ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ナデシコ

昭和記念公園 サギソウが咲き始めた

7月最後の週末の昭和記念公園。
すごくいい天気になったんだけど、夏は天気が良いと猛暑であまり歩くことができない(汗)

水鳥の池と夏らしい空。
昭和記念公園201607-6
水鳥たちも池から上がって木陰で休憩するぐらい暑い(笑)。
昭和記念公園201607-7
微笑ましい光景だけど、なんだか笑える。

ハニーサックル、スイカズラ科。
昭和記念公園201607-5
突抜忍冬(ツキヌキニンドウ)とも呼ばれる。
昭和記念公園201607-4
歌を歌っているような面白い花の形をしているが、つる性植物で繁殖力が強いそうだ。

秋の七草のナデシコ(撫子)、ナデシコ科。割りと地味な花。
昭和記念公園201607-2
我が子を撫でるようにかわいい花であることからついた名前だそうだ。 

こちらも秋の七草のキキョウ(桔梗)、キキョウ科。
昭和記念公園201607-12
ナデシコ同様、秋の七草だけど夏に咲く。まだ立秋にはなっていないので暦の上でも盛夏。

キンセンカ、キク科の上のバッタ。オンブバッタだろか。
昭和記念公園201607-3
オンブバッタはキク科の草を好んで食べると書いてあったので間違いないと思う。 

ハーブ園で良く見かける猫。
昭和記念公園201607-1
この猫はいつも木陰で寝ている。
 
菖蒲田では少し前からサギソウ、ラン科が咲き始めている。
昭和記念公園201607-8
8月6日(土)から恒例のサギソウまつりが開催される。
昭和記念公園201607-9
サギソウの様子はサギソウまつりの時に。 

菖蒲田でサギソウと同じ時期に咲くミソハギ、ミソハギ科。
昭和記念公園201607-10
別名盆花と呼ばれ、旧暦のお盆にこの花に水をつけておはらいをしたりするそうだ。

カノコユリ(鹿の子百合)、ユリ科。昭和記念公園のユリの中で一番最後に咲く。
昭和記念公園201607-11
赤いツブツブが鹿の斑点を並べた鹿の子模様に似ていることからついた名前。

昭和記念公園からの帰宅途中に激しい夕立があって散歩の途中で雨宿りすることに。
梅雨直後なのに 天気が不安定。首都圏の水ガメとなっているダム付近にも降ってほしい。
 
 昭和記念公園(Vol.174)
(撮影 2016年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

昭和記念公園(2013年5月)5月の花たち

5月の昭和記念公園。花の丘以外の光景。

巨大フードフェスまんぱく。昭和記念公園みどりの文化ゾーンで6月3日(月)まで開催。
昭和記念公園201305-1
ロッキング・オンって聞いたことがあったので調べてみたらやはり渋谷陽一氏が社長。私が学生時代は音楽関係の出版とかコンサートの興行がメインだったと思う。
渋谷陽一氏もロックを中心にかける番組をやっていたり、レコードのライナーノーツを書いたりしていて、大貫憲章氏、伊藤政則氏と並んで当時は人気のロック評論家だった。
まあ渋谷陽一氏の話しは別にとして、下はこのイベントのかわいいキャラクタ。
昭和記念公園201305-11
でも自分は食べてこんな感じにはなりたくないなぁ・・・(汗)
昭和記念公園201305-16

サクランボがなっている桜の木があった。これは食用ではないサクランボだね。
昭和記念公園201305-2
ヒマラヤスギ、スギの名前がついているがマツ科。このでかい松ぼっくりを見れば納得かも。
昭和記念公園201305-3
松ぼっくりらしくないって?まだこの時期は小さく白っぽい。そのうち茶色く開いて松ぼっくりらしくなる。

カラタネオガタマ(唐種小賀玉)、モクレン科。香りがよくて熟したバナナに似た香りがするのでバナナツリーと呼ばれる。
昭和記念公園201305-4

ここからはハーブ園。チャイブ、ヒガンバナ科。
昭和記念公園201305-5
セイヨウアサツキなどとも呼ばれ、ラッキョウに似た地下茎を持つそうだ。

この時期のハーブ園で一番のお気に入りはこのポリジ、ムラサキ科。
昭和記念公園201305-6
ルリシザとも呼ばれる、青い星形のきれいな花。

ニゲラ、キンポウゲ科。キンポウゲ科らしい独特な花。
昭和記念公園201305-7
白い花もある。
昭和記念公園201305-14
ちょっとトケイソウ(時計草)にも似ている。

アリウム・ギガンチウム、ユリ科又はネギ科。
昭和記念公園201305-8
1本だけだと大きな紫色のねぎ坊主って感じだけど、複数あるとちょっと不思議な惑星の世界にも見える。
昭和記念公園201305-15

ニワゼキショウ(庭石菖)、アヤメ科。よく見ると中心部が黄色、その回りが赤紫というきれいな色あい。
昭和記念公園201305-13
アヤメ科なので菖という字が入っている。

アグロステンマ、ナデシコ科。麦撫子という呼び方の方がイメージにあう。
昭和記念公園201305-9
こちらが普通のナデシコ。
昭和記念公園201305-12
縁が細かく切れ込んでいる花びらがいいね。

ハニーサックル、スイカズラ科。
昭和記念公園201305-10
花びらが、大きく口をあけたくちびるに似ているので合唱しているようだ。
この唇のイメージからローリング・ストーンズ・フラワーと命名したい(笑)

昭和記念公園(Vol.87)
(撮影 2013年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年6月)ナデシコ

6月の昭和記念公園。菖蒲田以外の光景。

鳥のことはあまりよくわからないが、この羽根の色と長さからするとオナガ、カラス科だと思う。
昭和記念公園201206-1

この時期になるとよく目立つヒマラヤスギ、マツ科の実(球果)。
昭和記念公園201206-2
これがそのうち、でかいまつぼっくりになる。

タイサンボク(泰山木・大山木)、モクレン科。写真では比較するモノがないが、かなり大きい花。
昭和記念公園201206-8
いい香りがするそうだが、木の高いところにあるので香りが伝わってこない・・・

キキョウ、キキョウ科。明るい紫色の夏の花、でも秋の七草。
昭和記念公園201206-3
秋の七草に名前を連ねる花を見て夏の花だって思うことに、それほど違和感ない。これって旧暦と新暦の季節のズレは最初から織り込み済みってことなのかな。

季節のズレといえば、先日のうるう秒。1972年から今回まで25回実施されたらしいが、1秒のズレってそんなに補正しなければならないほどのモノなんだろうか?
Wikipediaで調べてみるとなにやらやこしいが、廃止することにより起きる1秒のズレが予期せぬトラブルの原因となる可能性があると書いてる。1秒のズレがトラブルになる設計っていうのもどうなんだろう・・・

白いあじさい、アナベル。
昭和記念公園201206-4
アナベルは、しっかり咲く前の状態は下写真のように薄い緑色をしている。
昭和記念公園201206-5
昭和記念公園のあじさいはアナベル率が高いような気がした。

エキナケア、キク科。だら〜んとした花びらが印象的な花。
昭和記念公園201206-6

アゲラタム、キク科。なんだか毛がもじゃもじゃ生えたような花。昭和記念公園201206-7

梅雨時に鮮やかな黄色の花をさかせるキンシバイ(金糸梅)、オトギリソウ科。
昭和記念公園201206-9

これはムギワラトンボかな。
昭和記念公園201206-10
変な言い方だけどムギワラトンボはシオカラトンボのメス。

これは見ての通り赤トンボ。赤トンボは体の赤いトンボの総称又はアキアカネのことを指すそうだ。
昭和記念公園201206-13
これがアキアカネなのかどうか、私にはわからない

ナデシコ(撫子)、ナデシコ科、この花も秋の七草。でもやっぱり夏の花。
昭和記念公園201206-11
白色のナデシコ。サギソウに似ている。
昭和記念公園201206-12
昨年はなでしこジャパンにちなんでこの花の写真を撮りたかったんだけど、その時はもう時期が遅くて撮ることができなかった。

7月の昭和記念公園はユリ(ヤマユリ、カサブランカ)とハスの時期。まだ梅雨が明ける時期ではないので週末の天気が気になる。

昭和記念公園(Vol.62)
(撮影 2012年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ