ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

スモモ

京王百草園 ミツバツツジが咲いていた

忙しくて梅まつりの時期には1度しか訪れることができなかった京王百草園。

ミツバツツジが咲いたというので行ってみた。
京王百草園201603-1
梅まつりが終わって静けさが戻ってきた。

まずはこの時期らしく桜の花。
京王百草園201603-3
これは早くから咲く桜、啓翁桜(ケイオウザクラ)。

梅でもなければ桜でもない感じの花、なんだろう?と思ったらスモモ、バラ科だった。
京王百草園201603-12
夏、冷蔵庫で冷やしたスモモを食べると、ちょっと酸っぱいけど美味しいよね。

ボケ、バラ科の花。
京王百草園201603-8
こうやって撮るとちょっとツバキの花に似ている。

アセビ(馬酔木)、ツツジ科。
京王百草園201603-2

ハナニラ、ユリ科。この時期、いろいろなところで群生して咲いている。
京王百草園201603-4
葉っぱをちぎるとニラの香りがすること、葉がニラに似た美しい花などが名前の由来だそうだ。 

ウンナンオウバイ(雲南黄梅)、モクセイ科。
京王百草園201603-5
オウバイモドキとも言われるように、黄色い梅に似た花。

ムスカリ、ユリ科。
京王百草園201603-9

イカリソウ(碇草)、メギ科。見た通り船のイカリに似ている花。
京王百草園201603-7
ピンク色や黄色の花もあるそうだ。

ミツバツツジ、ツツジ科。葉が3枚ずつ出てくることからついた名前。
京王百草園201603-11
鮮やかなピンク色の花で京王百草園のツツジの仲間では一番先に咲く花。
京王百草園201603-6
ここだけ明るくなったように見える。

スミレ、スミレ科。ミツバツツジのような派手さがなく花が小さいので目立たないが、
園内のいたるところで咲いている春を代表する花。
京王百草園201603-10
花の形が大工道具の墨入れに似ていることから、スミイレがスミレになったそうだ。

梅は終わってしまったけど、春の花が一杯だった。

(撮影 2016年3月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

京王百草園 スミレとカタクリ

3月最後の土曜日は春らしい暖かな1日となった。

梅まつりが終わった京王百草園は訪れる人が少なくなった。
京王百草園201403-1

でも園内はいろいろな春の花が咲き始めて 、これからが春の本番。
京王百草園201403-4
春の花と言えばいろいろあるけど、道端でひっそりと咲いているスミレ(菫)は外せない。
京王百草園201403-5
 スミレと言ってもたくさんの品種があるんだと思うけど、よくわからないのでスミレ(汗)
京王百草園201403-9
 オオイヌノフグリと一緒に。
京王百草園201403-14
 
 同じような色あい、でも花の大きさはかなり大きな寒咲きアヤメ。
京王百草園201403-12

梅の名所、京王百草園には桜も桃もちゃんと咲いている。 
京王百草園201403-3
まず桜。この日、ケイオウザクラ(啓翁桜)が見頃になっていた。
そして桃はこれスモモ。この木の実としてプラム、ソルダムはよく食べるがこんな純白の花なんだね。
京王百草園201403-13
「李下に冠を正さず」の「李」はこのスモモのこと。
桜も桃もちょっと変わり種なところが梅の名所らしい(笑)

 この少し変わった形の花はイカリソウ、メギ科。
京王百草園201403-7
船のイカリ(碇・錨)の形からついた名前だけど、インベーダーゲームのキャラクタを彷彿させる姿。
もっとこの花の命名時期が遅かったら、インベーダーソウになっていたかもしれない(笑)
 京王百草園201403-8

この時期に京王百草園に足を運ぶ目的の1つがこのカタクリ、ユリ科。
京王百草園201403-2
見晴らし台の裏側でたくさん咲いているけど、受付のすぐ裏で咲いているのを見つけた。
京王百草園201403-10
白鳥の姿にも似ている。
京王百草園201403-11
 カタクリはスプリング・エフェメラルと言われ、他の花に先駆けて花を咲かせ、
まわりに草花が茂る頃、地上から姿を消しってしまう。

京王百草園201403-6
大きなハクモクレンの木。周りが明るくなるぐらい真っ白な花がたくさん咲いている。

京王百草園はこれからミツバツツジがきれいになる時期。

 (撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    
 

京王百草園 ミツバツツジ

京王百草園201104-10
前回の続き、4月最初の京王百草園のミツバツツジの様子。

ここにはたくさんのミツバツツジがあるけど、この日は数本が咲き始めていた。
京王百草園201104-9
枝先に3枚葉を出すのが名前の由来だけどまだ葉は出ていない。ソメイヨシノと同じで葉が出る前に花が咲くから華やかに見える

背景は竹林。山の中でもミツバツツジが咲いているところだけ明るく見える。
京王百草園201104-11

スミレ。タチツボスミレかな?と思うけど、名前はわからない
京王百草園201104-12
これもスミレ。名前はわからない。
京王百草園201104-4
紫が濃いスミレ。これも名前はわからないけど、スミレでいいよね。
京王百草園201104-3

ヒカゲツツジ(日陰躑躅)、ツツジ科。
京王百草園201104-6
木のてっぺんに四方を向いた花の咲き方はシャクナゲっぽい。シャクナゲもツツジ科だけど。

日陰を好んで自生するからついた名前だそうだが、薄い黄色からはそんなに暗い過去は感じられない
京王百草園201104-5

ウンナンオウバイ(雲南黄梅)、モクセイ科。
京王百草園201104-1
つる性の植物なのでこの時期にはフェンスなどにからみついて咲いている姿をよく見る。

スモモ、バラ科。漢字で書くと酢桃、酸桃、李などがあるが、スモモの果実はモモに比べて酸味が強いことからついた名前だそうだ
京王百草園201104-7
冷蔵庫で冷やしたスモモ、というかソルダムやプラムは夏を思い出す果物。

人に疑われるような行いはすべきではないというたとえ、「李下に冠を正さず」はまさにこのスモモの木の下のこと。昔からスモモの実は美味しかったのだろうね。
京王百草園201104-8
スモモはバラ科サクラ属、モモはバラ科モモ属でちょっと違う、そう言えば、スモモの実の酸味はモモではなくサクランボに似ているかもしれない

京王百草園のホームページを見ると、ミツバツツジが間もなく見頃になるそうだ。このところ暖かい日が続いたので、一気に咲き始めたのだろうね。

(撮影 2011年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ