ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

スカイツリー

レインボーブリッジからの眺め 東京湾岸

東京湾岸
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.10 レインボーブリッジ東京湾岸
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.10 レインボーブリッジ東京湾岸
 D500 with AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  2016.10 レインボーブリッジ

レインボーブリッジから都心方向の眺め。東京タワー(1枚目)やスカイツリー(3枚目)を見ることができます。

レインボーブリッジ(2枚目)がレインボーカラーの特別ライトアップでなかったのがちょっと残念。

相変わらず三脚を使わず手持ち撮影なのでISO3000以上で画質はいまひとつ。

特に3枚めはISO5000でさらにトリミングもしているのでちょっと厳しいかな(汗)。


京王百草園 八重寒紅

1月の3連休最終日の京王百草園の様子。

ホームページに園内で毎年一番最初に咲く梅が咲いたという情報があったので行ってみた。
 京王百草園201401-3
木々の葉が落ちて妙に明るい感じの階段をのぼる。
京王百草園201401-15
年末にホームページでロウバイが1花だけ咲いたという情報を見て訪れたが、どこで咲いているのか結局見つけることができなかった。そのためブログの記事にもできなかった(涙)

でも毎年一番最初に咲く梅はわかっている。訪れてみるとやはりこの梅「八重寒紅(ヤエカンコウ)」だった。
京王百草園201401-7
実はこの3連休の初日に昭和記念公園のホームページで梅が咲いたという情報を見て訪れたが、咲いている姿を見つけることができなかった。昭和記念公園は広いからね・・・
 
今年最初の梅を京王百草園で撮ることが出来てよかった。
京王百草園201401-6
 京王百草園には数本のバラがある。梅はバラ科だけどちょっと似ているかも(笑)。
京王百草園201401-8

年末に訪れた時には咲いている姿を見ることができなかったロウバイ、ロウバイ科も見頃になっていた。
京王百草園201401-14
蝋細工のような梅に似た花が名前の由来。
京王百草園201401-9
古いランプが光っているようにも見える。
京王百草園201401-4
周辺にはロウバイの独特の甘い香りがしていた。

年末から咲いている日本水仙、ヒガンバナ科も見頃。
京王百草園201401-5
この花が咲くと春が近い。というか冬の峠を越えた気分。
京王百草園201401-1
 青空を背景に見ると、ますます春が近いような気分になる、
京王百草園201401-13

この時期は見晴台からの眺めがよい。
BlogPaint
上はスカイツリー(ハート)と新宿の高層ビル・都庁(音符)が、下には東京タワー(星)と六本木ヒルズ(クローバー)が見えている。
BlogPaint
見晴台の反対側は富士山、でかい。
京王百草園201401-12

若山牧水歌碑前のベンチからはうっすらとだけど筑波山(高さ877m、距離約90km)も見える。
京王百草園201401-2
真ん中の黒いスカイタワー西東京(高さ195m、距離約13Km)の後ろが筑波山。
ということは、筑波山からこの京王百草園が見えるということだね。

 (撮影 2014年1月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

京王百草園 梅まつりが始まったけど・・・

京王百草園が一番賑わう行事、梅まつりが2月4日(土)から始まった。
京王百草園201202-1
今年は梅の開花がすごく遅れていて、1月に入ると咲き始める極早咲きの八重寒紅(ヤエカンコウ)でさえ前回訪れた時(1月7日)にはまったく咲いていなかった。

ちょっと心配だったが、この日(2月12日)はさすがに八重寒紅は咲いていた。
京王百草園201202-16
でも、それ以外は入り口付近の白梅が少し咲いているだけ・・・京王百草園201202-5
いまでもまだロウバイが一番見頃。
京王百草園201202-4
受付の方に聞いてみると、梅の開花はほぼ1ヶ月遅れているとのことだった。

ホームページなどにも書かれているので、今年は梅の開花が遅れているのはわかっているようで、訪れている人もまだそれほど多くはない。
京王百草園201202-7

その他に咲いていたのは日本水仙と寒咲アヤメ、そして寿昌梅の回りで福寿草が咲き始めていた。
京王百草園201202-9
春の日射しを少しでもたくさん受けようと、目一杯花を開いている感じ。
京王百草園201202-8

この時期ならではの見晴らし台からの展望。
BlogPaint
普通に肉眼で見た感じだとこれぐらいの大きさでスカイツリー(音符)と東京タワー(星)が見える。
京王百草園201202-14
私の持っている望遠レンズで目一杯アップ(35mmで460mm相当)で撮ったら、ここに出ている案内と同じぐらいの望遠写真になった。
京王百草園201202-11
同じ望遠で東京タワーあたりはこんな感じに見える。
BlogPaint
東京タワーの右側がたぶん六本木ヒルズ(リボン)。

見晴台の反対側には富士山。さすがにでかくて存在感がある。
京王百草園201202-10
これだけいろいろ遠くまでよく見えるってことは、まだまだ冬の空気。
梅が満開の頃は春霞でこんなにきれいに見ることができなくなってくる。それはそれでいいんだか悪いんだかなんだけど

京王百草園の梅まつりは2月4日(土)から3月18日(日)まで

最寄り駅の京王線百草園駅から徒歩10分ほどの近さだけど、途中に思わずひるむぐらいの急坂がある。足もとが不安な方は聖蹟桜ヶ丘か高幡不動からタクシーがお勧め。ただし百草園の中も登り下りが多いので、足慣らしとしてはこの急坂を登って行った方がいいかもしれない。

ちなみに駐車場がないので車で行った場合は、川崎街道の百草園駅付近にあるコインパーキングに駐車することになる。でも、そこから百草園まで歩くと結局その急坂を登ることになるから車で行く意味が半減することにご注意を

(撮影 2012年2月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

レインボーブリッジからの夜景

ベイブリッジ夜景201010-2
前回はレインボーブリッジからお台場方向の夜景がメインだったけど、今回はレインボーブリッジから竹芝や晴海など都心方向の夜景

お台場側がA面だとすると、こちら側はB面かな。しかしA面、B面と言ってもそれ何の話?っていう時代になりつつある
ベイブリッジ夜景201010-10
まだ明るい時間帯。中央の高いビルの右側に建設中のスカイツリーが見えている。
ベイブリッジ夜景201010-8
少しアップの写真。ビルに反射した海の輝きがすごいな

東京タワーがある方向、上の写真より少し左側。この場所からだと東京タワーとスカイツリーを1枚の写真に納めるのはちょっと大変かな。
ベイブリッジ夜景201010-9

夕暮れのレインボーブリッジ。封鎖はされているわけではなく渋滞で都心に向かう車線に車が止まっている
ベイブリッジ夜景201010-7
お台場前の集結場所を目指す屋形船かな。

ベイブリッジ夜景201010-4
上下2層構造になっているレインボーブリッジの上層の首都高速11号台場線は渋滞しているが下層の都道はしっかり流れている。下段の中央には新交通システム・ゆりかもめも走っている

ベイブリッジ夜景201010-5
甲板に人が出ているのが見える、まだこの時間帯だとそれほど寒くはないから外に出ると気持ちいいだろうな。

ベイブリッジ夜景201010-6
夕日は海ではなく、都会のビルの向こう側に日が沈んだ・・・

夜間照明のレインボーブリッジ、ジグソーパズルにこんな絵柄あったような。
ベイブリッジ夜景201010-3
この時間帯が一番きれいに見えるかも

ベイブリッジ夜景201010-1
日が沈んでかなり暗くなってきた状態。この写真を撮ったあと、急いでお台場側(A面)に戻ったので、こちら側(B面)の夜景はここまで

東京タワー側はそれほどアップにならないので、ザラついているもののブレなどはあまり目立たない写真が撮れてよかった
写真を撮っていて気がついたが、このレインボーブリッジはトラックなどが走ると結構揺れるので、三脚を使っても撮るタイミングが悪いとブレてしまうかもしれない

(撮影 2010年10月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ