ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

シュノーケリング

2011年沖縄 船浮とイダの浜

沖縄旅行(その4)8月2日午前中に回ったナーラの滝と水落の滝の続き。
2つの滝を巡ったあと、近くの船浮港に入ってちょっと休憩。
西表島船浮イダの浜201108-4

陸路がないこの船浮の集落に来るためには白浜港からの1日3〜4便の定期船を利用することになる。港の設備は最近整備されたのだろうか、なかなかきれいだった。西表島船浮イダの浜201108-2
船浮周辺の案内図があった。この地図であらためて、自分たちがいま通ってきた場所を再確認。西表島の西の端の方にいるんだなぁ。
西表島船浮イダの浜201108-3
この船浮の人口は約50人。天然の良港であるため古くから集落が形成され戦時中は日本軍の要塞があったそうだが、現在では真珠の養殖場と観光の集落。
西表島船浮イダの浜201108-1
もしここで生まれ育っていたら、いまの自分はどうなっていたんだろうなんて非現実的なことを考えてしまう。

休憩を終え、再びボートでイダの浜を目指す。
西表島船浮イダの浜201108-5

正面に見える白い浜がイダの浜。さきほどの船浮の集落から山道を20分ほど歩くと到着できるらしい。
西表島船浮イダの浜201108-12
イダの浜には人がいたが、すぐ右隣のイダの浜より狭い浜には誰もいなかったので、そちらの方へ上陸。
西表島船浮イダの浜201108-6

この浜唯一の日陰、この木の下でお弁当を食べる。
西表島船浮イダの浜201108-9
こんな景色をみながら・・・
西表島船浮イダの浜201108-11
まさに楽園
西表島船浮イダの浜201108-7
遠くに見えるのが外離島。学生時代にこの外離島と隣の内離島周辺でスキューバダイビングをしたことがあるが、その時も確か無人の浜に上陸して昼を食べた。写真も何も残っていないかすかなに残る記憶だけの世界。

足もとを見ると、サンゴのかけらとヤドカリがいっぱい。
西表島船浮イダの浜201108-8
アダンの実、タコノキ科。実は食用に適さないが丈夫な葉はカゴなどを編む材料とされるそうだ。
西表島船浮イダの浜201108-10
アダンの実はヤシガニの大好物なんだそうだ。きっとこの浜に夜来るとヤシガニを見ることができるのだろう。
黒島で夜の海岸を歩いていると、ヤシガニがはさみをあげて待ち構えてドキッとしたことがある。それに気がつかずに近づくと大変なことになるそうだ

無人の浜で1時間ほど休憩して、イダの浜の前のシュノーケリングポイントへ。
西表島船浮イダの浜201108-14
ここはテーブル珊瑚がきれいに見えた。
西表島船浮イダの浜201108-15
少し流れがあるものの危なくないポイント。比較的浅くかったこともあり少し濁り気味かな。
西表島船浮イダの浜201108-13
イソギンチャクとニモ(カクレクマノミ)を探したんだけど見つからず。

シュノーケリングが終わったあと、このボートに這い上がるのがすごく大変
西表島船浮イダの浜201108-16
ここで1時間ほどシュノーケリングしたあとは出港した祖納港へ一直線。
西表島船浮イダの浜201108-17
途中、右手に白く見える場所が船浮港のあたり。
祖納港着が15時30分。ホテルには16時30分すぎに戻ってきた。

この大満足のツアーは西表島南見風ぱぴよんのホームページ(⇒ここ)から予約ができる。メールでの対応もいいので、お勧めです

写真で見てもわかるが、この日は台風の影響がまったくない感じ
夕方、祖納港到着前には台風からのうねりが少し出てきた。でもガイドさんとしては予想していたほどのうねりではないとのこと。ひょっとして明日3日も予定通り西表島で遊べるか?

台風進路予想図8月2日3時


上がこのツアーに出かける朝に見た台風の進路予想図、しっかり沖縄に向かって進路変更してきている。
3日3時の位置ならばまだ影響はないかな、でも帰る予定の4日は沖縄本島にかなり接近しそう。さてどうしようか・・・ホテルに戻って検討



にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

西表島 バラス島シュノーケリング

沖縄石垣島の1日目は川平湾、2日目は白保サンゴ礁シュノーケリング、そして3日目は西表島。石垣島離島ターミナルから所要時間40分の西表島上原港に渡った

この高速船サザンクロス5号、見かけは普通の船だけどすごいパワーで突進する。調べてみると航海速力40ノット(時速にすると74km/h)、これはかなり速い。
たとえば普通のフェリーなどは20〜25ノット(時速37〜46km/h)程度、佐渡島など運行されている水中翼船の進化型ジェットフォイールが45ノット(時速83km/h)なのでそれに匹敵する速さ。
西表島バラス島201008-12
30年前は確か2時間前後かかったのがこの船では40分。その頃はホバークラフトも運行されていて30分程度だったと思う。もちろん私はホバークラフトに乗ったけどね

船に乗っているというより、どこかのテーマパークの嵐の中のアトラクションって感じで、写真や動画を撮って楽しんでいた
西表島バラス島201008-14
船酔いしている場合ではないよっていうぐらいのすごい揺れ。最近各地で高速船が運行されているらしいけど、高速船ってこんなにすごい勢いで走るなんて知らなかった。

上原港でこの日ツアーでお世話になるモンスーンの船に乗り換える。ほのぼのとした遊漁船って感じ。後ろに小さく見えるのが折り返し石垣島に向けて出航したサザンクロス5号。
西表島バラス島201008-11
午前中はこの船に乗って2カ所でシュノーケリング、お昼ご飯を食べたあと、午後はカヌーを漕いでピナイサーラの滝までトレッキングのまる1日の満喫ツアー。

まず1カ所目、上原港から10分ほどでバラス島に到着。
西表島バラス島201008-5
バラス島はサンゴのかけらが海流の影響でこの場所に堆積してできた小さな島。
西表島バラス島201008-13
フィンなどを持って上陸。この島は年々少しずつ大きくなっているそうだ。
西表島バラス島201008-9
サンゴのかけらが真っ白で回りの海の青とのコントラストがとってもきれいな無人島、ここに渡れただけで満足って感じ
西表島バラス島201008-8
ここはサンゴ礁の内側とは違うので、すぐに深くなる。
水の中から沖の方を見るとすぐの深くなるので色が違う
西表島バラス島201008-6
小魚がたくさん泳いでた。
ここのサンゴもまたきれいだった。
西表島バラス島201008-7

次はバラス島から5分ほどの地点。西表島の浜から泳いで来れるぐらいの場所。
西表島バラス島201008-1
ここはテーブルサンゴがきれいな場所だった。
西表島バラス島201008-2

そしてこのポイントはウミガメに会える確率が高いとっておきの場所。自然が相手なので絶対に会えるわけではないと聞いていたが、ラッキーなことにウミガメがいた
西表島バラス島201008-4
防水コンデジ(PENTAX OptioW60)で水中を泳ぐウミガメがよく撮れたなぁって思う。
西表島バラス島201008-3
たまたま空気を吸いに浮き上がってきたタイミングらしく、このあとは一気に深い場所に逃げて行った

このあとツアーを企画しているモンスーンのお店というか宿の前で、昼食のおにぎり弁当を食べてゆっくり休憩。午前中の疲れが回復したところで午後のカヌー&トレッキングに向かった

(撮影 2010年8月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

石垣島 白保サンゴ礁シュノーケリング

沖縄石垣島、白保のサンゴ礁で午後から半日シュノーケリングツアーに参加した時のもの

海岸にはレンタルするウェットスーツがかけられたトラックが止まっている。着替えなんかもこのトラックの隅でこっそりと
石垣島白保サンゴ2010-1

海岸に止められた船に乗り込む。お客さんは10人ほど、インストラクターが2人と船長さん1人の構成。
石垣島白保サンゴ2010-10
この日も晴天だったので、このボートの屋根がすごくありがたかった

石垣島白保サンゴ2010-9
白保のサンゴ礁のリーフの内側をいろいろと案内してもらいながらシュノーケリングする。思ったよりも岸から近いところでエントリー
石垣島白保サンゴ2010-8
ハシゴを下りるより、足からザブーんて飛び込んだ方が楽なんだけど。

なんだか迷路のようなサンゴ。魚は迷ったりしないんだろうね。
石垣島白保サンゴ2010-7

こんなサンゴも
石垣島白保サンゴ2010-6

これはイバラカンザシ。ゴカイの仲間でオレンジ色の部分はエラなんだそうだ。
石垣島白保サンゴ2010-4
オレンジ色だけでなく、青・赤・白・黄色などがあり、別名がクリスマスツリーワームと言われている。

青いのがサンゴ礁に埋まったシャコガイ。酸性物質を分泌して回りのサンゴ礁を溶かして定着するそうだ。
石垣島白保サンゴ2010-5

クマノミがすごくたくさんいる。だいたい1つのイソギンチャクのそばで数匹泳いでいるのが普通だけど、こんなにそこらじゅうにクマノミが泳いでいる光景はあまり見たことがない
石垣島白保サンゴ2010-3

防水デジカメ(PENTAX OptioW60)で撮った動画。ちょっと揺れてしまった

縄張りから出て行けといわんばかりに、灰色の魚(クロソラスズメダイかな?)が時々カメラを威嚇している


これはクマノミでもまた別の種類、セジロクマノミだそうだ。
石垣島白保サンゴ2010-2
ちょっと地味なクマノミ

シュノーケリングのあとは海に面したテラスがあるちょっとオシャレなお店に
石垣島白保サンゴ2010-11
いい感じのテラスでこれお腹すいちゃったんだよね・・・
石垣島白保サンゴ2010-12
本当は冷えたビールが飲みたかったんだけど車だしね。
これすごく美味しかった

次は西表島をアップする予定です!

(撮影 2010年8月 PENTAX OptioW60)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

沖縄 シーカヤック・ツアー(BIGBAY)

沖縄旅行の2日目は丸1日のシーカヤック・ツアー
今年も昨年お世話になったビッグベイ(BIGBAY)さんのツアー

沖縄滞在はたったの4日間、しかも1日フルに遊べるのは中2日間しかない時に、丸1日のツアーってどうかなぁ?って、昨年は申込む時に正直かなり迷った

しかし、想い出作りに貢献するため、敢えてショートツアーはやっていないというポリシー通り、シーカヤックで小さな無人島に行って、手作りランチを食べて、浅い海をシュノーケリングするこのツアーは、沖縄の海を思う存分に体験できる

自分の力でパドルを漕いでシーカヤックで無人島を目指す
シーカヤック-2シーカヤック-3
昨年は曇天だったが、今年は多少波風はあるものの、とってもいい天気、パドルを力一杯漕いでいてもすごくいい気持ち

無人島では、お茶やランチだけでなく、ちんびんやフルーツポンチなどのおやつも出してくれる(下写真左)
シーカヤック-4シーカヤック-1

(上写真右)ランチのゴーヤチャンプルを食べているところ。この目の前の海でシュノーケリングが楽しめる。

目の前の海はさかながいっぱい。子供たちにも安全な浅いところだけど十分に楽しめる
シーカヤック-6シーカヤック-5
海の生き物のきれいな写真がたくさんあるhisamiさんのブログのような写真は撮れず、手当たり次第に撮っただけの写真だけど、きれいなさかなが、沢山いる雰囲気は伝わると思う

手を差し出すと寄ってくるさかなをからかって遊んでいる動画
(ごめなんなさいね、さかなクン)

この時、動画を撮るために、簡易防水ケースに入れた時にはあまり触らないようなスイッチをいろいろ変更したりしたため、このあとデジカメが水没し使えなくなったなんと旅行2日目の昼でデジカメNG

帰りに対岸の国道(恩納村)から撮った無人島付近。とにかく天気も景色も最高だった
シーカヤック-7シーカヤック-8
これは借りたデジカメで撮ったもの

今回行った場所付近の地図
地図は[−]ボタンで少し縮小してください。航空写真も見れます

詳しい地図で見る


すいません、こんばんはコメントの返事が遅れます

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへブログ ランキングです

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ