ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ナーラの滝

西表島(2011年8月) +新しい家族

春が遅れていてネタ切れ。しかも土曜日の天気がいまいちなので出しそびれたもの中心に昨年(2011年)の夏に行った沖縄西表島の写真。そして最後に我が家の新しい家族(^^V)
西表島201108-9
船浮港。西表島なので地続きなんだけど、ここには道路が通っておらず道路の終点となる白浜から船でしか訪れることができない集落。
西表島船浮イダの浜201108-4
桟橋の上からなにやら小さなトンネルが見えるので、近くまで行ってみる。
西表島201108-10
崩落の危険があり立ち入り禁止だった。向こう側はどうなっているのだろう・・・
西表島201108-8

浮船港からボートでイダ浜に向かう。イダの浜は船浮の集落から山道を歩いて行くこともできるそうだ。
BlogPaint
上の地図のハートマークの右上が船浮港、左上がイダの浜。

イダの浜には先に上陸している人がいたのですぐ隣の無人の海岸に上陸。
西表島201108-12
遠くに見えているのが外離島。

ハマユウ(浜木綿)、ヒガンバナ科。漢字で浜木綿って書くのは、花の姿が神事のとき榊につけ垂れ下げる白い布の木綿(ゆふ)に似ているからだそうだ。
西表島201108-14
ハマユウって女優の浜木綿子(はま ゆうこ)さんを思い出すよね。

これはひょっとしてキクラゲ(木耳)なのかな?見た感じも触ってみた感じもキクラゲだったが、食べてはいないので味はわからない
西表島201108-11
キクラゲって味わうというより食感を楽しむって感じだね。

アダン、タコノキ科。
西表島201108-13
アク抜きした新芽を石垣島の居酒屋で食べた。果実は繊維質が多く食用には向かないがヤシガニの好物なんだそうだ。

ヤドカリ。浜の小石が細かく動くので良く見て見ると、ヤドカリの大群だった・・・ちょっと不気味。
西表島201108-15

これはさんご礁の海から、海なのか川なのかわからない境目あたり(汽水域?)。水の色が沼のようだ。
西表島201108-1
次はナーラの滝に向かう途中の様子。
続きを読む

2011年沖縄 ナーラの滝と水落の滝

8月1日から4日までの沖縄西表島旅行の続き(その3)

この日は8月2日、西表島を満喫するために選んだのが、南風見(ハイミ)ぱぴよん主催のアドベンチャーボートツアー、「ナーラ&水落の滝+イダの浜満喫ツアー」。シュノーケル+滝(2箇所)+トレッキング+マングローブという欲張りツアー。
西表島ナーラの滝201108-1
1日お世話になるアドベンチャーボートと次元大介風のイケメンガイドの岸本さん。一緒にツアー参加の方が予定変更したため、我が家4人のプライベートツアーになった。

10時少し前に祖納港を出発、内離島と白浜港の間を通過して仲良川を上流に向かう。
西表島ナーラの滝201108-2
海と川の境目がよくわからないけど、すでにここは仲良川。
西表島ナーラの滝201108-3
マングローブがすごい。
西表島ナーラの滝201108-4
途中、水面に浮かぶサガリバナなどを見ながら、どんどん上流にのぼる。川幅がだんだん狭くなる。
西表島ナーラの滝201108-5
白浜港からここまでシーカヤックやカヌーを漕いでくるツアーがあるが、きっと2時間ぐらいはかかるだろう。そのあと片道30分のトレッキングは結構ハード。
このツアーはアドベンチャーボードなので楽チン。このあと水落の滝やイダの浜でのシュノーケリングを考えるとシーカヤックのツアーでは無理、やはりボートで回らないとだめだね。
西表島ナーラの滝201108-6
ジャングルのトレッキングは昨年ピナイサーラの滝で経験済みなので、特に問題なく歩けたが登り道30分は結構大変。
西表島ナーラの滝201108-7
ナーラの滝が見えてきた、その手前に小さく写っているの赤い花が下の写真。
西表島ナーラの滝201108-12
なんという花だろう?昨年マングローブで見た花と同じような花。ちなみに(昨年も書いたけど)マングローブという特定の植物はなく、熱帯や亜熱帯の河口汽水域の植物全体のこと。

落差20mのナーラの滝(幻の滝)。目一杯絞ってシャッター速度を落として撮ったけど、ちょっと手ぶれぎみ
西表島ナーラの滝201108-10
滝の右側から滝の水の裏側に入って手をあげることができることを教えてもらって。
西表島ナーラの滝201108-8
やってみた
西表島ナーラの滝201108-9
冷たい水をドドドッって浴びる、すごく気持ちいい。
ここは滝壺が広くて深いので飛び込んで遊ぶこともできる。
西表島ナーラの滝201108-11
ラッキーなことに誰ものぼってこないので、ここもプライベート滝状態。30分ほど遊んでまたボートにもどった。

行きよりも潮が少し引いてきたので、マングローブの根の部分が見えてきた。
西表島ナーラの滝201108-13
ひざ(膝)を立てたところに似ているので膝根(しっこん)と呼ばれるそうだ。
西表島ナーラの滝201108-14

アドベンチャーボートがスピードを上げて突っ走ると波に乗ってすごく揺れる。落ちないようにロープを持って揺れに身をまかせ半分翻弄されている状態になるが、これがすごく楽しい。
西表島ナーラの滝201108-15
この舟浮湾は避難港に指定されているため、このように避難停泊できるような係留用の設備がある。水深は100mぐらいあるそうなので大型船でも問題なく入ってくることができる。
西表島ナーラの滝201108-16
ここを走っている時に、目の前に流木のようなものが浮いて見えた、近づくとそれは大きなウミガメが浮上して呼吸をしている姿だった。もうちょっとで、ぶつかりそうになったけど、すごくラッキな姿が見えた

次の目的地。クイラ川の支流、水落川の奥にある水落(みずおち)の滝。落差は8mほど。
西表島ナーラの滝201108-17
川の水がいきなり断崖から海に落ちているように思えるが、実はここは川なので、正しくは海からそのまま直接ボートで近づくことができる滝。

ボートごとそのまま滝浴びができるところがここのポイント
西表島ナーラの滝201108-18
ここも滝の水が気持ちいい。
西表島ナーラの滝201108-19
これだけでも大満足なんだけど、これはまだ前半戦。後半戦の午後はイダの浜でシュノーケリングになるが、長くなってしまったので続きは次回に

最後に今回のだいたいの場所。下が西表島全島で右下の赤い花が泊まっているホテル。ここからボートが出発した祖納港(金色の星)まで車で1時間。
BlogPaint
祖納港の下にある白浜港(青い音符)までで道路は終わり。この先は船でしか行くことができない。ナーラの滝は緑のクローバで赤いハートが水落の滝。
西表島を2/3周するぐらい移動したことになる。ちなみに前日行った由布島はパンダの印。
(追記)このあと向かう船浮がニコニコマーク、イダの浜がピンクのリボン。

台風なんていったいどこにいるの?って感じ。

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ