ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

スイレン

京王百草園 初夏の花々

梅雨入り間近の京王百草園の様子。初夏の花々が咲いていた。

ブラシノキ、フトモモ科。ビンを洗うブラシに似ていることでついた名前。
京王百草園201806
下は少し色が違う品種。こちらの写真の方がブラシらしい姿がわかる。
京王百草園201806

心字池ではスイレン、スイレン科が咲いている。
京王百草園201806
下はあまりみかけない黄色いスイレン。
京王百草園201806
春先はたくさんオタマジャクシが泳いでいたので、そのうちカエルが葉の上にいるところが撮れるかもしれない。

ホタルブクロ、キキョウ科。
京王百草園201806

これはキスゲ(黄菅)、ユリ科。ニッコウキスゲだろうか・・・?
京王百草園201806

アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)、アカバナ科。夕方に花が咲くことからついた名前だけど、昼間に咲くこともあるそうだ。
京王百草園201806
この時期はわりとよく見かけるすごく小さな花。

もちろんアジサイも咲いている。
京王百草園201806
竜安寺垣だろうか、こういう竹垣越しのアジサイを見ると日本庭園らしさを感じる。
京王百草園201806

東屋とアジサイ。これも京王百草園らしい風景。
京王百草園201806
すでに西洋アジサイがかなり咲いている。
京王百草園201806
大勢の人がアジサイを見に訪れる高幡不動尊と違ってここは訪れる人がかなり少ない。
山アジサイも咲いている。中心部分の花もしっかり咲いている。
京王百草園201806
これは墨田の花火。
京王百草園201806

ここは梅の名所だけあって、見上げるとたくさん梅がなっている。
京王百草園201806

そして梅の天日干し。
京王百草園201806
売り出さないのかなぁ。

(撮影 2018年6月3日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 


昭和記念公園 日本庭園の様子

5月晴れの昭和記念公園日本庭園の様子

東京の平年の梅雨入りは6月5日だそうだ。梅雨になるとこんな青空はしばらく見ることができなくなるだろう。
昭和記念公園201805
この池も清掃のために水を抜いてしまうそうだ。6月4日(月)から水抜き作業が始まるそうだが、これから雨の季節だから、大雨が降って水が溜まってしまったりして・・・(汗)

昭和記念公園201805
池に突き出して建てられている清池軒。

日本庭園でも花菖蒲が咲いている場所がある。
昭和記念公園201805
鑑賞しやすいように木道が作られている。

昭和記念公園201805
もう今頃は見頃になっていると思うけど、この日の花菖蒲はまだ見頃前の状態。
昭和記念公園201805
ここでは花菖蒲とスイレンが一緒に鑑賞できる。
昭和記念公園201805

これはハーブ園で咲いているニゲラ、キンポウゲ科。ニゲラはラテン語のNiger(黒い)が語源で、香辛料にもなる黒い種がなるので別名が黒種草。
昭和記念公園201805
なんだか変わった形の花だけど、青色の花はヤグルマギクに似ているように見える。
昭和記念公園201805

アリウム・ギガンチウム、ユリ科。ネギに似た花なので別名ハナネギ(花葱)。
昭和記念公園201805
小さな花の集合体で大きさはソフトボールぐらいある。
昭和記念公園201805
紫色の巨大ネギ坊主ってことだね。

昭和記念公園(Vol.270)
(撮影 2018年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      


昭和記念公園 花菖蒲咲き始め

まさに五月晴れになった5月20日の昭和記念公園。
ちなみに「五月晴れ」は本来は6月(旧暦の5月)の梅雨の晴れ間のことを意味し、新暦の5月の晴れのことではなかったが、最近はそのまま誤用が定着して5月の晴れにも使われるようになったそうだ。

前日は最高気温が25℃を越える夏日となったが、予想最高気温21℃。カラッとしていて風がすがすがしい。
昭和記念公園201805
紫外線はちょっと強いけど最高の散歩日和。

この日最初に訪れたのはここ、花木園の菖蒲田。
昭和記念公園201805
ハナショウブ(花菖蒲)、アヤメ科がチラホラと咲き始めているが、まだ写真を撮っている人は少ない。

昭和記念公園201805
花びらの根本に黄色い筋、そして葉は細めで筋がある。これが花菖蒲の特徴。
昭和記念公園201805

野生のノハナショウブ(野花菖蒲)を品種改良した園芸品種。
昭和記念公園201805
古くから栽培され菊と同じように江戸系、肥後系、伊勢系などのいくつかの系統がある。

端午の節句のしょうぶ湯はハナショウブとは別のサトイモ科のショウブの葉を使う。ただハナショウブは葉がこのショウブの葉に似ていてきれいな花が咲くことから付けられた名前だそうだ。なんだかややこしい。
昭和記念公園201805
このハナショウブのことをアヤメと呼ぶことも多く、アヤメまつりで鑑賞するのはこのハナショウブだったりするので、いろいろとややこしい(笑)
昭和記念公園201805

花菖蒲の隣の池では少し前からスイレン、スイレン科が咲いている。
昭和記念公園201805
この日は本当にいい天気で青空が水面に映っている。
昭和記念公園201805
いい天気なので亀が甲羅干しをしている。でもここはちょっと不安定な場所じゃないかな(笑)
昭和記念公園201805
このあと、同じようにハナショウブとスイレンが咲く日本庭園と、ブーケガーデンになっているみんなの原っぱ西花畑に向かう。

昭和記念公園(Vol.268)
(撮影 2018年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

昭和記念公園 ヤマボウシ

ゴールデンウィーク翌週の昭和記念公園。花の丘以外の様子。

立川口のカナールと噴水、小さいけど。両側のイチョウ並木はもうきれいな新緑。
昭和記念公園201805

この時期きれいにさいているのはヤマボウシ(山法師)、ミズキ科。
昭和記念公園201805
花の中央の花穂を坊主頭に4枚の花びらを白い頭巾に見立てて、比叡山延暦寺の山法師になぞられた名前なんだそうだ。想像力豊か(笑)。
昭和記念公園201805
同じミズキ科のハナミズキ(花水木)に似ているが半月ぐらいあとから咲く。夏には怪獣の卵みたいな実がなる。

ハニーサックル、スイカズラ科。単にスイカズラ(吸葛)とも呼ばれる。
昭和記念公園201805
なんだかスイカズラって白い花っていうイメージがあるんだけど。

カルミア、ツツジ科。北アメリカ原産でアメリカシャクナゲ(石楠花)とも呼ばれる。
昭和記念公園201805
蕾がコンペイトウ(金平糖)みたいでかわいい。金平糖でカルミアとくるとカルミンが食べたくなる。でもカルミンは2015年3月末で生産を終了しているんだよね・・・残念。
昭和記念公園201805
こうやって見ると確かにシャクナゲ(石楠花)にも似ているかな。

マルバセージ、シソ科。花はセージと見分けがつかないから、葉が丸いセージかな。
昭和記念公園201805

チャイブ、ユリ科。別名セイヨウアサツキ(西洋浅葱)。
昭和記念公園201805
花がチャイブに似ている、アカツメクサ(赤詰草)、マメ科。でもチャイブはハーブとして使われるけど、このアカツメクサは牧草かな(笑)。
昭和記念公園201805

エゴノキ、エゴノキ科。庭木としても見かける。
昭和記念公園201805
実の皮が有毒で口に含むとエグイ味がするからついた名前だそうだ。

花木園菖蒲田のスイレン、スイレン科、奥の緑はハナショウブ。
昭和記念公園201805
この日はまだハナショウブは咲いていなかったけど、ホームページによるとそろそろ咲き始めたようだ。

昭和記念公園(Vol.267)
(撮影 2018年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

京王百草園 あじさい散策

1ヶ月ぶりに京王百草園に行ってみた。
京王百草園201706
梅まつりと紅葉まつりの時期以外は人が少ない京王百草園。

「小さな和庭園のあじさい散策」がこの時期の京王百草園のキャッチコピー。
京王百草園201706
東屋や竹垣のそばであじさいが咲く光景が百草園らしい。
京王百草園201706

京王百草園201706
高幡不動尊だと一面に青色系の西洋あじさいが咲くけど、ここは色々な色が咲く。
京王百草園201706
それでもあじさいは青色系の花が多い。

京王百草園201706
数は多くないけど額あじさい(上)や山あじさい(下)も咲いている。
京王百草園201706
見晴らし台がある丘の反対側でもたくさんの西洋あじさいや額あじさいが
咲いているんだけど、何年か前から反対側には行けなくなってしまっている
ので、鑑賞できるあじさいの数はそれほど多くない。

心字池ではスイレンが咲いていた。葉っぱの上にカエルがいると絵になるんだけどね・・・
京王百草園201706
そしてスイレンの近くに花菖蒲。この時期らしい花は一通り咲いている。
京王百草園201706

ホタルブクロ、キキョウ科。
京王百草園201706
ハナザクロ、ザクロ科。
京王百草園201706
花を楽しむザクロの園芸品種。
京王百草園201706

京王百草園のあじさいはこれから6月下旬にかけてが見頃。
高幡不動尊と違って、人が少ないなかでゆっくりあじさいを見ることができる。

(撮影 2017年6月17日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園 ポリジ

昭和記念公園の花の丘以外の花。

まずはたくさんの白い花が下向きに咲いているエゴノキ、エゴノキ科。
昭和記念公園201705
花が散ると木の下が真っ白になる。それで近所にこの木がわりとたくさん庭木として
植えられていることに気がついた。
昭和記念公園201705

花木園の菖蒲田。ここは花菖蒲がきれいに咲くんだけど、木道が新しくなってから、
肝心の花菖蒲がいまひとつのような気がする。
昭和記念公園201705
ここで花菖蒲がきれいに咲くのはあと1ヶ月ぐらい先かな。
昭和記念公園201705
菖蒲田の横で咲くスイレン、スイレン科。
昭和記念公園201705
この葉の上にはカエルがいてほしい。

菖蒲田そばのハーブ園で咲くチャイブ、ユリ科。
昭和記念公園201705

そしてこの時期にハーブ園に来るお目当はこの花。ポリジ、ムラサキ科。
昭和記念公園201705
別名スターフラワーと言われるように、きれいな星型の花。
昭和記念公園201705
色も爽やかな青色。もっと近くに寄って花を下から撮りたいんだけど・・・
昭和記念公園201705
今年は花の近くに寄って撮れない場所に植えられていてちょっと残念。

カルミア、ツツジ科。別名アメリカシャクナゲ。
昭和記念公園201705
蕾がチョコレートのお菓子アポロに似ている。

ここはトンボの湿地。人口の湿地にトンボの幼虫(ヤゴ)が生息している。
昭和記念公園201705
なんという名前がわからないけど、早くもトンボがたくさん飛んでいた。
昭和記念公園201705

これはシオカラトンボかな?
昭和記念公園201705

もうアカトンボが飛んで秋の雰囲気だ(笑)
昭和記念公園201705
このあと、原っぱ西のカリフォルニアポピー、リナリア、ヤグルマギク、
カスミソウがミックスされたミックスフラワーの花畑を見に行った。

昭和記念公園(Vol.211)
(撮影 2017年5月21日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動尊(05/14) ひの新選組まつり

この週末は、高幡不動尊周辺(高幡不動会場)と日野駅周辺(日野宿会場)でひの新選組まつりが
開催される週末であったが、土曜日は1日中雨・・・

日曜日はどんより曇り空だったが雨は降らず、逆に衣装を着る人にとっては暑くなく
ちょうど良いぐらいの天気になった。 
高幡不動尊201705

不動堂の前は比較的人が少ない。
高幡不動尊201705
あじさいの季節が近くなってきて、宝輪閣前には鉢植えのあじさいが飾られていた。
高幡不動尊201705
山内のあじさいの自生地でも、山あじさいがほんの少しだけ咲き始めて咲いている。
高幡不動尊201705
早いもので今月末には山あじさいが咲く時期になる。

ひの新選組まつりは10:00から高幡不動尊参道で隊士パレードが行われたが、
私が高幡不動尊に到着した時は、パレードは終わっていて無外流鵬玉会が
土方歳三像前で演武を行っていた。
高幡不動尊201705
土方歳三像の前で演武が行えるのは、新選組ファンならばきっと感慨深いだろう。

朱印所前に浅葱色の羽織を纏った大勢の隊士の姿と会津藩の軍旗が見える。
高幡不動尊201705

高幡不動尊201705

どうやら参道での隊士パレードが終わったあと、ここに集合し、これから日野宿会場での
隊士パレードに向かうところだったようだ。
高幡不動尊201705
高幡不動尊から日野駅まで割りと距離があるけど、この隊列で歩いていくのだろうか・・・
結局、私の今年のひの新選組まつりはこれで終了(汗)。

毎年、ここ大日堂前で咲くシャクヤク(芍薬)、ボタン科。
高幡不動尊201705
シャクヤクは以前はキンポウゲ科とされていたらしく、ここの看板にもキンポウゲ科と
書かれていた。

弁天池で咲き始めたカキツバタ。
高幡不動尊201705
ゴールデンウィークに見たアヤメはもう枯れていた。
高幡不動尊201705
こちらはスイレン(睡蓮)、スイレン科。手前はまだ蕾の額あじさい。

高幡不動尊201705

これはムサシアブミ、サトイモ科。毎年京王百草園などでは見ていたが、高幡不動尊で
見たのは初めて。

今週の高幡不動Vol.443
(撮影 2017年5月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ     

昭和記念公園 菖蒲田

昭和記念公園の菖蒲田。花菖蒲が見頃になっていた。
昭和記念公園201605-1
昨年、木道が改修されてきれいになった。
昭和記念公園201605-5
しかも少し広くなって歩きやすくなったような気がする。

ハナショウブ(花菖蒲)、アヤメ科。花菖蒲は紫陽花と並んで梅雨時の代表的な花。
昭和記念公園201605-2
花菖蒲の原種は山野の咲いている野生の花菖蒲(野花菖蒲)で、この
野花菖蒲を改良した日本産の園芸植物。
昭和記念公園201605-3

花菖蒲の名前は、葉が菖蒲に似ていて、きれいな花が咲くから付いた名前。
昭和記念公園201605-4

花菖蒲は江戸系、肥後系、伊勢系、長井系の4系統があるそうで、同じ古典園芸植物の
菊にも江戸系、肥後系、伊勢系がある。
昭和記念公園201605-6
これは肥後系の曲水の詩。名札がついていたんだけど、ちゃんと名前を記録した
のはこの花だけ(汗)

日本各地で開催される「あやめ祭り」の花は実は花菖蒲であることが多いそうだ。
昭和記念公園201605-7
あやめと花菖蒲を間違えて祭りの名前にしてしまったことが原因らしい。
確かのあやめにはこんなたくさんの花のバリエーションはない。

花菖蒲は花の中央部分に黄色の筋があるが、あやめは網目模様がある。
昭和記念公園201605-9
なんだかこの花はダッジアイリスに似ている。

昭和記念公園201605-8
これは和紙でできるみたいな花。花菖蒲は5000種類ぐらいの種類があるらしい。

昭和記念公園201605-11
菖蒲田の横にはスイレンの池。
昭和記念公園201605-10
関東甲信地方も本日6月5日梅雨入り。平年より3日早く昨年より2日遅いそうだ。
雨は嫌だけど草木には大切な雨だからね。

 昭和記念公園(Vol.168)
(撮影 2016年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   

京王百草園 静かにアジサイ鑑賞

春は梅まつりで賑わった京王百草園でもこの時期らしくアジサイが咲いている。
京王百草園201506-1
たくさんのアジサイがずらっと並ぶような派手さはないけど、日本庭園に静かに咲くアジサイを
ゆっくり鑑賞することができる。
京王百草園201506-2
落ち着いた雰囲気のアジサイもいいよね。
京王百草園201506-9
京王百草園は山アジサイよりも西洋アジサイがメイン。 

ゴールデンウイークごろはきれいに花が咲いていた藤棚。
京王百草園201506-5
 
これはムラサキツユクサ(紫露草)、ツユクサ科。
京王百草園201506-6
ムラサキツユクサは鮮やかな青と黄色いシベのツユクサと違ってかなり背が高い。

初夏の花、ホタルブクロ、キキョウ科。
 京王百草園201506-8

こちらも夏を感じる花、アザミ、キク科。
京王百草園201506-10

心字池ではスイレン、スイレン科がきれいに咲いていた。
京王百草園201506-7
下は心字池の端の様子。池の中に森がある。
京王百草園201506-4
私のお気に入りの場所。

見上げると梅の木にはたくさんの実が成っている。
京王百草園201506-11
松連庵の前で梅が干してあった。
京王百草園201506-3
百草園の梅として売り出せばいいのにね(笑)

百草園入口前の看板。
京王百草園201506-12
ペットを連れての入園はお断りします。と書かれているので空之介と一緒に来ることができない・・・

(撮影 2015年6月7日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 
 

今週の高幡不動(07/28)静かなお不動さんの日

毎月28日は高幡不動尊で市がたつお不動さんの日。この日が週末に重なるのは年に3、4回。
7月28日は日曜日となったため、久しぶりにお不動さんの日に高幡不動尊を訪れることができた。
 高幡不動201307-5
普段の週末よりは参拝者が多い境内。

お不動さんの日に訪れる人は年齢層高めなので、普段の縁日ではあまり見かけない漬物や乾物などの店も出る。
 高幡不動201307-9

でも、真夏に露店は大変なんだろうね。この日は出ている店の数が極端に少ない。
高幡不動201307-8
この写真で見ても奥の方に少し見える程度。

あじさいまつりが終わった後の高幡不動尊は真夏のお休み時期に入り、10月下旬の菊まつりまで、しばらくは静かな境内となる。
すなわちブログネタも少なくなるということ・・・(汗)
真夏は境内で見ることができる花もちょっと一段落してしまう。

大日堂前で咲いている鬼百合。
高幡不動201307-2
弁天池まわりで咲いているカサブランカ。お不動さんのイメージとは少し違うかな。
高幡不動201307-3
やはりハスの花は高幡不動尊のイメージに近い。
高幡不動201307-7
 そしてスイレン。
高幡不動201307-4

山の中を訪れる人も少なくなる時期。
高幡不動201307-6
お地蔵さんがノンビリできる時でもある。でも暑いけど・・・

 PENTAX K-5 と DA 18-270mm F3.5-6.3ED SDMの組み合わせで、撮っている最中にいきなり「MFモード」になってしまう困ったトラブル。
レンズの不具合ということで修理に出し、2週間ほどで戻ってきたのでさっそく散歩に持って出たら、頻度はかなり減ったもののやはり「MFモード」になる現象が出る
ためしにK-7と組み合わせるとこの現象はまったく出ないので、サービスセンターの方と相談した結果、次は本体(K-5)とレンズを一緒に修理に出すことに・・・お盆休みがあるので月末近くまで帰ってこないようだ

 今週の高幡不動Vol.276
(撮影 2013年7月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

昭和記念公園(2013年6月)花菖蒲咲き始め

6月最初の週末の昭和記念公園の様子。
梅雨時の昭和記念公園の楽しみはアジサイ(紫陽花)とハナショウブ(花菖蒲)。

この日の花木園菖蒲田はやっと咲き始めたばかりの状態。今頃はもっとたくさん咲いていると思う。
昭和記念公園201306-1
ハナショウブ、アヤメ科は、菖蒲に似た葉を持ち美しい花を咲かせることからついた名前。

ここのハナショウブにはちゃんと名前の書いた看板がある。これは「五湖の遊び」
昭和記念公園201306-5
近づいてよく見ても名前の由来はわからない(笑)
昭和記念公園201306-4五胡の遊
花の中央の黄色い筋がハナショウブを見分けるポイント。

どちらかというと、この日は花木園菖蒲田すぐ横のスイレンの方が見頃。
ちょっと遠景で見ると、これはスイレンなのハスなの?と思う。でもハスはもっと茎が長くて花が水面より高いところで咲く、花びらもちょっと違う。実は熱帯のスイレンは茎が長くて水面より高いところ咲くらしいけど(汗)。
昭和記念公園201306-2
スイレンを漢字で書くと睡蓮。決して水蓮ではない。ハス(蓮)に似ていて、明るくなると開き、暗くなると閉じることからついた名前だそうだ。
昭和記念公園201306-3
スイレンという名前は園芸種の名前で一般的にはスイレン属の総称。日本で自生するのはヒツジグサ(未草)の1種類のみで、あとは野生種を交配して品種改良されたものなんだそうだ。

アジサイもまだこれからだった。花木園菖蒲田横の大きなアナベルはまだ薄緑色。
昭和記念公園201306-6
このアナベルが真っ白になって真夏の太陽に輝く日にまたここを訪れたい。

昭和記念公園のハナショウブは日本庭園にもあるが、まだこれからのお楽しみ状態だった。
昭和記念公園201306-8
ここは水面に映ったハナショウブの姿がきれいなところでもある。下は昨年撮った写真。
昭和記念公園201306-12
チャンスがあればまた今年も狙いたい。

これは人気の花、タイサンボク、モクレン科。
昭和記念公園201306-7
高いところに咲く大きな花。

園内のいろいろなところでスカシユリがたくさん咲き始めていた。
昭和記念公園201306-9
いろいろな色があって梅雨時に元気がもらえる花。
昭和記念公園201306-11
白い花を見るとカサブランカやヤマユリが咲くのを期待してしまうが、これらオリエンタル・ハイブリッドと呼ばれる品種はまだこれから。
昭和記念公園201306-10
我が家の玄関先に昨年神代植物公園で買ったカサブランカを植えた。
モグラが出没した時は、球根を食べられてしまったのではないかと心配したが、春先に芽が出て順調に育っている。きれいな花を咲かせてくれる日が楽しみ。
昭和記念公園のカサブランカとどちらが先に咲くかな。

昭和記念公園(Vol.88)
(撮影 2013年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

昭和記念公園(Vol.12)水辺など

6月最初の週末、まだ梅雨入り前の昭和記念公園の水辺の様子。もう6月も終わりだから早くアップしないと昭和記念公園水辺201006-11

この時期に(と言っても1ヶ月近く前だけど)水辺と言えば・・・ハナショウブ
昭和記念公園水辺201006-9
昭和記念公園でもきれいにハナショウブが咲いていた。
昭和記念公園水辺201006-2
上の紫色はまさにハナショウブの色って感じがする。
昭和記念公園水辺201006-3
本当にいろいろな色の花があるものだ。
昭和記念公園水辺201006-5
下の白いのは少し花びらの形が他と違うように思うけど。
昭和記念公園水辺201006-8
ここは看板に名前が書いてある花もたくさんある。「夏姿」と書かれているが夏の浴衣姿のイメージかな?
昭和記念公園水辺201006-10
ハナショウブの見頃は6月中旬ぐらいだったようだ

ハナショウブのすぐそばにスイレンもきれいに咲いていた。
昭和記念公園水辺201006-4
白とピンクの並んで咲いている。でもカエルはいない・・・
昭和記念公園水辺201006-6
スイレン科のスイレンは、朝咲いた花が未の刻(午後1時〜2時)に萎んでしまうことから「ひつじ草」とも言われている
昭和記念公園水辺201006-7

水辺のそばのサクラの木に目を移すと、小さなさくらんぼがなっていた
昭和記念公園201006-15

この日は、この水辺を離れて紫のねぎ坊主があるお花畑に行った。これはケシ科のヒナゲシかな
昭和記念公園201006-16

このお花畑のそばには、雰囲気のあるイチョウ並木、結構長いよね
昭和記念公園201006-17
ここは是非、秋にまた(期待)来たいね
昭和記念公園水辺201006-1
昭和記念公園は今年4回目、ブログ1ダース(12回)分の記事になっているが、まだまだ全部を回ったわけではない。広いだけでなく、いろいろな花木が発見できる楽しい場所だ

(撮影 2010年6月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園のあじさい(2010年6月)

近くに高幡不動尊があるのでちょっと目立たないが、京王百草園にもアジサイがあるので、散歩の途中で寄ってみた。これは6月5日(土曜日)の様子

百草園に入ると入り口付近で鮮やかなオレンジ色の花が出迎えてくれた。これはニッコウキスゲかな。
百草園201006

百草園201006-1
山を登っていて、このニッコウキスゲが一面に咲いている光景を見ると、疲れが吹き飛ぶ。昔、谷川岳に登る途中の峠で、そのような光景を見たけど、いまでも思い出すぐらい素晴らしいものだった

ユリ科のニッコウキスゲ(日光黄菅)はゼンテイカ(禅庭花)とも言われるそうが、実はゼンテイカが和名でニッコウキスゲが別名と書かれたものもある。一般的にはニッコウキスゲの名前が広まっていると思うんだけど。ゼンテイカという名前もこの花が多く自生している戦場ヶ原を中禅寺湖の庭に見立てて、庭に咲く花という由来という説もあり、結局「日光」なんだね

これはフトモモ科のフェイジョア。なんだかこの前もフトモモ科の花があったと思ったらブラシノキだった。
百草園201006-2

百草園201006
ちなみに百草園にはブラシノキもあるが、この時期はすでに花は枯れている

心字池と藤棚。1ヶ月ほど前は藤棚がきれいだったんだけどいまはもう緑の中に埋まってしまっている感じ
百草園201006-5
ちょうど1ヶ月前(5月)の同じ場所、藤棚の様子
百草園201005

心字池のスイレン。春先にここでたくさんのオタマジャクシを見たので、カエルがどこかにいないか探してみた・・・
百草園201006-4

百草園201006-3
結構粘って探したんだけど、結局葉っぱの上にカエルはいなかった
アジサイとカタツムリ、スイレンの葉にカエル、絵になるんだけど、なかなかうまく見つからない。

百草園のアジサイは園内の小高い丘の向こう側がメインなので丘に上がって遠くを眺める。冬は新宿高層ビルまで見渡せるが、さすがにこの時期は視界がない
百草園201006-6

アジサイがたくさん咲いている場所に行ってみる。パッと見はよく咲いているように見えるけど、よく見ると花や葉っぱに元気がない百草園201006-7
元気そうな花もあるけど、全体としてしおれている感じがした。
百草園201006-8
裏からちょっと失礼しま〜す
百草園201006-9
ちょっとしおれているけど、良くみると白い花(ガク)の中心で青い花がさいてた
百草園201006-10
この日(6月5日)の受付の方の話では、今年は雨が少なすぎて百草園のアジサイはかなり遅れているそうだ。見頃は6月終わりぐらいになるかもしれないとのこと

その後、梅雨入りして雨も降ったので、いまはもっと元気に咲いているかもしれないね

散歩写真(vol.139)
(撮影 2010年6月5日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.81)京王百草園 スイレンとあじさい

「第26回あじさいまつり」が開催されていて人が多い高幡不動尊を離れて京王百草園に行ってみた
百草園0906-1
高幡不動尊と違って人がすごくすくない。緑が生い茂ってとても落ち着く雰囲気

受付の方に聞いて見ると、「そろそろあじさいがきれいに咲く時期なんだけど、今年は雨が少なくてあまり花に元気がないね」とのこと、そうかだから人も少ないんだね、ちょっと残念

日本庭園や東屋の間に咲くあじさいが見れるのがこの百草園のいいところなんだけど、確かにあまり花に元気がない感じがする
百草園0906-2百草園0906-3
(上写真右)またまた赤い変わった花、看板を見るとフトモモ科のフェイジョア。南米原産の果樹でパイナップルのような香りがする果実がなるらしい

心字池のスイレン(未草)。小さくてあまり派手ではないけど色の違うスイレンの花が咲いていた。この時は白の花が一番いい感じで咲いていたかな
百草園0906-6百草園0906-7
百草園0906-8百草園0906-9
(上写真右)最後の1枚は、花菖蒲と一緒に
残念ながらここでも、葉っぱにカエルの姿を見ることができなかった

京王電鉄の車内や駅のホームには「百草園のあじさい」のポスターを見かけるんだけど、この日は人がほとんどいなくてとっても静か。竹林が背景のあじさいもいいかな
百草園0906-5
こんな時は花にボリューム感がある西洋あじさいの方が似合うかも
百草園0906-4
これは6月14日(土)の写真、このところ雨が降っているので、もう少しあじさいも元気に咲いているだろう

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ
ちびたの詳細

ちびた

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち