ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ニゲラ

昭和記念公園 日本庭園の様子

5月晴れの昭和記念公園日本庭園の様子

東京の平年の梅雨入りは6月5日だそうだ。梅雨になるとこんな青空はしばらく見ることができなくなるだろう。
昭和記念公園201805
この池も清掃のために水を抜いてしまうそうだ。6月4日(月)から水抜き作業が始まるそうだが、これから雨の季節だから、大雨が降って水が溜まってしまったりして・・・(汗)

昭和記念公園201805
池に突き出して建てられている清池軒。

日本庭園でも花菖蒲が咲いている場所がある。
昭和記念公園201805
鑑賞しやすいように木道が作られている。

昭和記念公園201805
もう今頃は見頃になっていると思うけど、この日の花菖蒲はまだ見頃前の状態。
昭和記念公園201805
ここでは花菖蒲とスイレンが一緒に鑑賞できる。
昭和記念公園201805

これはハーブ園で咲いているニゲラ、キンポウゲ科。ニゲラはラテン語のNiger(黒い)が語源で、香辛料にもなる黒い種がなるので別名が黒種草。
昭和記念公園201805
なんだか変わった形の花だけど、青色の花はヤグルマギクに似ているように見える。
昭和記念公園201805

アリウム・ギガンチウム、ユリ科。ネギに似た花なので別名ハナネギ(花葱)。
昭和記念公園201805
小さな花の集合体で大きさはソフトボールぐらいある。
昭和記念公園201805
紫色の巨大ネギ坊主ってことだね。

昭和記念公園(Vol.270)
(撮影 2018年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      


昭和記念公園 時計草

5月最後の週末の昭和記念公園の様子。

前回アップした菖蒲田だけでなく、日本庭園でも花菖蒲が咲いている。
昭和記念公園201605-11
ここの花菖蒲は明るい紫色が多い。
昭和記念公園201605-12
木道も整備されている
昭和記念公園201605-13
花菖蒲は和の景色に似合うね。
昭和記念公園201605-14

これはラークスパー、キンポウゲ科。別名千鳥草。
昭和記念公園201605-1
ラークスパーの「ラーク」はひばり。
昭和記念公園201605-4
この時期にあった涼し気な色の花だね。
昭和記念公園201605-5
なんだかキンポウゲ科らしくない花の形。

タチアオイ、アオイ科。この時期は良くみかける花。
昭和記念公園201605-6
「葵」はふつうこの立葵をさすが、京都の葵祭りの「葵」は徳川家の家紋になっている
「双葉葵」のことなんだそうだ。

西洋のこぎり草、キク科。
昭和記念公園201605-2
食事中のハナムグリをアップで。
昭和記念公園201605-3

トケイソウ(時計草)、トケイソウ科。別名パッションフラワー。
昭和記念公園201605-9
ブラジル原産、1730年頃に渡来、パラグアイの国花。
昭和記念公園201605-10
たくさんの時計草が咲いて時計屋さんの壁状態(笑)。

ニゲラ、キンポウゲ科。これもまた変わった花だ。
昭和記念公園201605-7
時計草にも似ている。
昭和記念公園201605-8
でも、時計草と違って針がはっきりしない。。。

久しぶりにあじさいの写真なしの記事(笑)。

 昭和記念公園(Vol.169)
(撮影 2016年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち