ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

セミの声

今週の高幡不動Vol.130(08/07)セミの声

8月最初の週末、空が青くてとてもいい天気
高幡不動尊20100807-8
先週見たレンゲショウマの花がどうなっているか楽しみだったが、この日は花が全部落ちて、いくつかの蕾だけになっていた
この時期、特に見るモノがなくいつものようにブラブラと六地蔵さんの方へ
高幡不動尊20100807-6
この夏は猛暑なので六地蔵さんは木陰の場所でよかった
高幡不動尊20100807-7
大日堂と六地蔵さんの間の木陰は、たまに風も通って今日はなかなか涼しい。

ただセミの声が聞こえるだけだけど、これはデジタル一眼(K-7)で撮った動画。このカメラで動画を撮ることがほとんどないのでブログにアップするのは初めてかも。

鳴き声はするけど、ここではセミの姿はなかなか見えず、別の場所で見つけたアブラゼミ。
高幡不動尊20100807-5

弁天池のハスもあまりの日差しの強さに自分の葉の日陰に隠れていた
高幡不動尊20100807-2
このハスはなんだか丸っこいような
高幡不動尊20100807-3

たくさん飛んでいるシオカラトンボ。自分の場所が決まっているみたいで、なかなか逃げないし、逃げてもすぐにまた同じ場所に戻ってくる。
高幡不動尊20100807-9
近くでこうやってみると、装甲で身を固めた戦士って感じ。これが人間と同じぐらいの大きさだったらかなり恐いだろうね

これは境内の隅っこにあるスイカズラ科のサンゴジュ(珊瑚樹)の実。
高幡不動尊20100807-1
多くの丸い赤い実が密生した様子を珊瑚に見立てて名付けられたそうだが、石垣島で見た珊瑚とは全然違う。きっと宝石として使われる深い海に生息する赤珊瑚に見立てたのかな。

しかし東京は暑い。石垣島よりも暑いような気がする
高幡不動尊20100807-10
暑い日はやっぱり水だね

(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.34)高幡不動のセミの声

自宅付近は田んぼが多く、セミが鳴くような木があまりないため、この夏はまだセミの鳴き声をほとんど聞いていなかった

あじさい祭りも終わったので、のんびりと人のいない高幡不動の山内を散歩していたら、セミが鳴いていたセミしぐれという程ではない
高幡不動のセミの声1高幡不動のセミの声2
ここは山あじさいがたくさん見られる山内の小道を境内の奥の方に進んだところ、下の方には境内の一番奥の方にある大日堂(上写真左)が見え、坂道と階段を降りるとお地蔵さんがあった(上写真右)

山内から大日堂を見ながら聞くセミの声
それほどすごいセミの声ではないので音量は大きめで


坂を降りてお地蔵さんを見ながら聞くセミの声

この6体のお地蔵さんには、それぞれ地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天が刻まれていた。これらは仏教の六道なので、たぶんこのお地蔵さんは日本各地で見られる六地蔵だと思われる

お地蔵さんにお参りしたあと、木々が生い茂って薄暗く涼を感じる大日堂横(下写真左)を通って大日堂の正面(下写真右)に回ったところ
高幡不動のセミの声3高幡不動のセミの声4
この大日堂には大日如来像が安置され鳴り龍天井がある

静寂の中、セミの声だけが聞こえる夏の高幡不動尊でした

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです


ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ