ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ヌスビトハギ

昭和記念公園 夏から秋に咲く花々

昭和記念公園の秋はコスモスがメインだけど、当然それ以外の色々な花も咲いている。

まずはツユクサ(露草)、ツユクサ科。この青色がお気に入りの花。
昭和記念公園201709
初夏の頃から咲いているけど、梅雨草ではなく露草と書くだけあって、いまの時期が最盛期。

ゲンノショウコ(現の証拠)、フウロソウ(風露草)科。
昭和記念公園201709
生薬として下痢止の薬として用いられ、煎じて飲めばしっかり(薬効が)効くことから付けられてた名前だそうだ。
こちらはピンク色のゲンノショウコ。
昭和記念公園201709
ピンク色は西日本、白色は東日本に多いそうだ。

これはマリーゴールド、キク科。花壇などでとてもよく見かける花。
昭和記念公園201709
春から秋までずっと咲き続けて、水がない状態でも枯れない強い花。
マリーゴールドは黄色、オレンジ色、そして下のように黄色とオレンジ色が混じった色の花がある。
昭和記念公園201709
根に防虫効果があるらしい。

これはペンタス、アカネ科。夏から秋にかけて花壇できれいに咲いている花。
昭和記念公園201709
白色、赤色、ピンク色、紫色などがあるそうだ。
昭和記念公園201709
別名が草山丹花。沖縄など熱帯で咲いているサンタンカ(山丹花)に似ているからついた名前だそうだ。
昭和記念公園201709

これはヌスビトハギ(盗人萩)、マメ科。
昭和記念公園201709
実が盗人の忍び足の足跡に似ていて、さらに花が萩の花に似ていることからついて名前だそうだ。
昭和記念公園201709
確かに花は萩の花に似ているけど、この実は足跡に似ているかな。

日本庭園の池の回りではたくさんの赤とんぼが飛んでいた。
昭和記念公園201709
赤とんぼって本当に全身真っ赤っ赤だね(笑)

昭和記念公園(Vol.233)
(撮影 2017年9月9日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 彼岸花

昭和記念公園の彼岸花。

先週ここ(ふれあい橋南西斜面)に来た時は、あと1週間ぐらいで見頃になると思った。
昭和記念公園201609-1
でも、相変わらずいまひとつの状態。
昭和記念公園201609-2
ホームページによると、まだ見頃になる前のようだけど、きれいに咲いている花と
枯れ始めている花が混在する、まるで見頃過ぎの状態。
昭和記念公園201609-3
アップで撮っても枯れ始めている花があると、いまひとつだよね。
昭和記念公園201609-4
例年、こんな感じではないんだけど、今年はどうしたんだろう。 
昭和記念公園201609-5
咲いている花は先週より多いんだけどね。
昭和記念公園201609-6
 とりあえずアップで撮る分には影響なし。
昭和記念公園201609-7
 
こちらは同じヒガンバナ科のタマスダレ(玉簾)。
昭和記念公園201609-9
たくさん並んで咲くとすごくきれいな花。

こちらは、ヌスビトハギの仲間。
昭和記念公園201609-8
実の形が盗人の足跡に似ていることからついた名前。どんな足跡・・・?

これはヤブラン(藪蘭)、ユリ科。
昭和記念公園201609-10

庭などでも見かけるけど、このヤブランのように斑入りの葉だと見映えが良い。
昭和記念公園201609-11


次の昭和記念公園の記事はコスモスだね。
 
昭和記念公園(Vol.181)
(撮影 2016年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動(8/31)8月最後の週末

8月最後の週末も涼しい週末となった東京多摩地区。

高幡不動201408-1
雲が多い時間帯はあったが雨が降るようなことはなかった。

涼しいので、日曜日は空之助を連れて散歩。
高幡不動201408-9
仁王門から境内に入って不動堂にお参りをしたあと、奥殿の横を通って奥の方に向かい六地蔵さんにお参り。
高幡不動201408-10
いつもの散策ルート。そしていつものようにカメラの方を向かない空之助・・・
高幡不動201408-11
五重塔の前。やっぱり知らん顔(汗)。

8月最後の週は夏の終わりを感じるような涼しい日が多くなってきた。
高幡不動201408-2
 セミの鳴き声を聞くのもあとどれくらいだろうか。
高幡不動201408-3
高幡不動尊ではミンミンゼミやツクツクボウシの鳴く声は聞こえるんだけど、姿を見るのは圧倒的にアブラゼミが多い。

ヤブミョウガ、ツユクサ科。
 高幡不動201408-4
ヤブミョウガってツユクサ科なんだね。
本家のツユクサと比べると少し花のシベが似ているかな?
高幡不動201408-14

ヤマホトトギス、ユリ科。
高幡不動201408-5ヤマホトトギス
花弁が反り返っていることと、花のつき方の違いなどでヤマジノホトトギスと見分ける。
たぶん、これはヤマホトトギス。
 
ヌスビトハギ(盗人萩)、マメ科。
高幡不動201408-6
実の形が盗人の足跡の形に似ているからついた名前だけど、ちょっと写りが悪いのでまた再挑戦(汗)

ヒオウギの蜜を吸うアゲハチョウ。
高幡不動201408-8
このチョウはまだハネがきれい。時々ハネがボロボロのチョウもいるからね。
高幡不動201408-7

一息ついて水を飲んだ後の空之介。
高幡不動201408-12
しつこく名前を読んでカメラを近づけたら、なんだよ〜ぉぉって感じで寄ってきた。
高幡不動201408-13
空之助と散歩すると楽しいんだけど、しっかり写真が撮れない(汗)。

この記事で空之助が入っていない写真は、全部土曜日にいつものように1人で散歩した時に撮ったもの。

今週の高幡不動Vol.328
(撮影 2014年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 
 

今週の高幡不動(09/22)お彼岸には彼岸花

台風が上陸した前の三連休と違って、お彼岸の三連休は比較的天気に恵まれた。

高幡不動201309-6
お彼岸だけあって人は多いが、不動堂を通過して境内奥に向かうお墓参りの人が多かったようだ。

実は高幡不動尊の境内と山の中は、それほど彼岸花が咲いているわけではない。
そんな中で毎年一番注目しているのは大日堂大玄関前のこの紅白の彼岸花。
高幡不動201309-1
上が21日(土)、下が22日(日)の様子。まだ白い花が咲き始め。
高幡不動201309-9
三連休最終日、23日(月・祝)に白い花も見頃になった。
高幡不動201309-12

大日堂正面の燈籠そばにも紅白の彼岸花が咲いている。
高幡不動201309-10

山あじさいが咲くあたりでは、1輪の彼岸花がヤマホトトギスと並んで咲いていた。
高幡不動201309-2

比較的、彼岸花が密集して咲いているのは八十八ヶ所巡り入り口手前の紅葉之碑あたり。
高幡不動201309-3

秋の花、シュウカイドウ(秋海棠)、シュウカイドウ科。
高幡不動201309-4
緑色の葉を背景にするとピンク色が目立つ。

秋の七草、ハギ(萩)、マメ科。
高幡不動201309-8
こちらは白萩、奥殿横で並んで咲いている。
高幡不動201309-7

弁天池横のこの花はひょっとしてヌスビトハギ(盗人ハギ)かな?
高幡不動201309-11
実が盗人の忍び足の足跡の形に似ていて花が萩に似ているからついた名前だそうだ。

 8月からいまでも次々と咲いているカキツバタ。季節外れもとうとうここまで来たか(笑)
高幡不動201309-14

ツユクサ(露草)、ツユクサ科。この花、花期は長いけど露草の露が「朝露を受けて咲く」ことに由来することからも秋であるが見頃。
高幡不動201309-13
でも6月ぐらいから咲いているからツユクサは梅雨草?って思ってしまうよね。

高幡不動201309-5
弁天池のススキ。こうしてみるともう風景が秋色になってきている。

今週の高幡不動Vol.283
(撮影 2013年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ