ちびたの気まぐれ日記

気まぐれに書く落書き帳みたいな写真日記

シャクナゲ

今週の高幡不動尊(04/10) 水芭蕉が咲いている

4月10日(日曜日)の高幡不動尊。春はたくさんの花が咲くので今回は同じ日の2回目。

高幡不動尊でも水芭蕉が咲く。
高幡不動尊201604-7
水芭蕉と言えば尾瀬。水のきれいな山の中で咲く花というイメージなので、
初めて高幡不動尊で咲いているのを見つけた時は驚いた。
高幡不動尊201604-6
しかも「夏の思い出」という歌で初夏の花のイメージがあったので、回りにまだ桜が
咲くこの時期に咲いていることも驚きだったが、実際は、春の高山植物なんだそうだ。

季節外れついでにこの光景。秋の紅葉の時期のようだ。
高幡不動尊201604-8
これは葉が新しく出た時から赤く色づいているノムラモミジだと思う。
ノムラモミジの葉は、夏にいったん緑色になり、秋になるとまた赤くなるという1粒で
2度おいしいモミジ。

山の方に入るとこの時期らしい花、スミレが一杯咲いている。
高幡不動尊201604-3
回りに桜の花びらが落ちているのがこの時期らしい。
高幡不動尊201604-4

これはシャガ、アヤメ科。ちょっと早めのような気がする。
高幡不動尊201604-5

これはベニバナトキワマンサク(紅花常磐万作)、マンサク科。
高幡不動尊201604-1
マンサクと言えば、もっと早い時期に咲く普通の(?)マンサクがある。
下の写真は3月に大日堂横で撮ったマンサク。
高幡不動尊201604-12
下の写真は3月の昭和記念公園で撮った色が茶色いマンサク。
高幡不動尊201604-11

このブドウのように咲いているのはキブシ、キブシ科。
高幡不動尊201604-2
ちょっと変わった感じのこの花が木にたくさんぶら下がっている姿はちょっと面白い。

少し前から咲いているシャクナゲ、ツツジ科。
高幡不動尊201604-9
五重塔をバックに。
高幡不動尊201604-10

 今週の高幡不動Vol.393
(撮影 2016年4月10日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      

今週の高幡不動尊(03/27) ソメイヨシノの開花具合

天気予報では曇り空で雨もパラつくとのことだったが、思ったより天気は良くて
晴れ間も出た週末になった東京多摩地区。

晴れてはいるが、寒の戻りでまだ少しひんやりとした感じ。
高幡不動尊201603-1

高幡不動尊の桜は五重塔の回りに枝垂れ桜が多く、ソメイヨシノは奥殿の周辺から大日堂に
かけて咲いているが木によって開花の進み具合が随分違う。
高幡不動尊201603-2
この木(上写真)はまだ3分咲き程度だけど、その隣の木(下写真)は8分ぐらい咲いている。
高幡不動尊201603-3

高幡不動尊201603-4

奥殿の向かい側、大観音像前のソメイヨシノ。
高幡不動尊201603-11
これを見るともう高幡不動尊のソメイヨシノは見頃になったと言える咲き具合。

でも、土方歳三像の横のソメイヨシノはまだ咲き始めという状態。
高幡不動尊201603-9
今週は暖かくなるらしいから、急速に開花が進んで週末にはすべて見頃になって
お花見にはちょうどいい咲き具合になるんじゃないかな。

大日堂の前のボケ(木瓜)の花もたくさん咲き始めた。
高幡不動尊201603-7
このボケの木では赤色の花、白色の花、桃色の花が咲いている。
高幡不動尊201603-6
この時は曇ってしまってちょっと暗いけど、白い花びらと赤い花びらが混じった花も咲いている。

大日堂前の山門横で咲いているラッパスイセン。
高幡不動尊201603-5

弁天池ではもうシャクナゲ、ツツジ科が咲き始めた。
高幡不動尊201603-10
ゴールデンウイーク頃の花だけど、ここのシャクナゲはいつも早めに咲く。

この桜はソメイヨシノではなく金剛桜。
高幡不動尊201603-8
この桜は山形県白鷹町高玉の薬師堂前に咲く樹齢1300年の薬師桜(エドヒガン)の
分身を育成し平成14年に植樹されたものだそうだ。
 
 今週の高幡不動Vol.390
(撮影 2016年3月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ      
 

昭和記念公園(2015年5月)アイスランドポピー

少し前になってしまうが、ゴールデンウィーク中の昭和記念公園の続き。

緑と水辺の風景が気持ちのよい晴天の日本庭園。
昭和記念公園201505-7

シャクナゲ、ツツジ科。
昭和記念公園201505-6
緑の中で赤色が映える。

日本庭園らしい雰囲気が出るボタン。
昭和記念公園201505-5
ちょうど見頃だった。
昭和記念公園201505-4

みんなの原っぱ東花畑ではまだ菜の花を見ることができた。
昭和記念公園201505-1
奥のソメイヨシノはもう完全に新緑。
昭和記念公園201505-2
今頃はもうこの菜の花も終わってしまっているのだろう・・・ 

 この日はみんなの原っぱ西花畑ではアイスランドポピーが見頃。
昭和記念公園201505-8
 アイスランドポピー、ケシ科は別名シベリアヒナゲシ。

昭和記念公園201505-9
野生種の花は白色と黄色だけで、園芸種として品種改良されて、ピンク、オレンジ、クリームなど
多種の色が創出されたそうだ。
昭和記念公園201505-10

こちらは花の丘。アイスランドポピーに変わって5月中旬からは、この花の丘の
シャーレーポピー、ケシ科が主役になる。
昭和記念公園201505-3
この日は上写真のように、まだまばらな咲き具合だったが、昭和記念公園のホームページでは
もうとっくに見頃になっている。

昭和記念公園(Vol.134)
(撮影 2015年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
  

昭和記念公園(2015年5月)ボリジ

ゴールデンウイーク(5月2日)の昭和記念公園。

噴水が涼しげに見える季節になってきた。
昭和記念公園201505-1

シャクナゲ、ツツジ科。
昭和記念公園201505-8

ベニバナトチノキ(紅花栃ノ木)、トチノキ科。
昭和記念公園201505-5
街路樹で時々みかける木。

チャイブ、ユリ科。
昭和記念公園201505-2
別名、西洋浅葱と言われ、茎や地下茎を刻んで薬味や香辛料とされる。
 
この星型の花はボリジ、ムラサキ科。ずっとポ(po)リジかと思っていたけどボ(bo)リジだった(笑)
昭和記念公園201505-9
ハーブとしてはボリジと呼ばれることも多いが、ルリシザというのが和名のようだ。
この青色が好きで見つけると必ず写真を撮ってしまう。
昭和記念公園201505-3
この花の青色はマドンナブルーと呼ばれるそうだ。
昭和記念公園201505-4
花の先までしっかり青。
 
こちらは白いボリジ。
昭和記念公園201505-6
ボリジは青だけでなく、白やピンクがある。
昭和記念公園201505-7
 白色の花も爽やかな感じがするね。

青い花といえば、ネモフィラ、ハゼリソウ科。植物分類体系によってはボリジと同じムラサキ科に分類される。
昭和記念公園201505-11
瑠璃唐草と呼ばれるから、これは瑠璃色なのかな。
昭和記念公園201505-10
今年のゴールデンウイークは良く晴れたね。
 
昭和記念公園(Vol.133)
(撮影 2015年5月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ   
  

今週の高幡不動(4/20)最後は八重桜

やっと春を実感できたと思ったのに、また3月に戻ったような肌寒い気温の東京多摩地区。

それでも季節は着実に進んで、境内横の枝垂れ桜は花よりも葉が目立つようになってきた。 
高幡不動201404-9
 葉が出ても風情はそのままの枝垂れ桜。
高幡不動201404-2

 第3日曜日恒例のござれ市が少し肌寒い中、開催されていた。高幡不動201404-10
五重塔の回りはもう新緑の季節を思わせるような緑。
高幡不動201404-4
 
五重塔の回りの枝垂れ桜も花びらが散ってスカスカになってきている。
高幡不動201404-13
境内に落ちている花びらもソメイヨシノの花びらから枝垂れ桜の花びらに変わった?高幡不動201404-3
もちろん、花びらを見て桜の品種を言い当てるほど知識はない(笑)
高幡不動201404-14
桜は花びらでさえも染み染みと見てしまう。

ユキヤナギかと思って近寄って見ると、花の大きさや付き方がちょっと違う。
高幡不動201404-11
これはシジミバナ(蜆花)、バラ科。花をシジミの中身に見立てた名前。確かに見えなくもない(汗)
高幡不動201404-12
ユキヤナギの八重咲き版にも見える。

境内で見頃になっている桜も枝垂れ桜から八重桜に変わってきた。
高幡不動201404-6
ただでさえ密集して花をつける桜だけど、八重咲きだと団子のようだ。
そこに少し茶色がかった葉っぱがつくと桜餅の完成
高幡不動201404-7
この日一番きれいに咲いていた八重桜は駐車場の端っこ(笑)
ハナミズキもいますごくきれいで、太陽の光で輝いて見える。
高幡不動201404-8
写真の白い花がハナミズキ、桃色が八重桜。

弁天池で咲いているシャクナゲ(石楠花)、ツツジ科。
高幡不動201404-5
そろそろ4月も後半、境内を飾る花もサクラからツツジに移りつつある。

今週の高幡不動Vol.312
(撮影 2014年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    

今週の高幡不動(3/29)ソメイヨシノが咲いていた

3月最後の週末。どうでもいいことだけど今月は5回も週末があったね(笑)

高幡不動201403-1
やっと春らしい陽気が定着してきて、境内のあちらこちで花が咲き始めた。
高幡不動201403-2
寒い時期の寒椿は寒さに耐えた強さを感じるけど、紅白がきれいに混じった椿は春らしい華やかさがある。
高幡不動201403-9
この美しい乙女椿は花びらがたくさんで八重咲きではなく千重咲きといわれるそうだ。

花と一緒に写真におさまることが少ない六地蔵さんの近くでもアセビ、ツツジ科が咲いている。
高幡不動201403-8

奥殿横のソメイヨシノが咲き始めていた。
高幡不動201403-3
ホームページでは3月25日に開花したそうで、この日はすでに5分咲きぐらいになっている。
高幡不動201403-4
 大観音像の周りもかなり咲いている。次の週末(4/5)までもつかどうか心配になる。

大日堂大玄関前の大きなボケ、バラ科も開花。
高幡不動201403-6
紅白でおめでたい感じ。
高幡不動201403-5
梅で珍しい「思いのまま」のような紅白の花びらの花が普通に咲いている。

ショウジョウバカマ(猩猩袴)、ユリ科。これも大日堂前。
高幡不動201403-7
花が大酒飲みで紅色の顔をした中国の想像上の生き物である猩猩の顔、葉がその袴に見立てた
名前らしいが、今一つのネーミングだなぁ。

五重塔そばのユキヤナギ、バラ科。このユキヤナギも割と大き目。
高幡不動201403-11
風が吹くとしなやかなムチのように揺れて写真が撮り辛い(汗)
よーく見ると結構きれいな花。
高幡不動201403-12
ユキヤナギってちょっと独特な香りがするけど、この香りを嗅ぐと春を感じる。

高幡不動201403-13
弁天池のシャクナゲ、ツツジ科も開花寸前。

ソメイヨシノより一足先に咲いている河津桜はまだ見頃。
高幡不動201403-14
そしてこの河津桜のそばで咲いているミズバショウ(水芭蕉)、サトイモ科。
高幡不動201403-10
高幡不動尊で水芭蕉が咲いているなんてちょっと意外だよね。少しだけだけど咲いています。

この日(3月29日土曜日)は春らしい穏やかな1日だったが、翌日(30日日曜日)は強い風が吹き、雨が降ったり雷がなったりの荒れた天気となった。
ソメイヨシノはまだ満開前だったので、この荒天では散らずに残ったのではないかな。

 今週の高幡不動Vol.309
(撮影 2014年3月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ    

今週の高幡不動(04/14)緑青は毒ではなかった・・・

4月に入ってから気温が低い日が続いていた東京多摩地区。久しぶりに20℃を越えた日曜日。
高幡不動201304-2
 
 入り口の仁王門横の枝垂れ桜は葉っぱがたくさん出てきている。
高幡不動201304-12
葉が出て来た枝垂れ桜は花がなければ柳のようだ。
高幡不動201304-11

ベニバナトキワマンサク、マンサク科。マンサクの紅花版っところ。
高幡不動201304-4
後ろの黄色いのは何だろう?
高幡不動201304-5

ハナミズキ、ミズキ科。これから街路樹のハナミズキが輝く時期だ。
高幡不動201304-3

藤棚のフジが少し咲き始めた。
高幡不動201304-6

弁天池まわりのシャクナゲ、ツツジ科。
高幡不動201304-10
これはカキツバタかな。
高幡不動201304-9
「いずれあやめかかきつばた」って毎年言っているよ(汗)

春季大祭のことが掲示されている。爽やかで気持ちのいい季節になる。
高幡不動201304-1
そろそろ新緑の季節だよねと思ったら、ちょっと緑ではない色が交じっている。
高幡不動201304-8
その原因はこれ、モミジの花。小さいけどすごい数。
高幡不動201304-7

先週は境内のそこら中でこんな感じにサクラの花びらが積もっていたが、今週はほとんどきれいに掃除されていた。
高幡不動201304-13
ここは大師堂前の古い手水場。
高幡不動201304-14
屋根の緑青がいい感じの雰囲気を作っている。
高幡不動201304-15
何度も訪れいている高幡不動尊にまだあまり見ていない風景があった。

ところで緑青(ろくしょう)って子どもの頃から猛毒だって聞いていたけど、実は特筆すべき毒はないそうだ。ということを今日初めて知った(汗)。
確かに、緑青って生活の中でわりと良く見かけるから、これが本当に猛毒だったら、もっと被害のニュースが出ているはずだよね。

今週の高幡不動Vol.262
(撮影 2013年4月14日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 ツツジとボタン

ゴールデンウィーク頃の京王百草園の楽しみはツツジとボタン、そして藤棚。
京王百草園201204-13

ツツジはこの色が好きだな。
京王百草園201204-10
これはシャクナゲ、同じツツジ科で花はそっくりだけど、咲き方がちょっと違う。
京王百草園201204-9

大輪の花が見事なボタン。中国の国花。
京王百草園201204-4
これはシャクヤクかな?見分けがつかないけど、ボタンは樹木、シャクヤクは草なんだそうだ。
京王百草園201204-5

そして期待の藤棚。でも今年は花がまったく咲かなかったそうだ。
京王百草園201204-6
こんな感じ、新緑がきれい なんて言っている場合ではない
京王百草園201204-7
下は昨年の藤棚。昨年は見事に咲いていた。これを期待して行ったんだけど
京王百草園201204-2
心字池まわりも藤棚が緑だとすごく地味。
京王百草園201204-8
下が昨年の様子。藤が咲いているだけで、ちょっとゴージャス。
京王百草園201204-1
しかし随分と雰囲気に違いが出るモノだね。

ウンナンオウバイ(雲南黄梅)、モクセイ科。
京王百草園201204-12
つる性植物なので、この時期は柵などをきれいに飾っている。
京王百草園201204-11
ここではアーチ状になっている。

オオデマリ(大手鞠)、スイカヅラ科。
京王百草園201204-14
アジサイによく似ているけど、まだアジサイの季節ではない。雨の季節はもう少し先でいい。
京王百草園201204-3
最後は、スミレ。派手さはないけど春の花。

トリミングってどんなもんなんだろうと、そらをトリミングに出してみた。
ちょっと暖かくなってきたので短くしてもらったら・・・毛がモジャモジャで小熊みたいだったそらがなんだかお上品になって出て来た。
さっぱりしたそら
いったいどこの誰?って感じで違和感がいっぱいのそら。お店でしてもらったかわいいスカーフをつけて、雑誌の写真に出ているトイプードルみたい
そらと虹
夕方、虹が出たので一緒に写真

(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

高幡不動尊の木瓜と目白

この週末は天気もいまひとつ、さらに忙しくて散歩に出ることができず今週の高幡不動はお休み。
1つ前の週末の高幡不動尊大日堂前のボケ(木瓜)。
高幡不動尊201204-5
結構大きなボケの木で1本の木から紅白桃色の花がたくさん咲く。
高幡不動尊201204-6
メジロが蜜を吸いにきいていた。
高幡不動尊201204-1
ボケの花も蜜が多いのかな。
高幡不動尊201204-2
色とりどりのきらいな花を咲かせてくれる偉い木なのにボケって・・・
高幡不動尊201204-7

高幡不動尊のソメイヨシノはもう終わり。
高幡不動尊201204-8
楽しい宴の後。その余韻が漂っている。
高幡不動尊201204-9
花びらが散っている様子ではなく、クモの巣にくっついて止まっている。
ここはサクラの花びらだけではなく椿の花も一緒に落ちている。
高幡不動尊201204-10
同じ赤がたくさんで、お地蔵さんの頭巾が風でそこら中に飛び散らかったようにも見える。
高幡不動尊201204-11

レンギョウ、モクセイ科。この花がたくさん咲いている所はまぶしいぐらいの黄色に染まる。
高幡不動尊201204-3

あじさいの芽から若い葉が出てきた。
高幡不動尊201204-4
でも、あじさいの主役はもう少し先。これから5月にかけては、このシャクナゲ(石楠花)などツツジ科の花が主役になる。
高幡不動尊201204-12
五重塔まわりでも、枝垂れ桜が終わるとすかさずツツジがバトンタッチ。

さて次の週末はもうゴールデンウィーク。例年通りどこにも出かける予定はないけど、せっかくならば気持ちよく散歩したいので天気は気になる
 
(撮影 2012年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

京王百草園 色とりどり

百草園201104-9
この前の週末、晴れた日曜日に散歩で京王百草園に行ってきた。

ミツバツツジは見頃を終えて、いまはいろいろな色のツツジが咲いている。
百草園201104-4
真っ白なツツジ。

ツツジといえばこの色、一番よく見る色じゃないかな。
百草園201104-12

シャクナゲ(石楠花)、これもツツジ科。花を見ればわかるよね。
百草園201104-8


黄色いカタクリ。セイヨウカタクリとかキバナカタクリなどとも呼ばれる。
百草園201104-7
ツツジ科ではなく、ユリ科。

これはウラシマソウ(浦島草)、サトイモ科。
百草園201104-3
上の写真では少し切れてしまっているが、花びらのようなものの先が細長く糸のように伸びている。これが浦島太郎が釣り糸を垂れている姿に見立ててついた名前なんだそうだ。
百草園201104-2
しかし、変わった形の花だ・・・

これはマルバアオダモ、モクセイ科。
百草園201104-1
材質が堅く粘りがあるアオダモは野球のバットなどの材料になるらしい。でも国産は減っているんだろうね。

これはハナズオウ(花蘇芳)、マメ科。
百草園201104-10
ピンク色の花は比較的よく見かけるけど、ここはすぐ隣に白い花のハナズオウもあった。
百草園201104-11
スオウはインド・マレー原産の染料となる植物。この赤い色をスオウ色といい、ハナズオウは花の色がこのスオウ色に似ていることからついた名前。では、白いハナズオウの立場は

ちょっと花が乱れているけど、ボタン(牡丹)、ボタン科。
百草園201104-13
百花の王、花中の王などと言われるだけあって見事な花なんだけど、この日はあまりいい感じに撮れなかった、ちょっと残念。

これはリキュウバイ、バラ科。中国揚子江原産なのに利休梅と書くのは茶花として利用されることにちなむ名前だそうだ。利久梅と紹介されている場合もある。
百草園201104-6

梅も桜も一段落した京王百草園、緑深い心字池。
百草園201104-5
ちょっと奥行き深く撮ってみた

派手さはなく、それほど広くないけど京王百草園は静かでいいところ。でも駐車場はないので、京王線百草園から散策ついでに歩きましょう、途中に急坂があるけどね

(撮影 2011年4月)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ 

高幡不動尊 お不動さんの日の前日は晴天だった・・・

高幡不動尊のお不動さんの日(3/28)はあいにくの曇天だったが前日はかなりいい天気だった

いい天気なんだけど、特に行事がない日の境内は参拝する人が少ない
高幡不動尊20100327-1

ユキヤナギと五重塔。この場所から見る五重塔もなかなかいい
高幡不動尊20100327-8
桜がもっと咲いてくるとこの景色に桜も加わってさらにきれいになる

このユキヤナギのそばにもレンギョウが咲いていた。日陰でちょっと残念
高幡不動尊20100327-10

先日、河津桜が満開だった所のすぐそばに、今は金剛桜が咲いている
高幡不動尊20100327-6
金剛桜とは、そばの看板によると、この木の原木・薬師桜は山形県白鷹町高玉の薬師堂前にある1300年のエドヒガン。平成14年11月に重要文化財・木造不動明王及び二童子像の保存修理完了を記念して植樹され「金剛桜」と命名されたもの

この桜はこんな感じの花。ほんのりピンクでわりと質素な桜だね
高幡不動尊20100327-7
ソメイヨシノはオオシマザクラとこのエドヒガンの交配種らしいので、ソメイヨシノのうっすらピンクの色あいはこのエドヒガンから受け継いだものかもしれないね。

大日堂前のボケ(木瓜)の花も、青空をバックにした方が全然きれいだ高幡不動尊20100327-5

こうしてみると、梅や桜に負けないぐらい木瓜もきれいな花だ
高幡不動尊20100327-11

たぶん1本の木瓜なんだけど、同じ木に濃い赤の花、白い花、薄い桃色の花が咲いている
高幡不動尊20100327-4
木瓜の花にボケボケって何度も書くなって怒られそう

弁天池そばシャクナゲ。太陽の陽射しを感じる気持ちの良い光景
高幡不動尊20100327-12
右端に土方歳三像の背中がうっすらと見えている。

この花の微妙に紫が入った赤色がちょっとうまく写真に出ていない・・・
高幡不動尊20100327-9

境内で一番きれいに咲いている山門前の桜も晴天だときれいに撮れる
高幡不動尊20100327-2

やはり桜はすっきりとした青空の下で見たいね
高幡不動尊20100327-3
高幡不動尊の桜は山内も含めて、この桜の木だけいち早く咲いている感じで他の木はまだ咲き始めだった

1つ下の記事(翌3月28日の様子)は同じ場所、同じ週末の土曜日と日曜日なんだけど、晴れているか曇っているかの違いがすごい

(撮影 2010年3月27日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

今週の高幡不動Vol.113(03/28)曇天のお不動さんの日

毎月28日は高幡不動尊のご縁日、地元では「お不動さんの日」と呼んでいる月に1度の特別な日

3月は28日が日曜日になったので、楽しみにして散歩の途中で寄ってみたけど、あいにくの曇天で真冬のような1日だった
高幡不動尊20100328-2

お不動さんの日は年末年始の市と店の内容がちょっと違っていて、こんなものを売っているお店もある
高幡不動尊20100328-10

せっかく晴天だったこの前の3連休は忙しくて散歩できなかったので、この週末は2週間ぶりの散策となった

モクセイ科のレンギョウ。
垣根なんかによく使われていたりするので、この時期は黄色の華やかな垣根になる
高幡不動尊20100328-5
さすがにお地蔵さんのそばでは、しっとりとおとなしめに咲いている。

このお地蔵さんの後ろには大きな椿の木がある。お地蔵さんの後ろに赤く見えるのは落ちた椿の花
高幡不動尊20100328-6

このブドウのように咲いているのはキブシ科のキブシ(木五倍子)。ここでも後ろに椿の赤い花が見られる。お不動さんの山内は椿がすごく多い
高幡不動尊20100328-8
キブシは日が差すと光り輝いて見えるので、またいい天気の時にでも
高幡不動尊よりも百草園の方が陽当たりの良い場所にあるんだけどね。

大日堂前のボケの花も見頃になっている
高幡不動尊20100328-4
ボケ(木瓜)は梅や桜と同じバラ科。天気がいいときれいに輝くんだけど、今日はしっとり大人しめに

弁天池の回りではシャクナゲが咲き始めていた。いまの時期はちょっと見ないあいだにどんどん様子が変わってくる
高幡不動尊20100328-9
シャクナゲ(石楠花)はツツジ科。石楠花は花だけを見るとツツジみたいだけど、花の咲き方(つき方)にちょっと特徴がある感じかな。

曇天にしては参道にたくさんの人がいる。やっぱり月に1度の縁日なんだね
高幡不動尊20100328-3
高幡不動尊の桜はこのところの寒さで開花が止まってしまっていたが、大日堂手前にある山門そばの桜の木だけ見頃な感じで咲いている

同じ桜を前の日(3/27)に撮ったのが下の写真
高幡不動尊20100328-1
天気がいいとこんなに違う。春先のこの時期は晴れた日と曇りの日でこんなに違うのかと思うぐらい景色が違う

3月27日お不動さん縁日の前日、土曜日はすごく晴れてきれいな春の日だった、その日の様子を次にご紹介する

(撮影 2010年3月28日)
にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

散歩写真(vol.73)百草園でカタクリを見つけた

2週間ほど前に散歩で行った京王百草園の話題
今日も初夏のような日で、はやく写真を整理してアップしないと春の花の写真がだんだん季節外れになってしまう・・・

サユサユさんの、料理の話題が全然出てこないブログ「料理の小部屋」で、カタクリの群生地(岐阜県可児市の鳩吹山)が紹介されていたとき、私の散歩道では見ないなぁなんて書いたけど、京王百草園で見ることができた
百草園0904-1百草園0904-5
きれいな山の風景や花の写真がたくさんアップされている山小屋さんのブログで、カタクリの花のWの模様は花ごとにそれぞれ違うと教えていただいたので、うまく写真を撮りたかったけど、いまいちの写真になってしまった・・・

さらに、受付のおじさんと話をしていたら、黄色いカタクリも咲いているよと言われて再度見に行ったら、こちらはたくさん咲いていた

この黄色いカタクリは、北米原産の園芸品種で黄花カタクリ、エリスロニウム、ヨウシュカタクリなどと呼ばれていて日本のカタクリよりもずっと栽培しやすいそうだ
百草園0904-3百草園0904-4
この場所はちょっと日陰で花の黄色が少しくすみ気味

この前はミツバツツジの写真を撮ったが、ツツジやシャクナゲもきれいに咲いている
百草園0904-10百草園0904-2
白い花びらに赤い斑点がかわいい、というかなんだかとってもお洒落な感じがする

京王百草園の裏口と枝垂れ桜、なんだか少し時代が昔に戻ったように感じた光景。こちら側は百草八幡神社につながる
百草園0904-9

この日、百草園で一番きれいだって思ったのが、この花海棠(はなかいどう)。中国原産の花で花びらの色がちょうどいい濃さのピンクでとてもきれいだ
百草園0904-7百草園0904-6
花もつぼみも下向きで、なんだか奥ゆかしさを感じる。春の花は梅や桜ばかりではないよね

すべての写真はクリックすると拡大表示されます

にほんブログ村 写真・アウトドア ブログへ

ちびたの詳細
応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村


一緒に見てね!



それはたのしい消費者分析
「ぺるそね」

クラウド時代のセミナー/イベント申込・申込来場者管理サービス





コメントありがとう!
昔の記事たち






  • ライブドアブログ