ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

チューリップ

冷やしトマト?

冷やしトマト?
  K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2014.4  昭和記念公園

暑い夏、居酒屋で注文する冷やしトマトって美味しいですよね。

でも、これはチューリップです。見ればわかると思いますけど(笑)
 
 

紅白でお祝い

チューリップ
 K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2014.3  東京都日野市

小学校の花壇の記憶と言えばまずはチューリップ。
入学式を祝うように紅白で咲いています。

でも、紅白でお祝いするならば花より饅頭の方がいいです(笑)
そんなこと言っているから太る・・・?



昭和記念公園(2014年3月) クロッカス

前回に続いて3月の昭和記念公園の様子。

まずは、この日の目的でもあった、こどもの森で咲いているクロッカス。
昭和記念公園201403-1
春の日差しをいっぱいに浴びて咲いている。
昭和記念公園201403-14
黄色や明るい紫の花が多く白いクロッカスは少なめ。
昭和記念公園201403-2
同じ黄色の花、ラッパスイセンも一緒に咲いている。
昭和記念公園201403-13
少し離れた所から見てもこの辺りはパッと明るく見える。

これはチューリップ。
昭和記念公園201403-11
ホームページでは原種系チューリップと紹介されていた。
昭和記念公園201403-12
小さな青色はオオイヌノフグリ。こここどもの森は春の花が勢ぞろいしている。

この花は何だろう?
昭和記念公園201403-10
ブルーがすごくきれいなので思わず撮ったが名前がわからない(汗)

ホームページでこもれびの丘で、カタクリ、ユリ科が咲いたとあったので行ってみた。
昭和記念公園201403-7
カタクリはまさに春の妖精。春の早い時期に花をさかせ周りが緑に埋まる時期には姿を消してしまう。
昭和記念公園201403-6
スプリング・エフェメラルと呼ばれ、春の早い時期に花をさかせ周りが緑に埋まる時期には姿を消してしまう。

アズマイチゲ、キンポウゲ科。この花もカタクリと同じスプリング・エフェメラル。
昭和記念公園201403-8
昭和記念公園は、こうやって名前の表示板を設置してくれているのがうれしい。

オキナグサ、キンポウゲ科。まだ完全に開花していない感じ。
昭和記念公園201403-9
アズマイチゲ、福寿草、節分草など早春はキンポウゲ科の花が目立つ気がする。

道端に咲いていたスミレ。春だね。
昭和記念公園201403-5
ちょっとアップで。
昭和記念公園201403-17

みんなの原っぱ東花畑は、すぐそばにソメイヨシノがある。(これは3月23日の様子)
昭和記念公園201403-4
菜の花は少し咲き始めていたが、ソメイヨシノはまだ開花前。

ここからは残堀川沿い。(以下は3月23日の様子)
昭和記念公園201403-15
この日ソメイヨシノにはまだ早かったが寒緋桜は見頃。

すぐそばの修善寺寒桜も見頃になっていた。
昭和記念公園201403-16
河津桜にはメジロ。春のお決まりの取り合わせ。
昭和記念公園201403-3

お彼岸の3連休からまだ1週間しか経っていないが、季節が急に動き出した感じ。 

3月26日(水)に昭和記念公園のソメイヨシノの基準木が開花したそうだ。
この週末は天気が今一つになってしまったが、ソメイヨシノはまだ少し早め。来週末の天気に期待したい。

 昭和記念公園(Vol.108)
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

春を待つ!

春を待つ
   K-5IIs with D FA MACRO 100mm F2.8 WR  2014.3  昭和記念公園

チューリップが出番を待っています。
 
 

昭和記念公園(2013年4月)チューリップが作る風景

昭和記念公園の渓流広場ではチューリップ観光で有名なオランダのキューケンホフ公園元園長ヘンクN.T.コスター氏の監修によると言われる光景が広がる。
昭和記念公園201304-10
チューリップと水辺が醸し出す雰囲気はここが東京都内だとは思えない。
昭和記念公園201304-5

チューリップも品種が多い花だね。
昭和記念公園201304-6
ちょっと菊の花を連想させる大きな八重咲きのこのチューリップはイエローポンポーネント。
昭和記念公園201304-9
赤いバラかカーネーションにも見えるこのチューリップはエリザベス。

こういう濃い紫色の花はすごく渋くていい。
昭和記念公園201304-1
クイーンオブナイトという、いかにもという名前。ネットで調べて見るとチョコレート色という記述。
昭和記念公園201304-7
確かにこの写真だとチョコレート色にも見えるかな。

昭和記念公園201304-8
燃える松明のようなこのチューリップ。名前を見忘れた・・・(汗)

昭和記念公園201304-2
このチューリップは油絵で描いたような細かい線の花びら、ブライトパーロット。

昭和記念公園201304-3
水辺とキラキラのチューリップ、気持ちの良い時期を感じる。
昭和記念公園201304-11
色とりどりのチューリップの中で、いいアクセントになっているのが紫色のムスカリ。

昭和記念公園201304-4
この手前のチューリップを見ていると、なぜか中華料理のデザートで出てくる杏仁豆腐が頭に浮かぶ。白い杏仁豆腐の間にオレンジと赤いサクランボが浮いている(笑)

昭和記念公園(Vol.84)
(撮影 2013年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2013年4月)アイスランドポピー

前回に引き続き、4月初旬の昭和記念公園の様子。

みんなの原っぱ西花畑では、アイスランドポピー、ケシ科が見頃になっていた。
昭和記念公園201304-6
色とりどりで、ゼリービーンズをばらまいたような光景。ゼリービーンズって歯にくっつくのがいまいちだよね。
昭和記念公園201304-7
花の大きさの割りには茎が細いから、ちょっとした風にもすごく揺られてなんだか撮りづらい。
昭和記念公園201304-8
アイスランドポピーの別名はヒナゲシ。どちらかというとヒナゲシの方が馴染みがあるような気がするけど。

ヒナゲシの隣、渓流広場ではチューリップがスタンバイ。
昭和記念公園201304-5
地面に絵を書いたほうな光景がすごくきれい。
昭和記念公園201304-4
この日はまだ少しだけ早かったが、たぶん、今頃見頃になっているだろう。

昭和記念公園はきれいな花々だけでなく、地味な花もたくさん咲いている。

そろそろ花期が終わる、カタクリ、ユリ科。でもまだ結構たくさん咲いていた。
昭和記念公園201304-13

イカリソウ、メギ科。とりあえず船のいかりの形をしているから、イカリソウだろうが、イカリソウにはいろいろな品種があるようだ。
昭和記念公園201304-11イカリソウ

シュンラン、ラン科。ランとはいえ、すごく地味なランだね(汗)
昭和記念公園201304-12シュンラン

ハナニラ、ユリ科。この花はこの時期いろいろなところでよく見かける。
昭和記念公園201304-9
やったことないけど葉をちぎるとニラのようなにおいがするそうだ。

この花はキンポウゲかと思ったら、花が2まわりぐらい小さかった。調べてみたらミツバツチグリ(三葉土栗)、バラ科だろうか。もはやキンポゲ科でもない(笑)
昭和記念公園201304-10ミツバツチグリ(三葉土栗)
「土栗」は名前のように地下茎が栗のように丸く食べられる種類の草があるそうだが、このミツバツチグリは食べられない。

これも小さい花、最初は忘れな草かと思ったけど、キュウリグサ、ムラサキ科かな?
昭和記念公園201304-14キュウリグサ
これもやったことないけど、葉をもむとキュウリのにおいがするそうだ。

ウンナンオウバイ、モクセイ科。つる性植物で、この時期は家の柵などできれいに柵。なんてね(笑)
昭和記念公園201304-1

ネモフィラ、ハゼリソウ科。瑠璃唐草とか小紋唐草などとも呼ばれるそうだ。
昭和記念公園201304-2
とてもいい感じのブルー空間を作っている。
昭和記念公園201304-3
こうやって花をアップでみると、オオイヌノフグリにも似ているけど、大きさは一回り大きい。

昭和記念公園は5月26日からフラワーカーニバル開催中だそうで、これからも菜の花やシバサクラなどいろいろな花を楽しむことができる。

昭和記念公園(Vol.83)
(撮影 2013年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年4月)チューリップとアイスランドポピー

ゴールデンウィーク初日、4月28日の昭和記念公園の様子。
昭和記念公園20120428-7

渓流広場のチューリップ。渓流にチューリップとムスカリで絵を描いたような風景。
昭和記念公園20120428-12
こうして少し離れて景色として見るとすごくきれいだけど、残念なことに多くのチューリップは見頃は過ぎていた。

まだ見頃だったチューリップだけをいくつかアップで撮ってみた。濃い紫色が特徴的なブラックヒーロー。
昭和記念公園20120428-9
こちらは洗剤のコマーシャルに使えそうなぐらい真っ白で輝いて見えるマウリーン。
昭和記念公園20120428-14
バラかカーネーションのようにも見えるフィノラ。昭和記念公園20120428-15
白と紫のまざり具合がいい感じのシャーリー。
昭和記念公園20120428-8

みんなの原っぱ東花畑ではアブラナ科のストックが咲いている。ストックという花を初めて知ったが、なんだかヒヤシンスみたいな花だ。
昭和記念公園20120428-4
紫色、白色、ピンク色のストックがたくさん咲いている様子はこんな感じ。
昭和記念公園20120428-3
ストックの遠方に見える黄色い絨毯は菜の花。
昭和記念公園20120428-5
菜の花の奥の緑はサクラなので、いい時期に来るとバックがピンク色

紫色の菜の花(と、勝手に私が思っている)、ムラサキハナナも見頃。
昭和記念公園20120428-6
うっそうと茂っていて「ムラサキハナナの森へようこそ」って感じ。

みんなの原っぱのシンボルツリーの大きなケヤキ。日射しが強い時期は大きな木陰に人が集まる。
昭和記念公園20120428-1
遠くに見えるのははらっぱ西花畑のアイスランドポピー。
望遠でアップで撮ってみるとこんな感じ。みんな楽しそう
昭和記念公園20120428-2
アイスランドポピーも見頃になってきた。
昭和記念公園20120428-10
アイスランドポピーの和名はシベリアヒナゲシでケシ科。
昭和記念公園20120428-11

規模は小さいけど昭和記念公園にも芝桜があって見頃になっている。
昭和記念公園20120428-13
連休初日は気温はちょっと暑いけど風が涼しい散歩日和。久しぶりに1日2万歩、10Km以上歩くことができた。

ウコンやギョイコウなどのサクラやムサシアブミ、レンゲ、オオデマリなんかも咲いていたが、それらの写真はまたの機会に

昭和記念公園(Vol.56)
(撮影 2012年4月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年4月) 盆栽園とチューリップ

これは4月初旬の昭和記念公園の様子。
コブシ、モクレン科。大きさが少し小さいぐらいしか、ハクモクレンと区別がいまひとつわからない。
昭和記念公園201204-2
これがハクモクレン、モクレン科。こうやって並べるとなんとなく花びらの幅や付き方が違う気もするけど・・・
昭和記念公園201204-3
これはモクレン、モクレン科。もう少し開くと色が濃くなる。
昭和記念公園201204-1

今回は昭和記念公園の日本庭園の中にある盆栽苑に行ってみた。
この盆栽苑は日本初の公営盆栽展示施設なんだそうだ。どれくらい古いんだろう?と思ったらオープンは平成16年。案外最近
昭和記念公園201204-10
タンチョウソウ(丹頂草)、ユキノシタ科。小さい花が密集して咲いている。
昭和記念公園201204-11
ヒナソウ、アカネ科。この花も小さい。
昭和記念公園201204-12
薄青と黄色の色あいが良く、花の形がしっかりしているのが気入って思わず撮った。

これは寒グミ、グミ科。推定樹齢80年と書いてあった。私より年上
昭和記念公園201204-6
寒グミって秋に花が咲いて、春の実が熟すそうだ。なんかズレてない?
昭和記念公園201204-7

モミジ、せいげん(清玄)。こちらは推定樹齢100年、すごい。
昭和記念公園201204-4
紅葉しているのではなく、新芽がこういう赤色なんだそうだ。
昭和記念公園201204-5
赤い新芽なんて珍しいなぁと思ったけど、バラなんかも赤い。わりとたくさんあるそうだ。

ヤマモミジ、推定樹齢70年。みんな年上だなぁ。
昭和記念公園201204-8
こちらも赤い新芽。なぜ赤いかというと、生まれたての細胞をこの時期の強い紫外線から守るためなんだそうだ。
ヤマモミジの足もと。味わいがあるというか、なんだか鳥の足のようでもある。
昭和記念公園201204-9

4月後半の昭和記念公園はチューリップがメイン。
昭和記念公園201204-14
ムスカリとチューリップってすごく相性がいい。
昭和記念公園201204-15
チューリップがメインでムスカリがアクセントって感じに植えられているけど、ムスカリもメインになりたいよね。
昭和記念公園201204-13
昭和記念公園の渓流広場はチューリップの本場オランダのキューケンホフ公園のチューリップにまけないぐらい見事な光景が広がっている。

チューリップの見頃は例年4月後半。オランダには行ったことがないので私は比較ができないが、間違いなく行って損はない

2012年4月28日追記
本日の様子では渓流広場のチューリップはもう見頃過ぎになっていました。

昭和記念公園(Vol.55)
(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年4月)お花見の様子

昭和記念公園201204-1
昭和記念公園の桜も咲き始めて春らしい色になっている。これは「ふれあい橋」から園内を流れる残堀川上流方向を見たところ。先に見えるのは「さくら橋」かな。

すごい色合い、春の色が満ちあふれている、こんなところでお花見なんて最高だろうなぁ。人が一杯だけど・・・
昭和記念公園201204-15
ピンク色がソメイヨシノや河津桜、紅色っぽいのはカンヒザクラだろうか、黄色がレンギョウ、白が雪柳だろう。春の花が勢揃い。

こちらはゆっくりカンヒザクラ(寒緋桜)の下でお花見。
昭和記念公園201204-13
ソメイヨシノや河津桜とはちょっと違った感じの花。
昭和記念公園201204-14

みんなの原っぱ東花畑の菜の花。
昭和記念公園201204-4
例年だとこの黄色い菜の花の先で桜が満開になってピンク色に染まっているんだけど、今年はこのあたり(桜の園)の桜がまだあまり咲いていない。
昭和記念公園201204-5
近づいて良く見てみるとまだこんな感じ。3〜5分咲程度かな。
昭和記念公園201204-6

紫色の菜の花とも言える、ムラサキハナナ(紫花菜)もきれいに咲いている。
昭和記念公園201204-9
奥の黄色の花はラッパ水仙。
昭和記念公園201204-7
まさに春の小川。黄色い水仙が水面に映る姿を熱心に撮っている人がいた。
昭和記念公園201204-8

渓流広場のチューリップも咲き始めていた。
昭和記念公園201204-10
ムスカリがいいアクセントになっている。
昭和記念公園201204-11
渓流広場のチューリップの見頃は4月後半ぐらいだろうか。

みんなの原っぱ西花畑のアイスランドポピー(別名シベリアヒナゲシ)、ケシ科はまだ少し早いね。
昭和記念公園201204-12

この日もメジロが撮れた
昭和記念公園201204-3
青空の下で気持ちよさそうだった。
昭和記念公園201204-2
河津桜とメジロの写真は毎年高幡不動尊で撮るんだけど、今年は昭和記念公園でも撮ることができた。

昭和記念公園のソメイヨシノはまだそれほど咲いていなかったので、今日の雨は花散らしの雨にはならなかったのではないかな。週末の天気が良ければまたいいお花見ができると思う。

 昭和記念公園(Vol.54)
(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2011年4月) チューリップがいっぱい

ゴールデンウィーク前に行った昭和記念公園。もう今頃このチューリップは終わっているよね・・・
チューリップ201104-5
このチューリップのアレンジはオランダのキューケンホフ公園をお手本にしたらしい。ホームページを見るとよく似た景色がある。
チューリップ201104-1
こんなきれいな景色ならば、世界中に何カ所あってもいいよね。水面に浮いているのは、この時期らしい桜の花びら。

これはレオフィシャーという品種、先端が輝いているようで美しい
チューリップ201104-2

ピンク色がガンダーズラプソディ、薄クリーム色がフランソワーゼ、かわいい取り合わせ。
チューリップ201104-3

ブラッシングアペルドーン、黄色の花びらに赤い縁取りがされたような花。
チューリップ201104-4

奥がローラフィジー、手前の元気がでるオレンジ色の八重咲きがオレンジプリンセス。
チューリップ201104-6

この真っ白な花はハネムーン、素敵なネーミングチューリップ201104-7

この変わった花もチューリップ。リニフォリアという野生の原種チューリップの園芸品種なんだそうだ
チューリップ201104-8

グランドパーフェクション。花びらがちょっとロウっぽく写った。
チューリップ201104-9

ワールドフェバリッド、赤い花びらに黄色い縁取りがきれい。
チューリップ201104-12

このチューリップはデンマークと書いてあった、由来はわからない。
チューリップ201104-11

フォックストロット、薄ピンクの八重咲きがカーネーションのようだ。
チューリップ201104-13

これはモンセラ。なんか今回アップしたチューリップの花は黄色と赤色が多いね。
チューリップ201104-10

ブルーダイアモンド、明るい紫の八重咲きがきれい、ちょっとチューリップらしくないけどね。
チューリップ201104-14
ブルーダイア〜金・銀・パール、プレゼント 古い・・・


昭和記念公園(Vol.32)
(撮影 2011年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園(2011年4月)まさに春爛漫

たくさんの花が咲いていることを期待して、4月の昭和記念公園に行って見た。
立川口の様子を見ると、本当に園内に花が一杯なのか、ちょっと心配になるぐらい冬の景色とあまり変わらない・・・大丈夫か?
昭和記念公園201104-1

少し歩くと輝き始めた緑の中でヤマザクラがきれいに咲いていた。ちょっと期待が持てるようになった。
昭和記念公園201104-2

もう少し先に行くときれいな枝垂れ桜とモクレンが並んで咲いていた。青空とピンクの背景がとても春らしい。
昭和記念公園201104-3

上ばかりではない、下を見ると同じユリ科のムスカリとハナニラ。青い花と白い花が混じって一緒に咲いている姿もなかなかいい。
昭和記念公園201104-4
気持ちがどんどん前に行くので歩く速度もかなり速くなる

みんなの原っぱに出ると菜の花畑の奥に桜がきれいに見えた。
昭和記念公園201104-5
よーく見ると実は桜は散り始めているんだけどね

みんなの原っぱの西側に行くとアイスランドポピー(別名シベリアヒナゲシ)、ケシ科が咲き始め。昭和記念公園201104-9
奥に見えるサクラの下では、たくさんの人が花見をしている。

ムラサキハナナ(別名ショカッサイ、ハナダイコン)、アブラナ科。奥に見えるのは黄色いラッパスイセン。
昭和記念公園201104-6
園内の表示では天候の影響で生育が遅れ気味とのことだったけど、きれいだよね。

いま昭和記念公園で一番の見所はこの渓流広場のチューリップ
昭和記念公園201104-7
まさに見頃、素晴らしい眺め。ムスカリがいいコントラストになっている。
昭和記念公園201104-10
ダベンポート、チャイナピンク、ブラッシングアペルドーン。
昭和記念公園201104-8
どれがどれだかわからないぐらい、たくさんの種類のチューリップが咲いている。

渓流広場すぐそばの芝桜もいまが見頃。
昭和記念公園201104-11
小さな花でできたきれいな絨毯。
昭和記念公園201104-13
でも、上に座ることはできない。無理に座るとたぶん小枝が刺さって痛い・・・・

そして見頃はじめで、これからが楽しみなのがこのネモフィラ、ハゼリンソウ科。
昭和記念公園201104-14
アップで見るとオオイヌノフグリがたくさん咲いているようにも見えるけど、こちらの花の方がかなり大きい。
昭和記念公園201104-12
白い花や少し濃い青の花もあるけど、また別の記事で

秋は黄色に燃え上がるアーチを作る立川口の銀杏並木はまだ少し緑が付いた程度。
昭和記念公園201104-15
まだ小さな葉っぱだけど、よく見るとちゃんとイチョウの葉の形をしているのがなんだかすごく可愛いい

この日はひさしぶりにたくさん写真を撮った。半日ちょっとで約750枚、ファイルサイズは5GB以上にもなっていて、不要な写真を削除するのが大変。
菜の花と桜やチューリップなどの様子はまた別の記事で

昭和記念公園(Vol.30)
(撮影 2011年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園(Vol.9)いろいろな花たち(4月)

4月に行った昭和記念公園の続き

チューリップと芝桜以外の花を・・・って思ったんだけど、変わり種チューリップもある
あ、変わり種だって思っているのは私だけかも
昭和記念公園の花201004-7
アブラナ科のムラサキハナナ(紫花菜)に囲まれてしまったチューリップ。
こぼれ種ってよくあるけど、こぼれ球根が咲いたのかな

この花びらの先が尖ったのはマリリン
昭和記念公園の花201004-3
ユリ咲きっていうそうだけど、突っつかれると痛そう。マリリンってマリリンモンロー?
花びらの先がギザギザなのはプレスタンスフシリエ
昭和記念公園の花201004-9
フリンジ咲きっていうそうだけど、毛が生えたみたいに見える・・・
色と名前がなんかいいなぁって思ったブルーダイヤモンド
昭和記念公園の花201004-6
これは八重咲き、ちょっと牡丹の花っぽいかな。
ホアンゴー。私にはこの花がチューリップだとはとても思えなかった
昭和記念公園の花201004-4
写真ではわかり辛いけど、枝咲き(スプレー咲き)と言って、1つの茎から複数の花が咲く品種らしい、チューリップもいろいろあるんだね
いろいろあるチューリップの中で、これはまさに見たまんまの名前、アイスクリーム
昭和記念公園の花201004-8
これはいったいどんな花びらなんだろうか

ここからはチューリップ以外の花で、これはキンポウゲ科のアネモネ。
昭和記念公園の花201004-10
いろいろな色があったけど、紫色の花は矢車菊に似ている気がした

これは忘れな草。花も名前もとっても可憐だね
昭和記念公園の花201004-5
ムラサキ科で別名 が「フォーゲットミーノット」、そのまんま「私のこと忘れないでね」だ

花は可憐な感じだけど、これは変わった名前、スイカズラ科のオトコヨウゾメ。
昭和記念公園の花201004-2

これも変わった名前、セイヨウバクチノキ。なんとバラ科サクラ属なんだそうだ
昭和記念公園の花201004-1
ネットで調べると、名前を漢字で「西洋博打の木」と書き、樹皮がバクチで身ぐるみをはがされたように落ちる様子から付いた名前ということだが、ちょっと命名が安易ではないか

ちゃんとバクチノキ(博打の木)っていうのもあるそうだ

(撮影 2010年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(Vol.7)チューリップ

チューリップが見頃ということで、2月、3月に続いて今月も昭和記念公園に行ってきた昭和記念公園チューリップ201004-9
上はキースネリスという品種、赤と黄色が太陽に照らされてすごく明るく見える

よ〜くみると、見頃を少し過ぎてちょっと遅かった感じがする花もあったりして
昭和記念公園チューリップ201004-3

ムスカリをアクセントにアレンジされている場所が多かった。
昭和記念公園チューリップ201004-10

後ろのほうに写っている黄色のチューリップはフラッシュバック。なんだかチューリップというよりもスカシユリって感じがする。ちなみにチューリップはユリ科
昭和記念公園チューリップ201004-12
チューリップの和名は「うこんこう」又は「うっこんこう」というそうだ。そんな名前私は全然聞いたことがないんですけど・・・

それはさておき、これはアバという品種。日が差している場所ではその鮮やかさと明るさでちょっと色のバランスが崩れ気味かも
昭和記念公園チューリップ201004-13

青いムスカリをうまく作ってアレンジされた花壇。ちょっと落ち着いた感じ。
昭和記念公園チューリップ201004-6

昭和記念公園はチューリップがたくさん見られると聞いていたので、広大なチューリップ畑があるのかと思ったら、木立や水の流れをうまく利用してチューリップの花壇が配置されている感じだった
昭和記念公園チューリップ201004-5

チューリップを眺めながら渓流や芝生の間を散策する
昭和記念公園チューリップ201004-4
これだけのチューリップを手入れして咲かせる手間は大変なんだろうなぁ。ところでチューリップって球根を植えて育てるのは当然知っているんだけど、ちゃんと種もあって、種から育てると花が咲くまで5年ぐらいかかるそうだ。

それぞれの花壇にはちゃんとチューリップの名前が掲示されている
昭和記念公園チューリップ201004-1
この白いのはホワイトトライアンファターという品種。純白のチューリップというのもなかなか大人だね

一際目を引くチョコレート色のチューリップ。似たような色のチューリップが何種類かあったようだが、これはクイーンオブナイト
昭和記念公園チューリップ201004-8
なかなか渋い色だけど、バラと同じで青いチューリップを咲かせる研究が進んでいるそうだ

八重咲きというか、ちょっとチューリップには見えない花、アレグレット。
昭和記念公園チューリップ201004-14
チューリップは園芸品種が非常に豊富で日本では約1000種類が販売されている言われている
小学生の頃チューリップを栽培したけど、そんなにあるとは全然思わなかったなぁ。あたりまえか・・・

今回一番気になったのはこの黄色と赤のミッキーマウス、なかなかかわいい
昭和記念公園チューリップ201004-11
ネットを検索するとどこがミッキーマウス?とか、命名した人はディズニーにちゃんと了解を得たのか?とかいろいろ見つかったけど、結局その回答はわからない

(撮影 2010年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ