ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ニッコウキスゲ

今週の高幡不動(7/6)今年最後のあじさい

あじさいまつり最後の週末、7月6日の高幡不動尊の様子。

日曜日のお昼頃は比較的いい天気になった。
高幡不動201407-4

アガパンサス、ユリ科。この花が咲くともう夏だね。
高幡不動201407-3
夏の花は夏に負けない鮮やかな色か逆に涼しいイメージの色が多い。
高幡不動201407-2
アガパンサスはまさに涼しい色。

こちらも夏の花、ニッコウキスゲ、もちろんユリ科。
高幡不動201407-7
ここは茶室に入る場所で、残念なことにあじさいまつりが終わると立ち入り禁止になってしまう。

あじさいに囲まれる弘法大師像。
高幡不動201407-5

大師堂に向かう階段。ここも絵になる場所。
高幡不動201407-6
昔は大師堂が古くて雰囲気があったんだけどね。
以下は2009年6月に撮った写真。
 高幡不動201407-15
小さくてわからないかな・・・(汗)

 墨田の花火。
高幡不動201407-8
このあじさいは割と遅咲きなので、いまが中心にある花の最盛期かも。

白いあじさい、アナベル。
高幡不動201407-9
このあじさいも比較的遅咲きなので、いまが見頃。 

山あじさい紅、もうとことん終わり・・・
高幡不動201407-13

普通のあじさいも(笑)
高幡不動201407-14

逆さあじさい。
高幡不動201407-12
思ったほどではなかった・・・(汗)

四季の道入口付近。あじさいはまだ見頃をキープしているけど、訪れる人のピークは終わりかな。
高幡不動201407-10
奥の方もまだ咲いていますよ!
高幡不動201407-11

この日の翌日は七夕。門前にも七夕飾りが。
高幡不動201407-1
 

来年、またきれいな花を見るためのあじさいの毬切り作業は7月17日。
この週末は散歩できないので、これが高幡不動尊でみる最後のあじさいになりそう。


今週の高幡不動Vol.321
(撮影 2014年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 
 

今週の高幡不動(07/03)あじさい祭り 7月7日まで

2011年の高幡不動尊のあじさい祭りは、今週の木曜日(7月7日)まで

山内の山アジサイはもうかなり終わってしまっているが、西洋アジサイが中心のこのあたりはまだ咲いている。
高幡不動あじさい201107-10
上の写真手前右側の赤い西洋アジサイ(この写真は1週間前に撮ったもの)。
高幡不動あじさい201107-2
たくさんのアジサイが咲く高幡不動尊の中で、この色のアジサイはここだけかもしれない。

アジサイを見に来る人が少し減ったので、山内八十八ヶ所巡拝のお地蔵さんがゆっくり撮れる。
高幡不動あじさい201107-7
歩くところまでせせり出ているアジサイ。
高幡不動あじさい201107-9
人が多いとこういう場所の写真がなかなか撮り辛い。
高幡不動あじさい201107-8

境内の人も今日は少ないね
高幡不動あじさい201107-3
いつもここからの写真はあまり変化がないだけど、今回は五重塔に足場が組まれているのが見える。

東日本大震災の時、五重塔が大きく揺れて先端の宝珠と龍車が落下したんだそうだ。
高幡不動あじさい201107-11
普段何気なく見ていると全然その差に気がつかないが、昨年の秋の写真を見ると確かに先端部分が違う
高幡不動あじさい201107-1
五重塔への影響はこれ以外にも、水煙の位置ずれ、相輪全体の傾き、五層の屋根瓦数枚の損傷などがあり、もともと来年に予定していた五重塔全体の塗り替え工事と同時進行で、今年の10月末日ぐらいまでに復旧させる予定なんだそうだ

大日堂前には夏の花キキョウ、キキョウ科。夏の花なんて書いているけど秋の七草なんだよね
高幡不動あじさい201107-4
涼しげですごくいい色だ。
高幡不動あじさい201107-5

ユリ科のニッコウキスゲ。ここはあじさい祭の期間中だけ一般人も入ることができる場所に咲いているので、もう次の週末には見ることができなくなる。
高幡不動あじさい201107-6

不動堂前には、あじさい手ぬぐいを売っている涼しげな露店。
高幡不動あじさい201107-12
手作り感満載だ
高幡不動あじさい201107-13

今週は七夕ウィーク。高幡不動尊参道の七夕飾り。
高幡不動あじさい201107-15
参道だけでなく、お不動さんもしっかりと七夕飾りがされている。
高幡不動あじさい201107-14
でも、どんよりとした曇り空で七夕飾りもちょっとしめり気味かな

今年のあじさい祭り期間中、週末の天気がいまひとつはっきりしない日ばかり。こんな晴天の中であじさいを撮ることができなかったのがちょっと残念。
高幡不動あじさい201107-16
これは昨年6月に弁天池そばで撮った写真

今週の高幡不動Vol.174
(撮影 2011年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

京王百草園のあじさい(2010年6月)

近くに高幡不動尊があるのでちょっと目立たないが、京王百草園にもアジサイがあるので、散歩の途中で寄ってみた。これは6月5日(土曜日)の様子

百草園に入ると入り口付近で鮮やかなオレンジ色の花が出迎えてくれた。これはニッコウキスゲかな。
百草園201006

百草園201006-1
山を登っていて、このニッコウキスゲが一面に咲いている光景を見ると、疲れが吹き飛ぶ。昔、谷川岳に登る途中の峠で、そのような光景を見たけど、いまでも思い出すぐらい素晴らしいものだった

ユリ科のニッコウキスゲ(日光黄菅)はゼンテイカ(禅庭花)とも言われるそうが、実はゼンテイカが和名でニッコウキスゲが別名と書かれたものもある。一般的にはニッコウキスゲの名前が広まっていると思うんだけど。ゼンテイカという名前もこの花が多く自生している戦場ヶ原を中禅寺湖の庭に見立てて、庭に咲く花という由来という説もあり、結局「日光」なんだね

これはフトモモ科のフェイジョア。なんだかこの前もフトモモ科の花があったと思ったらブラシノキだった。
百草園201006-2

百草園201006
ちなみに百草園にはブラシノキもあるが、この時期はすでに花は枯れている

心字池と藤棚。1ヶ月ほど前は藤棚がきれいだったんだけどいまはもう緑の中に埋まってしまっている感じ
百草園201006-5
ちょうど1ヶ月前(5月)の同じ場所、藤棚の様子
百草園201005

心字池のスイレン。春先にここでたくさんのオタマジャクシを見たので、カエルがどこかにいないか探してみた・・・
百草園201006-4

百草園201006-3
結構粘って探したんだけど、結局葉っぱの上にカエルはいなかった
アジサイとカタツムリ、スイレンの葉にカエル、絵になるんだけど、なかなかうまく見つからない。

百草園のアジサイは園内の小高い丘の向こう側がメインなので丘に上がって遠くを眺める。冬は新宿高層ビルまで見渡せるが、さすがにこの時期は視界がない
百草園201006-6

アジサイがたくさん咲いている場所に行ってみる。パッと見はよく咲いているように見えるけど、よく見ると花や葉っぱに元気がない百草園201006-7
元気そうな花もあるけど、全体としてしおれている感じがした。
百草園201006-8
裏からちょっと失礼しま〜す
百草園201006-9
ちょっとしおれているけど、良くみると白い花(ガク)の中心で青い花がさいてた
百草園201006-10
この日(6月5日)の受付の方の話では、今年は雨が少なすぎて百草園のアジサイはかなり遅れているそうだ。見頃は6月終わりぐらいになるかもしれないとのこと

その後、梅雨入りして雨も降ったので、いまはもっと元気に咲いているかもしれないね

散歩写真(vol.139)
(撮影 2010年6月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.77(07/04)のんびりムード

高幡不動尊のあじさいまつりは、この週末(7月5日まで)で終わる。長かったようで、終わってみるとなんだかアッという間だった

まだ梅雨の真最中だけど、またいい天気の土曜日になった。午後から雷雨があるかもしれないという予報だけど、午前中は完全に夏の日という感じ
高幡不動尊090704-2高幡不動尊090704-1
(上写真右)これまであまり撮らなかった場面。一番左が五重塔、中央が丈六不動三尊像などが安置された奥殿、左に少し写っているのが上杉憲顕之墳。上杉憲顕が自刃した場所で、ここはよくお坊さんがお経をとなえて供養している光景を目にする。

(下写真左)四季の散歩みち。あじさいを見に来ている人も、もうかなり少なくなっている
高幡不動尊090704-6高幡不動尊090704-7
(上写真右)人が少なくなって、また普段のようにお地蔵さんの写真もゆっくり撮ることができる。これは山内八十八ヶ所巡拝第二十一番(舎心山太竜寺)。
山内八十八ヶ所は高幡不動尊山内に設けられた四国八十八ヶ所霊場のうつしで第二十一番(舎心山太竜寺)は徳島県阿南市にある真言宗高野派のお寺

訪れる人もすくなくなって、なんとなく境内がのんびりしている
(下写真左)弁天池の大きな鯉。これじゃあ大きさがわからないので、そのうち隣にたばこの箱(ハイライトがいいかな)を置いて写真を撮りたいね。そばでは親ガメの上に子ガメが乗って甲羅干しをしている
高幡不動尊090704-9高幡不動尊090704-8
のんびりムードに乗じて、土方歳三像の頭の上で日向ぼっこしているハト
そんなところにいると「副ちょ〜ぉぉの頭に失礼だろ〜」ってにぽぽさんに怒られるよ

境内一番奥の豊泉寮の庭ではユリ科のニッコウキスゲ(日光黄萓)がきれいに咲いていた。
こうして花の写真を撮って御紹介できるのは、私が花の名前をよく知っているのではなく、高幡不動尊ではこうやって名札が立ててあるから
高幡不動尊090704-3

これはオミナエシ科のオミナエシ(女郎花)、かわいくてとてもきれいな花だ昔から名前はよく聞くけど、なんだか最近全然見ていなかったような気がする。
高幡不動尊090704-5
同じオミナエシ科でオトコエシ(男郎花)という、形がそっくりの白い花もあるそうだ

この豊泉寮は、あじさいまつりの間だけ一般公開されているので普段は入ることができない。これらの花はもう来週末には見ることができないかも

ブラウザがFireFox3.5の場合、写真のコントラストが極端に強く表示されてしまう場合があります
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

高幡不動尊 豊泉寮

高幡不動尊のちょっと変わった一面のご紹介

いわゆるお不動さんというと、不動明王像、山門、不動堂、社殿やそれにまつわる史跡、文化財などがあるのはイメージできるけど、ちょっと趣の違う建造物がこの豊泉寮

どのような経緯でここにあるかよくわからないけど、八王子の豪商、豊泉吉兵衛翁とかつ子夫人から寄進された建物で、高幡不動尊境内の一番奥にある。主に茶席「緑豊軒」「汲泉亭」として利用されているらしいが、普段は一般には非公開だから知らない人も多いと思う
高幡不動尊豊泉寮-6高幡不動尊豊泉寮-7
ただし「あじさい祭り」の期間中だけ一般にも公開されている。たまたま私が行った時も公開されていて、近くには何度も行っているが柵が閉めらているので中に入れたのは初めて

入口付近の庭園には「ききょう」と「ニッコウキスゲ」が咲いていた
高幡不動尊豊泉寮-2高幡不動尊豊泉寮-1
こうやって花の名前を書いてくれていると、花知らずの私にもわかり易くて助かるなぁ

昔懐かし感じの日本家屋で、薄茶に羊羹が付く薄茶接待(有料)があったが、それは遠慮して写真だけ撮らせてもらった
高幡不動尊豊泉寮-3高幡不動尊豊泉寮-5
上左写真の庭園に写っている池が「心字池」、右が茶室。
お不動さんにお参りに来たというよりも、庭園がきれいなお寺に来て、縁側に座ってお庭を見ながらお茶を一服という雰囲気

よく考えると不動堂や山門など、そもそもこのお不動さんにあるものをちゃんと紹介していなかったような・・・

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです



ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち