ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

チューリップ

昭和記念公園 ルピナス

ゴールデンウィーク前半(4月28日)の昭和記念公園。
今年はアジサイの開花が早くて、ブログにアップしそびれた写真を今頃・・・(汗)
昭和記念公園201804
きれいに咲いているのはルピナス、マメ科。別名、昇藤(ノボリフジ)、藤に似た花が逆さに立って咲くことから。
昭和記念公園201804
いろいろな色があってなかなかきれいな花。明治時代に食料や肥料として導入されたが、現在では観賞用となっている。まあこれだけきれいならそうなるよね。
昭和記念公園201804
そう言えば今年のゴールデンウィークは天気が良かったね。
昭和記念公園201804

セイヨウシャクナゲ(西洋石楠花)、ツツジ科。日本のシャクナゲより花が大きくて色が鮮やか。
昭和記念公園201804

ムギワラギク、キク科。別名、テイオウカイザイク(帝王貝細工)。
昭和記念公園201804

フレンチラベンダー、シソ科。うさぎみたいでかわいい花。
昭和記念公園201804

ドイツスズラン、キジカクシ科。名前の通りヨーロッパ原産のスズラン。
昭和記念公園201804
比較するものがないからわかりづらいけど、かなり小さな花で1cmぐらい。それでも日本原産のスズランより大きいんだそうだ。
昭和記念公園201804
こんなかわいい姿の花だけど有毒。球根や茎だけでなく、花や花粉にも毒があるらしく食卓には飾ってはいけないそうだ。

オオデマリ(大手毬)、スイカズラ科。アジサイに似た花だけど、アジサイよりも1ヶ月ぐらい早く咲くので、ゴールデンウィーク前半ですでに見頃。
昭和記念公園201804

ゴールデンウィークの1週間前の渓流広場の様子。チューリップがきれいに咲いていた。
昭和記念公園201804
ほぼ同じ場所のゴールデンウィーク前半の様子が下写真。なんだかすごい変わり様・・・
昭和記念公園201805
例年ゴールデンウィーク前半まではチューリップが咲いているのを見ることができるんだけど、今年はすべての花が早く咲いて早く終る。そのあとに草が生えるのもすごく早い。

昭和記念公園(Vol.273)
(撮影 2018年4月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 渓流広場のチューリップ

5月27日まで昭和記念公園ではいろいろな花が楽しめるフラワーフェスティバルが開催されている。

この時期一番の見所は渓流広場のチューリップガーデンだろう。
昭和記念公園201804
渓流の間に絵を描いたようにチューリップ185品種23万球 ムスカリ6品種20万球が植えられていて、ここは本当に日本?と思ってしまうような風景が広がる。
昭和記念公園201804
この新緑の木々の一部は桜で、例年だとまだ咲いている桜があったりするのだが、今年は早く咲いて早く散ってしまった。
昭和記念公園201804
この日本とは思えないチューリップガーデンは、世界一のチューリップの国であるオランダのキューケンホフ公園で園長を勤めた方の監修により作られたそうだ。
昭和記念公園201804
今年一番目立っていたのはここ。デザインとしてはシンプルな曲線なんだけどすごく大きくて良く目立つ。
昭和記念公園201804
もう少し水面が静かだときれいに映ったんだろうけど、この日はちょっと風があって残念。
昭和記念公園201804
遠くからでも目立つ。
昭和記念公園201804

広く景色としてチューリップを鑑賞することもできが、1つ1つのチューリップに名札が付けられているので様々なチューリップの品種を楽しむこともできる。
昭和記念公園201804
このピンク色で明るい感じのチューリップはインフィニティという品種。

昭和記念公園201804
白色にかわいいピンク色が入ったヒラヒラとした花びらのチューリップはネグリジェという品種。
昭和記念公園201804
ネグリジェのイメージで撮ってみた(笑)
昭和記念公園201804

上のネグリジェと一緒に咲いている黄色いチューリップはウエストポイント。
昭和記念公園201804

昭和記念公園のホームページでは、チューリップの見頃のピークは過ぎたものの、まだこの週末(4/14,15)は楽しめるとのこと。
例年より1週間以上早いなぁ・・・

昭和記念公園(Vol.259)
(撮影 2018年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 アイスチューリップ

3月最後の日曜日(3/25)、昭和記念公園にも本格的に春がやってきた。

キラキラと春の陽射しに輝く渓流広場の池。手前はいち早く咲き始めたチューリップ。
昭和記念公園201803
ここ渓流広場のチューリップガーデンのチューリップが本格的に咲くのはもう少し先。

みんなの原っぱも人がたくさん、今年1番の人出だったと思う。
昭和記念公園201803
私は年間パスポートを持っているので待ち時間なしだったけど、入園券売り場に行列が出来て購入するのに15分近くかかっていた。

みんなの原っぱ東花畑では菜の花が咲き始めている。奥の桜の園ではソメイヨシノが3分咲き。
昭和記念公園201803
来週には菜の花と桜のコラボが楽しめるかな。

ふれあい広場では球根を冷温処理し、疑似的に冬を経験させることで早く開花する様に調整したアイスチューリップが咲いていた。
昭和記念公園201803
上はアニースキルダー、下はイエローフライトという品種
昭和記念公園201803
小学校の頃に育てた黄色いチューリップとは花びらがちょっと違う。

明るい紫色のパープルフラッグという品種。
昭和記念公園201803

明るい色合いがきれいなファーストクラスという品種。
昭和記念公園201803

昭和記念公園201803
花びらがチューリップらしくない品種の上がオレンジプリンセス、下がレッドプリンセス。
昭和記念公園201803


場所がこどもの森に移って、ここで咲いているのは原種系チューリップと呼ばれるチューリップ。
昭和記念公園201803
普段見るチューリップは品種改良された園芸品種で、この原種系チューリップは自然の中で咲いていたそのままのチューリップで少し小柄で素朴な感じがする。
昭和記念公園201803

昭和記念公園201803
これも原種系チューリップ。なんだかチューリップらしくないチューリップだね。
昭和記念公園201803
ラッパスイセンと一緒に撮ってみると、なんだか引き立て役になってしまう(汗)
昭和記念公園201803

この日はこもれびの丘で春の山野草も見ることができたけど、それはまた別記事で。

昭和記念公園(Vol.256)
(撮影 2018年3月25日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 春らしくなってきた週末

引き続き3月最初の週末の昭和記念公園の様子。
梅園の梅、残堀川沿いの河津桜の他にも、春の花が咲き始めている。

ミツマタ、ジンチョウゲ科。枝が三つ又に分かれることから付けられた名前だけど、今回この写真ではわからない(汗)。
昭和記念公園201803
ミツマタは啓蟄(3月6日頃)から清明(4月4日頃)の季語とされ、皮が和紙の原料として用いられている。
昭和記念公園201803
まだ中央部分は咲いていない。

2月から咲いているラッパスイセン。
昭和記念公園201803
かなりたくさん咲き始めている。
昭和記念公園201803
ラッパスイセンのそばにクロッカスが咲いていた。
昭和記念公園201803

ここは渓流広場。いろいろな品種のチューリップが地面に絵を描くように計画的に植えられている場所。
昭和記念公園201803
下写真は昨年4月16日に撮ったもの。あと1ヶ月ちょっとで、ここまで咲くのか・・・
昭和記念公園201704

これは原種シクラメン、サクラソウ科。原種というのは園芸品種ではない野生の品種ということ。
昭和記念公園201803
そばに落ちている落ち葉と比べるとわかるが、普段みかける品種改良された園芸品種のシクラメンよりかなり小さい。
昭和記念公園201803
原種シクラメンは秋に咲く品種と冬に咲く品種があるそうだ。
昭和記念公園201803
気が付かないと踏んでしまいそう(汗)

昭和記念公園201803
ちょっと残念だけど富士山が霞んで見づらくなってきたのも春らしくなってきた証拠。

昭和記念公園(Vol.255)
(撮影 2018年3月4日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 つつじ

ゴールデンウィーク前の昭和記念公園の様子。

立川口カナールの大噴水。水が恋しい季節になってきた。
昭和記念公園201704
この大噴水のまわりで、ツツジがきれいに咲いていた。 
昭和記念公園201704
きれいな青空が似合う。
昭和記念公園201704
ツツジとサツキってどう違う?
ツツジはツツジ科、サツキもツツジ科。サツキはサツキツツジの略でツツジの1種。
サツキはツツジよりも少し後に咲きはじめて、花も葉も小さいそうだ。
昭和記念公園201704
なんか絵が描かれているようにも見えるけど・・・
昭和記念公園201704

これはオオデマリ、スイカズラ科。
昭和記念公園201704
アジサイにも似ているけど、まだアジサイの時期にはちょっと早い。

モクレン(木蓮)、モクレン科。白いハクモクレンよりも少し後に咲く。
昭和記念公園201704

ハナズオウ、マメ科。マメ科らしく小さい花が集まって咲いている。
昭和記念公園201704
ハナズオウには白い花もある。

白いハナニラの中に背が高いチューリップが2輪。なんか絵になっていた。
昭和記念公園201704

この日はまだチューリップ・ガーデンでもチューリップがきれいに咲いていた。
昭和記念公園201704

これはチューリップらしくない感じの花の品種ゴールドダスト。
昭和記念公園201704

昭和記念公園201704
花びらの先がチリチリになっているのが特徴の品種デイトナ。
昭和記念公園201704

これは母の日のカーネーションの代わりにもなりそうな品種アンジェリケ。
昭和記念公園201704
チューリップは品種が多くていろいろな花がある。

昭和記念公園のチューリップの時期は終わって、これからは花の丘が
シャーレーポピーで赤く染まる時期になる。

昭和記念公園(Vol.209)
(撮影 2017年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

昭和記念公園 チューリップガーデン

昭和記念公園の菜の花とソメイヨシノのコンビネーションが終わると、
次の楽しみは渓流広場のチューリップガーデン。

今年何度も昭和記念公園を訪れているが、この日は今年最高ではないかと
思うぐらいの人の多さだった(箱根駅伝予選会の日を除く)。
昭和記念公園201704
色や形が違う230品種、23万球のチューリップが渓流沿いにきれいに
デザインされ配置されている。
昭和記念公園201704
こういう風景はチューリップの本場オランダの「キューケンホフ公園」が
有名だけど、昭和記念公園もキューケンホフ公園の園長だった方を呼んで
監修を受けたそうだ。

でも、キューケンホフ公園をそのまま再現するのではなく、日本らしさ
を意識したオリジナルなデザインにしたそうで、それはここに桜が
配置されているところにも表れているんだと思う。
2昭和記念公園201704
今年はソメイヨシノの開花が遅かったので、チューリップとソメイヨシノが
一緒に楽しめる貴重な週末となった。

昭和記念公園201704
散った花びらが、この時期らしい光景を作っている。
昭和記念公園201704
水面でキラキラしているのが花びら。

渓流広場の下流の池の回り。この日はまだちょっと咲きかけの品種もあった。
昭和記念公園201704
どこを見ても様々な色合いのチューリップがきれいに配置されている。
昭和記念公園201704

そしてこの青いムスカリ。上の写真でもちょこちょこ青い部分があるが、
この青さがすごくいいアクセントになっている。
昭和記念公園201704
ムスカリも14万球植えられているそうだ。

昭和記念公園201704
これはアルマーニという、どこかで聞いたことあるような名前の品種(笑)

これはパープルプリンスという品種。
昭和記念公園201704
ちょうど1年前(2016年4月21日)に亡くなったプリンスとその代表曲
「パープル・レイン」(1984年)を一緒に思い出す名前と色。考え過ぎ?(笑)

今年は下写真のようにいろいろな品種を混ぜて植えている場所があった。
昭和記念公園201704
同じ品種を集めて植えられているのに見慣れているが、こういうアラカルトって
感じもなかなかいい。
昭和記念公園201704
ここはすごくカラフル。フルーツが一杯あるような色合いで美味しいそう。

今度の週末も見頃のチューリップが楽しめるだろう。
チューリップは枯れ始めると花びらがボロっと落ちてしまって見た目に
はっきりとわかってしまう品種もあるので、すべてのチューリップが
見頃の状態で見ることができる、最後の週末になるかもしれない。
 
昭和記念公園(Vol.207)
(撮影 2017年4月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

昭和記念公園 チューリップ 2

昭和記念公園、渓流広場のチューリップ その2
昭和記念公園 チューリップ
青いムスカリは水の流れを表し、チューリップの色を引き立たせる効果がある。

昭和記念公園 チューリップ
これはラスティングラブという品種。この濃い赤色がすごくいい。
昭和記念公園 チューリップ
 ワイングラスに赤ワインを注いだようにも見える。。。かな?

昭和記念公園 チューリップ
 
そろそろチューリップの見頃のピークは過ぎる頃だが、まだ十分楽しめると思う。

昭和記念公園(Vol.162)
(撮影 2016年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

昭和記念公園 チューリップ

昭和記念公園のこの時期の見どころは渓流広場のチューリップ。
昭和記念公園チューリップ
渓流に沿った芝生に140品種23万球のチューリップが植栽されている。
昭和記念公園チューリップ
ここはチューリップの本場オランダのキューヘンホフ公園からコスター氏を招いて助言をもらって造られたそうだ。

昭和記念公園チューリップ
ピンク色のチューリップがアップスター。昭和記念公園チューリップ
 黄色・赤色がダブルフォーカス。
昭和記念公園チューリップ
これらのチューリップがこの週末から見頃になっている。  

昭和記念公園チューリップ
チューリップもたくさん咲いているけど、人もたくさん(汗)。

昭和記念公園(Vol.160)
(撮影 2016年4月16日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

ダブルシュガー(チューリップ)

ダブルシュガー
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 2015.04 昭和記念公園

これがチューリップ? バラじゃないの(笑)



昭和記念公園(2015年4月)チューリップ

春の昭和記念公園の見所の1つが渓流広場のチューリップ。

昭和記念公園201504-9
 昭和記念公園の渓流広場が130品種22万球のチューリップで埋まる。
昭和記念公園201504-2
 少し前まで咲いていた桜がだんだんと新緑にかわってきている。
昭和記念公園201504-5
 天気がいまひとつだったが、逆にしっとりとした雰囲気を楽しめた。
昭和記念公園201504-11
渓流とチューリップの取り合わせは、オランダのキューケンホフ公園をモデルにしているそうだ。
昭和記念公園201504-6
 

昭和記念公園201504-10
青いチューリップは開発がすすめられているそうだが、まだ花びら全体が青いチューリップは
発表されていないだけに、ムスカリのブルーのラインがすごくいいアクセントになっている。
昭和記念公園201504-1

昭和記念公園201504-12
チューリップにはちゃんと名札がついているから、渓流とチューリップの風景を
楽しむだけでなく、1つ1つのチューリップをしっかり楽しむこともできる。
昭和記念公園201504-3
ライオンキングなんて、このチューリップにはすごく有名な名前がついているけど・・・
昭和記念公園201504-4
名前の由来まで書いてあるとさらに楽しめたかもしれない。

昭和記念公園201504-7
上はフラッシュバック。下がガボタ。
昭和記念公園201504-8
昭和記念公園渓流広場のチューリップは4月下旬まで楽しめるそうだ。
 
昭和記念公園(Vol.132)
(撮影 2015年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

ファーストクラス(チューリップ)

チューリップ
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 2015.04 昭和記念公園

ファーストクラスという品種のチューリップ。明るくてきれいなチューリップでした。

 

昭和記念公園(2014年5月)ポピーの様子

5月の昭和記念公園の見どころは2つのポピー(アイスランドポピーとシャーレーポピー)。
今回は1週間ほど前になってしまうがゴールデンウイーク明けの様子。

まずはみんなの広場、西花畑のアイスランドポピー、ケシ科。
昭和記念公園201405-9
赤、白、黄色のアイスランドポピーが見頃になっていた。
昭和記念公園201405-10
とても風が強い日で撮り辛い・・・
昭和記念公園201405-11

 こちらは花の丘のシャーレーポピー、ケシ科。
昭和記念公園201405-5
 西花畑のアイスランドポピーと違って、こちらはまだこれからでこの日は3分咲きという感じ。
昭和記念公園201405-6
シャーレーポピーはヒナゲシ、虞美人草という名前の方が馴染みがある。
昭和記念公園201407
 下を向いている蕾がだんだん上を向きそして花が咲く。ちょっと変わった動き。

下の写真のように4月は菜の花とソメイヨシノがきれいに競演していたみんなの原っぱ東花畑。
昭和記念公園201405-1
 この日は、菜の花の上に背の高いカラシナ(セイヨウカラシナ)が咲いて菜の花畑が続いていた。
昭和記念公園201405-2
 菜の花は春に咲くアブラナ科の黄色い花の総称として使われることが多く、
普通に畑で栽培されている菜の花は日本在来種のアブラナではなく明治時代初期に
導入されたセイヨウアブラナが多いそうだ。
昭和記念公園201405-4
 畑ではなく、河川敷や空き地で見かけるのはこのカラシナ(セイヨウカラシナ)が多いそうだ。
昭和記念公園201405-3

同じく4月後半に下写真のようにたくさんのチューリップが咲いていた渓流広場。
昭和記念公園201405-13
この日、ほとんどのチューリップが終わる中、ちょっとだけ咲き残っていたチューリップ。
昭和記念公園201405-8
日差しが強くて水がある場所はもう初夏の雰囲気。
昭和記念公園201405-12
 
ホームページによるとこの週末、花の丘のシャーレーポピーが見頃になってきたようだ。

 昭和記念公園(Vol.112)
(撮影 2014年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  
 

昭和記念公園(2014年4月) 渓流広場のチューリップ(その2)

昭和記念公園の渓流広場のチューリップの続き。前回はここ

渓流広場はチューリップと新緑がうまく水辺に配置された場所。
昭和5記念公園201404-5

毎年ここに来るとチューリップにたくさんの品種があることがわかる。
昭和記念公園201404-4
 もちろん、花の色もたくさん(笑)。
昭和記念公園201404-1
 
これはフラッシュバックという品種。すらっとした花の形。
昭和記念公園201404-2
上とちょっと似た花の形をしているバレリーナ。
昭和記念公園201404-7
この品種は微妙なオレンジ色の色具合がいい。
昭和記念公園201404-8
 
八重咲きというか団子咲きって感じの品種アンクルトム。
昭和記念公園201404-6

これは少しバラに似ている品種ザ・マウンティーズ。ちなみにチューリップはユリ科。
昭和記念公園201404-11
 
デイドリーム。この花の形はチューリップって感じじゃないね。
昭和記念公園201404-3

 今年一番気に入ったのはこのブラウンシュガーという品種。
昭和記念公園201404-10
ブラウンというより渋いゴールド。
 昭和記念公園201404-9

ブラウンシュガー(Brown Sugar)と聞くと昭和記念公園にもチューリップにも関係ないけどやっぱりこれ!

数あるローリングストーンズの曲の中で一番好きな曲。
このチューリップを撮っているとき、ずっと頭の中で流れていた

もうそろそろチューリップも終わりの時期かと思ったら、昭和記念公園のホームページによると
まだ見頃のチューリップもあるようだ。

  昭和記念公園(Vol.111)
(撮影 2014年4月19日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

 

昭和記念公園(2014年4月) 渓流広場のチューリップ(その1)

昭和記念公園ではソメイヨシノの花見が終わると次の目玉はチューリップ。

もう何年か続けて見ているので、少し感動が薄れてしまったが、最初にここに来た時は、
これは日本の景色ではないと思ったぐらい。
昭和記念公園201404-8
チューリップと緑の渓流のコラボレーションがすごくいい。
昭和記念公園201404-9

今年は130品種22万球のチューリップと17万球のムスカリが植えられているそうだ。
昭和記念公園201404-7

ホームページには平日の公園でゆっくりご堪能くださいとあるが確かに人は多い(汗)。
昭和記念公園201404-3
この日は土曜日、できるだけ人が入らないように撮っているんだけど、ちょっと無理だね。
 昭和記念公園201404-11
東京都内でこれだけの光景はなかなか見ることができないから、人出が多くなるのは仕方ないかな・・・。

ホームページによると、今年のテーマは『妖精たちのパッチワーク』。
『対象色を並べるなど、色のコントラストを強調しています! 青紫色のムスカリとの調和をお楽しみ下さい』とあった。
昭和記念公園201404-10
これはまさにパッチワークのようなレイアウト。 

こちらはコントラストが強烈。赤色がオーバーフローしている(汗)
昭和記念公園201404-12

ムスカリの手前で黄色く輝くのはモンテスパイダーという品種。ちょっと変わったチューリップ。
昭和記念公園201404-2
 
白が眩しい!
昭和記念公園201404-5

下は花弁の縁に細かい切れ込みができるフリンジ咲きの品種。
昭和記念公園201404-4
下は同系色で普通の花弁の品種。 
昭和記念公園201404-6
どちらが好きか、それはお好みで(笑)

  昭和記念公園(Vol.110)
(撮影 2014年4月19日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ  

絵画のような

チューリップ
 K-5IIs with SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM  2014.4 昭和記念公園
 
昭和記念公園の渓流広場。
この週末は天気がいまひとつはっきりしませんが、いまチューリップが見頃です。


ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち