ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ドウダンツツジ

昭和記念公園 日本庭園の紅葉

昭和記念公園の日本庭園の紅葉が見頃になっている。
昭和記念公園201711

日本庭園の入り口のモミジの色づきはまだこれからかな。
昭和記念公園201711

日本庭園の紅葉のメインは池に突き出たこの清池軒の回りのモミジ。
昭和記念公園201711
上の写真は池を挟んだ橋から撮ったもの。逆光だけど回りのモミジが真っ赤なのがわかる。
昭和記念公園201711
これは清池軒のそばのモミジ。見頃に真っ赤っ赤。

昭和記念公園201711
これはドウダンツツジかな。これからさらに赤くなるけど、この状態でも十分いい。

昭和記念公園201711

清池軒からの眺め。池の北側にきれいに色づいた木々が並んでいる。
昭和記念公園201711
青い空と白い雲が池に映ってきれいだ。

昭和記念公園201711
色づいたモミジとそのまわりで真っ赤になっているドウダンツツジ。

昌陽という四阿(あずまや)の横から池の北側を眺めたところ。
昭和記念公園201711
池に映う青い空と紅葉がきれいに見える場所なんだけど、木々の色づきがもう少しほしいところ。

昭和記念公園(Vol.241)
(撮影 2017年11月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動尊(12/10) 冬晴れ

西高東低の気圧配置になり、今シーズンで一番きれいな冬晴れになった東京多摩地区。

秋のいろいろな行事が終わった高幡不動尊の境内は、普段の静けさを取り戻しつつある。
高幡不動尊201612
大観音像と五重塔。
高幡不動尊201612
色づいた葉がすっかり落ちて、見晴らしがよくなったためきれいな冬晴れの空が
見えるようになった。
高幡不動尊201612
夏は木々の葉が茂って陰になり涼しかったこの場所も、冬は明るい場所になる。

五重塔横もほとんどの葉が落ちてしまって、だんだんと冬の色に変わってきた。
高幡不動尊201612
水たまりに映った空もきれいな青。
高幡不動尊201612

奥はモミジで手間の葉はアジサイ。一応紅葉している。
高幡不動尊201612
ここは背の高い西洋アジサイが壁のように並んでいる場所。
高幡不動尊201612
サザンカ(山茶花)、ツバキ科。これからしばらく高幡不動尊はこの花の天下。

紅葉したドウダンツツジに山茶花の花びら。
高幡不動尊201612
ヤツデ(八手)、ウコギ科の花。聞いたことがない科だ・・・
高幡不動尊201612
八手の大きな手の上に小さなモミジの手。

さぁ、高幡不動尊の冬が始まった。

今週の高幡不動Vol.423
(撮影 2016年12月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

京王百草園 晩秋の風景

京王百草園の紅葉まつり最後の週末(12月3日)の様子。
京王百草園201612
紅葉まつりは翌日の12月4日までだけど、入り口に立って中を見ただけで、
もう終わっている感が・・・

京王百草園201612
葉がかなり落ちてしまったため、すごく明るい。紅葉の色合いも終わりに近い。

京王百草園201612

周りの木の葉が落ちた心字池にはしっかりと陽が差している。
京王百草園201612
秋の終わりって感じだね。
京王百草園201612
里山の紅葉。

それでも、この日百草園で一番いい色づきを保っていたのがこの木。
京王百草園201612
ここだけを見ると、まだ紅葉が楽しめる!って感じだけどね。

ドウダンツツジと青竹。
京王百草園201612
こちらのドウダンツツジはまだ燃えている。
京王百草園201612

日本水仙がたくさん咲き始めていた。
京王百草園201612
手前の赤い実は正月飾りに使われるマンリョウ。
京王百草園201612

正月飾りと日本水仙。もう冬だね。

なぜかナデシコ(笑)。
京王百草園201612
秋の七草の1つだけど実際は夏に咲く花。可憐に見えるけど丈夫な花らしい。

(撮影 2016年12月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

カイリュー
最寄り駅から自宅に向かう途中でカイリューが出現。

昭和記念公園(2015年11月7日)日本庭園の紅葉

コスモスが終わったあとの秋の昭和記念公園、次の楽しみは紅葉。

11月7日から23日まで「黄葉・紅葉まつり」が開催されていて、黄葉はイチョウ並木、
紅葉は日本庭園がメインになる。

この日(11月7日)は、朝は晴れ間が見えていたのに、私が昭和記念公園に到着した、
昼頃にはしっかり曇り空。ちょっと残念な曇り空だけど日本庭園の紅葉の様子。
昭和記念公園201511-3
 
歓楓亭前の紅葉。
昭和記念公園201511-1
このあたりのオオモミジはもう見頃になっている。晴れていればね・・・。

清池軒からの眺め。
昭和記念公園201511-2
水面に映る紅葉がきれいに見えるはずが、藻のようなものがたくさん浮いていてちょっと残念。

これは木々のなかに建つ涼暮亭とその周りの紅葉。
昭和記念公園201511-4

池に少し突き出た清池軒。紅葉の時期は特に絵になる。昭和記念公園201511-6
ここは条件がいいと、屋根の左上あたりに富士山が見えるポイント。
 
これは湖畔のあずまや、昌陽からの眺め。
昭和記念公園201511-10
ここからの眺めは湖畔の紅葉が水面に映ってきれいに見える場所。
でも晴れた日じゃないといま一つだね(汗)昭和記念公園201511-7
ドウダンツツジだろうか、燃えるような真っ赤な色になっていた。

これは、前回訪れた時も咲いていたツワブキ、キク科。
昭和記念公園201511-5
これから花が少なくなる時期だ・・・

こういうところにはちゃんと絵になるモミジの葉が浮いている。
昭和記念公園201511-8
誰かが浮かべたんだろうね(笑)
 
例年より少し早い感じがするが、昭和記念公園の日本庭園の紅葉はもう見頃だった。
この日のイチョウ並木の様子は別記事で。
 
昭和記念公園(Vol.144)
(撮影 2015年11月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

今週の高幡不動(11/23)紅葉の様子

3連休の週末。昼間は11月とは思えない暖かい日となった東京多摩地区。

いい天気の境内。11月中は七五三参りの人が多い。
高幡不動201411-2

この週末、11月22日・23日は高幡不動尊では万燈会が行われる。
高幡不動201411-1
 
高幡不動201411-3
 境内のいろいろなところで万燈会の準備がされている。
高幡不動201411-10
万燈会はこの五重塔で行われるが、その様子はまた別記事で。
高幡不動201411-8

菊まつりが終わった高幡不動尊は、引き続き紅葉まつりになる。
高幡不動201411-12
菊まつりと違って何かが展示されるわけではなく、この色づいた木々の紅葉を見て楽しむおまつり。
高幡不動201411-11
時期をあわせたように五重塔周辺の紅葉が見頃となっている。

高幡不動201411-9
大師堂周辺もきれいに色づいている。

高幡不動201411-4
大日堂大玄関横の大きなドウダンツツジ。ドウダンツツジは花と葉の紅葉と2度楽しめる。

これは鐘楼そばのモミジ。
高幡不動201411-5
サーチライトは夜のライトアップ用。夜にまたここに撮りに来ることにする。

高幡不動201411-6
山内の山アジサイが咲くあたり。ここから見る紅葉だけ少し遅れている感じ。
 
五重塔から見える2本のイチョウがきれいに色づいている。
高幡不動201411-7
上の写真は五重塔側から、下の写真はその反対側(駐車場)から撮ったもの。
高幡不動201411-13
 万燈会は夕方16時から、今年は少し暖かな万燈会になりそうだ。
 
今週の高幡不動Vol.337
(撮影 2014年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

今週の高幡不動(11/30)紅葉もそろそろ終わり

11月最後の日の高幡不動尊の様子。
先週に引き続きこの週末も土曜日・日曜日ともいい天気になった。

先週まで不動堂の両側に設置されていた菊の飾りがこの日はなくなっていた。
高幡不動尊201311-1
七五三参りもまだチラホラ見られるが七五三参りは11月まで、すなわちこの日まで。

不動堂の後ろ、奥殿の隣のイチョウの木。 青空に映えてまだきれいに見えるがかなり散ってきている。
高幡不動尊201311-7
イチョウの木の手前に見えるのが「上杉憲顕の墳」。
高幡不動尊201311-10
ホームページの記述をそのまま引用すると『上杉憲顕は氏憲の子、享徳4年正月(1455年)足利成氏の軍と立川河原に会戦、深手を負い高幡寺に入り自刃した。自然石はその墓標で、俗間信仰に茶湯石(服石)と言い、百か日忌払い供養の伝承がある。(鎌倉大草紙)』とある。
正直ここに書いてある歴史的なことはよくわからないが、ここはとても頻繁に供養されている。

大日堂大玄関横の大きなドウダンツツジ。
高幡不動尊201311-2
いつも通り色づきはいいけど、今年は葉が枯れ落ちて穴があいたようになっている部分がある。

大日堂横の六地蔵さん。
高幡不動尊201311-3
ここは、この1週間ほどで一気に色づいたが、そのあと風で葉がたくさん落ちてしまった感じ。

山アジサイが自生する山内。
高幡不動尊201311-6
このあたりの紅葉も一気に色が悪くなってきている。
高幡不動尊201311-5
今年もたくさん紅葉の写真を撮ったけど、そろそろ終わりだね。
高幡不動尊201311-4

 弁天池まわりはシュウメイギクに代わって咲き始めたノコンギク(野紺菊)、キク科。
高幡不動尊201311-8
よく似ているというヨメナ(嫁菜)、キク科との違いがよくわからない(汗)

菊まつり、紅葉まつり、万燈会と秋のイベントが終わり、高幡不動尊の自然も急いで冬支度を始めている感じ。
高幡不動尊201311-9
「玉こんにゃく」の露店も定位置に現れて、境内も冬仕様。
 
10月後半にはじまった菊まつりから、11月終わりの紅葉まつりまで、コンスタントにブログをアップできたが、またブログネタが少なくなる時期になってしまう(涙)。

今週の高幡不動Vol.292
(撮影 2013年11月30日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

今週の高幡不動(12/2)六地蔵さんと紅葉

早いものでもう今年最後の月。
12月ってこんなに寒かったっけ?と思うぐらい寒い週末だった。
高幡不動201212-1
もみじまつりと七五三参りが終わって、少し参拝する人が減った境内。

高幡不動201212-12
六地蔵さん周辺の紅葉が高幡不動尊で一番最後に見頃になる。

曇り空でちょっとセピアっぽい色あいの写真が続く。
高幡不動201212-5
普段はあまり撮らない六地蔵さんの左右。
高幡不動201212-6
通路をはさんだ向かい側は大日堂。
高幡不動201212-2
背中というか頭上から失礼。
高幡不動201212-4
高幡不動尊の六地蔵さんのまわりをぐるりと撮って回った。
高幡不動201212-3
いつもこういう場面を撮ると「京都っぽい」と思う。でも先週行った本物の秋の京都は人も寺社の規模も全然ちがっていた。

今年の高幡不動尊の紅葉もそろそろ終わり。
高幡不動201212-7
山アジサイが自生する山内も見頃過ぎ。
高幡不動201212-8
足もとの白いのは山あじさいの名前が書かれている名札。
高幡不動201212-9
弁天池では色づいたドウダンツツジの間から菊の花が顔を出していた。
高幡不動201212-10

この週末は晴れたり曇ったり雨がパラついたりと不安定な天気。
高幡不動201212-11
年末までしばらく静かな境内に戻る。

今週の高幡不動Vol.243
(撮影 2012年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(11/25)もみじまつり

土曜日と日曜日がいい天気になった東京多摩地区。
もみじまつり開催中の高幡不動尊も紅葉が見頃になりつつある。
高幡不動尊201211-4
いまは五重塔周辺が一番きれいかな。
高幡不動尊201211-9

このブログに登場することが少な目な大観音像。
高幡不動尊201211-6

大日堂前の大きなドウダンツツジ。
高幡不動尊201211-2

大師堂のまわりもきれいに色づいている。
高幡不動尊201211-1
ライトアップの投光器と電線がいまいちなので部分的に。
高幡不動尊201211-12

五重塔と弁天池の間にある2本のイチョウを五重塔側から。
高幡不動尊201211-3
反対の弁天池側から見るとこんな感じ。手前に大きなモミジがある。
高幡不動尊201211-13
弁天池まわりではまだ少しだけ秋明菊が咲いていた。
高幡不動尊201211-10
だんだん花が少なくなる季節だ・・・

六地蔵さんのまわりはもう少しかな。
高幡不動尊201211-7
山あじさいの自生地あたりの紅葉ももう少し。
高幡不動尊201211-8

もみじまつりの時期によく開催されているモデル撮影会。撮っている人の間からちょっとだけ撮らせてもらった。
高幡不動尊201211-11
着物姿のモデルさんの方が紅葉に似合うと思うけど、着付けも大変なんだろうね。

この週末もまだ七五三参りの人が多い。
高幡不動尊201211-5
七五三祈願御修行は11月一杯。もみじまつりも同じく11月末日まで。次の週末には終わっている。
きれいな秋は結構短いものだね。

今週の高幡不動Vol.242
(撮影 2012年11月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動(04/17)枝垂れ桜が見頃

この週末、土曜日は25℃を越える初夏のような陽気、日曜日は気温は平年並みに戻ったものの気持ちの良い晴天だった。
高幡不動尊201104-6

以前最初の写真にしていた場所から見た境内入り口の枝垂れ桜の様子。
高幡不動尊201104-5

しっかり咲いている。花の密集度がなんだかすごい
高幡不動尊201104-3
全体的にはこんな感じの枝垂れ桜、背後はこのブログではあまり写真が出てこない仁王門。
高幡不動尊201104-13
この場所は午前中は日陰になるので以下は夕方の写真。
高幡不動尊201104-1

五重塔回りに何本かある枝垂れ桜も見頃になっている。
高幡不動尊201104-4

五重塔からござれ市の様子を見ると、しっかり咲いた枝垂れ桜の花すだれが邪魔をしてよく見えないぐらい。
高幡不動尊201104-11

高幡不動尊はソメイヨシノよりも枝垂れ桜の方が多いかもしれない。
高幡不動尊201104-15
この逆光気味の枝垂れ桜は反対側から見ると・・・
高幡不動尊201104-14
背景に不動堂があって寺社らしい景色を作り出している。

わずか1週間前のフリーマーケットは満開の桜の下だったけど、今週のござれ市はもう葉桜の下、ソメイヨシノは花期が短いね
高幡不動尊201104-7

大日堂の前のボケの木もしっかり咲いている。この花はもう少しの間楽しめそうだ。
高幡不動尊201104-8

ボケの木の向かいには小さいけどハナカイドウ(花海棠)。ハナカイドウは桜と同じバラ科、桜ほど派手ではないけど、色あいがとてもかわいい花
高幡不動尊201104-9

花海棠の場所から横を見るとドウダンツツジ。
高幡不動尊201104-10
ドウダンツツジは名前の通りツツジ科なんだけど、この時期すごくきれいな花を咲かせるミツバツツジやサツキとは違って、小さくて質素な釣り鐘の花。
ドウダンツツジは秋の紅葉でも楽しませてくれるから、1粒で2度美味しいグリコのような花

高幡不動尊201104-12
駐車場からの景色も桜の賑わいが終わって、新緑の準備に入った感じ

今週の高幡不動Vol.165
(撮影 2011年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

散歩写真(vol.74)つりがねの形をした花たち

今回は、以前から少し気になっていた釣り鐘の形をした花の写真
このところの初夏のような陽気のおかげで、4月に撮った写真であっても、なんだかもう季節外れになりそうな感じがする

(下写真左)まずはメギ科のヒイラギナンテン。ヒイラギのような葉をして、実がナンテンににているという、なんだかそのまんまっていう感じの名前常緑で落葉しないが冬には赤くなるとあったが、これは4月最初の頃の写真、すでに赤いんですけど・・・
ヒイラギナンテンアセビ
(上写真右)これは何度か写真をアップしたツツジ科のアセビ。もともとこの釣り鐘の形をした花に関心を持ったのも、この花をドウダンツツジかな?って間違えたのがはじまり

(下写真左)これがツツジ科のドウダンツツジ。花の形はアセビに似ているけど花の付き方がずいぶん違う
ドウダンツツジ-2どうだんつつじ-1
(上写真右)これは同じドウダンツツジを昨年11月頃に撮った写真。ドウダンツツジは春の花、秋の紅葉と1本で2度楽しめるグリコのような美味しい植物

(下写真左)これがツツジ科のブルーベリー。花の形がドウダンツツジよりも少し細長い感じかな、花の付き方がアセビに近い
ブルーベリー-2ブルーベリー-1
(上写真右)これも昨年秋に撮ったブルーベリーの写真。以前はブルーベリーがツツジ科であることを知らなかったが、この紅葉を見ると、なるほど同じ仲間なんだと納得する

(下写真左)これはキブシ科のキブシ(木五倍子)。4月の最初に高幡不動尊の鐘楼の下あたりで撮ったもので、赤い点はたぶん椿の花
きぶし-1きぶし-2
(上写真右)ずらっとたくさんの花が垂れ下がっているのも見応えがあるが、こちらは少しアップ、京王百草園の山の上あたりで撮ったもの。ぶどうのように花がぶら下がって咲いている感じでなかなか面白い

この木の果実を五倍子(ふし)の代わりに染料として利用したことからついた名前で、昔の既婚女性の御歯黒に使われたそうだ
高幡不動尊でこの木についた看板を見たときに「こぶし」だと思ったけど、よ〜くみたら「きぶし」だった。実はこんな名前の木があることをこの時初めて知った

最後が散歩道で見つけた木。赤い色がアクセントになっていて、可愛いような変わっているようなちょっと微妙な感じの花
君は誰?
実はこの木の名前がわからない・・・
この写真がなかなかアップできなかったのは、花の名前がずっとわからなかったからでも、季節外れになってしまうので、わからないままアップしてしまった

この木ですが、葉っぱの感じからツバキ科のヒサカキではないかと思われます(5/4追記)
しまさん、だんだんさん、misaさんから情報をいただきました、ありがとうございます


この週末はコメントへのお返事と皆さんのところに遊びに行くのが遅れます、スイマセン
すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ


散歩写真(vol.70)日野中央公園にて

前回はミシュランガイド三つ星の観光地「高尾山」だったけど、今回はいきなり超ローカルな場所「日野中央公園」

青空の下、ちょうど桜が見頃で、世界の観光地「高尾山」にも負けない景色なんてね日野中央公園-4
日野中央公園は遊具などはあまりないが、芝生の原っぱが広がってとってもいい場所

レンガ色の建物は日野市役所中央公園は市役所と市民会館の横に広がっていて、公園内の遊歩道沿いに四季の草花を見ることができる
日野中央公園-8日野中央公園-7
5月の新撰組まつりのパレードなんかも中央公園と市役所の間の道で行われ、そのあと公園内の屋外ステージで各隊長の紹介なども行われる
ちなみに昨年5月の日野新撰組まつりの様子はこちら⇒その1その2その3

(下写真左)黄色がすごく目立つバラ科のヤマブキ
日野中央公園-6日野中央公園-5
(上写真右)この前、程久保川で見つけて名前を教えていただいた、ちょっと上品な紫色したアブラナ科の諸葛菜(しょかっさい)

(下写真左)この時期は比較的よくみかけるアヤメ科のシャガ
日野中央公園-2日野中央公園-1
(上写真右)以前、アセビをこの花と間違えてしまったドウダンツツジ、真っ赤に紅葉する葉もきれいだけど、花だってよく見ると可愛い壷形の花

日野中央公園-3
全国の市役所を回っているようこさん、東京都日野市はまだでしたよね
日野の市役所はこんな感じの場所ですよ

横浜市港南区にも日野という地名があって、同じ名前の日野中央公園というのがあるようだけど、そことは違います

この写真は先週の(高尾山と同日)様子なので、すでに桜は散ってしまっています

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ