ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

スノードロップ

昭和記念公園 スノードロップほか

1月下旬、昭和記念公園の梅以外の花たち。

まずはスノードロップ、ヒガンバナ科。冬の終わりから春先にかけて咲く花。
昭和記念公園201701
 待雪草、雪の花などとも呼ばれる。
昭和記念公園201701
花が開いた時に見える、緑色の模様が逆さハートマークに見える。 
昭和記念公園201701
同じヒガンバナ科でもう少し春になってから咲く、スノーフレイク(鈴蘭水仙)に
名前も花も似ている。

クリスマスローズ、キンポウゲ科。
昭和記念公園201701
クリスマスの頃に咲く、ローズ(バラ)に似た花というのが名前の由来だけど、
昭和記念公園で咲くのは1月から3月にかけて。クリスマスの頃に咲く品種も
あるらしい。
昭和記念公園201701
うつむきがちに咲く花。しゃがみ込んで撮らないと花がちゃんと撮れない。

日本水仙スイセン、ヒガンバナ科。最もポピュラーなスイセン。
昭和記念公園201701
こちらはラッパスイセン。内側の花びらがラッパのように突き出ている。
昭和記念公園201701
イギリスでは人気があるスイセンのようで、ウェールズの国花になっている。
ウェールズって国だっけ。そういえば、ラグビーやサッカーだとイングランドと
ウェールズが別チームで出ているよね。
FIFAランキング(2017年2月)でもイングランドが13位でウェールズが
12位、イングランドより上。ちなみに日本は52位。
昭和記念公園201701
イギリスをWikipediaを見るとイギリスの国名は英語ではthe United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland、
日本語ではグレート・ブリテン及び北アイルランド連合王国で、イングランド、
ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されるとある。なるほど・・・ 

これはいったい何?
昭和記念公園201701
直径は1m以上ある。
昭和記念公園201701
パンパスグラスの後だった・・・中はこんな感じで生えているんだね。
昭和記念公園

最後に花ではないけれど、アオバト。全身がオリーブ色のきれいなハト。
昭和記念公園201701
テレビでは見たことがあったけど、昭和記念公園で見るのは初めて。

昭和記念公園(Vol.197)
(撮影 2017年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     
 

スノードロップとスノーフレーク


名前なのか、それとも咲いている姿なのか、よく似ているという声を聞く、スノードロップとスノーフレーク。

スノードロップ

これがスノードロップ、ヒガンバナ科。別名、待雪草(まつゆきそう)。

スノードロップ

下が、スノーフレーク、同じくヒガンバナ科。別名、鈴蘭水仙(すずらんすいせん)。
スノードロップはあまりみかけないが、このスノーフレークは良く見かける。

スノーフレーク

花は両方とも白色の花びらに薄緑色のアクセントで似ているけど、実際に咲いている姿を見ると、スノードロップよりスノーフレークはかなり背が高く、違うなぁと思う。

スノーフレーク

咲く時期も少し違っていて、別名に「雪」が入っているスノードロップは、まだ寒い雪が降り積もるぐらいの時期に咲くけど、「雪」が付かないスノーフレークは、春らしくなった3月中旬からゴールデンウイーク前ぐらいまで咲く。
 

昭和記念公園 スノードロップ

スノードロップ
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2016.1 昭和記念公園
スノードロップ
  D750 with AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR  2016.1 昭和記念公園

スノードロップ、ヒガンバナ科。

スノードロップは雪のしずく、別名は待雪草。冬の終わりから春先にかけて咲く小さくてかわいい花。

できれば、もっと近寄って撮りたい(汗)。

 昭和記念公園(Vol.152)
(撮影 2016年1月31日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
 

昭和記念公園(2013年1月)冬景色

正月明け頃の昭和記念公園はあまり見るモノがない。あるとすれば冬の景色。

黄色い絨毯をつくったイチョウ並木もこんな冬枯れの状態(涙)。
昭和記念公園201301-10

みんなの原っぱのシンボル大ケヤキ。まわりには先日の雪がまだ残っていて、より冬らしさを増している。
昭和記念公園201301-4

パンパスグラス。これはまだ頑張っていると表現した方がいいかな。
昭和記念公園201301-8

冬の晴天、青空はとてもきれい。そんな空には飛行機雲がよく目立つ。
昭和記念公園201301-7

年末から少しずつ咲き始めていたロウバイ。この花の黄色も青空に映える。
昭和記念公園201301-6
ロウバイは独特の甘い香りがいい。
昭和記念公園201301-5

スノードロップの花は年末とほとんど増えていない。ちょっと残念・・・
昭和記念公園201301-3

ミツマタはまだまだ。
昭和記念公園201301-9

年末年始の目玉になるはずだった、5品種2万本のアイスチューリップ。
昭和記念公園201301-1
12月の寒波など、とにかく寒い冬でまだ保温用シートの中。
昭和記念公園201301-2
この日は保温用シートの横から少し覗けるようになっていた。
ホームページによると2〜3割程度の開花になったので、1月21日から保温用シートを外したようだ。

昭和記念公園では1月26日(土)から3月3日(日)まで「雪と花の早春フェスティバル」が開催される。
関東地方ではこれから早春にかけて雪が降ることが多いので、「雪と花」というのは、ちょうど良いネーミングだと思う。

昭和記念公園(Vol.78)
(撮影 2013年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年12月)年の瀬の様子

12月29日の昭和記念公園の様子。

秋にはきれいに色づいていたイチョウ並木も冬の姿に変わった。
昭和記念公園201212-1
でも、まだあの独特な匂いがする・・・
昭和記念公園201212-5
下には所々に銀杏が落ちている、見上げるとまだ少し銀杏が枝に残っていた。

春に咲くチューリップを低温処理して冬に咲かせるアイスチューリップは本当ならば今頃ここで咲き始めているはず。
昭和記念公園201212-2
でも12月の寒さで開花が遅れてしまい、開花は1月中旬頃になるそうだ。

みんなの広場もほとんど人がいない。遠くに大けやき、手前は菜の花の養生。
昭和記念公園201212-4
「コスモスから菜の花へ」と書かれた看板が立っていた。

早い春を告げるスノードロップが少しだけ咲いていた。まだまだこれから。
昭和記念公園201212-3

日本庭園の雪吊り。冬らしい演出。
昭和記念公園201212-8
冬枯れの庭園の中できれいに色づいているのはメギ科のヒイラギナンテンだろうか。
昭和記念公園201212-7
これはクリスマス飾りにもなるヒイラギの花、こちらはモクセイ科。
昭和記念公園201212-13
クリスマスの時期に赤い実をつけるのは、このヒイラギではなくヒイラギモチ(別名チャイニーズ・ホーリー)、モチノキ科なんだそうだ。

この木の実はなんだろう。
昭和記念公園201212-6
形はビール原料のホップに似ている。でもホップはツル性植物でこんな木じゃない

ムラサキハナナの養生。
昭和記念公園201212-9
いま昭和記念公園は春を待つこういう養生をあちらこちらで見かける。

秋には威勢が良かったパンパスグラスの花穂もかなり細くなってきた。
昭和記念公園201212-10
手前はネモフィラの養生。今年の春は早咲き菜の花だったが、来春はネモフィラのようだ。

夏をきれいに飾ったカサブランカ。
昭和記念公園201212-12
この場所は毎年カサブランカなので、看板もそのまま残ってる。

ソシンロウバイ、ロウバイ科。
昭和記念公園201212-11
まだ咲いている花の数が少なくて、ロウバイの甘い香りがあたりに漂うほどになっていないのが残念。

自然がメインの昭和記念公園は年の瀬でもあまり変わりがない。
昭和記念公園201212-14
一番年の瀬らしかったのはこれかな

昭和記念公園(Vol.77)
(撮影 2012年12月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(2012年1月)冬の景色

昭和記念公園201201-15
冬の昭和記念公園。マラソン大会や子供サッカー大会などのイベントがなく、どんより曇った寒い日は人が少ない。

春から秋にかけて、ずっとこの木の回りのは人が集っていた。
昭和記念公園201201-14
上は昨年秋の様子。でもこの日はこんな様子(下写真)
昭和記念公園201201-10

しかし公園側は休んでいない。こういう人がいない時期にいろいろ整備をしている。
昭和記念公園201201-2

渓流広場もチューリップの育成中。
昭和記念公園201201-8
こうやって区分けをして球根を植えていくのだろう、春になるとここがこんな感じになる。
昭和記念公園201201-1
これは昨年4月のほぼ同じ場所のチューリップ。
続きを読む

昭和記念公園(2011年12月)ロウバイが咲いた と 目黒川の冬の桜

12月の昭和記念公園はイルミネーションがメインで花や木々はちょっと地味。

キラキラする水面をカモが泳いでいるが寒くないのか?と思ってしまう。
昭和記念公園201112-10
でも、全身ダウンジャケットに包まれているから平気なんだよね。じゃあ夏は暑くないのか・・・

これから1月にかけて咲くのがこのロウバイ。ロウバイは漢字で書くと蝋梅、決して狼狽ではない。
昭和記念公園201112-8
このロウバイは花の中心部分が暗紫色ではなく、花全体が黄色いのでソシンロウバイ。
昭和記念公園201112-7
この木はたくさん咲いているが、まだつぼみがふくらんだ程度で咲いていない木もあってまだこれからという感じ。
昭和記念公園201112-6
ロウバイは、バイ(梅)がつくことから、春の咲く梅と同じバラ科サクラ属のように思うが違っていて、ロウバイ科ロウバイ属。
昭和記念公園201112-9
こうやって逆光でみると灯りが点ったランプのように見えるのがいいところ。
続きを読む

昭和記念公園(2011年2月) 日本庭園の梅

2月の昭和記念公園では何が見られるだろうか
ちょっと楽しみにして行ってみたら、いきなりこの茶色の芝生・・・何か見れるのかちょっと不安になる光景
昭和記念公園201102-1

さすが国営公園。カナールまで行くとしっかり整備されている。これならばきっと何か見れるよね。
昭和記念公園201102-2

まずは1月にも咲いていたクリスマスローズ。この日はちょっと上向き加減
昭和記念公園201102-3

そしてスノードロップ、ヒガンバナ科。1月はまだほんの少しだけだったけど、いまはもうしっかり咲いている。
昭和記念公園201102-4
花びらにある緑の斑点模様が特徴的。
昭和記念公園201102-5

今回のお目当ては日本庭園の梅。
昭和記念公園201102-6
きれいに整った桃色の八重咲きの梅。八重寒梅という梅かな。
昭和記念公園201102-7
もうちょっと陽が当たっていたらよかったのに
日本庭園にある盆栽苑に行ってみると鉢植えの福寿草があった。
昭和記念公園201102-8
福寿草のお正月飾りのイメージはこんな感じだね。下は自然の中の福寿草。
昭和記念公園201102-9
日本庭園の梅は思ったほどでもなかったので、花木園の梅園に向かう

これはシナマンサク、マンサク科。
昭和記念公園201102-11
枯れ葉がたくさん残ったまま花が咲いているのが不思議というか特徴。
昭和記念公園201102-12
下が普通(?)のマンサク。これは京王百草園で撮った写真。
昭和記念公園201102-13

花木園の梅園では梅を写生中。写真をバシバシ撮るのもいいけど、こうやって絵を描くのもいいなぁ
昭和記念公園201102-10
ということで、持参した色鉛筆で描いてみた
昭和記念公園201102-14
なんてね
これは撮った写真を色鉛筆画風に加工したもの、こんなにうまく描けたらいいんだけどね。

昭和記念公園(Vol.27)
(撮影 2011年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園 節分草

12月のイルミネーションに続いて、現在(2011年1月)の昭和記念公園の様子、もちろん昼間
昭和記念公園201101-12
全体的な色合いがまさに「冬」って感じ。サイモン&ガーファンクルの「冬の散歩道」でも聴きながら散歩したい気分

ここはみんなの原っぱ東花畑。「ナノハナを育てています」と書かれた看板。
昭和記念公園201101-9
こうした地道な下準備と手入れがあるからこそ、きれいな菜の花畑を見ることができるんだろうね。

この時期一番たくさん咲いているのがクリスマスローズ、キンポウゲ科。後で出てくるセツブンソウも、先日高幡不動尊で見かけた福寿草もみんな同じキンポウゲ科。
昭和記念公園201101-11
クリスマスの時期に咲く、バラに似た花というところからついた名前。
昭和記念公園201101-2
うつむき加減の花なので、下から撮るのが大変。

もう1つこの時期はおなじみのスノードロップ、ヒガンバナ科。ヒガンバナと聞くとどうしても秋のイメージだけど、スノードロップは春を告げる花。
昭和記念公園201101-10
まだ咲いているのは少なかったが、こちらもうつむき加減・・・

ロウバイ、ロウバイ科。バラ科サクラ属の梅とは違う。この時期はいろいろなところでいい香りを漂わせている。
昭和記念公園201101-8

ここは秋にも来たコスモスの丘。丘全体がしっかりと養生中
昭和記念公園201101-6
この丘は秋にはこんなコスモスの丘になる。
昭和記念公園201101-13
(これは2010年10月に撮った写真)

今回昭和記念公園に来た目的はこのセツブンソウ(節分草)、キンポウゲ科。
白い花びらに見えるのはガクだそうで、花びらとガクの学問的な違いは私にはよくわからないがアジサイでおなじみのパターン。
昭和記念公園201101-5
名前の通り節分の頃に花を咲かせるそうで、花の少ない早春にいち早く咲くこの小さくて可憐な花の人気は高いそうだ
奥に写っている松ぼっくりと比べると、その小ささがわかる
昭和記念公園201101-4
セツブンソウや福寿草はスプリング・エフェメラルと呼ばれる。
昭和記念公園201101-3
スプリング・エフェメラルは「春のはかない命」という意味で、春先に花が咲きそのあと葉をつけるものの短い期間で枯れてしまい、その後、地下(地下茎や球根)でずっと過ごす草花のこと

「はかない命」というもの地下でしっかり生きているので、決してはかなくはない。どちらかというと短い期間にさっさと必要なこと(受粉、光合成、養分蓄積)を済ませて、あとは地下でゆっくりしているチャッカリ者かもしれない

福寿草の他にはカタクリ、ショウジョウバカマ(ともにユリ科)があるそうだ。これらは京王百草園や高幡不動尊の山でも見ることができる

昭和記念公園201101-7
今年の冬は寒いというのに、梅ももうしっかり咲き始めている。
昭和記念公園201101-1
紅梅と白梅 桜のように派手ではないのが、まだ寒いこの時期らしいけど、写真に撮るとまとまりがなくなってしまう。難しいなぁ

昨年2010年2月にこの昭和記念公園シリーズ(勝手に命名)を初めて1年。毎月のように通って今回が25記事目。年間を通じていつも見所がある公園だということがよくわかったので、今回年間パスポートを作った
さぁ、今年は何回行くことができるかな

昭和記念公園(Vol.25)
(撮影 2011年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園(Vol.1)クリスマスローズとスノードロップ

東京はこの週末は天気が良くなって10日ぶりに最高気温が10℃を上回るという予報だった
高幡不動尊にお参りした後、梅まつりで混雑しているであろう百草園に行くのはやめて、昭和記念公園に行ってみた

昭和記念公園は子ども達がまだ小さい頃に、コスモスや桜を見るためと夏のプールで数回来たことはある。でもその時は車で来たのでモノレール&徒歩で行くのは初めて、だからいままでちょっと行くのをためらっていた車の方が全然楽だからね・・・

高幡不動から多摩モノレールに乗って12分の立川北駅から徒歩10分ほどで昭和記念公園あけぼの口に到着。思っていたよりもずっと近かった
昭和記念公園201002-1
あけぼの口から園の中央部分に行く途中の「浮遊の庭」から立川駅北口周辺のビルを見たところ。私が新社会人になって住んだ頃の立川駅周辺とは全然違っていて再開発ですごくきれいになった。もうずいぶん前からなんだけどね・・・

見た目がちょっと重厚な感じでここは国営の公園です!って感じがする
でも入園料が400円するんだよね何度も来るならば年間パスポート(4000円)を買った方がいいかもしれない
昭和記念公園201002-9
しかし入り口は近かったけど、公園があまりに広くて、今回の目的地である「花木園」まではかなり遠い。運動になっていいと思ってひたすら歩く

このあたりが花木園かなって思ったらいきなりクリスマスローズがたくさん咲いていた
昭和記念公園201002-3

福寿草と同じキンポウゲ科のクリスマスローズ。いろいろな方のブログでよくみるんだけど、写真を撮るのは初めてかも
昭和記念公園201002-2
クリスマスの頃に咲く、バラに似た花ということで名付けられたんだけど、日本でよく見る品種は春先のこの時期に咲く品種なんだそうだ
そうだったんだ、ちょっと名前に違和感があったんだけど、ちゃんとクリスマスの頃に咲く品種があるんだね、解決した

クリスマスローズのちょっと先にはスノードロップもたくさん咲いていた
昭和記念公園201002-5

ヒガンバナ科のスノードロップ。この花も春を告げる花とされていているが、別名がマツユキソウ(待つ雪草)。春を告げるのに雪を待っちゃうの
昭和記念公園201002-4
スノードロップは「雪のしずく」とも「雪の耳飾り」とも言われるそうだが、なんともかわいい花
昭和記念公園201002-6
この緑色のアクセントがなかなかいんだけど、もう少し春になると咲き始めるスノーフレーク(鈴蘭水仙)にも少し似ている。実はスノーフレークの緑のアクセントの方がかわいいと思う
スマナイね、スノードロップ・・・でも名前はスノードロップの方が素敵だよ

クリスマスローズもスノーフレークもうつむき加減の花で写真が撮り辛い
でも下ばかり見ていてはいけない、頭の上ではマンサクの花が咲いていた。
昭和記念公園201002-7
マンサク科のマンサク。まだちょっと時期が早いかな、これからが楽しみ

これはコブシの蕾かな。山の中でコブシが咲いているとその部分だけが真っ白に輝いて見えてすごくきれいだよね
昭和記念公園201002-8
コブシはモクレン科。近くで見れば違いはわかるんだけど、遠くから見るとモクレンの花なのかコブシの花なのかちょっとわかり辛い。

昭和記念公園を写真を撮りながら歩いたのは今回が初めて。何人もの方に写真を撮るならば昭和記念公園はいいよと薦められていたけど、確かにすごく楽しみな場所

新宿御苑もいいところだなぁって思ったけど、こちらの方が家から近いからね。今度行くときは年間パスポートを買おうかな

ただ高幡不動尊や百草園と違って無茶苦茶広いけど・・・それだけ運動しろってことだね

(撮影 2010年2月)
ブログランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ