ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ナツズイセン

昭和記念公園 ナツズイセン

昭和記念公園のナツズイセン。

7月末の暑い週末。いい天気なのがうれしくないぐらいの猛暑。
昭和記念公園201607-1
 
この時期(7月末)、見頃になっていたナツズイセン(夏水仙)、ヒガンバナ科。
昭和記念公園201607-4
同じヒガンバナ科のキツネノカミソリより一足先に咲く。

昭和記念公園201607-3
暑い真夏に涼し気な感じがする花。
昭和記念公園201607-2
写真を撮ると見映えがするので好きな花。

夏に咲き葉が水仙に似ているからついた名前。花が咲く時に葉がないから別名
ハダカユリ(裸百合)とも呼ばれる。確かに花を見るとスイセンというよりはユリの花。
昭和記念公園201607-5
野原というより、半分日陰になる場所に群生していることが多い。

もう半月以上前の写真なので今頃は枯れてしまっているだろう(汗)

 昭和記念公園(Vol.175)
(撮影 2016年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    

狐の剃刀

キツネノカミソリ
  D750 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2015.08 高幡不動尊
キツネノカミソリ
    D750 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2015.08 高幡不動尊

キツネノカミソリ、ヒガンバナ科。
名前の由来は葉が剃刀に似ているから。でも、葉が出てくるのは花の咲いた後。

ナツズイセン
   D750 with AF-S VR Micro-NIKKOR 105mm f/2.8G IF-ED 2015.08 昭和記念公園

キツネノカミソリにとても良く似ているこの花は、ナツズイセン(夏水仙)、ヒガンバナ科。
名前の由来は、夏に咲き葉の形がスイセンに似ているから。
こちらも花が咲いた後に葉が出てくるので、葉がスイセンに似ていることを確認できるのはもう少し先。


昭和記念公園(2014年8月)ナツズイセン

8月の最初の週末、猛暑日の昭和記念公園。でも来週は台風で天気が悪いかもしれないので行ってみる。
実際、台風で天気が悪かったので、この週末に行っておいて正解だった。

立川口のカナール。
昭和記念公園201408-1
いろいろ花が植えられる花壇。あれ?この花、なんだっけ?名前が出てこない・・・ 

イチョウ並木の日陰がありがたいが、この猛暑だから歩く人は少ない。
昭和記念公園201408-2
 7月に見たときよりも銀杏の色が黄色くなってきたような気がする。
昭和記念公園201408-3
 
ここは天気がいいとシートを広げてお弁当を食べている人がたくさんいるところ。
昭和記念公園201408-4
暑すぎて木陰でさえも誰もいない(汗)

園内を歩く人は少ないけど、昭和記念公園のレインボープールは人がいっぱい。
昭和記念公園201408-9
立川口から入った人は園内を歩かず、無料送迎バスでプールに向かうのが普通。

猛暑の中、昭和記念公園に来たのはこのナツズイセンが咲いて姿を見るため。
昭和記念公園201408-13
ホームページではまだ見頃はじめということで、この日は蕾の姿も見ることができた。
昭和記念公園201408-14
ナツズイセン(夏水仙)はヒガンバナ科。夏だけでなく、冬に咲く日本水仙もヒガンバナ科。
この花の色が真っ赤だったら、そのままヒガンバナだね。花も咲き方もそっくり。
昭和記念公園201408-12
緑を背景に涼しい姿。でも猛暑・・・(汗)
昭和記念公園201408-11
1つの花だけ見ると、水仙というより同じヒガンバナ科のサフランモドキやキツネノカミソリに似ている。

これはボード遊びができる水鳥の池の横。カモも暑くて日陰を求めて水から上がってきたのか?
昭和記念公園201408-5
 ダウンをまとった体ではさすがに暑いだろうなぁ・・・

 昭和記念公園201408-6
アンゲロニア、ゴマノハグサ科。夏は青い花が涼し気でいい。

観賞用のトウガラシ。なんだかミニ茄子のようだ。
昭和記念公園201408-7

サルスベリ、ミソハギ科。サルスベリだけど漢字で書くと百日紅。
昭和記念公園201408-8
百日紅は100日間花を咲かせることが由来、サルスベリは幹がスベスベで猿でも登れないことが由来。 

今年は見頃の時期を外してしまったカサブランカ。でもまだ少しだけ咲いていた。
昭和記念公園201408-10
ここで脱皮したセミはいい香りの中から飛び立つことができてちょっとラッキーだったね。

  昭和記念公園(Vol.117)
(撮影 2014年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

夏水仙

夏水仙
   K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2014.8 昭和記念公園

昭和記念公園のナツズイセン、ヒガンバナ科。これで花の色が赤かったらまさに彼岸花。

爽やかな光景に見えますが、この日は35℃を超える猛暑日。外に出たくない暑さでした。


昭和記念公園(2012年8月)ナツズイセン

昭和記念公園201208-2
8月の昭和記念公園、サギソウひまわりに続く第3弾がナツズイセン。
これは8月最初の週末の様子だけど、ナツズイセンは今でもまだ咲いているそうだ。

夏に咲くスイセンに似た花というのがナツズイセンの名前の由来。
昭和記念公園201208-1
上の写真のように花をアップで見るとスイセンに似ているが、
下の写真のように全体としてみると彼岸花に似ている。
昭和記念公園201208-3
ナツズイセンはヒガンバナ科。ちなみにスイセンもヒガンバナ科(分類体系によってはユリ科)。

カノコユリ(鹿の子百合)、ユリ科。土用百合、七夕百合などとも呼ばれる。
昭和記念公園201208-5
鹿の子は鹿の背中にある斑点が由来。花びらのツブツブが鹿の子模様に似ているからついた名前。
昭和記念公園201208-4

オオバギボウシ、ユリ科。オオバギボウシって花が白だけだと思っていた。
昭和記念公園201208-6
花の色が濃い紫色で葉が小さめのコバギボウシという品種があるそうなので、ひょっとするとこれがそうなのかもしれない。
昭和記念公園201208-7

マリーゴールド、キク科。この花は春からずっと咲いている。
昭和記念公園201208-8
きれいな花の下からの旅立ち。
昭和記念公園201208-9

ムクゲ、アオイ科。
昭和記念公園201208-10
この花を見ていると昭和記念公園も気温とムードは南国になる。

昭和記念公園(Vol.68)
(撮影 2012年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2011年8月)ナツズイセン

8月の昭和記念公園の続き、サギソウ以外の花などを。
昭和記念公園201108-1
これはナツズイセン(夏水仙)。スイセンという名前が付いているがヒガンバナ科。と書いたけど、そもそもスイセンがヒガンバナ科だった(^^;)
昭和記念公園201108-2
もう少し細かく調べるとスイセンはヒガンバナ科スイセン属で分類体系によってはユリ科スイセン属。このナツズイセンはヒガンバナ科ヒバンバナ属なので、普通のスイセンよりもさらにヒバンバナに近いようだ。
昭和記念公園201108-3
実はもう花期が終わりかけで花びらがヘロヘロになってしまっている。もっと花びらがしっかり咲いている時はスイセンというよりユリに近い姿。
昭和記念公園201108-4
茎と花だけの姿を遠目に見るとヒガンバナにそっくり。この葉のない姿からハダカユリ(裸百合)という別名があるそうだ。

遠くの空を見ると手前にある背の高い木に幾つも実がなっていた。
昭和記念公園201108-6
近づいてみるとヤマボウシ(山法師)の実だった。
昭和記念公園201108-5
この実の果肉はやわらかくてマンゴのような甘みがあるそうだ。その割には鳥が食べに来ていないのはなぜだろう・・・

ハーブ園で見つけた花、アニスヒソップ、シソ科。あまり見たことがない感じ。
昭和記念公園201108-7
ネットで調べるともっと花が一杯咲くようだ。

モンキチョウ?でも全身真っ黄っ黄だからキチョウかな、よくわからない。
昭和記念公園201108-8
キバナコスモスとイチモンジセセリ。セセリチョウの仲間は地味だね
昭和記念公園201108-10
これはアカタテハ?ヒメアカタテハ?わからないからタテハチョウの仲間(^^;)
昭和記念公園201108-9
前回もアップしたように、この日は蝶がたくさん撮れた。

ホオズキ(鬼灯)、ナス科の実。植木鉢ではよく見るが、こうやって見ることが少ない。さらにホオズキの花を見たことがないが、ネットでみるとナス科らしい花。
昭和記念公園201108-11
この姿でも夏の風物詩になるが、回りが枯れて中の実が見える状態になるとまた別な風情を感じる姿になる。

ホオノキ(朴の木)、モクレン科の実。
昭和記念公園201108-12
ホオノキの葉は殺菌作用があって、昔から食材を包むのに用いられているそうだが、実については大きくてトゲトゲしている形状について以外には特記事項はなかった

サルスベリ(百日紅)、ミソハギ科。名前の通り、花が長く咲く。7月後半ぐらいから秋までずっと咲き続ける。
昭和記念公園201108-13
花が長持ちしているわけではなく、一度咲いた枝に後からまた別な芽がが出て咲くので、長く咲いているように見えるんだそうだ
昭和記念公園201108-14
サルスベリの花の色は濃いピンク、薄いピンク、白があって、実際に見るときれいなんだが、どうも私はサルスベリを写真に撮るのが苦手。

8月の昭和記念公園なので、夏の花「ひまわり」を撮りたかった。この日、ひまわりがたくさん育てられているバーベキューガーデン花畑に向かったが、すでに終わっていて一面の枯れ野原になっていたので、ひまわりの写真がない、残念

昭和記念公園(Vol.41)
(撮影 2011年8月)


にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ