ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

センニチコウ

昭和記念公園 千日紅と百日紅

7月末に見た昭和記念公園のカナール大噴水そばのサルスベリ(百日紅)。

この日はさらにたくさん咲いて見頃になっていた。
昭和記念公園201708
先日はまだ咲いていなかった白い花のサルスベリ(百日紅)も咲いていた。
昭和記念公園201708
サルスベリが百日紅と呼ばれるのは、100日間花を咲かせることが由来だけど、初夏に咲き始めて
秋まで咲き続けるから、それほど大袈裟な話ではない。
昭和記念公園201708
サルスベリ(百日紅)はミソハギ科。そして下写真がミソハギ。似ている?植物分類はよくわからない・・・
昭和記念公園201708
ミソハギはハギの花に似ていて、禊に使ったことからついた名前。サルスベリ(百日紅)は全然関係なさそう。
上のミソハギのそばで自然の地面に咲いているサギソウ。
昭和記念公園201708
この状況だと写真は撮りずらいね(汗)。

これはセンニチコウ(千日紅)、ヒユ科。
昭和記念公園201708
サルスベリ(百日紅)は100日間だけどこちらは1000日間。1000日って約3年!
実際はドライフラワーなどにすると1000日ぐらい色が変わらないぐらい長持ちするそうだ。
昭和記念公園201708
センニチコウは花に見える紅色の部分はほう(苞)と呼ばれる部分で花ではないらしい。

これはタマアジサイ(玉紫陽花)、アジサイ科。
昭和記念公園201708
上写真のようにつぼみが球状なのが特徴でこれが名前の由来だそうだ。
つぼみはまったくアジサイらしくないけど、花は割りと山アジサイっぽい。
昭和記念公園201708
アジサイの比較的ツルツルの葉と違って、タマアジサイは葉に小さな毛が生えている感じでザラザラ。

昭和記念公園(Vol.226)
(撮影 2017年8月12日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園(2013年8月)ひまわりからパンパスグラスに

8月の最後に行った昭和記念公園。真冬と真夏はあまり変化がない時期。

これはイチョウの木。幹にツタがたくさん絡んでツタの木みたいになっていた。
昭和記念公園201308-1
こういうのイチョウは嫌じゃないのかな。人間だったら、「あ〜うっとうしい邪魔だぁ」なんていいながら身体を振って払えるんだけど。

立川口カナール横のイチョウ並木では、たくさんの銀杏がなっていて今にも落ちてきそうな感じ。
昭和記念公園201308-2
確かこれぐらの時期に台風が来てたくさん銀杏が落ちた年があった。

 あじさいロードのアナベル。
昭和記念公園201308-3
もう花は終わっている。このままドライフラワー化するのではないかと思われる光景。

このブドウの巨峰のような実は観賞用唐辛子のブラックパール。まさに黒真珠。
昭和記念公園201308-4
このあとこの実は真っ赤に、葉は黒に変わるそうだ。
関係ない話しだけど、パイレーツ・オブ・カビリアンでジャック・スパロウが乗っていた船ってブラックパール号だったよね。

こちらも観賞用、ゴシキトウガラシ(五色唐辛子)、ナス科。
昭和記念公園201308-8
色とりどりのキャンディのようだ。

可憐な感じのこの白い花はガウラ、アカバナ科。別名は山桃草、白蝶草。
昭和記念公園201308-6
ガウラっていう名前は花の姿となんだかあってない。ギリシャ語で立派なとか華美なという意味のgaurosが語源なんだそうだが、白蝶草が似合っている感じ。

センニチコウ(千日紅)、ヒユ科。夏から秋まで長い間花の色があせないからついたそうだ。
昭和記念公園201308-7
しかしサルスベリ(百日紅)が百日で約3ヶ月、こちらは千日で3年近いよね(笑)。

キバナコスモス、キク科。花はコスモスというより金鶏菊に近いように見える。
昭和記念公園201308-5
写真を撮っていても気にせずお仕事しているのは熊蜂。大きな体でブンブン飛ぶから近寄ってくると恐いけど温厚で大人しい蜂。
 
サルビア、シソ科。
昭和記念公園201308-9
こちらは紫色のサルビア。
昭和記念公園201308-10

 カレープラント、キク科。葉や茎からカレーの香りがするからついた名前。
昭和記念公園201308-11
苦味が強く、カレー粉などの原料とはならないそうだが、かなり美味しそうなカレーの香りがする。

ひまわり畑横のパンパスグラス、イネ科。
南アメリカ原産で、パンパ(アルゼンチン中央部の大平原)地方に生えているグラス(芝)という意味の名前。
昭和記念公園201308-12
 横でちょっと下を向いているひまわり達と入れ代わって、こちらはこれからもっと威勢の良い姿になっていく。

この日は、みんなの原っぱあたりで急に強烈な胃痛に襲われて歩けなくなった。
昭和記念公園の真ん中で119番したら救急車が入ってくるんだろうか、なんて考えながら1時間ぐらいベンチで横になり、少し落ち着いたところでなんとか家に帰り着いた。
盲腸の時と牡蠣に当たった時に近いぐらいの激しい痛み。その後も少し痛みが残ったが特に下痢することもなく、翌日には何もなかったように回復、なんだったんだろうか(汗)

 昭和記念公園(Vol.94)
(撮影 2013年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

昭和記念公園(Vol.18)蝶よ花よ

9月に行った時の昭和記念公園の続き、今回は花と蝶を中心に
昭和記念公園201009-1
センニチコウ(千日紅)とモンシロチョウ。モンシロチョウは一番良く見かける蝶なんだけど、なかなかじっと止まってくれないので、あまり写真がない

昭和記念公園201009-10
コスモスとツマグロショウモン。タテハチョウの仲間かなって思ったんだけど、違うようだ。実はよくわかっていないけどね

昭和記念公園201009-11
マリーゴールドとモンキチョウ。モンキチョウが黄色い花に止まっていると保護色か?って思ったりして
昭和記念公園201009-14
同じくマリーゴールドにベニシジミチョウ。この組み合わせはダメ、オレンジ色のマリーゴールドに止まらないと保護色にならないね。別にどうでもいい話だ

これはミソハギ。旧暦のお盆の頃に咲いて、仏前に供えられることから別名が盆花、たぶんもう時期的に終わりかけかな。ミソハギはそのまんまミソハギ科。
昭和記念公園201009-12
萩に似ているって書かれているのもあるけど、そうかなぁ・・・

このトンボは家の近所でもみかける。カワトンボの仲間のハグロトンボかな、胴体がなかなかきれい。
昭和記念公園201009-9

サギソウが1羽だけ。サギソウもそろそろ終わりだね、ちょっと寂しそう
昭和記念公園201009-8

昭和記念公園バーベキューガーデンそばのお花畑に植えられた一面のクレオメ。
昭和記念公園201009-6
奥のバーベキューガーデンからは肉を焼いた匂いとビールの匂いが合体して漂って来た、ちょっと微妙
秋の花の香りの代表格は金木犀だけど、バーベキューの匂いも秋を感じる
昭和記念公園201009-7
クレオメはピンク色が多いけど、下のようにちょっと赤紫っぽい色もある。
昭和記念公園201009-5
これは白い花。
昭和記念公園201009-4
クレオメはフウチョウソウ科、なんだか初めて聞くような科。フウチョウソウって風蝶草と書くらしく、クレオメの別名が西洋風蝶草。見ればわかるような気もするが熱帯や亜熱帯に分布する植物なんだそうだ

このクレオメ畑のそばに、ちょっとだけいろいろなコスモスが咲いていた。
昭和記念公園201009-3
キバナコスモスの陰にモンキチョウ。
昭和記念公園201009-13
10月中旬の昭和記念公園は「コスモスまつり」の真っ盛り。天気のいい日に行けるといいなぁ

(撮影 2010年9月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

7月の散歩道にて + 花火

8月もあと1週間、急いでアップする7月の散歩道の様子
7月の散歩道201007-20
これはキイチゴ(木苺)かな。バラ科キイチゴ属ということはイチゴってバラ科なんだね。ラズベリーも同じキイチゴ属で、キイチゴによく似ているのでヨーロッパ木苺なんていう別名もあるそうだ

これはブルーベリー。花をみればわかるけどブルーベリーはツツジ科、イチゴとは違う。そりゃあそうだよね、食いしん坊には見分けがつかないのか
7月の散歩道201007-11

これは前にもアップしたユリ科のヤブカンゾウ。見た通り八重の花。
7月の散歩道201007-21
そしてヤブカンゾウの一重版の花とも言えるノカンゾウ。私としては八重のヤブカンゾウの方が好きかな
7月の散歩道201007-13
ちょっと見た感じはこの前にアップしたキツネノカミソリにも似ているような・・・

なんども写真をアップしているサルスベリ(百日紅)。散歩道で一番よく見かけるピンク色。
7月の散歩道201007-19
次に多いのがこの赤い花。
7月の散歩道201007-18
そして一番少ない白い花。
7月の散歩道201007-15
アップで見るとなんだか白い花は違う花にも見えたりして
7月の散歩道201007-14
青空にきれいに咲いていいなぁなんて思うけど、酷暑の中の撮影

これはヒユ科のセンニチコウ(千日紅)、シジミと比べてもわかるけど小さな花。
7月の散歩道201007-16
ヒユ科ってあまり聞かないけど、ケイトウ(鶏頭)が同じヒユ科らしい。ということで、同じく散歩道で見つけたケイトウ。
7月の散歩道201007-24
これと同じ仲間なのか、なんだか全然ちがうように思うけど

夏の間、長く咲いて楽しめるサルスベリが百日紅、ということは千日紅は何日間ぐらい咲くんだろう・・・千日ということは1年中か
7月の散歩道201007-17
天気が良すぎて、ちょっと紫色が飛んでしまっているね
ここまでは7月の散歩で撮った写真

ここからは、先週末(8/21)に実家のベランダから撮った花火の様子。
方角からすると「世田谷区たまがわ花火大会」の様子。実は同じ日の同じ多摩川の少し下流で川崎市の多摩川花火大会が開催されていているので、場所によっては両方を見ることができる
花火20100821-3
下のほうのリボンみたいなのがなかなかかわいい花火。
これは色は単純だけど、明るさと音が賑やかな花火。
花火20100821-1
撮っていて手前の鉄塔が邪魔だなって思ったけど、こうしてみるとアクセントになっていいかもしれない
花火20100821-2
今回初めてデジタル一眼カメラで花火を撮った。カメラを三脚にセットして携帯電話の赤外線を使ってシャッターを押した。あらかじめリモコンを買わなければいけないので商品をネットで検索していたらドコモ携帯でデジタルカメラのリモコン操作ができるPENTAX用リモコンアプリが見つかった。ダメもとでダウンロードして使ってみたら、まったく問題なく使えて快適だった

200枚以上撮って、まともに写っていたのは10枚ほどだった。でも原因がシャッター速度が遅すぎたことだとわかったので、またチャンスがあったらもう少しまともに撮れるかも

散歩写真(vol.145)
(撮影 花は2010年7月、花火は2010年8月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ