同じシュウカイドウ科。
京王百草園201208-7
この花は夏から秋にかけて咲く花。

トンボ。高幡不動尊ではシオカラトンボが多かったが、これは何だろう?
京王百草園201208-8

見晴ら台からの眺め。空が夏っぽい。
京王百草園201208-9
この見晴台に登ってくる途中、たくさんのクモの巣があった。ということは、朝からほとんど人がここに登って来ていないことになる。
子ども向けイベントについてきた大人たちは、暑くてとてもここまで登る気がしなかったのかも。
京王百草園201208-10
緑の百草園、このイベントが終わったら、また静かな夏に戻る。

ホームページを見たら、8月3〜5日のイベントで手動トロッコが好評だったため、8月31日まで延長だそうだ。
今年の夏の百草園は、例年よりちょっと賑やかになるね。付き添いのお父さんお母さんは暑くて大変だけど

朝の通勤時間帯の山手線に大きな荷物(キャスター)を持った乗客が目立つようになってきた。でもまだ朝の山手線は普段通りの混雑なので、荷物を持って乗る人は辛い。回りの人は(心中も含めて)もっと辛い・・・

(撮影 2012年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

夏の散歩道はトロピカル

ちょっとトロピカル2011-5
7月に入ると散歩道のあちらこちらで夏らしい花を見ることができる。
TOPの写真はノウゼンカズラ、ノウゼンカズラ科。バックがとてもきれいな青空だから、さらに南国っぽい写真になった

普通に撮るとこんな感じ。なんだかキスマークのようにも見える。
ちょっとトロピカル2011-4
これはひょっとするとアメリカノウゼンカズラという品種かもしれない。
ノウゼンカズラでもオレンジ色だと南国度が少し下がる
ちょっとトロピカル2011-3
ノウゼンカズラはとても寿命の長い木で豊臣秀吉が朝鮮半島から持ち帰ったといわれるものが金沢市にまだ健在らしいというが、樹齢400年以上。ほんまかいな

東京でちょっと南国風な花となるとアオイ科の花が一番。しかしアオイ科ってよく似ていて、特にフヨウとムクゲとタチアオイの区別がいまいちわからない・・・
これはタチアオイかな?
ちょっとトロピカル2011-1
これはムクゲ?
ちょっとトロピカル2011-6
これはわかりやす、ハイビスカスだ。オレンジ色が美味しそう
ちょっとトロピカル2011-7
これを撮ったのは高幡不動駅のすぐそば、東京でもちゃんと育てればハイビスカスがきれいに咲くんだね。
ちょっとトロピカル2011-8
うれしくてアップも撮った。あまり代わり映えしない写真だけど・・・

これも高幡不動駅のすぐそばで撮った花。ひょっとして八重咲きのブーゲンビリア?さすがに違うかな、八重咲きのムクゲかな。
ちょっとトロピカル2011-9
真ん中に見えている白い部分が花だったらブーゲンビリアなんだろうけど。もうちょっと良く見てくればよかった。

これはユリ科のトリトマ(トーチリリー)。まるで松明のような花なので日本名で松明ユリと言った方がイメージに近い。
ちょっとトロピカル2011-10
アロエの花にも似ているけど、アロエは普通は寒い時期に咲くからね、アフリカ原産なのに。

ちょっと地中海風なヒマワリって感じの花
ちょっとトロピカル2011-2
でも名前がわからない、そもそもヒマワリではないかも

暑い夏なので、トロピカルな花を探して集めてみました。余計に暑くなったかな

(撮影 2011年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

散歩道のちょっと南国風の花たち

6月の散歩道で撮った花たちのなかで、ちょっと南国風のものを集めてみた
散歩道の花201006-4
アオイ科のタチアオイ(立葵)の花がきれに咲いている。
梅雨の時期に咲くことから別名「梅雨葵」とも言われている、あんまりうれしくない名前かも

薄いピンク、一番よく見る色かな。
散歩道の花201006-1
濃いピンク、南国感が一番あるね。
散歩道の花201006-3
白、ガーゼのような質感。
散歩道の花201006-5
チョコレート色、なかなかいい色
散歩道の花201006-2
同じアオイ科だけあってハイビスカスに似ているよね。ハイビスカスはハワイなど南国の島々が原産だそうだが、このタチアオイは中国やヨーロッパ、トルコ原産なんだそうだ。

この花も良く見かける、ノウゼンカズラ科のノウゼンカズラ。この花は中国原産なんだそうだ。
散歩道の花201006-8
これはちょっと赤っぽい花、ほかに黄色もあるんだそうだ。
散歩道の花201006-7
中国と言っても広いからね、きっと南の方なんだろう。

なんとも不思議な花、トリトマ。これでもユリ科で別名がトーチリリー(松明百合)。
散歩道の花201006-9
熱帯アフリカ原産、やっと見た目も原産も南国の花。

色合いが熱帯っぽいカンナ。黄色と赤が交じるとなんだか熱帯ぽい
散歩道の花201006-10
カンナの原種は熱帯産のダンドクという花で、それが園芸目的で栽培されたくさんの品種になったそうだ

やっと課題となっていた雨の写真が撮れた
雨の写真-2
水滴がとてもきれいだったけど、もうちょっとアップで撮ればよかったかな。
雨の写真-1
みればわかるように、霧吹きを使った偽装工作写真なんてことはない

散歩写真(vol.140)
(撮影 2010年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.84)ある日の散歩で「実」つけたもの

散歩道200906-01ビヨウヤナギ
この雄しべらしきものが長く伸びてとても目立つ黄色い花はオトギリソウ科のビヨウヤナギ(美容柳)というらしい。葉っぱが柳に似ているからこの名前になったそうだ

(下写真左)木陰が気持ち良くて地面に横たわったような写真。夜中に酔っぱらって道端に寝込んでしまい、なんだか回りが明るくてなって目がさめた瞬間ってこんな感じに見えるかな
上のビヨウヤナギはこの散歩道で見かけたもの
散歩道200906-5ノウゼンカズラ+ベニカナメモチ散歩道200906-2
(上写真右)散歩をしていると、なんだか赤いものが目立つ垣根があった赤いノウゼンカズラの花とベニカナメモチの葉っぱかな。ちょっとこの写真ではわかり辛い・・・
ベニカナメモチは生け垣によく使われていて、春先の若葉が真っ赤で紅葉したように見えるが、夏になるとだんだんと緑色に変わる、なんだか普通の葉っぱと逆の変化をする不思議な植物、バラ科だそうだ

(下写真左)梅雨なのに晴れ間がとても暑い日で、木陰が恋しくなるような浅川の河川敷を散歩。この木陰を作っている木はクルミの木
散歩道200906-3散歩道200906-4
(上写真右)こんな感じでクルミがなっている。クルミってクルのミ(実)?それともそのままクルミ?漢字だとクルミは胡桃だから、クルの実ってことはないか・・・とても暑くてそんなことはどうでもいいって感じだった

(下写真左)これはたびたび写真を撮っている近所のカリン(花梨)の実。だんだん大きくなってきた
散歩道200906-6散歩道200906-10
(上写真右)これは柿。へたの大きさに比べてまだ実の大きさが小さくてかわいい
普通にカキまたはカキの実っていうけど、調べてみると木の名前はカキノキ科のカキノキ(柿の木)。だから本当はカキの実ではなくてカキの木の実・・・これも暑い時にはどうでもいいって思ってしまう感じ

(下写真)これは椿かな?椿油がとれるだけあってつるつるした感じ
散歩道200906-7
良く見るとたくさんの実がなっている。

(下写真左)最後に見つけたこの「実」はぶどう?
散歩道200906-9散歩道200906-8
(上写真右)なんだか普通の金網にからまっているだけの木だけど、葉っぱの感じもやっぱりぶどうだよね
今回はちょっとしょうもなく「実」にこだわってみました

FPようこさんから岩手県のお土産をいただきました
(下写真左)柿羊羹、南部どりカレー、めかぶスープ、ぷちがっこ、ありがとうございます
FPようこさんお土産袋FPようこさんお土産
(上写真右)ようこさんからのメールには、手紙を入れていないって書いてありましたが、ちゃんと袋に名前があって、すぐにようこさんからだってわかりましたよ

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示されてしまう場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ



ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ