ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ネムノキ

昭和記念公園 ヤマユリなど

昭和記念公園のこもれびの丘にはヤマユリが咲いている。

立川口から一番遠い場所にあるので、真夏に歩いて行くのは大変なんだけど、
この日は梅雨空で涼しかったおかげで、楽に行くことができた。
昭和記念公園201607-7

倒れかけたヤマユリが木切れで支えられている。
昭和記念公園201607-6
高幡不動尊と同じで、倒れてしまったヤマユリ。
昭和記念公園201607-3
花が重いから支柱を立てないとダメだね。昭和記念公園201607-4
ちょっとかわいそうな姿だけど、この姿でもいい香りがする。

ヤブラン、キジカクシ科又はユリ科。
昭和記念公園201607-5
晩夏からの花だから、ちょっと咲くのが早いよう気がする。

ツユクサ、ツユクサ科。いい色の花、私のお気に入り。
昭和記念公園201607-2
梅雨の草ではなく、朝露の露の草なので、これから秋にかけてたくさん咲く花。 

カリガネソウ(雁金草)、シソ科。花の形が雁(ガン)に似ているからついた名前だそうだ。
昭和記念公園201607-8
別名がホカケソウ(帆掛草)。帆掛け船の方が近いような気がする。

ネムノキ、マメ科。あじさいの花とのコラボ。
昭和記念公園201607-10
昭和記念公園はあじさいの珠切りをしないので、まだあじさいが咲いている姿を
たくさん見ることができる。

 この花はムクゲ。タチアオイ(立葵)やフヨウ(芙蓉)、ハイビスカスと同じアオイ科。
昭和記念公園201607-11
ムクゲはかなり大きな木になる。

クチナシ、アカネ科。
昭和記念公園201607-9
この花はなぜこんなにいい香りがするんだろうというぐらいいい香りがする。 

今年初めての赤とんぼ。
昭和記念公園201607-1
まだ梅雨があけていない東京だけど、赤とんぼがたくさん飛んでいて秋の雰囲気。

 昭和記念公園(Vol.173)
(撮影 2016年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    

昭和記念公園 夏の花々が咲き始めた

6月の昭和記念公園、あじさい以外に夏の花が咲き始めていた。

キキョウ。キキョウ科。秋の七草なんだけど、初夏の頃から咲き始める花。
昭和記念公園201606-1
明るい紫以外に白い花も咲いていた。

ノウゼンカズラ(凌霄花)、ノウゼンカズラ科。木にまとわりついて天高く登ることからついた名前。
昭和記念公園201606-2
この写真では、そんな名前の由来を全然実感できない・・・(笑)

クロコスミア、アヤメ科。ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙)やモントブレチアとも呼ばれる。
昭和記念公園201606-3
緑の葉に鮮やかなオレンジ色が目立つ、この時期はよく見かける花。

ダイヤーズカモミール、キク科。
昭和記念公園201606-4

ネムノキ(合歓の木)、マメ科。
昭和記念公園201606-5
葉が夜になると閉じる。それがまるで眠るようなので「眠りの木」が「ねむの木」になったそうだ。
昭和記念公園201606-12
花はマメ科っぽくないが、実がサヤエンドウに似ていてマメ科であることがわかる。

ナツツバキ(夏椿)、ツバキ科。
昭和記念公園201606-6
沙羅の木とも呼ばれる。花の形が椿に似ていて夏に咲くから夏椿。
昭和記念公園201606-7
お寺によく植えられ、高幡不動尊でも大日堂の横に植わっている。

ユリがたくさん植えらているところ。
昭和記念公園201606-8
この日はまだこれからだったけど、いまではもうかなり咲いていることだろう。
昭和記念公園201606-9
夏はユリの季節でもあるから、次にここを訪れるのが楽しみ。

毎年恒例の100株、100品種のハス鉢展示。
ちゃんと品種名が書かれているが皆すごく難しい名前。
昭和記念公園201606-10
玄武湖紅蓮 (げんぶここうれん)
昭和記念公園201606-11
紅舞妃蓮 (こうまいひれん)
昭和記念公園201606-13
小寿星(しょうじゅせい)

ハスの花って癒されるいい色していると思う。

 昭和記念公園(Vol.171)
(撮影 2016年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

昭和記念公園(2014年7月)ユリの花

7月最初の週末の昭和記念公園。

イチョウの木を見るとすでに銀杏が準備中。
昭和記念公園201407-1
 
昭和記念公園のあじさいは比較的アナベルが多い。
昭和記念公園201407-2
ここはこのままあじさいがドライフラワーになるところ。

西洋あじさい、手前のあじさい。 
 昭和記念公園201407-9
中央部のあじさい。
昭和記念公園201407-10
遠くのあじさい。
昭和記念公園201407-11


 合歓の木(ネムノキ)、マメ科。
昭和記念公園201407-12
1つ1つの花を見るのもいいけど、いっぱい咲いている姿もいいかな。
昭和記念公園201407-13
 
ここからは夏のユリ。まずはコオニユリ。
昭和記念公園201407-19
花を見る限りオニユリとの違いはわからないけど、葉の付け根に黒い珠芽(ムカゴ)がコオニユリにはない。

ヤブカンゾウ、ユリ園ではなく、野原やあぜ道に自然に咲くユリ。でも存在感がある。
昭和記念公園201407-20

ユリではないけどユリ科のアガパンサス。別名、紫君子蘭(ムラサキクンシラン)、アフリカンリリー。
昭和記念公園201407-5
いつみてもこの涼しげな色がいい。

昭和記念公園のユリはさざなみ広場西側がメイン。オリエンタル系のユリが勢ぞろい。
昭和記念公園201407-14

 オリエンタルリリー ニンフ。

 昭和記念公園201407-18
オリエンタルリリー シルクロード。

昭和記念公園201407-16
オリエンタルリリー コンカドール。

昭和記念公園201407-15
オリエンタルリリー アスカ。八重咲きのユリ。
昭和記念公園201407-17

この日は、お目当てのカサブランカはまだ咲いておらず、しかもヤマユリも見損なった・・・(涙)
 
昭和記念公園(Vol.115)
(撮影 2014年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
  

昭和記念公園(2012年7月)アーティチョーク

昭和記念公園の続き。

花菖蒲が終わったあとの菖蒲田の主役はハス。ソクヒレン(即非蓮)と書いてあった。
昭和記念公園201207-2
朝早く咲いて夕方には閉じてしまうそうだ。
昭和記念公園201207-1
ハスの隣で咲いているミソハギ、ミソハギ科、
昭和記念公園201207-3
旧暦のお盆の頃に咲いて、仏前に供えられることから「盆花」とも呼ぶそうだ。

こちらはハーブ園のモナルダ(ベルガモット)、シソ科。
昭和記念公園201207-4
花の形から松明花(たいまつばな)とも呼ばれるそうだが、松明かなぁ・・・

夏らしい、いい色あいのアーティーチョーク、キク科。
昭和記念公園201207-6
チョウセンアザミとも呼ばれ、蕾はイタリア料理などの前菜にとして出されるそうだ。
昭和記念公園201207-5

エキナケア(エキナセア)、キク科。ムラサキバレンギクとも呼ばれる。
昭和記念公園201207-7
ピンクの花びらの1つの花かと思ったら、真ん中の小さい黄色いのが花だと書いてある資料もある、どうなんだろう?

これも初めて見るような花。ブッドレア、フサウツギ科。
昭和記念公園201207-9
全体的な形はカシワバアジサイに似ているが、集まった小さな花を見るとランタナって感じ。
昭和記念公園201207-8

ネムノキの花。緑の葉に優しいピンク色がいい。
昭和記念公園201207-10
いまが満開って感じ。
昭和記念公園201207-11
ネムノキは漢字で合歓木と書くが、中国でネムノキが夫婦円満の象徴とされることから付いたそうだがなんだかわかる気がする。漢字ってすごいね。

これはヒマワリ、この日はまだ花が咲いていなかった。
昭和記念公園201207-12
毎年ここは夏にヒマワリの丘になるが、「植栽のお知らせ」として今年は土壌改善のため「緑肥植物」となる種類(キッズスマイル、ロシア、緑肥用ヒマワリ)を植え、花の見頃を待たずに土壌にすき込む予定です。という掲示が出ていた。

開花時期は7月下旬から8月上旬とあるので、タイミングが合えばきれいなヒマワリが見れるかもしれない。この週末はチャンスだけど出勤

昭和記念公園(Vol.65)
(撮影 2012年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ