ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

チャイブ

昭和記念公園 ヤマボウシ

ゴールデンウィーク翌週の昭和記念公園。花の丘以外の様子。

立川口のカナールと噴水、小さいけど。両側のイチョウ並木はもうきれいな新緑。
昭和記念公園201805

この時期きれいにさいているのはヤマボウシ(山法師)、ミズキ科。
昭和記念公園201805
花の中央の花穂を坊主頭に4枚の花びらを白い頭巾に見立てて、比叡山延暦寺の山法師になぞられた名前なんだそうだ。想像力豊か(笑)。
昭和記念公園201805
同じミズキ科のハナミズキ(花水木)に似ているが半月ぐらいあとから咲く。夏には怪獣の卵みたいな実がなる。

ハニーサックル、スイカズラ科。単にスイカズラ(吸葛)とも呼ばれる。
昭和記念公園201805
なんだかスイカズラって白い花っていうイメージがあるんだけど。

カルミア、ツツジ科。北アメリカ原産でアメリカシャクナゲ(石楠花)とも呼ばれる。
昭和記念公園201805
蕾がコンペイトウ(金平糖)みたいでかわいい。金平糖でカルミアとくるとカルミンが食べたくなる。でもカルミンは2015年3月末で生産を終了しているんだよね・・・残念。
昭和記念公園201805
こうやって見ると確かにシャクナゲ(石楠花)にも似ているかな。

マルバセージ、シソ科。花はセージと見分けがつかないから、葉が丸いセージかな。
昭和記念公園201805

チャイブ、ユリ科。別名セイヨウアサツキ(西洋浅葱)。
昭和記念公園201805
花がチャイブに似ている、アカツメクサ(赤詰草)、マメ科。でもチャイブはハーブとして使われるけど、このアカツメクサは牧草かな(笑)。
昭和記念公園201805

エゴノキ、エゴノキ科。庭木としても見かける。
昭和記念公園201805
実の皮が有毒で口に含むとエグイ味がするからついた名前だそうだ。

花木園菖蒲田のスイレン、スイレン科、奥の緑はハナショウブ。
昭和記念公園201805
この日はまだハナショウブは咲いていなかったけど、ホームページによるとそろそろ咲き始めたようだ。

昭和記念公園(Vol.267)
(撮影 2018年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 ポリジ

昭和記念公園の花の丘以外の花。

まずはたくさんの白い花が下向きに咲いているエゴノキ、エゴノキ科。
昭和記念公園201705
花が散ると木の下が真っ白になる。それで近所にこの木がわりとたくさん庭木として
植えられていることに気がついた。
昭和記念公園201705

花木園の菖蒲田。ここは花菖蒲がきれいに咲くんだけど、木道が新しくなってから、
肝心の花菖蒲がいまひとつのような気がする。
昭和記念公園201705
ここで花菖蒲がきれいに咲くのはあと1ヶ月ぐらい先かな。
昭和記念公園201705
菖蒲田の横で咲くスイレン、スイレン科。
昭和記念公園201705
この葉の上にはカエルがいてほしい。

菖蒲田そばのハーブ園で咲くチャイブ、ユリ科。
昭和記念公園201705

そしてこの時期にハーブ園に来るお目当はこの花。ポリジ、ムラサキ科。
昭和記念公園201705
別名スターフラワーと言われるように、きれいな星型の花。
昭和記念公園201705
色も爽やかな青色。もっと近くに寄って花を下から撮りたいんだけど・・・
昭和記念公園201705
今年は花の近くに寄って撮れない場所に植えられていてちょっと残念。

カルミア、ツツジ科。別名アメリカシャクナゲ。
昭和記念公園201705
蕾がチョコレートのお菓子アポロに似ている。

ここはトンボの湿地。人口の湿地にトンボの幼虫(ヤゴ)が生息している。
昭和記念公園201705
なんという名前がわからないけど、早くもトンボがたくさん飛んでいた。
昭和記念公園201705

これはシオカラトンボかな?
昭和記念公園201705

もうアカトンボが飛んで秋の雰囲気だ(笑)
昭和記念公園201705
このあと、原っぱ西のカリフォルニアポピー、リナリア、ヤグルマギク、
カスミソウがミックスされたミックスフラワーの花畑を見に行った。

昭和記念公園(Vol.211)
(撮影 2017年5月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園(2015年5月)ボリジ

ゴールデンウイーク(5月2日)の昭和記念公園。

噴水が涼しげに見える季節になってきた。
昭和記念公園201505-1

シャクナゲ、ツツジ科。
昭和記念公園201505-8

ベニバナトチノキ(紅花栃ノ木)、トチノキ科。
昭和記念公園201505-5
街路樹で時々みかける木。

チャイブ、ユリ科。
昭和記念公園201505-2
別名、西洋浅葱と言われ、茎や地下茎を刻んで薬味や香辛料とされる。
 
この星型の花はボリジ、ムラサキ科。ずっとポ(po)リジかと思っていたけどボ(bo)リジだった(笑)
昭和記念公園201505-9
ハーブとしてはボリジと呼ばれることも多いが、ルリシザというのが和名のようだ。
この青色が好きで見つけると必ず写真を撮ってしまう。
昭和記念公園201505-3
この花の青色はマドンナブルーと呼ばれるそうだ。
昭和記念公園201505-4
花の先までしっかり青。
 
こちらは白いボリジ。
昭和記念公園201505-6
ボリジは青だけでなく、白やピンクがある。
昭和記念公園201505-7
 白色の花も爽やかな感じがするね。

青い花といえば、ネモフィラ、ハゼリソウ科。植物分類体系によってはボリジと同じムラサキ科に分類される。
昭和記念公園201505-11
瑠璃唐草と呼ばれるから、これは瑠璃色なのかな。
昭和記念公園201505-10
今年のゴールデンウイークは良く晴れたね。
 
昭和記念公園(Vol.133)
(撮影 2015年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
  

昭和記念公園(2012年5月)ねぎ坊主

昭和記念公園201205-8
5月晴れの昭和記念公園、初夏の気温で水際が心地よい。
昭和記念公園201205-13
今年初のシオカラトンボ。

サルビア・シュネーフューゲル、シソ科。夏らしい輝き、梅雨入り前の心地よいひととき。
昭和記念公園201205-5

日本庭園のハナショウブはまだ咲きはじめだった。きっといまごろはたくさんの品種が咲きそろって見頃になっているはず。
昭和記念公園201205-11

きれいなカエデの若葉。赤いプロペラみたいなのはカエデの実。
昭和記念公園201205-9
この時期から実がなるんだね。
昭和記念公園201205-10
この白い花はガマズミ、スイカズラ科。
昭和記念公園201205-12
この白い花の後、秋に成る実は熟すと鮮やかな赤になる。

ハーブ園のチャイブ、ユリ科(分類体系によってはネギ科)。ちょっとアザミに似ている。
昭和記念公園201205-2
別名がセイヨウアサツキやエゾネギ。たくさんハチが飛んでいた。
昭和記念公園201205-1
同じユリ科(分類体系によってはネギ科)のアリウム・ギガンチウム。小さな花が密集して丸くなっていて、まさにムラサキ色の葱坊主。
昭和記念公園201205-6
ちなみにこれが(本物の?)葱坊主。昭和記念公園ではなく近所の畑にて。
昭和記念公園201205-15

ニゲラ、キンポウゲ科。同じキンポウゲ科の節分草に少し似ている気がする。
昭和記念公園201205-4

みんなの原っぱ東花畑の菜の花。この赤い花はポピー。みんなの原っぱの反対側(西花畑)でたくさん咲いているポピーの種が飛んできたのかも。
昭和記念公園201205-7
5月下旬に菜の花がこれだけ咲いているのは、春先の霜で1度枯れてしまったので、再度菜の花を植えたためなんだそうだ。

かなり黒っぽい濃紺の花。
昭和記念公園201205-3
こんな柄の花も。
昭和記念公園201205-14
アサガオみたいな形だけど名前がわからない。

昭和記念公園(Vol.60)
(撮影 2012年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち