ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

トチノキ

昭和記念公園 なんじゃもんじゃの木

これもゴールデンウィーク前半の昭和記念公園、春の花のつづき。

これは一つ葉田子、モクセイ科。
昭和記念公園201804
別名のなんじゃもんじゃの木の方がなじみがある名前かもしれない。
昭和記念公園201804
明治時代、道路沿いにこの木が植えられていて名前がわからなかったので「何の木じゃ?」と呼ばれているうちに「なんじゃもんじゃ」という名前になったとか・・・
昭和記念公園201804
細かい白い花がたくさん咲いて、まるで木の枝に雪が積もったように見える。

この時期らしい花、ボタン(牡丹)、ボタン科。
昭和記念公園201804
牡丹のすぐ後に咲く、同じボタン科のシャクヤク(芍薬)と見分けがなかなかつかない。下の写真も牡丹。
昭和記念公園201804
ボタンは樹木、シャクヤクは草に分類されるそうだが、よくわからない・・・

これはハマナス、バラ科。浜茄子又は浜梨と書くそうだ。
昭和記念公園201804
主に海岸の砂地に咲き、甘酸っぱい実がなるので、「ハマナシ」と言われたのが訛って「ハマナス」となったそうだ。だからナスは関係ない。

トチノキ(栃の木)、トチノキ科。
昭和記念公園201804
セイヨウトチノキはマロニエとも呼ばれるが、この写真では葉の回りにギザギザがないのでマロニエではなく栃の木だと思う。
昭和記念公園201804

こちらはベニバナトチノキ(紅花栃の木)、トチノキ科。
昭和記念公園201804
花が紅色の栃の木。
昭和記念公園201804
青空が背景だときれいに見える花ばかりだ。

昭和記念公園(Vol.265)
(撮影 2018年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園(2014年8月)夏の実り

8月の昭和記念公園の続き。この第4弾が最後で今回は真夏の昭和記念公園で見つけた夏の実り(?)

この小さなサッカーボールはヤマボウシ、ミズキ科の実。
昭和記念公園201408-3
さらに熟すとボツボツ部分が盛り上がってきて怪獣の卵(←見たことはないけど)のようになる。

この実はカシワ、ブナ科。よく絵に描かれる典型的などんぐりの形。
昭和記念公園201408-4
 葉がまさに柏餅の葉。柏餅は欲しいけど葉だけではねぇ(笑)

なんだかイチジクのようにも見えるこれはトチノキ、トチノキ科の実。
 昭和記念公園201408-7
トチノキという名前はたくさん実がなるという意味なんだそうだ。

この赤いドリアンみたいなのはホオノキ、モクレン科の実。葉は朴葉焼きに使われる。
昭和記念公園201408-9
この実が更に熟すと開いて中から種が出てくる。そのときの見た目がちょっと気持ち悪い(汗)

ヒマラヤスギ、マツ科の実。
昭和記念公園201408-2
名前はスギだけどマツ科で、この実も更に熟すと茶色の大きなマツボックリになる。

ヒョウタン、ウリ科。かわいい形をしている。
昭和記念公園201408-5
こもれびの里で育てられているもの。

ネムノキ、マメ科の花。
昭和記念公園201408-1
花はマメ科らしい形をしていないが、実はまさにマメ科、サヤエンドウにそっくり。
昭和記念公園201408-8
 
 終わりかけのヒマワリ畑。こういう光景を見ると夏の終わりを感じる・・・
昭和記念公園201408-6
この写真を撮った日はまだ暑かったけど、多摩地区はここ数日秋を感じる涼しい日が続いている。

そろそろ8月最後の週末というのに、昭和記念公園のレインボープールは「プールの水温と気温の合計が48℃未満」という条件があるため、29日(金)は終日営業休止になっているようだ。
ちなみにレインボープールは9月7日(日)まで営業。

次は秋の実りだね。
 
 昭和記念公園(Vol.120)
(撮影 2014年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

夏の実り

実りといえば、やはり実りの秋。でも夏から実っている花木は結構ある。地味な写真が多いけど、とりあえず夏の実り。

今年の話題の緑のカーテン、ゴーヤ
すみません。コメントでご指摘ありましたように、これはどうみてもゴーヤではないですね(^^;)
実りの夏201107ーゴーヤ
これは昭和記念公園の緑のカーテン。しっかりカーテンになっている。
実りの夏201107ーゴーヤ
でも、この規模を自宅でやったら手入れや後始末が大変だろうなぁ。

5月に花が咲き、早くも実をつけているフジ。
実りの夏201107ーふじ
高幡不動尊の藤棚にて。

初夏の果物の1つビワ、バラ科。
実りの夏201107ービワ
「桃栗3年柿8年枇杷(は早くて)13年」とか「枇杷は9年でなりかねる」という言葉があるそうだ

トチノキ科、トチノキの実。マロニエと呼ばれるのは近縁種のセイヨウトチノキ。これが熟すと割れて中から種子が出てくるそうだ。
実りの夏201107ートチノキ
トチノキは漢字で書くと栃の木。もちろん栃木県の県の木に指定されている。

スズカケノキ科のスズカケノキ(鈴掛の木)。名前だけ見るとスズカケという木があるような名前。実が鈴に似ていることからついた名前だそうだが、似ているかな。
実りの夏201107ースズカケノキ
プラタナスとも呼ばれる。モミジのような葉っぱが紅葉すると秋の風景になる

イイギリ科のイイギリ(飯桐)。このハート型した大きな葉っぱでおにぎりを包んだことから「飯」の名がついたそうだ。
実りの夏201107ーイイギリ
この実がナンテンに似るのでナンテンギリ(南天桐)とも呼ばれる。

バラ科のカリン。花もきれいなのでこのブログでも何度かアップした。
実りの夏201107ーカリン
カリン酒の原料となり、セキやタンなど喉の炎症に効くとされ、中央高速のサービスエリアなんかで冬に売っていたりする。

ニワウメ(庭梅)、これもバラ科。花は少し前にブログでアップした。
実りの夏201107ーニワウメ
花が梅に似ているからついた名前だそうだが、実はサクランボに似ているね

この実は椿の実?山茶花の実?
実りの夏201107ーつばき
椿油がとれるだけあって、実もつやつやしている

秋まで待とう栗の実。
実りの夏201107ーくり
でも、この緑のイガも触ると痛い

これも秋まで待とうギンナン。
実りの夏201107ーギンナン

昭和記念公園の立川口のイチョウ並木のそばにある銀杏茶屋。
実りの夏201107ー銀杏茶屋
ここで休憩してギンナン茶を飲んだ。でも特にギンナンという味はよくわからなかった・・・

これは何?
実りの夏201107ーなに?
だれかが大根をぶら下げているのかと思ったよ
(追記)これはウリ科のユウガオだそうです。apricotさんありがとうございます
丸ユウガオがカンピョウの材料になりますが、これは食用にする長ユウガオではないかと思います。

(撮影 2011年7月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

今週の高幡不動Vol.134(09/04)虫食いの葉

9月に入ったけど、相変わらずの酷暑。この日も最高気温が35℃を超える真夏日
高幡不動尊20100904-9
ピーカンってこういう日のことをいうんだろうね。こんなにいい天気なことが、なんだかそれほどうれしくない状況になっている
高幡不動尊20100904-2
誰もいない・・・暑いもんね

8月に咲いているのを撮ったキツネノカミソリ。
高幡不動尊20100904-10
今日見たらすでにもうこんな感じになっていた。
高幡不動尊20100904-8

アジサイも柳の葉のようにダラーン暑いというより雨が降らないからかな。
高幡不動尊20100904-7

山の中に入ってちょっと見上げてみると葉っぱが・・・オヤオヤ
高幡不動尊20100904-6
これはトチノキの葉かな。
堅いスジの部分はちゃんと残して食べている。お行儀がいいのか、悪いのか
高幡不動尊20100904-5
こちらはサクラだろうね。
高幡不動尊20100904-4
なんだか葉っぱがハロウィーンの飾りみたいに見えてきた

歩きながら上を見上げるときれいな青空。これが全部ヤシの木だったら、南国を散歩している気分に浸れるんだろうけど
高幡不動尊20100904-3

弁天池まわりに戻ってくると、ススキが
高幡不動尊20100904-1
猛暑日、熱帯夜が続いているけど、そろそろ高幡不動尊にも秋が見えてきたかな

(撮影 2010年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ