ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

ツバキ

今週の高幡不動尊(02/12)  思いのままが咲いた

この週末は冬晴れとなった東京多摩地区。風が冷たいけど日差しが暖かい。

高幡不動尊五重塔前の梅「思いのまま」が咲いた。
高幡不動尊201702
1つの枝に白色と桃色の花が咲いているのがまさに思いのまま。
高幡不動尊201702
昭和記念公園や京王百草園にも思いのままはあるが、まだほとんど咲いていない。
ここは日当たりがいいためか、いち早く咲き始める。

この花は桃色より少し濃い目の色。
高幡不動尊201702

1つの花で白色と桃色の花びらがある花は見つからなかった。
まだ3分咲き程度なので、これからだね。

高幡不動尊201702
境内は山茶花がだんだんと終わりはじめて、椿が目立つようになったきた。
高幡不動尊201702

お正月から初不動・だるま市、節分と行事が続いた境内が落ち着きを
取り戻しつつある。
高幡不動尊201702
不動堂の幕はついているし、まだ少し露店が出ている。
高幡不動尊201702

高幡不動尊201702

五重塔前で以前から咲いていた白梅はもう見頃になっている。
高幡不動尊201702
これぐらい咲くとメジロがやってくる(この日撮ったメジロの写真は別記事で)。
高幡不動尊201702

そして河津桜も咲き始めていた。まだこれだけだけど(汗)。高幡不動尊201702
伊豆でもう河津桜が見頃になっているニュースを見たけど、高幡不動尊は
まだ少し先かな。でも急に暖かい日がある一気に咲くかもしれない。

今週の高幡不動Vol.429
(撮影 2017年2月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

今週の高幡不動(12/12) 秋の名残り

12月2回目の週末、カレンダー上ではもう冬になっているが暖かな週末となった東京多摩地区。

前日はこの時期とは思えないほどまとまった雨が降ったが、この日は朝からいい天気になった。
高幡不動尊201512-1
七五三参りも終わって、賑やかだった境内が静かな境内に戻った感じ。

今年は暖かな日が続いて、まだ晩秋の風景を見ることができる。 
高幡不動尊201512-2
紅葉の色が全体的に枯れた色に変わってきたけど、これはこれでまたイイ感じかも。
高幡不動尊201512-4

ここはまだ紅葉が見頃の時の色を保っているかな。
高幡不動尊201512-7

落ち葉が敷き詰められた小道。
高幡不動尊201512-3

山アジサイが咲く場所の紅葉はこの1週間で一気に終わってしまった。
高幡不動尊201512-9
 
今年、彼岸花が植えられて、秋にはたくさんの花が咲いていた場所に行ってみた。
高幡不動尊201512-5
彼岸花の花が咲いた後、その場所を訪れることがあまりなかったが、冬はこんな感じなんだね。
高幡不動尊201512-6
なぜか白い花。スイセンの仲間のようだ。彼岸花の球根に混じって入ったのだろうか?

高幡不動尊201512-11
これからはツバキ科の季節。

土曜日は暖かでいい天気になったが、翌日曜日はシトシト冷たい雨の1日になってしまった。
今年は11月、12月に雨が多い。

今週の高幡不動Vol.379
(撮影 2015年12月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ       

虫食い

ツバキ
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 2015.04 高幡不動尊

きれいな椿を撮ったつもりだったけど、写真としてみると花より葉の虫食いの方が目立つ・・・(涙)

写真を撮る時は回りもしっかり見ないといけない。


ツバキ

ツバキ
  K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2015.03  東京都日野市

ツバキも種類が豊富な花ですね。

真っ赤なツバキがツバキらしいですが、私はこういうツバキが好きです。


今週の高幡不動(12/21)正月準備の中でござれ市

12月21日日曜日の高幡不動尊の様子。
前夜にかなり雨が降って湿度があるおかげで寒さが少し和らいで優しい空気に感じる。
 
高幡不動201412-2
 不動堂前の賽銭箱が正月仕様になりつつある。
高幡不動201412-3
この場所は正月、不動堂にお参りする人を誘導するための警察官が立つ場所。
高幡不動201412-4
 後ろから。
高幡不動201412-5
こちら側のスロープは上り専用となる。
賽銭箱をはさんだ反対側にも同じように警察官が立つ場所が作られている。
高幡不動201412-10
 こちら側のスロープは下り専用となる。

高幡不動201412-6
お正月期間中、臨時のほのほうちわ、おまもりを売る場所。ぺんきの匂いがした。

高幡不動201412-7
不動堂横もお正月仕様。その中で今年最後のござれ市が開催されている。
高幡不動201412-8
なんだか、すごい状態にも見える(笑)

五重塔横のモミジ。どんどん色がなくなっていく。
 高幡不動201412-9
回りが冬の枯れた色になっていくなかで、ツバキの花ががんばっている。
高幡不動201412-1

高幡不動201412-11
来週末の日曜日は28日、年内最後の縁日、納め不動。それを前にして境内に
少しずつ露店が並ぶようになってきた。

久しぶりにコンパクトデジカメ(Canon PowerShot G7 X)を買ったので、
先週から使っている。ちょっと色あいが違うかな。

今週の高幡不動Vol.341
(撮影 2014年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動(3/29)ソメイヨシノが咲いていた

3月最後の週末。どうでもいいことだけど今月は5回も週末があったね(笑)

高幡不動201403-1
やっと春らしい陽気が定着してきて、境内のあちらこちで花が咲き始めた。
高幡不動201403-2
寒い時期の寒椿は寒さに耐えた強さを感じるけど、紅白がきれいに混じった椿は春らしい華やかさがある。
高幡不動201403-9
この美しい乙女椿は花びらがたくさんで八重咲きではなく千重咲きといわれるそうだ。

花と一緒に写真におさまることが少ない六地蔵さんの近くでもアセビ、ツツジ科が咲いている。
高幡不動201403-8

奥殿横のソメイヨシノが咲き始めていた。
高幡不動201403-3
ホームページでは3月25日に開花したそうで、この日はすでに5分咲きぐらいになっている。
高幡不動201403-4
 大観音像の周りもかなり咲いている。次の週末(4/5)までもつかどうか心配になる。

大日堂大玄関前の大きなボケ、バラ科も開花。
高幡不動201403-6
紅白でおめでたい感じ。
高幡不動201403-5
梅で珍しい「思いのまま」のような紅白の花びらの花が普通に咲いている。

ショウジョウバカマ(猩猩袴)、ユリ科。これも大日堂前。
高幡不動201403-7
花が大酒飲みで紅色の顔をした中国の想像上の生き物である猩猩の顔、葉がその袴に見立てた
名前らしいが、今一つのネーミングだなぁ。

五重塔そばのユキヤナギ、バラ科。このユキヤナギも割と大き目。
高幡不動201403-11
風が吹くとしなやかなムチのように揺れて写真が撮り辛い(汗)
よーく見ると結構きれいな花。
高幡不動201403-12
ユキヤナギってちょっと独特な香りがするけど、この香りを嗅ぐと春を感じる。

高幡不動201403-13
弁天池のシャクナゲ、ツツジ科も開花寸前。

ソメイヨシノより一足先に咲いている河津桜はまだ見頃。
高幡不動201403-14
そしてこの河津桜のそばで咲いているミズバショウ(水芭蕉)、サトイモ科。
高幡不動201403-10
高幡不動尊で水芭蕉が咲いているなんてちょっと意外だよね。少しだけだけど咲いています。

この日(3月29日土曜日)は春らしい穏やかな1日だったが、翌日(30日日曜日)は強い風が吹き、雨が降ったり雷がなったりの荒れた天気となった。
ソメイヨシノはまだ満開前だったので、この荒天では散らずに残ったのではないかな。

 今週の高幡不動Vol.309
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    

つぼみ

ツバキ
  K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2014.3  高幡不動尊
 
花が咲く寸前の蕾。

可能性が一杯で一番いい時かもしれません、花も人も・・・(笑)

 

散歩写真(vol.123)散歩道の椿たち

高幡不動尊大日堂大玄関前の椿。
ここには水琴窟があって静かにするといい音色が聞える
寒椿201002-2
明るい春の陽射しを写真に撮ったつもりが、ちょっと明るすぎた・・・

いま散歩道のあちらこちらで椿(ツバキ科)が見頃になっている。
寒椿201002-1
上下の写真は典型的というかよく見る椿の花。
寒椿201002-8
冬でも常緑で日陰でもしっかり咲く椿は、古くから日本人に愛されて、非常に多くの園芸品種が存在するという。

これは白い椿。白い椿は花弁が茶色く変色してしまっている花が多くて、きれいな状態の花を撮るのがなかなか難しい
寒椿201002-3
代表的な椿の花の色は赤色、白色、桃色。

桃色の花がかわいいので撮りたかったけど、まだ今年は撮れていないので、以下は昨年百草園での写真
寒椿201002-14
椿はこの桃色でこの花びらの咲き方をするのが一番好きだな

そういえば、百草園には黒紅色の椿を見た記憶がある。またベトナムには金花茶(キンカチャ)という黄色い椿があるそうだ

これは絞り咲き(または班入り)の花。梅の「おもいのまま」の絞り咲きもかわいいけど、椿の絞り咲きもなかなかいい
寒椿201002-12

もう1つ絞り咲き。この赤と白を見ると、しゃぶしゃぶ用の高級牛肉を思い浮かべるのはちょっと変かな・・・そんないい肉をちゃんと見たことないからなぁ
寒椿201002-13
一般的によくみかける椿はヤブツキ(藪椿)で原産地は日本。原産地は日本で、英語では「Camellia(カメリア)」となっているが、学名は日本にちなんで「Camellia japonica(カメリア・ジャポニカ)」という

色だけでなく一重咲き、八重咲き、千重咲きなどいろいろあるそうだ。
寒椿201002-5
この上下の写真は八重咲きかな。
寒椿201002-9

ひょっとしてこれが千重咲き?
寒椿201002-7

椿は花だけでなく、葉も観賞の対象になっていたそうだ。
寒椿201002-11
この椿は葉が艶っぽい。椿の名前の由来には諸説あるが、光沢がある意の古語「艶葉木(つやはき)」から、葉に厚みがある意味の「厚葉木」から、強い葉っぱの木の意味の「強葉木」からなど葉が名前の由来になっている説が多い

花ごと落ちるのでなんだかここで咲いているようにも・・・
寒椿201002-10
椿は春の季語になっているが、落椿も同じく春の季語なんだそうだ。落ちてもまた風情を感じさせるところがすごいね

椿といえば伊豆大島の椿祭り、そして椿油も有名。昔は椿の実に穴をあけて、笛のように鳴らしたこともあったよね

最後に椿に囲まれたお地蔵さん
寒椿201002-6
よだれかけと帽子の色が椿の花としっかりコーディネイトされている

この週末も雨・・・週末が連続して雨だとアップするネタがなくなってくる

(撮影 2010年2月)
ブログランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

今週の高幡不動Vol.100(12/12)山茶花と椿

金曜日の雨が夜遅くに上がって、土曜日は朝からいい天気になった。先週と同じように晴れる天気予報がその通りになるとちょっとうれしい

今日は12月12日きりがいいような、ぞろ目のような、微妙な数字並びの日。でもそんな日付は高幡不動尊にはまったく関係なく、境内は人が少なくすっきりさっぱり静かだった
高幡不動尊20091212-1

上写真の不動堂から入り口の門(仁王門)を見ると、段差部分になった部分に板が敷かれている。これは年末年始の準備で、大勢の人がつめかけた時にこの段差部分で転ぶことがないような配慮
高幡不動尊20091212-2
ここは混雑すると人が集まって足元が見えないからね

大日堂前のサザンカ(山茶花)、ちょっとピンク色がかった紅色の山茶花
高幡不動尊20091212-3
葉っぱは乾いているが、花びらには少し水滴が残っていた

今日は天気が良くしかも暖かだったので気持ちよく山の中を歩いた
高幡不動尊20091212-9
かなり背の高い木、何という木だろう。まだ黄色の葉をたくさんつけている

山の中の山茶花。さきほどの花より赤が強い紅色。この色だとツバキ(椿)と区別がつきづらいので、木の下を見て花びらが散っているか花ごと散っているかで見分けている
高幡不動尊20091212-4
インターネットを見ると葉の違いや花の内部の違いなどいろいろ見分け方がかかれているが、中には花びらが小さめで八重咲きの寒椿のように花びらが1枚ずつ散る椿もあるそうだ

花の時期は山茶花が秋の終わりから冬にかけて咲き、椿は冬から春にかけて咲く花。確かに椿は木へんに春と書くけど、夏椿のように夏に咲く椿もあったりするのがなかなか面白い。

これはツバキ(椿)、もっとも一般的な藪椿かな。椿は昔から人気のある花で、園芸品種を含めて多くの種類があるらしい
高幡不動尊20091212-5

この木の下に落ちた花、花びらが1枚1枚散るのではなく花が丸ごと落ちている。
高幡不動尊20091212-8
この花の落ち方が首が落ちる様子に似ているという理由で武士が嫌ったり、入院のお見舞いに持って行かないという話は聞いていたが、競馬の世界でも落馬を連想させるとして競走馬の名前に「ツバキ」が避けられていることを初めて知った

試しにJRAのデータをダウンロードして使っている競馬データソフトで名前に「ツバキ」を含む馬を検索してみると、中央競馬に登録された2歳から11歳馬(引退馬も含む)の中には6頭だった。「サザンカ」を検索してみるとこちらは3頭、サザンカの方が少ないじゃん

ちなみに高幡不動尊にちなんだ名前で探してみると「フドウ」1頭、「アジサイ」2頭、「モミジ」5頭、「コウヨウ」19頭、「ウメ」32頭、「キク」88頭、「サクラ」313頭、さすがサクラは日本の花だって思うかもしれないが、競馬をご存じの方はわかるように、これは特定の馬主が「サクラ」をつけるため。例えば「エイシン」302頭、「メジロ」285頭、「メイショウ」577頭などはほとんど同じ馬主の馬。いったい何を調べているんだか
有馬記念が近づいてつくるとついつい競馬の話題に引っ張られる

こちらは白い椿。濃い緑の葉に囲まれてなかなかきれいだ
高幡不動尊20091212-6

やはり木の下には花ごと散っている。でもこんなきれいな状態で落ちていると、なんだかちょっと寂しいね
高幡不動尊20091212-7
華やかな紅葉が終わって、色を失いかけたこの時期の山の中では山茶花と椿の花にちょっと救われる。

高幡不動尊20091212-10
高幡不動尊から帰りの散歩道で見つけたコスモスに囲まれた山茶花。コスモスは秋桜と書くだけあって、夏から秋の終わりまで花の時期が結構長いね

(2009年12月撮影 PENTAX K-7)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ