ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

タイサンボク

昭和記念公園 日本庭園ほか

昭和記念公園の日本庭園。

シャクナゲ、ツツジ科と背景は池に突き出して建てられた清池軒。
昭和記念公園201706
白く輝くきれいな花だけどシャクナゲは葉に毒をもつ植物だそうだ。
昭和記念公園201706

清池軒から見た眺め。見た感じはもう夏だけど湿度が低くてカラットしている。
昭和記念公園201706
橋が新しく架け直されたようで、味わいのある橋が真新しくなっている。
昭和記念公園201706
この橋の近くに菖蒲田がある。
昭和記念公園201706
花木園菖蒲田よりもこちらの方が花菖蒲が良く咲いている。
昭和記念公園201706
菖蒲田に花菖蒲と同じアヤメ科のニワゼキショウ(庭石菖)が咲いていた。
昭和記念公園201706

ツツジガきれいに咲いているここは昌陽というあずまや(四阿)
昭和記念公園201706
日向は暑いけど、日陰に入ると風が爽やかで心地よい。

日本庭園の中にある盆栽苑に置かれていた小さいな山あじさいの盆栽。
昭和記念公園201706
なんかいい感じ。育てるのは大変なんだろうけど、こんな盆栽はほしいな。

タイサンボク(泰山木)、モクレン科。
昭和記念公園201706
大きな木に大きな花が咲く。いい香りがするそうだけど高い所で咲くのでわからない。

はないかだ(花筏)、ミズキ科。葉っぱの真ん中に花を咲かせる変わった木。
昭和記念公園201706
ネットでは見たことがあったんだけど、昭和記念公園で見れるのはありがたい。
花は春に咲くので、すでに実になってしまっている。ちょっと残念。
昭和記念公園201706
来年の春には花が咲いている様子を見てみたい。忘れないようにしないと(汗)

ラベンダー、シソ科。いい色だね。
昭和記念公園201706
ラベンダーと言えば、3年前に行った北海道富良野のファーム富田を思い出す。
2014_0721ファーム富田
ここは夢のような景色だった。写真を撮っている後ろは人がいっぱいなんだけどね。
2014_0721ファーム富田
2014年7月撮影

そしてスカシユリも咲き始めていた。
昭和記念公園201706
昭和記念公園も夏の花がどんどん咲き始めている。

昭和記念公園(Vol.214)
(撮影 2017年6月4日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園(2012年6月)ナデシコ

6月の昭和記念公園。菖蒲田以外の光景。

鳥のことはあまりよくわからないが、この羽根の色と長さからするとオナガ、カラス科だと思う。
昭和記念公園201206-1

この時期になるとよく目立つヒマラヤスギ、マツ科の実(球果)。
昭和記念公園201206-2
これがそのうち、でかいまつぼっくりになる。

タイサンボク(泰山木・大山木)、モクレン科。写真では比較するモノがないが、かなり大きい花。
昭和記念公園201206-8
いい香りがするそうだが、木の高いところにあるので香りが伝わってこない・・・

キキョウ、キキョウ科。明るい紫色の夏の花、でも秋の七草。
昭和記念公園201206-3
秋の七草に名前を連ねる花を見て夏の花だって思うことに、それほど違和感ない。これって旧暦と新暦の季節のズレは最初から織り込み済みってことなのかな。

季節のズレといえば、先日のうるう秒。1972年から今回まで25回実施されたらしいが、1秒のズレってそんなに補正しなければならないほどのモノなんだろうか?
Wikipediaで調べてみるとなにやらやこしいが、廃止することにより起きる1秒のズレが予期せぬトラブルの原因となる可能性があると書いてる。1秒のズレがトラブルになる設計っていうのもどうなんだろう・・・

白いあじさい、アナベル。
昭和記念公園201206-4
アナベルは、しっかり咲く前の状態は下写真のように薄い緑色をしている。
昭和記念公園201206-5
昭和記念公園のあじさいはアナベル率が高いような気がした。

エキナケア、キク科。だら〜んとした花びらが印象的な花。
昭和記念公園201206-6

アゲラタム、キク科。なんだか毛がもじゃもじゃ生えたような花。昭和記念公園201206-7

梅雨時に鮮やかな黄色の花をさかせるキンシバイ(金糸梅)、オトギリソウ科。
昭和記念公園201206-9

これはムギワラトンボかな。
昭和記念公園201206-10
変な言い方だけどムギワラトンボはシオカラトンボのメス。

これは見ての通り赤トンボ。赤トンボは体の赤いトンボの総称又はアキアカネのことを指すそうだ。
昭和記念公園201206-13
これがアキアカネなのかどうか、私にはわからない

ナデシコ(撫子)、ナデシコ科、この花も秋の七草。でもやっぱり夏の花。
昭和記念公園201206-11
白色のナデシコ。サギソウに似ている。
昭和記念公園201206-12
昨年はなでしこジャパンにちなんでこの花の写真を撮りたかったんだけど、その時はもう時期が遅くて撮ることができなかった。

7月の昭和記念公園はユリ(ヤマユリ、カサブランカ)とハスの時期。まだ梅雨が明ける時期ではないので週末の天気が気になる。

昭和記念公園(Vol.62)
(撮影 2012年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2011年6月)タイサンボクとハナショウブ

雨が降りそうなどんよりとした曇りの日、昭和記念公園にタイサンボクを見に行った

タイサンボク(泰山木、大山木)はモクレン科。北米中南部原産でアメリカ合衆国南部を象徴する花木だそうだ。
昭和記念公園201106-10
はじめて見るタイサンボク、大きな木に大きな花が咲いている。
昭和記念公園201106-2
花も葉もすべてが大きい。芳香があるそうだが、高い木の上の方なので匂いもしないし、大きさもこの写真ではよくわからないかも
昭和記念公園201106-11
これはつぼみかな。この姿を見ると確かにモクレンの仲間だとわかる。

ここは花木園菖蒲田。ハナショウブ(花菖蒲)が見頃。
昭和記念公園201106-1
入れ替わり立ち替わりたくさんの人が訪れている。
昭和記念公園201106-5
なんか白い花が目立つような・・・
昭和記念公園201106-4
この色が花菖蒲の典型的な色かな。花びらの付け根に黄色い斑紋があるのがハナショウブの特徴。
昭和記念公園201106-9
この薄い水色が浴衣のイメージで夏らしい、いい色だ。
昭和記念公園201106-6
ちゃんと名前が書かれた立て札がある。これは「源氏蛍」とあるが、ネットで確認すると「源氏蛍」はこんな青紫色の花ではなく、明るい紫に白い絞りの花のようなので、実はこの立て札の右側に咲いている花(写っていない)だったようだ。
昭和記念公園201106-3
花と立て札が離れていてなかなか一緒に撮れない。
昭和記念公園201106-7
せっかく撮った「利根川」だけど、「利根川」も真っ白な花ではないようなので、これも撮り間違い
昭和記念公園201106-8
この菖蒲田、どう撮ってもみんな同じような写真に見えてしまう。まだまだ未熟

菖蒲田そばのアナベルはまだ薄緑。
昭和記念公園201106-14
アナベルが真っ白になると輝いてすごくきれいになる

昼はこの渓流広場レストランで。
昭和記念公園201106-13
薬膳カレーと多摩黒やきそば。
昭和記念公園201106-12
器にはまったく雰囲気がないけど味は美味しい。特に多摩黒やきそばは麵がモチモチ

最後に元気が出るオレンジ色の花、マリーゴールド。
昭和記念公園201106-14
曇り空で照りつける日差しもなく、ちょっと涼しい風が吹いていた。雨に降られなかったこともあって梅雨時に、なかなか快適な散歩ができた

昭和記念公園(Vol.36)
(撮影 2011年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ